はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年12月30日

フォトリーディングのポイント:何度も読む

フォトリーディングの操作の中で、
一番効果があると私が思うのは、
「何度も読む」点だと思う。

本を買ったり予習をする時に、
全体をぱらぱら見る。
次に(狭義の)フォトリーディングで
全体のページに手と目と脳をなじませる。
復習でキーワードを拾う。

ここまでで3度は全体を見ている。

スーパーリーディングとディッピングも、
岡本先生によると、2度に分けるとよい。
1回めは赤ペンを持って丸をつけるだけ、
2回めは、ペンでマークした中から拾い出して、
マインドマップを書く。

合計で5回は本全体を見ている。

特に難しい本の場合に役立つ。
易しい本はどうやっても読めるが、
難しい本の場合、「数ページで挫折」
になってしまうのを避けることができる。

難しい本の場合、先に全体を見るのが
効果的である。

posted by ティー at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2008年01月30日

岡本先生のフォトリーディング受講

週末に岡本吏郎先生のフォトリーディングを
受講し、「古典を読み飛ばす」セミナーも
参加した。

3年前に園先生のフォトリーディングを
受講しているので、技術の部分は
わかりやすかった。

どんな本を読むべきか、読書とは、
など、フォトリーディング以外のお話が
おもしろかった。

易しい本だけでなく、難しい古典も
読んでみようと思った。

No.965以降は、岡本先生のフォトリーディングを
受講後の読書である。
posted by ティー at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2007年02月02日

シントピックの目次

シントピック関係の記事の目次を作りました。
ご興味のある方はどうぞ。
posted by ティー at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2007年01月11日

最近のMM

フォトリーディングのクラスで
初めてマインドマップを学んで
もうすぐ2年である。
ブザンさんのマインドマップの講習から
1年以上たっている。

最近の私のマインドマップ利用は
こんな感じである。

(1) 手描きマインドマップ

・プランニングに主に使っている。
無印の24色ペンを、3セット買って、
自宅、職場、東京の下宿の3箇所の、
デスクからすぐ手が届く所に置いている。

(2) MindManagerによるマップ。

本を読む時や、
何か文章を書く前に、
すばやくMindManagerを立ち上げている。

形式は最もシンプルな形に設定して、
マスターファイルを作っておく。

新しいファイルを作りたい時は、
マスターファイルをコピーして、
名前を変更してから、編集を始める。

本のブログを含めて、今までに
数百枚のマインドマップを描いていることになる。

posted by ティー at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2007年01月10日

最近のPR

PR受講から2年近く経つ。
最近はどういう風にPRしているか、
書いてみる。

(1) フォトリーダースノート

 受講した時に、フォトリーダースノートという
A4で1枚の紙に記入した。
この紙は今も使っている。
上の方の目標設定部分とキーワードを主に書いている。
 
ノートはしばらく保存して、時々
まとめて処分している。

(2)タイマー

 タイマーでベルを鳴らすことは、
最近は、やってない。
パソコンの時計を見て、
開始時間と終了時間を記入している。

 フォトリーダースノートの最初に、
「どのくらいの時間使いたいか?」という
項目がある。
ここに「30分」とか「40分」と書くと、
大体その通りになる。


(3) みかん法

 みかんは思い浮かべなくても
集中できるので、特にやってない。

(4) 全体の作業

 目標設定、予習、ぱらぱら、復習、
キーワード書き出し、などは、
教わった通りにやっている。
質問再設定は、やらない時もある。

マインドマップは書かない本もある。
詳しく読みたい場合は書いている。

今後は再受講にも参加して、
レベルアップしたい。

posted by ティー at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2007年01月08日

読書が苦手な場合

(この記事は個人的見解です。
PRの正式見解は、講師の方に問い合わせて下さい。)


ある方から。

PRを受講してとてもよかったですが、
元々本が苦手で、読む気がしません。

お返事。

本が苦手な方は、いきなり難しい本ではなくて、
読みやすい本がいいかと思います。

1)「手紙」
家族とは、生きるとは、考えさせられる本です。

2)「南の島のたったひとりの会計士」
 会計士になった著者が、故郷に帰って
奄美をよくしていこうとします。

はいかがでしょうか。



posted by ティー at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2007年01月05日

冊数を増やすには。

(この記事は個人的見解です。
PRの公式見解は講師の方に問い合わせて下さい。)

ある方から

PRのクラスで、3ヵ月で150冊のクラス目標を出したが、
達成できなかった。3ヵ月延長してもらったが、
他の人があまり読まないので達成できそうにない。

あと1週間で30冊もノルマが残っている。
達成できないと、メーリングリストが
消去されてしまう。どうしたらいいか。



お返事

1週間で30冊なら、自分1人でも達成できるはず。

冊数を増やすには、易しい本を使う方法があります。
料理の本、掃除系の本、ゴキブリ退治の本?など、
1冊15分くらいで読めてしまいます。

昔読んだ本を再読するのも、スピードが上がります。

易しい本を速く読むのも、いい訓練になります。
休日なら1日10冊読めると思います。



後日談。

この方は無事、冊数を達成されたそうです。
さすがです。
posted by ティー at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2006年09月15日

PR再受講:頻度

久しぶりに、フォトリーディングの
2時間半の再受講に行った。
方法が進化していて、勉強になった。

終わってから8人ほどで、1階の喫茶店でお茶した。
お仕事の話やセミナーの話など伺えた。

さて、再受講はどのくらいの頻度がいいか。

PRの方法のバージョンアップの頻度は
年に2度くらいだろうか。

年に1度か2度くらいは再受講するのが、
よさそうだ。
posted by ティー at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

