はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2006年09月21日

お勧めブログ4:岩淵さんのブログ

お勧めブログ第4弾は、

9ステップ
で検索していて見つけた
サイトである。

http://www.consuldent.jp/

歯科経営のコンサルティングの話がのっているが、
別に歯科の院長でなくても役立つ情報が
たくさん入っている。
とてもパワフルなブログ。

下記は特にマークした記事のメモ。

-----------
2006年8月29日の記事。

世の中の母親が子供の受験に一生懸命になるが、
立派な職業人を育てることには努力しない。
それは本人が立派な職業人でなかったから。

というのは、なるほどと思った。

----------
2005年10月18日の記事

患者さんの数が増えてきた時こそ要注意、
という言葉にどきっとした。

-----------
2005年9月25日の記事

もらった食べ物を院長が1人占めしない。

-----------
2005年3月5日の記事

何か始める時に、スタッフに確認してから始める。

------------

推薦図書のリストもある。
何冊か注文してみようと思う。
posted by ティー at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めブログ

2006年01月25日

お勧めブログ3:kitokitoさんのブログ

お勧めブログの第3弾である。

ブログにコメントを下さった、kitokitoさんのブログ
見に行ったら、とてもおもしろい。

私と本の興味が似ているような気がする。
共通点としては、例えば、

(1) 理系出身で、文系本?(マネジメントとか)にも興味がある。

(2) 英語の本も含まれている。

私があまり詳しくない、自転車や写真など、幅広い趣味をお持ちだ。

プリントアウトして、ざっと目を通した。
「この本を読もう」と思った所にポストイットをはさんだら、
20箇所以上になった。
本を読んだら、順次、ブログに紹介していきたい。
posted by ティー at 22:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | お勧めブログ

2006年01月04日

お勧めブログ2: ブラシュアップセミナーのブログ

お勧めブログの第2弾は、栄養士さんたちの、
ブラシュアップセミナーのブログ
である。

前回の影山さんのブログからリンクされていて、見つけた。
栄養士の方々が、ブラシュアップしようと、
いろいろなセミナーを開いている。

ブログを複数の人で担当していて、おもしろい。
例えばあるセミナーの解説を3人の人が書いていると、
それぞれ着眼点が違い、いろいろな方向からの
記録が残る。

栄養士という仕事はよく知らなかったのだが、
メニューを考えたり、食事の相談を受けたりするらしい。
病院、福祉施設、企業に勤務している栄養士を、
管理栄養士と呼ぶらしいが、
個人で起業してやっている人もいる。

食にまつわる資格としては、調理師があるが、
和食など専門があるようだ。
栄養士の場合、いろいろな料理を幅広く
勉強している。料理教室もありおもしろそうだ。

趣味も多彩である。料理への興味から、旅行や写真が趣味、
というのは、わかりやすい。
バレエなどの運動系の趣味も、体を作るという点で、
栄養士の仕事と関係あるのだろう。

さて、いいと思った記事からメモを書いておく。

2005年6月25日の記事から。
・もっと舞台や絵を観て、感性を磨く。

2005年12月19日。
・自分の記録をつけると、
  執筆依頼が来た時にも役立つ。

2005年12月18日
・良い文章を写してみる。

2005年10月17日
・「大変勉強になりました」は講演会のアンケートに
  書いてはいけない文。

2005年9月24日
・スピーチは1つのテーマを掘り下げる。

2005年10月18日
・頭痛がしたり夜眠れない時は、
  下半身を動かすとよい。足踏みなど。

2005年11月27日
・席を立たずにコースを楽しめるような料理。
posted by ティー at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めブログ

2005年12月05日

お勧めブログ1. 影山さんのブログ

最近ブログの数が増えている。
しかしその中で、いいと思うブログは、
それほど多くない。
検索などで、該当ページだけは読むが、
それ以上読む気になる、いいブログは少ない。

なかなかいいと思ったブログを、これから少しずつ
紹介していきたい。

第1弾は影山さんのブログだ。
シェリロゼで検索していたら出てきた。
なかなかおもしろい。

影山さんは、フライトアテンダントをされた後、
大学で栄養学を学んで、栄養士となり、
活躍されている。

キャリアパスが戦略的だと思った。

日本の航空会社は新卒でないと入りにくい。
フライトアテンダントとして訓練を受け、
世界を飛んだ後で、
栄養学という伝統的な分野に転進、
両方の強みを持っている。

栄養士は、病院や福祉施設や学校で
働くのが主流らしいが、影山さんは、
独立して、食コーチング、セミナーの講師などの
仕事をされている。
ずっと栄養士をされた方とは違う強みを持っている。

栄養士向けのブラシュアップ講座の内容が
ブログにのっていて、興味深い。
文章講座など、私も受けてみたいと思った。

専門職の場合、その仕事の必要な知識は学ぶが、
周辺のどうやってその知識を役立てるかは、
必ずしも教わらない。
今後はこういう風に、職業別にブラシュアップ講座が
できると役立つだろう。

影山さんのブログからいくつかのせる。

2005年9月24日の記事から

・講演や雑誌の執筆で、「皆さん」と言わない。
  聞いている人、読んでいる人にとっては、1人。
  1人ずつに話しかける、とのことだ。

  NLPの講習で、「いろいろな人に呼びかけるとよい」と
  言われたことに似ている。
  「遠くから来られた方も、近くの方も」という風に言うと、
  自分に呼びかけられたような気分になるらしい。
  集合的にもれがあると、疎外感を感じる、ということだろう。

2005年10月18日の記事から

・セミナーの前に主催者が講師を紹介する。
  例えば、「詳しくはプロフィールを見て下さい」など
  いい加減な紹介だと、聞く側のモチベーションが上がらない。
  なぜ講演をお願いしたか、知り合いになったきっかけ、
  講師の方の著書の紹介などすると、
  聞く側のモチベーションが上がる。

2005年11月7日の記事から。

・雑誌の取材の受け方。

  レジュメを渡してから話をするとよい。
  引用する文献もしっかりしたものを。
  先方にとって、貴重なメモになる。
  正確に伝わりやすい。

2005年10月16日の記事から。

・何か勉強したら、アウトプットすること。
posted by ティー at 21:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | お勧めブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。