はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2008年01月31日

966.富の未来、Revolutionary Wealth

080131h.JPG
富の未来
Revolutionary Wealth
Alvin Toffler and Heidi Toffler,
Alfred A. Knopf, New York 2006,
492 pages,
ISBN 0-375-40174-1

読もうと思った理由
渋井真帆さんの本で推薦しているので。
岡本さんのフォトリーディング受講の後なので、
 勢いで分厚い本を読もうと思って。

PR4分、復習3分、
SR&D106分、SR&D&MM 16分
合計129分

080131m.gif
内容のメモと感想

・お金だけでなく、知識など目に見えないものも含めて、
 富について分析している。

・第1の波は農業、第2の波は工業、第3の波は情報。
 中国、ブラジル、インドでは、3つの波が
 同時に進んでいる。

・スピードに関しては、企業が最も速く、
 公共機関は遅い。
 学校教育は、企業のスピードに対応できてない。

・シンクロ(同時化)の例としては、
 例えば、WindowsとIntelが同時に開発を進めた。
 小売店が24時間営業になっても、
 銀行の営業時間が対応するのは、遅い。

・知識の変化が加速して、
 古くなった知識も一杯持っている。

・生産消費者(prosumer)の概念がおもしろい。
 生産物を売ってお金にせずに、
 自分で使ったり人に無料であげる人のこと。
 例えば、主婦、ボランティア、
 シェアウェアを作る人。

・お金を得る仕事、家庭内の他に、
 第3の仕事が増えている。
 企業が消費者に仕事させる。
 例えば、以前は電話相談だったが、
 今はインターネットで消費者が故障理由を
 調べる。
 ATMは消費者が操作する必要がある。

・今回は前半を中心に読んだ。
 しばらくしてから、読み返したい。
posted by ティー at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月30日

965. 第3の波、Third Wave

s-080130h.jpg第三の波
Third Wave
Alvin Toffler,
William Morrow and Company,
1980, 544 pages.
ISBN 0-688-03597-3

読もうと思った理由
渋井真帆さんのクラスで推薦されていたので。
・フォトリーディング再受講の勢いで、
 分厚い本を読んでみようと思った。

PR7分、復習3分、
SR&D34分、SR&D&MM 27分
合計71分
080130m.gif
内容のメモと感想

・第1の波は、紀元前3000年前から
 1650-1750年頃まで。
 農業中心で、大家族が一緒に暮らしていた。

・第2の波は、産業革命の始まり頃から。
 家族は分離され、夫は工場へ、妻は家、
 病人は病院へ、老人は養老院へ、
 子供は学校へ行った。
 仕事を追って、家族が移動した。

・第2の波により、紙、本、郵便、電話が
 大衆に普及した。
 子供は親よりもよい社会的地位につけるので、
 教育にお金をかけた。

・第3の波は1950年代頃から。
 ブルーカラーよりもホワイトカラーの数が
 多くなった。
 仕事はSOHOが増えて、分散化した。
 家族は独身者やシングルペアレントが増えた。

・第3の波で子供は親よりも低い社会的地位に
 つくことが多い。教育に以前ほどお金をかけない。
 孤独になりやすく、カルトが流行る。

・歴史の部分がなかなかおもしろい。

・今回は大雑把に読んだ。
 また詳しく読んでみたい。

タグ:Alvin Toffler
posted by ティー at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(901-)

岡本先生のフォトリーディング受講

週末に岡本吏郎先生のフォトリーディングを
受講し、「古典を読み飛ばす」セミナーも
参加した。

3年前に園先生のフォトリーディングを
受講しているので、技術の部分は
わかりやすかった。

どんな本を読むべきか、読書とは、
など、フォトリーディング以外のお話が
おもしろかった。

易しい本だけでなく、難しい古典も
読んでみようと思った。

No.965以降は、岡本先生のフォトリーディングを
受講後の読書である。
posted by ティー at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2008年01月13日

