はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年03月16日

972.体幹スイッチランニング

s-080316h.jpg
速く、長く、美しく走るための
体幹スイッチランニング

青山剛著、MC Press,
2008年、78ページ、DVD付、
ISBN 978-4-86295-025-3

読もうと思った理由
・青山コーチのセミナーがよかったので。
・マラソンを楽に完走できるようになりたいので。

予習&PR&復習3分。
SR&D&MM 21分
DVDを見てMMに追加、
合計80分くらい。

080316mランニング.gif
内容のメモと感想

・ランニングコーチである著者が、
 数多くの指導を元に、
 効果的な練習方法を提案している。

・ランニングに必要な動きの練習をしてから
 走ろうと主張している。

・足を動かそうとするのでなく、
 体幹部の動きをよくすれば、自然に足が動く。
 胴体力の本(身体革命スーパーボディを読む
 と考え方が似ている。

 また著者は金哲彦氏のお弟子さんらしく、
 金氏の「ランニングメソッド」とも考え方が似ている。
  
・付属のDVDもわかりやすい。
 本の写真で足りない所がわかる。

 11種類の動きの説明の後、
 一緒に運動できるように、
 音と画像が入っている。

・筋肉の名前や仕組みの説明もあり、
 わかりやすい。

・マラソンに興味がある人にお勧め。

タグ:青山剛
posted by ティー at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。