はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年07月02日

1013.カラダ革命ランニング

s-080702h.jpg
カラダ革命ランニング
金哲彦著、講談社、
2004年、177ページ、
ISBN4-06-274171-7

読もうと思った理由
・最近よく走っているので。

予習1分、PR1分、復習1分
SR&D&MM 36分
合計39分

080702m.gif
内容のメモと感想

・一般ランナー向けに、
 マラソンの練習方法など書いてある。

・市民ランナーはフォームが悪い人が多い。
 体幹の筋肉を使ってない。
 背中、腹部、臀部。

・デスクワークの人がランニングにはまりやすい。

・ランナーにうつ病の人はいない。
 ランナーは仕事の話を一切しない。

・マラソンはものすごいカロリーを消費。
 しっかり食べないと、自分の体を食べて、
 筋肉のタンパク質を分解してしまう。

・立った姿勢で、おなかやお尻にやや力を入れる。

・マラソンは30kmくらいを中間地点と考える。

・トイレの後に、必ず屈伸運動やストレッチをする。

・5-6時間ランナーは、マラソン前日でも、
 普通の食事でよい。
 最初から、脂肪の燃焼をエネルギーにするので、
 炭水化物を食べ過ぎると、体が重くなる。

・スタートの2時間前くらい前までに、
 食事を済ませておく。
 わりとおなかいっぱい、という状態で
 スタートするのがよい。

・ジムのトレッドミルは、体幹部分をあまり使わない。
 体重を支えずに、足を置くだけ。
 力が逃がされてしまう。
 雨の日に汗をかくため程度にした方がよい。

・とてもいい本。ランナーにお勧め。

タグ:金哲彦
posted by ティー at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年07月01日

1012.仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

s-080701h.jpg
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか
山本ケイイチ著、幻冬舎
2008年、214ページ、
ISBN 978-4-344-98086-0

読もうと思った理由
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 17分
合計20分

080701m.gif
内容のメモと感想

・トレーナーの著者が、数多くのクライアントの
 指導をしてきた経験から書いている。。

・有酸素運動をやりすぎると、活性酸素のために
 老化が進みやすいそうだ。
 エアロビクスのインストラクターは、
 体は若々しいが、顔が老けている人がいる。

・断食をすると、たんぱく質が足りないので、
 筋肉のたんぱく質を使うようになり、
 脂肪の割合が増えるらしい。

・女性は筋トレは週2回程度がよい。

・成功している人は、礼儀正しく、
 トレーナーもモチベーションがアップする。

・おもしろい本。これからトレーニングをしたい人に
 お勧め。


posted by ティー at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。