はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年12月30日

フォトリーディングのポイント:何度も読む

フォトリーディングの操作の中で、
一番効果があると私が思うのは、
「何度も読む」点だと思う。

本を買ったり予習をする時に、
全体をぱらぱら見る。
次に(狭義の)フォトリーディングで
全体のページに手と目と脳をなじませる。
復習でキーワードを拾う。

ここまでで3度は全体を見ている。

スーパーリーディングとディッピングも、
岡本先生によると、2度に分けるとよい。
1回めは赤ペンを持って丸をつけるだけ、
2回めは、ペンでマークした中から拾い出して、
マインドマップを書く。

合計で5回は本全体を見ている。

特に難しい本の場合に役立つ。
易しい本はどうやっても読めるが、
難しい本の場合、「数ページで挫折」
になってしまうのを避けることができる。

難しい本の場合、先に全体を見るのが
効果的である。

posted by ティー at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112952963

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。