はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年12月05日

お勧めブログ1. 影山さんのブログ

最近ブログの数が増えている。
しかしその中で、いいと思うブログは、
それほど多くない。
検索などで、該当ページだけは読むが、
それ以上読む気になる、いいブログは少ない。

なかなかいいと思ったブログを、これから少しずつ
紹介していきたい。

第1弾は影山さんのブログだ。
シェリロゼで検索していたら出てきた。
なかなかおもしろい。

影山さんは、フライトアテンダントをされた後、
大学で栄養学を学んで、栄養士となり、
活躍されている。

キャリアパスが戦略的だと思った。

日本の航空会社は新卒でないと入りにくい。
フライトアテンダントとして訓練を受け、
世界を飛んだ後で、
栄養学という伝統的な分野に転進、
両方の強みを持っている。

栄養士は、病院や福祉施設や学校で
働くのが主流らしいが、影山さんは、
独立して、食コーチング、セミナーの講師などの
仕事をされている。
ずっと栄養士をされた方とは違う強みを持っている。

栄養士向けのブラシュアップ講座の内容が
ブログにのっていて、興味深い。
文章講座など、私も受けてみたいと思った。

専門職の場合、その仕事の必要な知識は学ぶが、
周辺のどうやってその知識を役立てるかは、
必ずしも教わらない。
今後はこういう風に、職業別にブラシュアップ講座が
できると役立つだろう。

影山さんのブログからいくつかのせる。

2005年9月24日の記事から

・講演や雑誌の執筆で、「皆さん」と言わない。
  聞いている人、読んでいる人にとっては、1人。
  1人ずつに話しかける、とのことだ。

  NLPの講習で、「いろいろな人に呼びかけるとよい」と
  言われたことに似ている。
  「遠くから来られた方も、近くの方も」という風に言うと、
  自分に呼びかけられたような気分になるらしい。
  集合的にもれがあると、疎外感を感じる、ということだろう。

2005年10月18日の記事から

・セミナーの前に主催者が講師を紹介する。
  例えば、「詳しくはプロフィールを見て下さい」など
  いい加減な紹介だと、聞く側のモチベーションが上がらない。
  なぜ講演をお願いしたか、知り合いになったきっかけ、
  講師の方の著書の紹介などすると、
  聞く側のモチベーションが上がる。

2005年11月7日の記事から。

・雑誌の取材の受け方。

  レジュメを渡してから話をするとよい。
  引用する文献もしっかりしたものを。
  先方にとって、貴重なメモになる。
  正確に伝わりやすい。

2005年10月16日の記事から。

・何か勉強したら、アウトプットすること。
posted by ティー at 21:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | お勧めブログ
この記事へのコメント
ちょっとした工夫で、わかりやすい講演になったり、聞き手や読み手をひきつけたりできるのですね。常に学ぶ姿勢を持ちたいと思いました。
Posted by nokogirisou at 2005年12月31日 23:09
nokogirisouさん、お久しぶりです。
コメントをありがとうございます。
私もnokogirisouさんのページを
見に行きますね。
Posted by ティー at 2006年01月01日 22:25
2006年4月16日、初めて拝見いたしました!
オススメブログとして記載していただき感激しています。
ティーさんのブログ、とても読みやすいですし、
勉強になります!
ちょくちょくお邪魔させていただきますね。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 影山なお子(管理栄養士/食コーチ) at 2006年04月17日 21:27
影山さん、いらして下さって、
ありがとうございます。
影山さんのブログ、写真がきれいで、
内容も励みになり、いいブログですね。
日々参考にさせていただいてます。
今後もよろしくお願いします。
Posted by ティー at 2006年04月17日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。