はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年07月17日

PRはどんな本でも役立つか?

メールでご質問があったので、回答をブログにも書いておきます。

Q: フォトリーディング(以下PR)は、どんな本でも役立ちますか?
  数学や哲学の本だと役立たないような気がします。
  それから、どんな人にも役立つのでしょうか?

お返事:(あくまで私の理解と経験の範囲でお返事します。
     ちゃんとした話は、PRの講習会で聞いてみて下さい。)

PRは、

・その本から何を得たいか、目標を決めてから読む。
   (不要な所は読まない)

・いくつかの方法で飛び飛びに読む。

・読む価値がない本だと思ったら、途中でもやめる。

あたりも原則のようです。

自分にとっての情報密度が低い本なら、
必要部分だけ取り出して読めばいいので、
PR向きです。

数学の本でも、定理の証明を全部フォローしたいなら、
普通に1行ずつ読むべきだし、
全体をまず知りたいとか、ある部分だけ読みたいなら、
PRが役立ちます。
全部読みの準備段階として、PRするのもいいかもしれません。

要は自分がどういう読み方をしたいかによります。

誰に効果があるかは、よくわかりませんが、
講習に出ただけでは身につかなくて練習が必要なので、
講習後にある程度時間が必要です。

毎日徹夜するほど仕事が忙しい時期は
避けた方がいいと思います。
posted by ティー at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。