はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2010年08月27日

1078 人物鑑定法

s-100827h.jpg
人物鑑定法
井上和幸著、
経済界、2010年、
ISBN 978-4-7667-1094-6

読もうと思った理由
・知人が書いた本なので。

100827m.gif
内容のメモと感想

・人材コンサルタントとして5000人以上の経営者と
 会ってきた著者が、人物を見抜く方法を書いています。

・自分の日頃の行動を見直すためにも役立つ本。

・1章では、お茶を出してくれた方にお礼を言う、
 ゴミをきちんと捨てる、メールの書き方など
 基本的な動作について述べている。

・断定する場合は、基本的なロジックを用意してから。

・できる人は、身体を動かす習慣を持っていることが多い。

・自分で決めてやる規律性。

・大量行動の法則。

・過去の失敗から学ぶ。

・エレベーターの中、タクシーの中の会話に気を付ける。

・社会人だけでなく、これから就職活動をする学生にも
 役立ちそうな本。
posted by ティー at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2010年08月24日

1077. 自由をつくる 自在に生きる

s-100824h.jpg

自由をつくる 自在に生きる
森博嗣著、集英社新書、
2009年、189ページ、
ISBN 978-4-08-720520-6

読もうと思った理由
・知人に勧められて。

100824m.gif
内容のメモと感想

・大学教員の仕事の傍ら、ミステリーを書き、
 累計700万部を突破した著者のエッセー集。

・建築学科の学生の頃に講座を選んだ話が興味深い。
 建築の歴史に興味があったが、学生の人気が高く、
 じゃんけんになってしまう。
 人気がないが必要な分野である建築材料を選び、
 その結果、大学教員になることができた。

・学生からの相談で、解決方法を知っているのだが、
 やりたくない場合が多い。

・毎日少しずつでもよいから前進する。

・この著者のミステリーをまだ読んだことがないのだが、
 1冊読んでみようと思った。
posted by ティー at 05:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。