964.頭のいい段取りの技術

s-080113bh.jpg
頭のいい段取りの技術
藤沢晃治著、
日本実業出版社、
2007年、210ページ、
ISBN 978-4-534-04325-2

読もうと思った理由
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 22分、
合計25分

080113b.gif
内容のメモと感想

・段取りの基本は、絶対達成しようという決意。
 決意があるから、小さな確率の事故にも備える。
 目標達成へのハングリー精神。

・仕事下手な人の中には、こだわらなくてもいい部分の
 品質に過剰にこだわる人がいる。

・会議の後で、誰がいつまでに何をやるか、
 アクションプランを作る。

・フォルダー数は6−7個までにした方がよい。
 それ以上の場合は、グループ化する。

・あれこれ参考になる本。

タグ:藤沢晃治
posted by ティー at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月12日

963.やりたいことは全部やれ!

s-080113h.jpg
やりたいことは全部やれ!
大前研一著、
講談社、2001年
240ページ、
ISBN 4-06-210837-2
文庫版も出ている。)

読もうと思った理由
・だいぶ前に読んだ本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 38分。
合計41分

080113m.gif
内容のメモと感想

・やりたいことは老後でなくて、
  今やる。

・ビジネススクールのケースは、
 経営に一番大事な、超人的な人間の発想、
 執念、勘が語られてない。

・優れた経営者は、成長している時に、
 一番慎重になる。

・経営は10年以上やるとマンネリになる。

・知らない場所へ行ったら、不動産屋へ行く。

・小渕首相とのエピソードがおもしろい。

・外国や日本のいろいろな場所を紹介している。
タグ:大前研一
posted by ティー at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(901-)

2008年01月11日

962.アイデア会議

s-080112h.jpg
アイデア会議
加藤昌治著、
大和書房、
2006年、237ページ、
ISBN 4-479-79180-9

読もうと思った理由

・他で紹介されていて。
・アイデアの出し方を知りたいので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 43分、
合計46分

080112m.gif
内容のメモと感想

・企画のコアになるアイデアを出す方法が
 書いてある。

・いいアイデアを見つけるためには、
 膨大な選択肢が必要。

・プランナーとディレクターが必要。
 1人でやる場合は、時間を置いてから、
 選ぶプロセスに入る。

・事前にアイデアを10個考える。

・アイデアを出す時間がなかった人は、
 アイデアメモを持ってくる。

・紙を壁にはるか、机の上に並べる。
 全員が同じ方向を見ると、親近感、連帯感が
 生まれる。対決モードを避ける。

・案を合体させない。
 ディレクターが選ぶ。

・考える、とは紙に書くこと。

・アイデアスケッチは、紙1枚に1案、大きく書く。
 細かく書きすぎない。
 パソコンよりも手で書くとよい。

・会議では言い換えていく。
 どんどん他の形にしてみる。

・テーマなど、ある程度制限をかけた方が
 アイデアは爆発する。
 「売れる企画」では大雑把。

・会議の最後にアイデアスケッチのコピーを渡す。
 ホワイトボードのコピーかデジカメ写真。

・アイデアスケッチに署名は入れなくてよい。

・あちこち参考になる本。お勧め。

タグ:加藤昌治
posted by ティー at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月10日

961.「そうじ力」でミラクルモーニング

s-080111h.jpg
「そうじ力」でミラクルモーニング!
舛田光洋著、大和書房、
2007年、213ページ、
ISBN 978-4-479-79200-0

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D19分、
合計22分

080111m.gif
内容のメモと感想

・早起きと掃除についての本。

・早起きするためには、夜の過ごし方も大事。

・玄関の照明のワット数を上げると、
 家に帰った時に明るく感じる。

・朝と帰宅後の換気を習慣にする。

・自分をほめながら掃除。

・ミストをまく。

・布団に入る2時間前から、
 間接照明にする。

・あちこち参考になる本。
 しばらくしてから、再読したい。


タグ:舛田光洋
posted by ティー at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月09日