PR再受講:持ち物

1年ぶりに、フォトリーディングの
2時間半の再受講に行った。

持っていくといいものをあげてみる。

・筆記用具

・ノート(私はルーズリーフを愛用)

・A4の白い紙。
  当日配布される資料の裏を使ってもいいのだが、
  無地のレポート用紙を持っていくと、
  書きやすい。

・フォトリーディングしたい本
  内容を隣の人に話すので、
  話しやすい本がよい。
  あまりマニアックな専門書は避ける。

・名刺
  初対面の方がほとんどなので。

・カラーペン
  黒一色のマインドマップでもいいのだが、
  色を使いたい人は、持って行くとよい。

・10倍本
  「○ページを開けて、
  ○○というキーワードを探して下さい」
  という使い方をした。
posted by ティー at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年07月17日

PRはどんな本でも役立つか?

メールでご質問があったので、回答をブログにも書いておきます。

Q: フォトリーディング(以下PR)は、どんな本でも役立ちますか?
  数学や哲学の本だと役立たないような気がします。
  それから、どんな人にも役立つのでしょうか?

お返事:(あくまで私の理解と経験の範囲でお返事します。
     ちゃんとした話は、PRの講習会で聞いてみて下さい。)

PRは、

・その本から何を得たいか、目標を決めてから読む。
   (不要な所は読まない)

・いくつかの方法で飛び飛びに読む。

・読む価値がない本だと思ったら、途中でもやめる。

あたりも原則のようです。

自分にとっての情報密度が低い本なら、
必要部分だけ取り出して読めばいいので、
PR向きです。

数学の本でも、定理の証明を全部フォローしたいなら、
普通に1行ずつ読むべきだし、
全体をまず知りたいとか、ある部分だけ読みたいなら、
PRが役立ちます。
全部読みの準備段階として、PRするのもいいかもしれません。

要は自分がどういう読み方をしたいかによります。

誰に効果があるかは、よくわかりませんが、
講習に出ただけでは身につかなくて練習が必要なので、
講習後にある程度時間が必要です。

毎日徹夜するほど仕事が忙しい時期は
避けた方がいいと思います。
posted by ティー at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年06月11日

PR勉強会に参加

PR勉強会に初めて参加した。

地下鉄南北線の白金高輪駅からすぐの場所だった。
幹事の方のおかげで便利な場所で嬉しい。

参加者は7名だった。PRの受講生限定の勉強会である。
3時間半ほどの時間で3冊読んだ。

時間配分は、
準備1分、予習2分、PR5分、復習4分、
休憩数分、活性化6,8,8分、
発表3分、だった。
3冊めは時間の関係で短縮バージョンだった。

1人で読む時よりも、PRや復習は長め、
活性化は短めだった。

----
他の人が読んだ本の話が聞けて、なかなかよい。

皆さんの発表の中では、「ブリージング・セラピー」という本が
おもしろそうだった。呼吸にもいろいろあるようだ。
「笑いと治癒力」もよさそうだ。

読んだことのある本は、「社長失格」「人生は手帳で変わる」
「7つの習慣」の3冊だった。「発想力」も昔読んだような記憶が
かすかにある。

そういえば、「第8の習慣」の英語版を買って
まだ読んでないので、そろそろ読んでみようと思った。
この本の付属DVDを途中まで見たので、残りも見ようと思う。

----
発表は短い時間にまとめる練習にもなる。
3冊めの発表は時間の関係で1人1分になったが、
1分でちょうどよいと感じた。

持参する3冊は、ちょっと背伸びした本を持って行くと
いいかもしれない。
「発表しなくては」と思うと、必死で読むからだ。

1人で読む時は、活性化が長くなりがちである。
勉強会で時間を区切るのは新鮮である。
間に合わない場合は、とりあえず発表する部分を決めて、
そこを重点的に活性化した。

3冊めは活性化の時間が短くなりがちなので、
難しめの本は1冊めか2冊めにするとよい。

------
持って行くべき物は、
・本3冊(まだ読んでないもの)
・筆記用具
・MMを書く紙。

あるとよい物
・水のペットボトル。
・きれいな色のサインペン。
・名刺(初対面の方と交換するため。)
posted by ティー at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | PR関係

2005年05月29日

1日1冊掲載する理由

日によって読む本の数は違うのだが、1日1冊掲載する理由は、

1) 数えやすい。
   ブログを始めてからの日数と「○冊め」という数字が同じだと、
   わかりやすい。

2) ファイル名の整理しやすさ。
   表紙画像とMM画像は、日付で名前を付けている。
   例えば050527h.jpeg(表紙)、050527m.gif(MM)
   みたいな感じである。
   1日に2冊なら、日付に枝番を付ければいいわけだが、
   間違えそうなので、1日1冊にしている。

3) 加速が実感できるから。
   速度が上がれば数をたくさん読めるのだが、
   あまり数を読みすぎるよりは、
   本の意味を考えたり、行動する時間をとりたい。
posted by ティー at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年05月27日

PRはなぜ速く読めるか。

PR本では、「10倍」とあるが、
私の今の感じでは、本にもよるが、
単純なスピードが2倍くらい、内容の理解度が2−3倍で、
2x2.5=5倍くらいの感覚である。
おそらく、今後もっとアップするのだろう。

