はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年07月16日

複数のカテゴリー

ブログのカテゴリは便利なのだが、
気になるのは、1つの記事に対して
複数のカテゴリーを指定できない点である。

他のプロバイダで、複数カテゴリーを指定できる所も
あるのかもしれないが、seesaaでは1つしか指定できない。

現在、記事を分類する方法は、

1) カテゴリー(seesaaでは1記事に1カテゴリーのみ)
2) 時系列(月別に表示)
3) 自分でリンク集を作る

の3通りになる。複数カテゴリーができると、
自分でリンク集を作らなくてよくなるので、助かる。

自分の場合の、カテゴリーと時系列の使い分けは。。

他の人のブログを見る時は、興味を持ったカテゴリーを
クリックしてざっと見てみて、それ以上読む価値があるかどうか
判断している。

おもしろいブログの場合は、全部読んでみたくなる。
その場合は、月ごとのアーカイブでプリントアウトしている。
posted by ティー at 08:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | blog作成

ブログのプリントアウト

ブログはなかなか便利だが、1つ気になる点がある。

プリントアウトする時に、サイドバー抜きで、
メインページだけプリントアウトすることができない。

例えば、ある人のブログがなかなかよいので、
過去ログを月ごとにプリントアウトしたい、
という場合、サイドバーは必要ないので、
メインページだけプリントアウトしたい。
しかし、余分なサイドバーが付いてきて、
その分、ページ数が多くなってしまう。

現在、フレーム別の印刷はできるのだが、
ブログのメインページだけの印刷はできないようだ。

将来はブラウザがブログにも対応するようになるだろう。
例えばメインページ上で、右クリックすると、
メインページのみの印刷を選べるようになると嬉しい。

posted by ティー at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

2005年05月29日

ブログとホームページの比較

ブログを始めて3ヶ月たったので、
ホームページとの違いをまとめてみた。

ブログのよい所

(1) 各記事にコメント・トラックバックを
   簡単につけることができる。
    これがブログの最大の長所だと思う。
    ホームページでこれを実現するのは、難しい。
    逆にコメントを付けて欲しくないようなお知らせなどは、
    普通のホームページを使うか、ブログでその記事だけ
    コメントを許可しない設定にすればよい。

(2) 全体のデザインを1箇所で変えることができる。
   デザインに飽きたら、一発で全ページのデザインを
   変えることができる。
   ページによってデザインを変えたい場合は、
   ホームページが便利である。

ホームページのよい所

(1) 更新の時間が短い。
   更新したいページだけ入れ替えればよいので、
   時間はすぐである。
   ブログの場合、「再構築」で過去ページやカテゴリーも
   入れ替えるので、時間がかかる。

(2) 移動が簡単。
   プロバイダを変更する場合、移動は簡単である。

(3) フォルダやファイル名が体系的に作れる。
   ブログの場合、ファイル名やフォルダ名は
   プロバイダが指定してくる。
   seesaaだと記事は数字を使ったファイル名で、
   全部の記事が1つのフォルダに入っている。
   プロバイダ依存のファイル名は移動の時に面倒である。

posted by ティー at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

本のリンク:方法

本のリンクを作る手順を書いてみた。
技術的な話なので、ご興味のある方だけどうぞ。

-------------------
自分のブログの本の説明から、アマゾンにリンクする方法。

まずは、アマゾンのページをよく読んで、アソシエイトに申し込む。

(1) Internet Explorerの画面を2つ開ける。
1つはサーバー(私の場合はseesaa)の記事更新のページ、
もう1つはamazon.co.jpである。

(2) アマゾンの画面で、アソシエイトのログインをする。
「リンク作成」から「個別商品リンク」へ行く。

(3) 商品を検索する。メニューの「本」「洋書」があるので、
和書か洋書かによって選ぶ。
右の欄には、題名のキーワードを入力する。
うまく出てこない時は、ISBN(ハイフォンなしの数字だけ)を
入力して検索する。

日本のアマゾンでうまく出て来ない時は、USのアマゾンの
同様なアソシエイトのページに行く。(あらかじめ申し込んでおく。)

(4) 検索結果の本が数冊出てくるので、「リンク作成」を押す。

デフォルトでは、値段や画像が出てくるリンクになってしまう。
リンクのカスタマイズ「表示」をクリックする。

デフォルトだと「拡張型」なので、「基本型」を選ぶと、
HTMLが下の方に出てくる。

(5) HTMLの記述を選ぶ。(Ctrl-A, Ctrl-C)

引用したい記事の該当箇所でカーソルをクリックし、
Ctrl-VでHTMLをペーストする。

(6)保存してから、内容を確認。
最後に「再構築」をする。
posted by ティー at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

本のリンク:方針

本のリンクを大体終えた。

とりあえず以下の方針でリンクした。

・自分のブログ上では、本の題名にリンクする。

・アマゾンの画像にはリンクしない。
  アマゾンの画像にリンクした場合、
  自分が買ったのと違う表紙が最新だと、
  自分にとって違和感がある。

  本によっては、画像がアマゾンのページにない場合もある。
  また、将来その本をアマゾンが売らなくなった時に、
  ブログから画像がなくなるのは避けたい。
  自分でとった画像を入れて、画像からはリンクしない。

