はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年11月02日

1030.ほぼ日手帳公式ガイドブック

s-081102h.jpg
ほぼ日手帳公式ガイドブック
ほぼ日刊イトイ新聞編著、
2009年、141ページ、
ISBN 978-4-8387-1908-2

読もうと思った理由
・ほぼ日手帳の紙が好きで、
 ミニ6リフィルに改造しているので。

普通読み15分くらい。

内容のメモと感想

・2008年版は25万部売れたそうだ。
 すごい数だと思った。

・手帳の使用例を中心に見た。
 大雑把に分けて3通りのパターンがあるようだ。
  ・絵が中心。
  ・写真が中心。
  ・文字が中心。
 ほぼ日手帳の場合、方眼になっているので、
 絵や図を描きやすいようだ。
 自分の場合は、文字が中心なので、
 同じような使い方をしている人の例を
 特によく見た。

・水彩画を描いている人がいて、美しい。
 手帳でなくて、ちゃんとしたスケッチブックに大きく
 描けば、もっと見やすいと思った。

・表紙をはずすと、本体がほぼ日手帳風になっていて、
 楽しい。カバーの裏は、「この本についてないもの」
 になっている。
posted by ティー at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。