PRでなぜ速く読めるかを、自分なりにまとめてみた。

(1) 必要な部分だけ読むから。

(2) 集中しているから。

(3) 何度も読むから。

(4) 知識が増えているから。

(5) 潜在意識も利用しているから。

このような仕組みにより、全体として読むスピードが
上がる。

詳しく見ると、

(1) 必要な部分だけ読むから。

 PRの手順の最初の方で、読む目的をはっきりさせよう、
というのがある。「私は○○について、この本から学びます」などと
自分にaffirmationをかける。
知りたい情報が明確になり、そこを中心に読めば、本を読み終わる時間は
当然短縮できる。

(2) 集中しているから。

 PRでは、集中するための方法がいくつかある。
椅子に座って両足を床につけて読むことになっていて、
例えば寝転んで読むよりは、集中できる。
 また目をつぶってaffirmationするとか、みかん法もあり
(詳しくは本をどうぞ)、雑念を追い払うための工夫もある。
また(1)にもあるように目標を明確にするので、集中しやすい。

(3)何度も読むから。

 PRでは、異なる方法を使って、1冊の本を何度も見るようになっている。
最初に表紙や目次を1分以内でざっと見る、
予習でキーワードチェック、PR、復習でキーワード、その後SR&Dと、
5通りの方法で読んでいる。(RRもやると6通り)。

(4) 知識が増えているから。

 講習会では、同じ分野の本、同じ著者の本をどんどん読んでみることを
推奨している。その分野や著者の知識が増えると、既に知っていることは
飛ばすので、結果として本を読む時間が短くなっていく。

(5) 潜在意識も利用しているから。

 本を前にしてない、例えば寝ている間や他の作業をしている時に
本の内容についてふと考える時間は、当然ながら読書時間には含めない。
読書時間以外の時間を利用して、本についての考えを深めている。
posted by ティー at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年05月22日

PR講習会11週間後の感想

PR講習会から11週間たったので、感想を書いてみた。

(1) 本を読む目的

PRの手順で、本をなぜ読みたいか明確にしてから読む、というのが
なかなかよい。NLPで言う、アウトカム、つまり、
本を読む前と後でどういう変化が欲しいのか、明確にする。

質問としては、

 1) なぜこの本を読みたいか? (きっかけ)
 2) 何を知りたいか?

以外に、

 3) なぜこの本か? (他の本でなくて)
 4) なぜ本を読むか? (他の行動でなくて)

あたりも自分に問いかけたいと思っている。

読みたい本はいろいろあるが、なぜその本なのか、
必要に迫られているのか、あるいは緊急度はそれほどでなくても
長期的に自分にとって重要な本なのか。
(フランクリンの4つの領域のどれなのか。)

本を読むという行動が、
何か別の行動の準備なのか、振り返りなのか、
理由付けしたいのか、楽しみなのか、気分転換なのか。

もし単に気分転換なら、例えばストレッチするとか
音楽を聴くとか、他の方法に比べて効果的なのかも
自分に問いかけたい。

---------
(2) やはりその日の体調に影響を受ける。

例えば風邪をひいているような時は、癒し系の本、
元気な時は、内容が複雑で時間のかかりそうな本に手が伸びる。

-------
(3) なるべくよい本を厳選したい。

ベストセラーや新刊書は当たり外れがあるので、
他のブログで紹介された本で自分に必要そうな本、あるいは、
これまで買ってざっと見てある本の中で、再読の価値がありそうな本を
選んでいきたい。

------------
(4) 本への感謝。

いい本を読んだ後は、著者の方、企画編集された方、装丁をされた方、
その他、本に係わった皆さんに感謝して、しめくくりたい。
posted by ティー at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年05月08日

PRの効果(講習会9週間後)

PR講習会の後、9週間たったので、
自分の場合のPRの効果について、まとめてみる。

(1) 本の理解度、定着度が高まった。

 本は以前から好きでよく読んでいたのだが、
 いい思ったページを折っておく程度だった。
 本の内容をMMにしたり、ポイントや感想をブログに
 書くと理解しやすいし、特に覚えようとしてないが
 定着しやすい。

 何かの時にふと、本の内容を思い出して使えることがあり、
  これもPRの効果だろう。

(2) (1)の結果、ワークブックを買ったり、セミナーに行きたいと
 思うことが減った。

  本には別冊でワークブックが出ていることがあるが、
  たいていは、本の内容を展開しただけで、
  「○○について自分の場合に書け」とあるだけである。
  元の本をしっかりMMしていれば、ワークブックは
  必要ないことが多い。
  もちろん、独自の視点でまとめているワークブックもあるので、
  そういう場合は価値がある。

  またMMすることにより、著者の考えがかなり身につく。
  本の著者のセミナーは、宣伝は魅力的なのだが、
  時間もお金もかかる。
  本をMMして、それでも行きたいと思った物にしぼることができる。
  実技系の内容、例えばウォーキングなどなら、興味があれば
  行く価値があると思うが、モチベーション系の内容なら、
  本を読んで自分で実行すればいいだけである。