960.チャンスは6時の方向にある

s-080109h.jpg
チャンスは6時の方向にある
成宮雄三著、
かんき出版、
2005年、189ページ、
ISBN 4-7612-6295-8

読もうと思った理由
・他で勧めていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 22分、
合計25分

080109m.gif
内容のメモと感想

・著者はジュニア服ブランドで成功している。

・皆が12時の方向を見ている時に、
 6時の方向を見よう、と提唱している。

・街を歩く。人間の欲望を学ぶ。

・競わせる仕組みを作る。

・成功しても危機感を持つ。

・手形にすると油断が生じる。
 買ったらすぐ払う。

・あちこち参考になる本。
タグ:成宮雄三
posted by ティー at 19:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月08日

959.学はあってもバカはバカ

s-080108h.jpg
学はあってもバカはバカ
川村二郎著、
かまくら春秋社、
2004年、236ページ、
ISBN 4-7740-0276-3

読もうと思った理由
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 41分
合計44分

080108m.gif
内容のメモと感想

・朝日新聞の記者や週刊朝日の編集長を
 務めた著者のエッセー。

・学のあるバカ、というのは、
 評論だけで実行できない人、
 当事者なのに、評論家然とした人、
 実線に向かない人、修羅場を避ける人、
 ケンカの仕方を知らない人、
 社交性がない人、お客様を見下す人を指す。

・元首相の宮沢氏は実行力が乏しかったらしい。

・頭のいい人は、難しいことを、
 誰にもわかるように説明できる。

・文章を書いたら、声に出して読んでみる。

・文章は鮮度のいい材料を使う。

・あちこち参考になる本。

タグ:川村二郎
posted by ティー at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月07日

958.獄中記

s-080107h.jpg
獄中記
佐藤優著、
岩波書店、2006年、
502ページ、
ISBN 4-00-022870-6

読もうと思った理由
・著者の「インテリジェンス、武器なき戦争」
 よかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 131分
合計134分

080107m.gif
内容のメモと感想

・外務省で活躍した後、
 東京拘置所に500日間拘留された著者が、
 拘留中に書いた手紙や日記を集めている。

・著者は同志社大の大学院で
 神学を研究している。
 卒論は社会主義国でのキリスト教についてだった。

・語学の勉強の他、哲学の本を読んで考えている。

・独房の様子も興味深い。
 外国語図書の差し入れはなぜか認められてない。
 内容のチェックができないからだろうか。

・未決拘留者が房内で所持できる書籍・雑誌は3冊以内、
 宗教経典・辞書・学習書は追加で許可が出れば7冊まで
 所持できる。

・使用済ノートは5冊までしか所有できない。

・独房内で声を出すことは禁止されている。
 語学の勉強のうち、音読や暗唱には向いてない。

・ワーグナーは反ユダヤ主義者だったそうだ。

・外務省の後輩に宛てた手紙もなるほどと思った。
 組織から与えられる課題が小さいと、
 人間の能力も小さくなる。
 そういう時は、知的世界で大きな器を作る。

・若手外交官の3タイプについて解説している。
 国のために身を投げ出したいタイプは、
 集中して机に向かう能力に欠けていて、
 語学力が身につかない。

 大学院卒業者や留学経験者で、ロシア語だけなく、
 英語も経済も法律もやりたい人がいる。
 問題意識は鋭いが、語学が身につかない。

 問題意識が鋭くなく、民間よりもストレスが低そう、
 という消極的な理由で入省した若手から、
 よく伸びる者が出る。
 集中して机に向かう訓練ができているので、
 システマチックに知識を与え、
 自分の頭で考える訓練をさせれば、
 外交の現場で大きく伸びる可能性がある。

・しばらくしてから読み返したい本。
タグ:佐藤優
posted by ティー at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月06日

957,効率が10倍アップする新・知的生産術

s-080106h.jpg
効率が10倍アップする新・知的生産術
勝間和代著、
ダイヤモンド社、
2007年、287ページ、
ISBN 978-4-478-00203-2

