はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年06月04日

1002.1日30秒でできる新しい自分の作り方

s-080604h.jpg
「1日30秒」でできる
新しい自分の作り方

田中ウルヴェ京著、
フォレスト出版、
2008年、179ページ
ISBN978-4-89451-297-9

読もうと思った理由
・他で紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分
合計23分

080604m.gif
内容のメモと感想
・ストレス対処(コーピング)について述べた本。

・著者は1988年のソウルオリンピックの
 シンクロで銀メダルを受賞した。

・オリンピック後3年くらい経つと、
 周囲の反応が変わってきた。
 「あの人は今」の取材申込があり、
 過去の人になってしまったとショックを受ける。

・アメリカに6年近く留学して、
 スポーツ心理学、コーチング、認知行動療法、
 キャリアトランジッションなどを学んだ。

・日本に戻って、あちこち挨拶に行くが、
 商品価値がもうないと言われた。

・メディア的には墓場に入った過去の人。
 墓場から出るには、相当コツコツやる必要がある。
 谷底から登り始める。

・がんばると、登る時に力を使いすぎる。
 ゆっくりと、適当に、少しずつ。

・今日自分ができたことをメモして、
 花丸をつけ、自分をほめる。

・鏡の前で笑顔でセルフトーク。

・政治家は国会でのやじを受ける。
 「自分は言いたいことを言うだけ、
 彼らがどのように取ろうと関係ない」
 「自分ができる精一杯を淡々と地味に
 やっていけばいい」とセルフトークして、
 周りからのやじを無害化した。

・この本は、あとがきから読むといいかもしれない。

・著者の講演を聴いてみたいと思った。
posted by ティー at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99879906

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。