(3) 同じ系統の本を読むと、だんだん内容が重なってきて、
  新しい部分を読めばよくなる。
  
  例えば、Edu-Kに興味があって、10冊近く本を集めて読んだ。
  基本となる部分は共通で、バリエーションや説明部分を中心に
  読むことができた。

  またビジネスのハウツー本は、内容が似ていることがわかった。
  最近のベストセラーよりは、だいぶ前に出版されて今も読まれている
  ロングセラーを読んだ方がおもしろいことがわかった。

posted by ティー at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年05月07日

最近のPRのやり方

私の最近のPRのやり方をまとめておく。

--------------------
[A] 準備

前日晩に、翌日読みたい本を机の上に置いておく。
表紙や裏表紙などを眺めておく。
どんなことが書いてあるのだろう、と楽しみにする。

-------------------
[B] 予習、PR, 復習、SR&D&MM

休日なら朝、平日なら晩に
予習、PR, 復習の手順。
SR&D&MMは速く読める本なら1回で終わらせる。
分厚い洋書などじっくり読む本は数日に分けることもある。

(時間計測はMMまで。)

------------------
[C] 感想を書く。

MMを見ながら、メモと感想をメールに書く。

大体できたら、ここで休憩を入れる。
簡単な家事をやったりストレッチ。
この間に、他の感想を思いつくこともある。

メールができたら出す前に、ブログ関係を先にやる。
出張先などでは、本の表紙画像は省略して、
帰ってからまとめてやる。

------------------
[D] ブログ関係

[D1] ファイル準備

・本の題名、出版社、ページ数、ISBNの情報は、
 メールに書いた物を、MMのフローティングオブジェクトに
 コピー・ペーストする。
  (MMからメールにコピーするよりも楽。)

・MMをgifでファイル出力しておく。

・本の表紙の画像をスキャナーですばやくとる。
  画像ができたら、USBケーブルは抜く。
  縮小ソフトで小さくする。

-----------------
[D2] アップロード

1) 記事

・サーバーにまず、表紙画像とMMファイルをアップする。

・新しい記事の編集を始める。
  本文は上記のメール原稿をコピーする。いったん保存する。
  次に日付を調整して、1日1冊になるようにする。
  表紙画像とMMファイルを記事にとりこむ。
   align="right"指定で、記事の右側に画像が来るようにする。
  記事を忘れずに保存。

・ブログの再構築。
  少し時間がかかるので、次の本の表紙を見たりする。

-----------
2) 分野別目次の追加

・新しい記事が正しく表示されることを確認。
  新しい記事をクリックして、URLを得る。

・seesaaのサーバーの「記事リスト」を出して、
  「分野別目次」を編集する。
  新しい本の題名とURLを加える。
  保存して、再構築。

-----------------------
[E] メールアップ

・同期MLに新しい本の感想メールを送る。

おしまい。
posted by ティー at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年05月06日

PR講習会9週間後の感想

PR講習会から9週間たったので、感想をまとめておく。

------------------
感想

・読む時間:
  最もよく読めるのは、よく寝た休日の朝。
  次は平日の晩。

  昼休みは中途半端なので、読まなくなった。
  通勤のバスの時間待ちは、短すぎて読みにくい。
  出張中の東京での地下鉄の中も、時間が短すぎて、あわただしい。
  JRで長距離乗る場合は、洋書の普通読みまたはRRによい。

・寝ている時間の潜在意識の利用、はまだあまりやってない。
  寝る前に第3ステップまでやってしまうと、頭が冴えてしまう。
  翌日読みたい本の表紙や裏表紙、目次を眺める程度にしている。

今後の課題

・PRの参考書・関連本でまだ読んでない本を読みたい。
  (Accelerated learning, How to read a book, Einstein factorなど)

・ビジネス系ハウツー本の比率を下げて行きたい。
  (同じようなことが書いてあるので。)

・分野を定めて、シントピック風?リーディングをしたい。

・他のフォトリーダーのブログを参考に、
  読んで意味のある本を探していきたい。

・本からどういう行動が起こったかも、記録したい。
posted by ティー at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年04月30日

講習会の8週間後の感想

PR講習会から8週間である。
読んだ本が50冊を超えたので感想やメモをまとめてみる。

-------------
PR関係の感想

1) PRに向く本と向かない本がある。
  小説や物語仕立てのノンフィクションは、ちゃんと読まないと
  わからなくなるので、PRにはあまり向いてないかもしれない。

2) 日によって読む本の種類を変えている。
   ちょっとくたびれた平日は、マーケティング系の勢いのいい本、
   休みの日で2,3冊読む時は、まずEdu-Kなどの軽い本を読んでから、
   しっかり読みたい本を読んでいる。
    (ブログ上は1日1冊に分散させて載せているので、
    必ずしも読んだ日に載せてない。)

--------------
マインドマップ関係

1) MindManagerはたまにフリーズすることがある。
  (特に2つ編集しながら、1つからgifファイルを出力する時など)。
  まめな保存が必要。

2) 英語の本の場合、単語を調べてルーズリーフなど紙に書いても、
  紙をなくしやすい。
  マインドマップにしておくと、わかりやすい。
  数個の単語なら、同じMMでもいいが、
  多くなりそうな時は、別のMMにする。

  私は調べた単語を紙に書く時は、発音記号も書いておくことがある。
  パソコンの場合、発音記号やアクセント記号をどう入力するのか、
  よくわからない。とりあえず講習会で配布があった、A4の記録用紙の裏に
  発音記号を書いている。

3) マインドマップはプリントアウトしておいて、ファイルにとじ、
  時々見返すと、短い時間で本の内容が復習できる。

  丁寧に読んだ本はMMの字が小さいので、見にくい。
  印刷の指定で複数枚に出しておくとよい。

------------
ブログ関係

1) seesaaは一時は混んで遅かったが、サーバーの増強をしたらしく、
 最近はすいすい更新できる。

2) ブログに載せる表紙の画像は、デジカメよりも
 スキャナが簡単。
 デジカメだとフラッシュや部屋の蛍光灯の光が
 表紙の面で光ったりするが、スキャナーなら
 きれいにとれる。
 最近使ってなかった古いスキャナを復活させた。
 A4サイズまではスキャンできるので、よほど大きい本以外は、
 スキャナを使うことにする。

