はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年10月14日

1023.転職は1億円損する

s-081014h.jpg
転職は1億円損をする
石渡嶺司著、角川書店、
2008年、195ページ、
ISBN 978-4-04-710155-5

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 32分
合計35分

内容のメモと感想

・前半は転職でどういう風に損するかが書いてある。
 後半では転職ビジネスの仕組みが書いてある。

・「なりたい自分になる」という言葉で、
 転職をあおっている。

・自己分析をさせて、就職活動を長期化させる。

・転職したら、前の職場のいい点は、一切言わないこと。

・参考になる本。

タグ:石渡嶺司
posted by ティー at 20:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(901-)
この記事へのコメント
ティーさん、初めてコメントします。

この本のタイトル、とても挑発的ですね。
帯の漫画も気になります。
所得額によっては、1億円も損をしないのでは?
などと、くだらない計算をしてしまいました。

これからも、ブログ更新を楽しみにしています。
2,000冊読破に向けて、頑張ってください。
Posted by FUKU at 2008年10月17日 05:32
FUKUさん、ブログをご覧下さって、
ありがとうございます。

1億円というのは、一番大きい額のようです。
私も題名にひかれて読みました。

今後もよろしくお願いいたします。

Posted by ティー at 2008年10月17日 08:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。