はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年08月02日

イメージを思い浮かべる

ジーニアスコードのイメージ・ストリーミングでは、
次々とイメージを思い浮かべる。

イメージストリーミングの説明を聞いて、
これは小さい頃にやっていた「雲遊び」
と少し似ていると思った。

小学校の頃、友達と隣のブランコに座り、
空の雲を見ながら、何に見えるか、交互に言った。

アイスクリームや動物、建物の形が次々に見える。
数分たつと雲の形が変わるので、また新しいイメージが
見えて、退屈しない。

他の活動的な遊びにくたびれた時、
この雲遊びは座ったままできるので、
夕方、家に帰るべき時間まで、2人で
ブランコに座って楽しんでいた。

ブランコでは、他に「靴飛ばし」もやっていた。
他に遊んでいる子がいない時に、ブランコをこいで、
前方最上点のちょっと手前で、片足の靴をぽーんと前方に飛ばす。
遠くまで靴が飛んだ方が勝ちである。
飛ばした後は、片足で落とした靴の位置まで行く。

ブランコ遊びのバリエーションとしては、
座ってこいで、前方最高点で、できるだけ前に飛ぶ、
というのもあった。立ちこぎでやると足をいためそうなので、
座った状態から飛び降りた。

座った状態でブランコをねじってから足を地面から離すと、
くるくる回る、というのもあった。

一緒に遊んだ友達と、この間久しぶりに会った。
小さなレストランを夫婦でやっている。
お嬢さんが友達に似た優しそうな感じで
嬉しかった。
posted by ティー at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | GC関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。