3) 画像を小さくするには、「縮専」というソフトを使っている。
 画像ファイルのアイコンをドロップするだけで、縮小できる。
 
 マインドマップは縮小すると読みにくくなるので、
 MindManagerのgif出力をそのまま載せている。

---------
今後の課題

・読む本の選び方は「おもしろそう」などの理由が多かったが、
 そろそろ戦略的な?本の選び方もしたい。

・英語の本をもっと速く読みたい。
-------------------------
posted by ティー at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年04月08日

PR講習会5週間後。

PR講習会から5週間たった。
最近の状況を書いてみた。

(1) 1日1冊でなくて、2日に1度、2冊読む日が増えてきた。
   (blogでは1日1冊に分散させて載せている。)
  
2冊は「薄い本と厚い本」「軽い内容の本と難しそうな本」という風に、
  変化をつけて組み合わせることもある。

--------------
(2)MMはまず章ごとに分けることが多い。

  例えば、1冊で3箇所だけ書き残したい場合は、
  直接中央のアイテムにつなげればよいが、
  たくさんある場合は、とりあえず章ごとに書くと、わかりやすい。

----------------
(3)一番集中できる場所は、自分の部屋のデスク。

  電車の中でもやってみたが、つい普通読みになる。
   特に長距離のJR特急は、途中で眠くなる。
   地下鉄の中では、乗る時間が短い。
    降りる駅になって、あわてて落し物をするのも大変なので、
    1駅前に読書を終了することにしている。
    そうすると、例えば8分だと、落ち着かない。

------------------
(4) 本を読む前に、SR&D&MMにどのくらいの時間がかかるか、
 見積もりができるようになってきた。

  かかる時間 = a x ページ数 x 情報密度x [英語日本語の別]

aは適当な定数である。PRが上手になれば、減少するかもしれない。

情報密度は、自分にとって必要な情報の割合である。
 欲しい情報が本の一部なら小さい。
 本全体が大事なら1である。

英語の本はやはり読む時間がかかり、日本語の2倍はかかる。
 しかし翻訳によって失われる情報もあるので、
 基本的には原文で読むことにしている。
 英語の本を読んでいるうちに、速くなるだろう。

そうすると、自分の場合、大雑把に3段階くらいの本がある。

 ・15分程度で読める。
ページ数が少なくて(100ページ以内)情報密度が大きいか、
    ページ数が多くて情報密度がかなり小さい場合が多い。  
      (ページ数が少なくて情報密度が小さい場合は、
       あまり読む必要がない。)
 
 ・40分前後
    ページ数が中くらい(200ページくらい)情報密度が高い場合が多い。

 ・数時間かかりそう。(ページ数が多くて、情報密度も高い場合)。

今後もっと速くなるだろうと期待している。

posted by ティー at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月30日

PR講習会3週間の変化

PR講習会から3週間以上たったので、変化を書いてみた。

・みかん法はやらなくても集中できるようになった。
  (特に自宅の場合。
   電車の中は集中力が落ちる傾向。)

・ブログに書く励みがあるので、読みやすい。

・ブログの操作にだいぶ慣れてきた。
   表紙画像の圧縮もすいすいできるようになった。
   MindManagerの操作も早くなった。
    (以前からこのソフトを使っていたが、ゆっくりだった。)

・MMを書くので、記憶に残りやすい。
   元々本はたくさん読むタイプ。
本は自分で買って、いいことが書いてあるページの上の隅を
   折ってある。
   そのページだけ読めば、本の(自分にとって)大事な部分は
   すぐ復習できる。
   しかし、「折ってある所を開けば思い出せる」よりも、
   MMを書いて、頭に記憶しておいた方が使いやすい。

・以前はあまりおもしろくない本は、途中で読む気をなくした。
  しかし、MMなら、全体としてはおもしろくなくても、
  SR&Dで、使える部分だけ書けばいい。
  必要部分が少ない本は、MMだけ残して、
  本は読み返す必要がなくなり、精神衛生上?よい。

-------------
今後達成したいこと。

・1日1冊だと、つい簡単な本に手が伸びる傾向がある。(^_^)
  時間がある休みの日に、やや難しいけど内容のある本を
  読みたい。

・SR & D & MMの部分を高速化したい。

・中程度の日本語の本の場合、PRの工程全部(予習からMMまで)で40分くらい。
  しかし感想を書いてwebにアップするのにあと30分以上かかる。
  後半部分(感想&アップ)も短縮したい。

---------------
今後の計画

・1日1冊の中身を充実させたい。

・忙しいとわかっている日は前日に2冊読んでおく?

