はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年08月03日

英語CDを聞き始めた感想

iRiverを買って、手持ちの英語CDを聞いている。
今の所の感想は、

(1) 著者の声で吹き込んでいると、迫力がある。
   上手なプロの朗読者よりも、著者の方がよい。

(2) 本そのままではなくて、本に関連した
  講演の方がお得感がある。

(3) 録音状態がいい方がよい。
   Feynmanさんの「Six Easy Pieces」の1枚目を聞いてみたが、
   1961年の録音で、雑音がかなり入っている。
   雰囲気を味わうにはよいが、聞き取りにくい。

(4) 本よりも時間をかけることができる。
   平日に本を開けて読める時間はせいぜい1時間だが、
   MP3プレーヤーを聞く時間が意外にある。
   通勤のバスの中、バスを待つ間、
   家で家事をする時間など、合計すると、
   平日でも1日2時間はある。

(5) 操作が楽でよく聞こえる。
   自宅にCDプレーヤーもあるのだが、
   違う部屋に行くと聞き取りにくい。
   そこまで行ってon/offのスイッチを押す必要がある。
   MP3プレーヤーを首からぶら下げておけば、
   すぐにon/offできる。
posted by ティー at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。