はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年07月15日

鬼塚さんの講演会

鬼塚忠さんの講演会に行った。鬼塚さんは日本で初めての著者のエージェントをされている。

すごいコンテンツを持つ著者を発掘し、
本のプロモーション、雑誌・映画・テレビも使って
著者を売り込む、プロデューサー的な仕事である。
日々50人の著者について考えているとのことだ。
エネルギーを感じた。

翻訳エージェントとしての経験、
世界を旅した経験とコミュニケーション力、情熱と人柄、
理系のバックグラウンドにより、文系中心?の出版業界の人たちと
違う視点、など、全てが現在の仕事につながっているようだ。

鬼塚さんが好きな映画に「ニューシネマパラダイス」をあげてられて、
嬉しかった。私もあの映画を何度も見た。

あまり講演をされないそうで、今回が3回めとのことだ。
グロービス受講生のBBC(ビジネスブッククラブ)のおかげで、
講演を聞けて、ラッキーだ。

アップルシード社のメルマガにも講演会の案内が載っていたので、
本が好きな人、本を書きたい人、出版業界の人、
エージェントに興味がある人など、大勢集まった。
講演終了後に懇親会があり、鬼塚さんのサインをもらおうと
行列ができた。

懇親会の後で、近くのファミレスに参加者11人ほどで行って、
おしゃべりした。

私のブログでも、何冊か鬼塚さんの本を載せている。
ご興味のある方はどうぞ。

鬼塚さんが書かれた本 
「ザ・エージェント」

鬼塚さんがエージェントをされてる著者の本
「すごい会議」
「考具」
「海峡を越えたバイオリン」
「ハヤト」
posted by ティー at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 講演・セミナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5153383

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。