はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年07月23日

138冊め:人生の旋律

s-050723h.jpg

人生の旋律、神田昌典著、
講談社、2005年、298ページ、
ISBN 4-06-212495-6

読もうと思った理由
・神田昌典さんの本なので。

予習2分、PR2分、復習2分
ほとんど普通読み60分、
合計68分、

内容のメモと感想

・著者が偶然知り合った近藤藤太氏にインタビューした内容。

・第2次世界大戦中直後に北朝鮮から脱出する決断がすばやい。
  日本に戻って母親を探す方法もすばやい。

・借金をかかえた後、百科事典を売る。
  誰に売るかターゲットを決める所がなかなかうまい。

・決してあきらめず、人生を戦う様子がすごい。

・著者によると、日本経済は70年周期らしい。
 先人に学ぶのは大事そうだ。
 私も年配の方々に話を聞いてみようと思った。
posted by ティー at 20:32 | Comment(2) | TrackBack(1) | 本(1-300)
この記事へのコメント
トラックバックさせていただきました。
なかなか深い本でしたよね。
Posted by 知りたい人 at 2005年08月10日 19:13
知りたい人さん、ありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきました。
近藤氏は普段出会えないタイプの方です。
本を読んで、どきどきしました。

Posted by ティー at 2005年08月11日 08:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5524957

この記事へのトラックバック

人生の旋律
Excerpt: 「人生の旋律」 神田昌典 (著)  深い一冊です。  著者が感じたままを書こうとしているんでしょうね。 伝わってきます。 数多くの経営者に接しているはずの著者なんですが、 今と歴史の中のある時代との..
Weblog: 知りたい人 成長し続けたい人 成長をサポートするコーチングを実践し続けたい人 内海透(うつみとおる)のサイトです。
Tracked: 2005-08-10 19:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。