はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年11月25日

1034.ソクラテスの弁明ほか

s-081125h.jpg
ソクラテスの弁明ほか
プラトン著、
田中美知太郎、藤澤令夫訳、
中央公論新社、
2001年、492ページ、
ISBN 4-12-160022-3

読もうと思った理由
・古典勉強会の課題図書なので。
・ソクラテスの質問が優れている、
 と他の本に書いてあったので。

所要時間:電車の中などでぱらぱら読みの後、
  PR読み、1時間49分

081125m.gif
内容のメモと感想

・「ソクラテスの弁明」「クリトン」
 「ゴルギアス」の3編が入っている。

・「クリトン」では、
 友人のクリトンがソクラテスに、
 ソクラテスの死刑の前に国外に逃げようと勧める。
 ソクラテスは、逃亡は国の法を踏みにじることだ、
 とクリトンを納得させる。

・「ゴルギアス」は3つの対話がある。
 ゴルギアスとの対話では、弁論術とは何か、
 何が正しいかしっかりした知識を持つ必要がある
 ことを述べている。

 ポロスとの対話では、不正を加えるよりは、
 加えられる方を選ぶ、と述べている。

 カリクレスとの対話では、欲望を抑制すべき、
 と主張している。

・ソクラテスの対話方法は、
 わかりやすい所から出発して、
 相手がYesと言う簡単な質問を続ける。
 途中で歌を引用することもある。
 相手が首尾一貫してないことを指摘する。

・いきなり主張するよりも、
 対話によってだんだん納得させるのが
 すごいと思った。

・対話により、反対する側の論旨もわかりやすい。

・刑死の前に逃亡しなかったのは、
 70歳という年齢もあるかもしれないが、
 その国を選んで住んでいて、
 法に背くことはしたくない、という思いが
 あったようだ。
タグ:プラトン
posted by ティー at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年11月24日

1033.患者不満とリスクマネジメント

s-081124h.jpg
患者不満とリスクマネジメント
前田泉著、
株式会社シービーアール、
2008年、196ページ、
ISBN 978-4-902470-47-5

読もうと思った理由
・著者が送って下さったので。
  (ありがとうございます♪)
・著者の前の2冊、「患者満足度」と
 「実践!患者満足度アップ」が
 おもしろかったので。
    
所要時間:PR読み、31分

081124m.gif
内容のメモと感想

・著者の会社では、患者満足度調査、医療機関向けの
 コンサルティングやセミナーを行っている。
  http://www.snudge-lab.com/index.html

・医療訴訟の原告勝訴率は30-40%らしい。
 一般に民事訴訟の原告勝訴率は85%。

・日本では看護師の6割がバーンアウト。
 受け持ち患者が1人増えるごとに、
 患者死亡率が7%上がるらしい。

・研修医が研修先の病院に求めるのは、
 多くを学べること。
 毎日ベッドサイドティーチングがあれば、
 勤務時間が多いこと、報酬が少ないことは
 それほど関係なくなる。

・教育は医療と似ている。
 過酷な勤務、ボランティア精神を求められる、
 マスコミがたたく、など。

・索引や参考文献リストがしっかりしている。

・医療関係者以外が読んでも、おもしろい本。



タグ:前田泉
posted by ティー at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年11月09日

DVD:りんごは愛で育てる(NHK プロフェッショナル、仕事の流儀)

s-081109dvd.jpgりんごは愛で育てる
農家、木村秋則の仕事、
NHK プロフェッショナル、仕事の流儀
2007年、本編43分+特典映像37分

見ようと思った理由
 本「奇跡のリンゴ」がよかったので。

内容のメモと感想

・NHKの番組で放映された分と
 それ以外のインタビューがのっている。

・本にない部分としては、弟子が出てくる。
 農薬を使わずにリンゴを作ることが
 いかに大変かよくわかる。

・本によると、この番組を見て、
 感動したやくざの親分、
 自殺を思いとどまった若い人も
 いるそうだ。

・リンゴの木をこの映像で初めて見た。

と両方見るのがお勧め。
posted by ティー at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

2008年11月08日

DVD 人の中で人は育つ

s-081108dvd.jpg
人の中で 人は育つ
中学教師 鹿嶋真弓の仕事、
プロフェッショナル 仕事の流儀
2007年、NHK

見ようと思った理由
・別のDVDの予告編で見て。

内容のメモと感想

・中学校の教師がエンカウンターの方法を
 使って、いじめのないクラスを作っている。

・教師になった若い頃は、情熱だけで教育をして
 挫折している。

・情熱はまず必要であるが、技術も必要。

・エンカウンターの方法は、テーマに沿って、
 グループで話し合う。
 他の人の意見を尊重する。
 少数意見もしっかり理由を聞く。
 多数決で決めない。

・怒るべき時はしっかり怒る。
 推薦入試で受かった人が浮かれている時など。

・生徒としっかり関わっている。

・クラスの生徒たちが励ましあっている。

・地道な取材をしていて、さすがNHKだと思った。

posted by ティー at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

2008年11月04日

1032.自分探しが止まらない

s-081104h.jpg
自分探しが止まらない
速水健朗著、
ソフトバンク クリエイティブ株式会社、
2008年、222ページ、
ISBN 978-4-7973-4499-8

