はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年11月24日

1033.患者不満とリスクマネジメント

s-081124h.jpg
患者不満とリスクマネジメント
前田泉著、
株式会社シービーアール、
2008年、196ページ、
ISBN 978-4-902470-47-5

読もうと思った理由
・著者が送って下さったので。
  (ありがとうございます♪)
・著者の前の2冊、「患者満足度」と
 「実践!患者満足度アップ」が
 おもしろかったので。
    
所要時間:PR読み、31分

081124m.gif
内容のメモと感想

・著者の会社では、患者満足度調査、医療機関向けの
 コンサルティングやセミナーを行っている。
  http://www.snudge-lab.com/index.html

・医療訴訟の原告勝訴率は30-40%らしい。
 一般に民事訴訟の原告勝訴率は85%。

・日本では看護師の6割がバーンアウト。
 受け持ち患者が1人増えるごとに、
 患者死亡率が7%上がるらしい。

・研修医が研修先の病院に求めるのは、
 多くを学べること。
 毎日ベッドサイドティーチングがあれば、
 勤務時間が多いこと、報酬が少ないことは
 それほど関係なくなる。

・教育は医療と似ている。
 過酷な勤務、ボランティア精神を求められる、
 マスコミがたたく、など。

・索引や参考文献リストがしっかりしている。

・医療関係者以外が読んでも、おもしろい本。



タグ:前田泉
posted by ティー at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。