はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年03月09日

2冊め:患者満足度

s-050309h.jpg
患者満足度―コミュニケーションと受療行動のダイナミズム
前田泉、 徳田茂二著、
日本評論社、2003年

読みたいと思った理由
・医療関係は興味がある。(数年前に家族が入院したこともあるので。)
・以前読んで内容を忘れている本でPRしたらどうなるか、やってみたい。

予習2分、PR2分(10回くらい)、復習3分、S-R & D、MM化 30分
計:45分くらい。

------------------
050309m.gif
PR感想

・1年前に1度読んだ本のPRをしてみた。
 予習、PR, 復習の間は「早くMM書きたい」と思った。
 MMを始めると、熱中した。

・以前読んだ時は、自分がおもしろいと思う箇所だけ読んでいたが、
  今回はMMを書いて、全体像がわかったような気がする。

------------------
内容の感想

・コミュニケーション能力は医師に限らず、他の仕事でも
  重要そう。医学部のカリキュラムに入れるようになったのは、いいことだ。

・医師が働きすぎで燃え尽き症候群になる話をよく聞く。
  患者満足度を調査することによって、
  効果的なシステムにして、勤務時間を短くできるといいと思った。

・医療や病院に興味がある人だけでなくて、
  教育など他の仕事についている人にも、おもしろい本。
以上
posted by ティー at 20:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(1-300)
この記事へのコメント
これ、MBAホルダーの新入社員が入ったら、
いつも読ませています。業界の良心を教える良書だとおもいました。
Posted by Ichiro at 2005年03月10日 23:25
Ichiroさん、コメントありがとうございます。
私も良書だと思います。
第2弾も楽しみですね。
では。
Posted by ティー at 2005年03月11日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。