はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2010年01月09日

1066.Google英文ライティング

s-100109h.jpg
Google 英文ライティング
遠田和子著、
講談社インターナショナル、2009年

読もうと思った理由
・編集者さんが送って下さったので。
 (ありがとうございます♪)

100109m.gif
内容のメモ

・前半がGoogleを英文ライティングに
 使う方法、後半がよい英文の書き方。

・表現がわからない時は、
「*(ワイルドカード)」を使って候補を知る。
 可能性が複数ある場合は、
 それぞれのヒット数を比較する。

・日本人は英語が上手な人でも、前置詞を間違えやすい。

・検索ノートを作って、表現を蓄積する。

・盗作と言われないように、丸写しは5語までにする。

・最初の5語に重要な情報を入れる。

・主語と動詞に丸を付ける。
 距離をなるべく短くする。

ティーのコメント

・11章以降の英文の書き方の指針になるほどと思った。
 特に、「最初の5語に重要な情報を入れる」は
 大事である。

・よい本。仕事で英語を書く人にお勧め。
posted by ティー at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。