はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年07月05日

ハイシンクタンクの効果

ハイシンクタンクという方法を始めて2日めである。
30日続けると、30日クラブというのに申請できるらしいので、
続けてみようと思う。

今の所の効果らしきものをあげてみる。

(1) 質問力がつく。

 ハイシンクタンクでは、答を欲しい質問を6個以上、
紙に書くことになっている。
どんな質問が自分にしっくりくるか考える必要がある。
30日続ける場合、30個は質問を考える。

また質問して紙に書いて放置するだけで、一部解決することも
ある。問題を問題として認識することに意味があるのだろう。

(2) 説明力がつく。

ハイシンクタンクでは、イメージストリーミングの方法により、
浮かんだイメージを詳細に説明する必要がある。
「5感を使って」「現在形で」「声に出してテープに」が
3つのポイントである。

昔のことを思い出す場合でも、現在形で話す必要がある。
5感のうち、視覚は当然使うし、聴覚も比較的使いやすいが、
残りの触覚、味覚、嗅覚も使った説明は、
心がけないとやりにくい。
幅広い説明ができるようになる。

(3) 絵がうまくなるかも。

1日3枚、30日で90枚も絵を描くと、
少しはうまくなるかもしれない。

posted by ティー at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | GC関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。