はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年04月10日

34冊め:仕事で差がつく手帳の技術

s-050410h.jpg
仕事で差がつく手帳の技術
長崎快宏著、ぱる出版、2005年、207ページ、
ISBN 4-8272-0145-5

読もうと思った理由

ねこJさんのホームページで紹介されていた。
・手帳の使い方のヒントが得られるかも。

予習2分、PR2分、復習2分
SR&D&MM 22分
合計29分。

PR感想
・写真が一杯ある。
・内容が易しいので、SR&Dがしやすい。

050410m.gif
内容の感想

・筆者はSD(システムダイアリー)のユーザである。
 私も以前、10年以上、SD手帳を使っていたので、
 リフィルの説明がわかりやすかった。
 これから手帳を買う人には、ミニ6穴サイズかバイブルサイズがお勧め、
 というのは、もっともだと思う。SD手帳は取扱店がかなり少ない。

・書いたリフィルの整理が大事、というのは、私があまりやってない点である。
 パソコン内のファイルにいろいろな情報が入っていることが多い。

・外国の取材の話がおもしろい。

・これからシステム手帳を買おう、という人に参考になりそうな本である。
posted by ティー at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。