・再受講は予定が合えば、積極的に参加したい。
posted by ティー at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月21日

マインドマップのスタイル

MindManagerというソフトを使って、マインドマップを書いている。
使っているうちに、下記のデザインに大体落ち着いた。

方針は、

・なるべくシンプル。
・作成に時間がかからない。
・後で見返ししやすい。

----------------------
ティーのMM

・元になるスタイルは、「Default (Curved)」を使った。
  一番シンプルな形である。
  曲線の上に文字を書くタイプ。

・中心の箱に色をつけない。

・背景はなしにする。

・ファイルメニューの「Page Setup」で、
  Portrait(縦長)指定にする。
  デフォルトでは、「Automatic」で縦長の時も横長の時もある。
  MMをプリントアウトしてファイルに綴じている関係で、
  紙の向きを統一しておいた方が見やすい。

・トピックは、主題の右側にずらっと並べる。
  放射状もいいのだが、どこから読み始めるのか忘れてしまう。
  右側に並べて、上から順に読んだ方がわかりやすい。

・「Floating Topic」を左上に作る。
  番号、日付、題名、著者、出版社、発行年、ページ数、ISBNの
  情報を入れる。

・ファイル名は、日付を先に入れ、内容を次に書く。
  例えば、050309医療マーケティング.mmp。
  日付を先に入れると、ファイル名で整列させた時に
  日付の順に並んでわかりやすい。
  
  blogに入れる時は、gifに変換して、050309m.gif という風に
  内容は省き、日付とm (マップという意味)を付けておく。
  blogは同じファイル名の画像を2つ入れることはできない。
  日付をつけておけば、ファイル名が重なることがない。

・設定を全てした空ファイルを1つ作っておく。
  新しくMMを書く時は、その空ファイルをコピーしてから
  入力を始める。
posted by ティー at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(2) | PR関係

2005年03月20日

本の購入:アマゾン利用法

私のアマゾン利用法をまとめてみました。

アマゾンのいい点

・1500円以上で送料無料。
  田舎に住んでいると、本屋に行くのにバス代がかかる。
  わざわざ行くのは時間もお金もかかる。

・記録が残る。
  自動的に送られてくるメールを残しておけば、注文した本の題名が残る。
  メーラにamazonのフォルダーを作っている。
  フォルダー内を検索すれば、ある本を既に買ったかどうか、
   いつ頃買ったかすぐ検索できる。

-------------
アマゾンの気になる点

・配達方法。
  個人的にはくろね○が時間指定しやすくて好きだ。
  20-21:00の細かい指定ができる

・翻訳書と原著がリンクされてない場合が多い。
  この点は有隣堂の方が優れている。

・アメリカのアマゾンと日本のアマゾンは在庫を融通しないようだ。
  例えば、アメリカのアマゾンで「24時間以内配達」になっている本を
  日本のアマゾンで注文して、「入手困難」というメールが来たことがある。
  いったんアメリカのアマゾンの倉庫に入ると、日本のアマゾンからは
  注文できないようだ。
--------------
自分の場合、

・洋書はamazon.comの画面で評を見てから、amazon.co.jpで
  買うことが多い。

・洋書は定価2000円くらいの本が
  amazon.co.jpで品切れで、同マーケットプレイスで1万円の値段が
  ついていることがあって、びっくりする。
  amazon.comの古本で買えば、安く買えることが多い。

・ショッピングカートが便利。
  「今月は本買いすぎ」という場合、とりあえず、カートに入れておき、
  注文は後ですることがある。
  1500円未満の本を買いたい場合も、ひとまずカートに入れておき、
  後で注文する。
(あまりに放置すると、消えてしまうが。)
posted by ティー at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

講習会後2週間の変化

PR講習会から2週間たったので、変化をまとめてみた。

明確な変化

1) タイマーを使うようになった。

   台所の作業や風呂を沸かす時にタイマーを使っていたが、
   「読書にタイマー」は初めてで新鮮な気分。

   家ではパソコン上のタイマー、
   出張のJRの中では、電池で光を出したり振動するタイマーを使っている。
   作業によって、決めた時間を短く感じる時と長く感じる時が
   ある。

2) Blogを始めた。
   
   ホームページを作ったことはあるが、Blogは初めて。

3) 1日1冊読んでMMを書くようになった。

   講習会中に「1ヶ月に何冊読む予定か?」と聞かれて、
   私は「10冊以下の人」の時に手をあげた。
   土日で1冊ずつとして、1ヶ月で8冊の計算であった。
   しかし同期の方々に刺激を受けて、1日1冊読むようになった。

-----------------
明確でない変化

(そんな気がする、という程度ですが。)

4) 本の内容をMMを書くと記憶に残りやすい。

5) 本を読む前に、MMを書く価値があるか、
  書くとしたらどのくらいの時間がかかるか、
  大体わかるようになった。
  また選ぶ段階で、PRをやると、ぱっと選べる。

6) MMのよい点の1つは、好きな部分だけ取り出せることである。
  本によって文体が嫌いだとか、分析が浅いなど文句がある場合もある。
  MMでその本のよい点を抜き出してしまえば、以後はMMだけ見ればよいので、
   気分もよい。
posted by ティー at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

PR出張セット

PRを1日1冊やる場合、出張に持って行くものを書いてみた。

1) 本、数冊(出張日数分)
   現地で買う手もあるが、選ぶ時間があまりなくて、
   くだらない本を買ってしまうのは、もったいない。
   早めにある程度選んでからPRしたい。

2) 記録用紙(出張日数分+αの枚数)
   途中までPRして投げ出す可能性も考えると、
   日数分よりも多目にプリントアウトした方がよい。
   裏面には、章ごとの時間の記録(長い本の場合)や
   手書きのメモやMMを書いている。

3) タイマー
   振動モードは、モーター音が出るので、
   電車の中や喫茶店では、光が出るモードを使っている。
ひもがついているので、首からぶらさげると、邪魔にならない。
   タイマーを押していると、携帯電話を操作しているように見える?ので、
   自然な感じ。

