はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年06月13日

1011.ネクスト・ソサエティ

080613h.JPG
ネクスト・ソサエティ
P.F.ドラッカー著、上田惇生訳、
ダイヤモンド社、2002年、
ISBN 4-478-19045-3

読もうと思った理由
・渋井真帆さんの本で紹介されているので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 53分
合計56分

080613m.gif
内容のメモと感想

・これまでは経済が主役、
 これからは社会が主役、と主張している。

・農業、製造業から知識産業へ、
 というあたりは、トフラー氏の本と
 同じ主張である。

・現在顧客でない人こそ、変化を知らせてくれる
 貴重な情報源、という考え方は、
 クリステンセン氏の本と同じ主張である。

・eコマースは、配達が最大の武器になる、
 というのは、なるほどと思った。
 ネットで買い物をする場合、
 宅配便業者がどこかは、大事である。
 選べる場合は、某評判の悪い宅配便会社を
 使っている店から買うのを避けている。

・知識産業では競争も激しい。
 40代、50代で燃え尽きる人も出てくる。
 若い頃から、仕事以外の関心事を持っておいた方が
 よい。

・若者の教育だけでなく、成人の継続教育が大事になる。
 eラーニングも増えてくる。
 
・中国で、字を読める子供に読めない子供を教えさせて
 成功している。

・eラーニングの課題は3つ。
 1.生徒全員の反応を感知する。
 2.できない生徒の面倒を個別に見る。
 3.講義の背景、意味、関連情報など、意味性を教える。

・発展途上国でのeラーニングの普及に関して、障害は、
 1.教師が職を奪われることを恐れる。
 2.教育を求めているとは限らない。
    子供に労働させようとする。
 3.上位カーストが平等化に反対することがある。

・参考になる本。お勧め。
posted by ティー at 22:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(901-)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。