・自分が読んだ本よりも新しい版が出ている時は、
  新しい方にリンクする。
 ハードカバーで読んだ場合も、ペーパーバックが出ていれば、
  ペーパーバックにリンクする。
   (おそらくペーパーバックを買う人の方が多いのと、
    時間が経つにつれ、ペーパーバックの方が入手しやすくなるため。)
 単行本で読んだが、文庫が出ている場合も同様の理由で、
  なるべく文庫本にリンクする。

・洋書で読んだ場合、
  翻訳が出ているなら、和書名も追加してリンクしておく。
   (実際には翻訳を買う人も多いだろうから。)

・洋書も基本的には日本のアマゾンをリンクする。
  しかし日本のアマゾンで入手困難だったり、
  マーケットプレイスの価格がべらぼうな場合は、
  USのアマゾンにリンクする。

・副題は長すぎる場合、あまり内容を表してない場合は省略して引用する。
  本の題名が長くなると読みにくいので、
  ブログの最初の行の題名は短めにする。
  副題も含めた長い題名は、リンクしてあるアマゾンのページでどうぞ。

このブログを一番よく見るのは、作っている本人である。
私は「分野別目次」から本の内容を確認することが多い。
したがって、値段とかアマゾンの社名は、
本のブログの内容には入れない。
(買った後では、値段はsunk costというか重要でなく、
内容が重要である。)

一方で、ブログを見て下さる方からは、「アマゾンにリンクしてないと
自分で検索しないといけなくて、不便」とのご意見もあるので、
リンクは必要なようだ。画像からのリンクは上記の理由で避けたいので、
題名からのリンクにしてみた。
値段など詳細情報は、アマゾンのページからどうぞ。
posted by ティー at 18:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | blog作成

2005年05月25日

本のリンク

PR同期の方のブログ、サラリーマン鉄人化計画で、
「Teaさんのブログは本の画像をクリックしても、
amazonに行かなくて不便」とあった。
あわてて、アソシエイトについて調べてみた。

規約をプリントアウトしたのだが、
何やら一杯書いてある。

私のブログには古い本や、日本のアマゾンでは入手困難な本も
含まれている。USのアマゾンと日本のアマゾンの両方の
アソシエイトになっても、いいのだろうか、と規約を見たが、
特に禁止条項はないようだ。複数のアフィリエイトをやっているサイトは
結構あるので、特に問題ないのだろう。

USと日本の両アマゾンのアソシエイトIDをとってみた。

規約によると、「In association with Amazon.com」、
「Amazon.co.jpアソシエイト」とページのどこかに表示するか、
ロゴを入れないといけないらしい。
表示してないサイトもあるような気もするが、とりあえず、
サイドバーの下の方に小さく表示しておく。

---
アマゾンの画像を使ってブログを作ると、
何年かたってアマゾンがその本を売らなくなり、
画像も載せなくなった場合、画像なしのブログに
なってしまう。

ブログには、自分でとった画像を入れておき、
アマゾンへのリンクは、本の題名からにしておこうと思う。

記事の途中でたくさんリンクするのは大変なので、
記事のトップ1行めの本の題名のみリンクする。

規約によると、引用テキストを短くするのはいいが、編集はだめだそうだ。
リンクしている題名を短縮するのはいいが、余計なことを追加しては
いけないのだろう。

既に70数冊あるので、新しい記事から少しずつリンクしていこうと思う。

posted by ティー at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

2005年05月07日

ブログの非公開設定

日経ビジネスアソシエの5/17号のp40-41に
ブログをメモとして使う方法が載っている。
非公開設定を使っている。

確かに、ブログでは記事ごとに公開・非公開の指定ができる。
私はまだ非公開設定を使ったことがないのだが、
利用法はいろいろありそうだ。

1) 自分だけのメモ。(アソシエの記事)
   非公開といっても、ネット上なので、
  本当の機密事項や個人情報は載せるべきでない。
  適当な略語を使う必要があるだろう。

2) 仲間うちのメモ

3) 毎日更新するようなページで、
  あらかじめ何日分か作っておき、
  非公開設定にしておく。
  その日になったら、公開設定に変更するだけだから、楽である。

  私の本のブログでは、設定を変えるのは面倒なので、
  どんどん先の日付に本の記録を入れている。


posted by ティー at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

2005年04月30日

ブログの特徴

ブログを作ってから2か月弱なので、ブログの特徴、
特に普通のホームページとの違いを自分なりにまとめてみる。

(1) 記事に日付がつく。

・頻繁に更新するページ、少なくとも数日に1度は更新する
 ページに向いている。
 もし数ヶ月に1度しか更新しないなら、普通のホームページの方が
 更新の少なさが目立たなくて、いいかもしれない。

・体系的にページを整理したい時は、ブログのままでは使いにくい。
 例えば、自分の記事を内容別に分類してリンク集を作る場合、
 ブログの元記事のURLを調べてリンクする必要がある。
 記事のファイル名は、seesaaの場合、適当な番号?を振っているようで、
 整理しにくい。