4) デジカメ(とUSB接続コード、電源コード)
   前もって本の表紙の写真をとっておけば、
   デジカメは持っていかなくていいはずだが、
   ひょっとして現地で本を購入することもあるかもしれないので、
   一応持参。
   (なお私の携帯電話は写真機能はついてない。)

パソコンはPRするしないにかかわらず持参している。
posted by ティー at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

PRの道具:タイマー

PRの際に使っているタイマーを紹介する。

(1) パソコンのタイマー「教える時男君II」

http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se140249.html

例えば「MM作成中に5分おきに鳴らす」というリピート設定も
可能である。音はファイルを入れ替えれば変更できるが、
デフォルトのベル音を使っている。
自分の家ではこのパソコンのタイマーを使っている。

------
(2) マルチタイマーTM-30(遠藤科学)

同期の方が教えて下さったタイマーを私も買って使っている。
http://www.endokagaku.co.jp/shop/others/timer/sk_timer.htm

音、振動、光の3モードある。 

電車の中や喫茶店で音を出すのはまずいので、
振動または光を使うことになる。

振動モードはモーター音が出るので、
光モードを使うことが多い。
電車の中でしばらく寝たいが乗り過ごしが心配な時は、
振動モードがよさそうである。

s-timer.jpg
写真の左側は携帯電話、右がマルチタイマー。
同じような大きさである。
posted by ティー at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月11日

ロジックツリーとマインドマップ

マインドマップを書いていて、ロジックツリーと
ちょっと似ていると思った。

ロジックツリーは、名前の通り、ロジカルに書く必要がある。
一番上に1つ箱があって、そこに主張したいことを書く。
その下には根拠がいくつか並ぶ。
MECE (mutually exclusive, collectively exhaustive)と言われる
ように、例えば主張の根拠として3つ書いたとしたら、
 ・その3つ以外にないか?
 ・3つは重なってないか? 互いに独立か?
を調べる必要がある。

ロジックツリーがとても上手な人を見たことがある。
同じ課題で書いていると、こちらは、すきだらけのロジックで
3段くらいのツリーに四苦八苦しているのに、
その人は5段活用、というか5段くらいMECEに、
びしっとすきなく書ける。

私の場合、仕事柄、少しロジカルな振りはできるが、
実際には「全然ロジカルではない」と親しい友達に
よく言われる。その代わり?、
(正しいかどうか別として)判断は早い方だ。

マインドマップは思いついたことを線で結んだり移動すればいい。
もちろん、ロジカルに書くこともできるが、
自分のメモみたいな物なので、ロジカルであることは
要求されない。

というわけで、私にとって、マインドマップの方が書きやすい。
どうしてもロジカルな必要がある場合だけ
ロジックツリーを書くことにしよう。

posted by ティー at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | PR関係

PRの手順

PR1日1冊計画のため、PRの手順をまとめてみた。

------------------------------
前日晩にやること。

・本を選んでおく。(必須)

・できれば本の表紙の写真をデジカメでとっておく。
  パソコン上で見て確認しておく。
  圧縮ソフトで小さくしておく。
   この段階で本の写真を撮る気にならない本は、
    あまり好きではないので、(よほど必要に迫られてない限り)
    しばらく読まないことにする。

・同期MLの書ける部分を書いておく。
  本の題名、読みたいと思った理由、など。

・本をカバンに入れる。(必須)

------------------------------------
当日昼休み(できない時は晩)。

・準備、予習、PR、復習(ここまではすばやくできる。)
・SR&D, MM化 (時間が足りない時は晩に回すことも)

-------------------------------------------
当日晩
・感想を加えて、同期ML投稿バージョンを作る。
  blog原稿はこれのコピー。(若干変更)

・投稿はblogを先にする。

  まずファイルのアップロード(表紙画像とMM)
  記事アップ。
   本の紹介以外の投稿がある時は、
   本をその日の最後にアップする。(画面トップに出すため)
  時間が遅くなると回線が混むので、早めに更新しておく。

・同期MLに報告する。

--------
翌日へ向けた用意へ。

以上
posted by ティー at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

読む本の選び方

PR講習会の後、1日1冊のペースで読んで、
blogにアップしている。
本を選ぶ基準をまとめてみた。

・マインドマップを書きたいという気持ちにさせる、
  おもしろそうな本。

・表紙の写真を撮るので、表紙からいいオーラ?が出ている本。

日によって読む本を変えている。

・時間の余裕があって体調もいい日は、
  MMをたくさん書くような本。

・忙しい日はMMが少なめになりそうな、
  (自分にとって)軽い本。

以上。

posted by ティー at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

マインドマップ

先輩リーダーの木元さんがトラックバックして下さったので、
読みに行ってみた。

トラックバックはまだやったことがないのだが、
この記事を書いてから、試しにやってみようと思う。

---------
で、本題のマインドマップの件。

以前、木元さんがマインドマップを書かれてるのを見て、
ソフトのMind Managerを注文して使っていた。

講座で講師の方が「MindManagerを使っている人は?」と聞かれて、
確か他にいなかった。
(前の方に座っていたので、後ろはよく見てないのだが。)
このソフトはまだそれほど普及してないようだ。

教えて下さった木元さん、ありがとうございます。

講座で講師の方がMindManagerの操作をデモされ、
配布資料にもMindManagerを使われていた。

学んだことは、

・MMの出力形式は、シンプルな方がたくさん書ける。
  私は自分で使っていた時は、アイテムを箱で囲むタイプにしていたが、
  これではあまり書けない。
  曲線で結んで、曲線の上にキーワードを書くタイプがよい。

