はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年07月31日

146冊め:革命社長

s-050731h2.jpg
革命社長、吉越浩一郎著、
日本実業出版社、2005年、221ページ、
ISBN 4-534-03923-9

読もうと思った理由
・「早朝会議革命」がよかったので。

予習2分、PR2分、復習2分、
SR&D&MM 38分、
合計46分、

PR感想
・写真がたくさんあって楽しい。
 最初の方にカラー写真。

050731m.gif
内容のメモと感想

・トリンプジャパン社長の吉越氏の本。
 社員のインタビューや、これまでの商品の紹介が
 あって楽しい。

・仕事とプライベートをバランスよく楽しんでいる。
  仕事の密度とスピードがすごい。

・周りの物を見て、自分ならこう変えるとか、こう使える、
  と普段から考えるとよい。

・ロジカルな説明ができるようになるとよい。

・デッドラインを設けると達成しやすい。
  来週まで、明日の朝会議まで、
  12:30-14:30は静かに仕事、
  18:30に全員帰る、などデッドラインが
  いろいろあって、めりはりがつく。
  フォトリーディングで時間を測るのと
  似ていると思った。

No. 141(早朝革命)No. 144(2分以内に仕事は決断しなさい)
  と同様、お勧めの本。
posted by ティー at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5666070

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。