はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年10月30日

プレジデントの手帳特集

s-081107president.jpgプレジデント2008年11月3日号
少し遅れて読んだ。

自分用のメモ。

・p.37 本で知識、善悪の判断を付け加えれば見識に。
   勇気ある行動力が加わって胆識になる。

・p.75 フランクリンの4領域

・p87 やりたいことリスト

・p.103 品川駅のオーガニックカフェ

手帳特集は、年収2000万円以上の人と、
500万円台の人を比較している。
20歳以上、フルタイム勤務が条件、
インターネット調査らしい。

・年収500万円台の人の方が、
 かばんい入れて持ち運ぶ手帳を
 使う割合が多い。
 年収500万、2000万円でそれぞれ、33%と20%。
 
 特に、綴じ手帳でかばんに入れるタイプ
 (ほぼ日手帳はこのカテゴリーに入る)は、
 年収500万、2000万でそれぞれ、
 13.3%, 4.0%。

2つの年収層で大きく違いが見られる点は、

 長期目標を決めているか。
 目標を行動計画に落とし込んで、
 その時間をブロックしているか。

 緊急ではないが、将来への投資になる、
 勉強や趣味の時間を設けて、ブロックしているか、
 など。

手帳と言うよりは、計画と実行の部分が
大きく違うようだ。

手帳がいいから2000万円稼げるのではなくて、
2000万円稼げる人が選ぶ手帳、
と考えた方がいいだろう。

年収2000万円以上なら、秘書がいて、
日程管理をしてくれるので、
小さい手帳で済むのかもしれない。

posted by ティー at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具

1028.It's Not Luck ザゴール2

s-081030.jpgE. M. Goldratt,
It's Not Luck,
The North River Press,
1994, 283ページ、
ISBN 0-88427-115-3

翻訳は「ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス」。

読もうと思った理由
・1990年代に1度読んでいるが、
 久しぶりに読み返したくなった。

普通読み、数時間

内容のメモと感想

・「ザ・ゴール」の続編。
 主人公のアレックスがだいぶ出世している。
 3つの事業会社の建て直しがテーマ。
 奥さんは結婚カウンセラーとして、
 仕事をしている。

・何か矛盾やうまくいかない時に、
 まず列挙してみる。
 前提条件を全部書いて、論理的に
 線で結んでいく。
 一番気になる所はどこか。

・読んでいて、わくわくする。
 お勧めの本。
タグ:E. M. Goldratt
posted by ティー at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。