・以前読んだMMの本では、「文章にしないで単語を書くこと」と書いてあった。
  私は文章をつい書いてしまう。
  講座で質問してみたら、「別に文章でもよい」とのことで、
  ほっとした。

同期でさっそくMindManagerのお試し版を使っている人がいらして、
広まりそうだ。

posted by ティー at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月10日

PR講習会前の用意

友人がPRの講習を受けるらしいので、受ける前の注意をまとめておきます。
これはあくまで私の場合、という意味で、
人によって違うと思います。
また随時バージョンアップがあるらしいので、
今後どうなるかはわかりません。
講習の中身は書いてはいけないらしいので、省略します。

-------------------
PR講習会前の用意

1.体調

・2日間の長時間の講習なので、体調を整えておいた方がよい。
  風邪をひくとつらい。
  私は講習会の5日前に風邪になったが、
  有休を1日とって、医者にもらった薬を飲んで寝たら、
  だいぶ回復してよかった。

・簡単な体操があるので、怪我はしてない方がよい。
  (でも怪我していても、その体操だけ省けばよい。)

  私は講習会の1週間前に肉離れになり、
   一時はどうなるかと思った。
  講習会までには、軽いジャンプができる程度には回復して、
  ほっとした。

-----------------
2.やっておくとよいこと。(でもできてなくても支障はない。)

・2日間の講習で他のことができない。
  洗濯などの週末にやる家事は、前倒しでやっておくとよい。
  (でもできてなくても、気にしなくてよい。)

・10倍本は読んで概念に慣れておくとよい。
  (でも読んでなくても大丈夫。)
  私は英語の本をざっと読んでいた。
  終わってしばらくしてから、また読んでみる予定。

・講習会で10倍本がもらえる。(PRに使う。)
  既に持っている人は、友達に1冊あげるといいかも。
  英語で読んでおくと、日本語と重ならなくていいかも。

・MMの本を前もって読んだら、「色を使うように」と書いてあったので、
 サインペンを買っていたが、講習会でも1セットもらえた。
 パソコンのソフトでMMを書くなら、講習会後はサインペンはあまりいらない。
 何か他のお絵かきに使ってもいいかもしれない。

------------------
3.名刺など

・名刺はたくさん持って行った方がよい。
  休み時間、昼休み、懇親会で名刺を交換した。
  自作名刺も楽しい。
  私は人数がわからなかったので、1箱持って行った。
  私が参加した大阪の講習会は36名だった。

・懇親会は楽しいので出た方がよい。
---------------
4.宿

・近畿地方内でも宿をとっている人が結構いた。
  ハードスケジュールなので、往復に時間がかかるよりは、
  宿をとった方がよさそう。

  私は遠方なので、梅田近くの東横インに前日から泊まった。
  パソコンを持って行くと、インターネットが無料で使えてお勧め。
  梅田駅から京橋駅までJRで6分で行ける。
   (京橋駅から結構歩くが)

--------------------
などといろいろ書きましたが、よれよれで大阪にたどり着いても
何とかなりました。
posted by ティー at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月06日

PR2日め

ホテルをチェックアウトして、
大阪駅のロッカーに荷物を入れた。

この日も早めに着いて、ミスドに行った。
隣のテーブルで若い女性が、履歴書をたくさん
書いていた。就職活動中らしい。

講習会2日めの内容も略。

帰りは大急ぎで帰った。

posted by ティー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月05日

PR1日め

PR講習会1日めだ。

環状線に乗った。
地下鉄ではなくて、地上の電車なので、街が見えて
おもしろい。時間がある時に1周してみたいと思った。

京橋駅で降りた。会場のあるビルまで、
全部通路になっている。下には道路や川が見える。
普通に橋を渡って歩くと、どんな感じだろう、と思った。

会場のあるビルの1階には、ミスドとスタバが入っている。
スタバは照明が暗いようなので、ミスドに入った。

講習会の中身については略。
(書いてはいけないらしいので。)

懇親会は同じビルの上の方だった。
なかなかおもしろかった。
posted by ティー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月04日

PR講習会前日

講習会から1週間たって書いている。
seesaaは、いったん保存してから日付を変更できるので、
以前の日記も書けて便利だ。
楽○の場合は、その月と前月しか新規記事を書けないらしい。

-----
仕事を切り上げて、JRで大阪へ行った。

宿は大阪駅から近いのだが、荷物もあるし
道もわからないので、タクシーに乗った。
宿は駅の反対側にあることがわかった。
あのまま歩かなくてよかった。

宿にチェックインして、駅の方向に歩く。
ヨドバシカメラの大きなビルがあった。
上の方にレストラン階があるらしいので、
行ってみた。

イタリアンなどデート向けの店は全て、
若者が行列している。

行列してない店がやっと見つかった。
寿司屋に入って、お造り定食1200円を頼んだ。
おいしくてこの値段。さすが食道楽の店である。

フロアを1つ降りると、喫茶店とお菓子の店がずらっと
並んでいる。おしゃれな紅茶の店はデートの客で混んでいる。
すいている店に入った。アジアのデザートとお茶の店である。
杏仁豆腐とジャスミンティーを頼んだ。

お茶は陶器のふたのある容器に入ってくる。
お茶の葉が入った部分を引き上げることができるので、
好きな濃度に調整できる。
お湯だけおかわりできて、なかなかよい。

照明も明るくて、勉強向けの店である。
女性の1人客が2名いた。

posted by ティー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。