はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年04月19日

43冊め:The Goal

s-050419h.jpg

E. M. Goldratt, The GOAL,
North River Press, 2nd revised edition, 1992,
351 pages, ISBN 0-99427-061-0
邦訳は「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」

読もうと思った理由
・何年か前に普通読みして、おもしろかったので、
  もう1度読んでみようと思った。

予習2分、PR3分、復習2分、
その後、SRしようと思ったら、あまりにおもしろいので普通読みを
4時間くらい。大事そうなページを折ってマーク。
1週間くらいしてから、D&MM20分。

PR感想
・物語なので、SR&Dは向いてないようだ。

050419m.gif
内容の感想
・話がおもしろいので、一気に読んでしまった。
  考えながら読むので、なるほどと納得できる。

・ハイキングで1人の子供だけ遅い場合にどうやって全体を速くしたか、
  という例がとてもわかりやすい。

・ボトルネックは、工場に限らず、普通のプロジェクトにも使えそうだ。

・しばらくして、また読み返したい本である。
posted by ティー at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3136439

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。