はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年07月13日

128冊め:東欧チャンス

s-050713h.jpg

東欧チャンス、大前研一著、
小学館、2005年、253ページ、
ISBN 4-09-387585-5

読もうと思った理由
秋風幾重さんのサイトで推薦されていたから。
・東欧に行ったことがないので、どんな所かと思って。

予習2分、PR2分、復習2分、
SR&D&MM 45分、
合計51分

050713m.gif
内容のメモと感想

・東欧、特にハンガリー、チェコ、ポーランドの3国での
 ビジネスチャンスについて解説した本。

・インテル創始者のアンドリュー・グローブ氏、投資家のジョージ・ソロス氏、
 報道の賞を作ったピュリッツアー氏はハンガリー人らしい。
 優秀な頭脳と得意な語学力を生かして、世界中で活躍している。

・東欧に企業が進出するメリットは、
  ホワイトカラーの賃金が中国よりも安いこと、
  部品を中国などで生産してEUに持ち込み、製品にしてEU内で売れば、
  関税がかからないことらしい。
 おそらく、東欧のホワイトカラーの賃金も、そのうち中国のように
  上がると予想されるが、しばらくは大丈夫だろう。

・進出する企業にとって、お役所の手続きが1箇所ですむ、
  ワンストップ・サービスは魅力的なようだ。
  日本はいろいろな省庁や窓口に行く必要があって、大変らしい。

・東欧、特にチェコのプラハに行ってみたい。
posted by ティー at 20:13 | Comment(2) | TrackBack(1) | 本(1-300)
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
マインドマップを使われているんですね!
やっぱり読んだものを形にすると吸収が
高まりますよね。
Posted by しゅん at 2005年07月22日 18:00
しゅんさん、ありがとうございます。
着々と読んでられますね。
時々ブログを読みに行きますね。
Posted by ティー at 2005年07月26日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5153120

この記事へのトラックバック

【ビジネス書】 ビジネスに日本流、アメリカ流はない/中村建一
Excerpt: 東欧チャンスposted with amazlet at 05.07.21大前 研一 小学館 (2005/06/15)売り上げランキング: 373Amazon.co.jp で詳細を見る
Weblog: 大阪生活、ときどき本。
Tracked: 2005-07-21 21:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。