読もうと思った理由
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 43分
合計46分

081104m.gif
内容のメモと感想

・若者が旅に出たり自己啓発セミナーに行くのは、
 自分探しをしている。
 自分の中にある物を、環境を変えることにより
 引き出してもらおうとしている。
 自分の努力や研鑽を避けている、現実逃避。

・1980年代には、30歳前後のOLが、自分探しのため、
 海外留学やワーキングホリデーに行くことが
 よくあった。
 1990年代には若者が同じことをしている。
 背景にあるのは、どちらも、
 職場環境で満たされてない点。
 かつての女性はお金があったので、
 消費に走った。
 現在の若者がお金がなく、心や感動を求める。

・自分探しをターゲットにしたビジネス、
 という観点は新鮮で、なるほどと思った。
 働く人も、自分探しをしている若者が
 ボランティアをしていたり、
 安い賃金で働いている。

 共同出版、自己開発セミナーも
 自分探しをする人がターゲットである。

 居酒屋てっぺんでは、
 夢を語ることで、低い時給で
 質の高い接客を要求する。
 我究館で、自分探しを奨励している。

・「気づき」というのは、
 最近よく見かける言葉だと思っていたが、
 自己啓発セミナーの用語らしい。

・自分探しが流行しているなら、
 それを利用したビジネスが、今後も
 どんどん生まれてきそうだと思った。
 
・おもしろい本。お勧め。

タグ:速水健朗
posted by ティー at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年11月03日

1031.10年後あなたの本棚に残るビジネス書100

s-081103h.jpg
10年後あなたの本棚に残るビジネス書100
神田昌典、勝間和代著
ダイヤモンド社、
2008年、123ページ、
ISBN 978-4-478-00659-7

読もうと思った理由
・話題になっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 32分
合計35分

081103m.gif
内容のメモと感想

・神田昌典さんと勝間和代さんが、
 本の読み方、人生に影響を与えた本を
 紹介している。

・自分が読んだことのある本、
 買っただけでまだ読んでない本も
 結構あった。

・勝間さんが勧めている本は基礎体力作り、
 神田さんはビジネスを自分で発展成長させたい人に
 向いているらしい。
 私はどちらかというと、勝間さんが勧めてられる本が
 おもしろそうだと思った。

・本の情報をそのまま受け取る人が多い。
 自分だったらどうするか、
 自分の場合に当てはまるかどうかを考える。

・制約条件の中だからこそ、
 ビジネス書で学んだことが実践できる。

・悩みがある時は、書店に行こう。

・何冊か読んでみたい本があった。
 マインドマップに入れておいた。

・お勧めの本。

posted by ティー at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年11月02日

1030.ほぼ日手帳公式ガイドブック

s-081102h.jpg
ほぼ日手帳公式ガイドブック
ほぼ日刊イトイ新聞編著、
2009年、141ページ、
ISBN 978-4-8387-1908-2

読もうと思った理由
・ほぼ日手帳の紙が好きで、
 ミニ6リフィルに改造しているので。

普通読み15分くらい。

内容のメモと感想

・2008年版は25万部売れたそうだ。
 すごい数だと思った。

・手帳の使用例を中心に見た。
 大雑把に分けて3通りのパターンがあるようだ。
  ・絵が中心。
  ・写真が中心。
  ・文字が中心。
 ほぼ日手帳の場合、方眼になっているので、
 絵や図を描きやすいようだ。
 自分の場合は、文字が中心なので、
 同じような使い方をしている人の例を
 特によく見た。

・水彩画を描いている人がいて、美しい。
 手帳でなくて、ちゃんとしたスケッチブックに大きく
 描けば、もっと見やすいと思った。

・表紙をはずすと、本体がほぼ日手帳風になっていて、
 楽しい。カバーの裏は、「この本についてないもの」
 になっている。
posted by ティー at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年11月01日

1029.竹中式マトリクス勉強法

s-081101h.jpg
竹中式マトリクス勉強法
竹中平蔵著、
幻冬舎、2008年、
214ページ、
ISBN 978-4-344-01568-5

読もうと思った理由
・あちこちで紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 17分、
合計20分

081101m.gif
内容のメモと感想

・社長・政治家のように、人に会う仕事は、
 寝不足でもできる。
 しかし学者のように、集中する仕事は、
 生活のリズムを整えて、
 コンスタントに黙々と打ち込む必要がある。

・朝はルーチンな書類作成など細かい仕事をして、
 夜に原稿や論文の執筆をする。

・一週間の始まりは日曜。
 日曜に月曜からの予習をする。

・たとえ話はロジックが通じないことがほとんど。
 真の知識人は、たとえ話をしない。

・励ます、ほめることが大事。

・あれこれ参考になる本。

タグ:竹中平蔵
posted by ティー at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。