 普通のホームページなら、内容に応じて構造化したディレクトリに
 記事を入れておき、プロバイダを移動する時は、全体をftpにすればいいので、
 簡単である。
-----
(2) コメントを記事ごとにつけられる。

 普通のホームページだと、掲示板を付けることは可能だが、
 どの部分に対するコメントなのか、ややこしい。
 ブログなら、記事に対してコメントを書ける。

-----
(3) 操作が普通のホームページよりも簡単である。
   
htmlが書けなくても、ブログは作れる。

   htmlが書ける人にとっては、不便なこともあるが、
   seesaaプロバイダは比較的自由度が高くて、使いやすい。
posted by ティー at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

2005年04月26日

トラックバックの方法

ブログのトラックバックはまだ慣れてない。
自分のために、やり方をまとめておくと。

(1) 相手先のブログで、「この記事へのトラックバックURL」を
  コピーする。相手先ブログの画面は出したままにしておく。

(2) 自分のブログ(seesaa)で、「記事一覧」からリンクする記事を探す。
    (この時、記事を間違えないこと。)
  下の方の「トラックバック」をクリック。
  (1)のURLとコメントを書く。

(3) 「保存する」を押すと、即座に相手先にpingが行く。

(4) 相手先ブログを再読み込みすると、出ているはず。
   自分のブログの再構築は必要ない。
posted by ティー at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

2005年03月29日

目次の置き場所

本の分野別の目次を作ってみた。
目次の置き場所は何通りかある。

a) 記事として入れる。(今回のやり方)
b) サイドバーに入れる。
c) 他のページにhtmlで入れる。

c)は他のページでいったん作ったのだが、
無料ページで広告が目立つので、やめた。

b)は本の数が増えてくると、長くなってしまう。

a)の記事として入れる方法を使ってみた。
記事の更新の時に探しやすいように、日付は
ブログ開始以前の3月1日にしてみた。

新しい本を加えて、再構築してURLが確定してから、
目次にもその本の行を加えることができる。

seesaaの場合、再構築に時間がかかる。
アーカイブ再構築を避けるために、
月が替わったら、その月の1日に、
分野別目次を日付変更しておくといいかもしれない。
そうすれば、トップページの更新だけを
とりあえずやればよい。

読んだ本を分野別にリストにする以外に、
MMに書いてみると、おもしろいかも、
とふと思った。

posted by ティー at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

2005年03月10日

seesaaのblog使い心地

seesaaのblogを使っていて気付いた点を書いてみる。

----------------
よい点

・画像枚数に制限がない。(楽○は100枚まで。)
  容量も100MBまででたくさん入る。

・URLがhttp://www.ユーザ名.seesaa.net/の形で使える。
  後ろにユーザ名が入るタイプよりもシンプル。

・まだそれほどユーザ数が多くないのか、
  希望のニックネームがとりやすい。

・「自由形式」が使いやすい。
   (HTMLの知識はあった方が書きやすい。)
 トップに写真を入れたりできる。

・フレームのいらない項目は自由に消せる。
  アバタが出てくる某プロバイダや、
  Profileが消せない別のプロバイダよりも、ずっとよい。

----------------
気になった点
  
・「再構築」には時間がかかる。
  特に晩の時間は混んでいる。ある程度計画を練っておいて、
  テキストは他の場所で編集してからアップした方がよい。

・画面の設定は楽○の方がやりやすい。
  色や境界線を変えるのが簡単でよくできていた。
しかしseesaaもスタイルシートをいじったら、
   同じようなことができる。

以上
posted by ティー at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

2005年03月07日

blog比較

blogを作ろうと思って、いくつかのプロバイダに
トップページを作ってみた。

・楽○:デザインの設定がやりやすい。 
   とりあえずここに作ったのだが、
   画像は100枚までなので、没。

・go○:あまり自由度がない。

・livedoo○:アバタのはずし方がわからなかった。

・seesaa: 画像の枚数制限はない。
    画面の設定の自由度が高そう。
    URLがユーザディレクトリでなくて、○○.seesaa.netでとれる。

というわけで、seesaaを選ぶことにする。
他の試験的に作ったページは全部消す。
posted by ティー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

2005年03月03日

はじめに

読んだ本の記録を入れておくページです。
PR講習会の後で、同期の皆さんに刺激されて、
私もブログを作りました。

読者の皆様が、本を選ばれる時に、
このブログが役立てば幸いです。

私は元々、本をかなり読んでましたが、
フォトリーディングのおかげで、
より効果的に読めるようになり、
仕事や人生に役立ってます。

フォトリーディングのクラスで教えて下さった
園先生に感謝します。同期の皆様のおかげで
読書とブログも続いてます。ありがとうございます。

そして、すばらしい本を出して下さった、
著者の皆様、出版関係者の皆様にも
感謝してます。

本の感想などコメント、トラックバック歓迎です。

個人メールを下さる方は、
tea330(アットマーク)mail.goo.ne.jp

までお願いします。

ブログの詳細説明は、別の記事にしました。
posted by ティー at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。