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 44分、
合計47分

080106m.gif
内容のメモと感想

・情報のインプットと成果の
 アウトプットの方法を書いている。

・情報入手の効率を上げるには、
 問題意識、自分のテーマを持つ。

・本を出すと人生のステージが変わる。

・集中力は体力から。

・「エイラ、地上の旅人」という小説が
 おもしろいらしい。

・巻末に本のリストがある。
 何冊か読んでみたいと思った。

・お勧めの本。

タグ:勝間和代
posted by ティー at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月05日

956.ホームレス中学生

s-080105h.jpg
ホームレス中学生
田村裕著、
ワニブックス、
2007年、191ページ、
ISBN 978-4-8470-1737-7

読もうと思った理由
・話題になっていたので。

普通読み1時間くらい。

内容のメモと感想

・ホームレスになった3兄弟の話。
 著者が小学校5年の時に、
 母親がガンで亡くなる。
 父親は仕事と家事をがんばっていたが、
 ガンになり仕事を失う。
 著者が中学2年の1学期の終業式の日、
 家に帰ると、家が差し押さえになっていて、
 父親が「解散」と言って消えてしまう。
 大学生の兄、高校生の姉、中学生の著者が
 ホームレスになってしまう。
 著者は1人で公園に1か月弱、住む。

・その後、クラスメートの家にしばらく住めることになる。
 近所の人たちの助けで、兄弟3人が
 古いアパートに住めることになる。

・周りの人たちが、あたたかい。
 
・著者を育てた母親が立派な人だったようだ。

・夏休みだったため、学校やクラスメートに
 すぐにはわからなかったようだ。
 
・泣ける本。電車の中では読まない方がいい。
タグ:田村裕
posted by ティー at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月04日

955.野蛮人のテーブルマナー

s-080104h.jpg
野蛮人のテーブルマナー
佐藤優著、講談社、
2007年、205ページ、
ISBN 978-4-06-214366-0

読もうと思った理由
・著者の「インテリジェンス、武器なき戦争」
 がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 44分
合計47分

080104m.gif
内容のメモと感想

・インテリジェンス(諜報活動)のうち、
 相手から情報をとる方法を中心に書かれている。

・情報の確認をとる。

・レストランで協力者と会って情報を入手、
 精査することが多い。

・引っかけ質問で、相手のレベルを知る。

・プロの情報屋は、コンピュータや
 電子手帳のメモは好まない。
 手帳やノートに書き、
 肌身離さず持っているか、
 安全な場所に保管する。

・万年筆や水性ボールペンは、
 水で文字がにじむ。
 鉛筆か油性ボールペンがいい。
 鉛筆は数十年たっても、はっきり読める。
 会談記録にお勧め。

・プーチンは、世話になった上司を決して裏切らないことで、
 エリツィン氏の信頼を得た。

・国家レベルのインテリジェンス活動は大変そうだが、
 普段の仕事で使えそうな点もある。
 おもしろい本。
タグ:佐藤優
posted by ティー at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月03日

954.もうひとりの自分とうまく付き合う方法

s-080103h.jpg
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
石井裕之著、フォレスト出版、
2007年、155ページ、
ISBN 978-4-89451-286-3

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 9分、
合計12分


内容のメモと感想

・潜在意識について書かれた本。

・一度読んだ本を逆から読んでみるとよい。
 講演を聴いた後で、逆順に書いてみる。

・簡単にできることを宣言してからやる。
 「水を飲む」など。

タグ:石井裕之
posted by ティー at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2008年01月02日

953.「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法

s-080102h.jpg
「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法
松尾昭仁著、ダイヤモンド社、
2007年、206ページ、
ISBN 978-4-478-00306-0

読もうと思った理由
・アマゾンで見かけて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 29分、
合計32分

080102m.gif
内容のメモと感想

・ビジネスでのアウトプットを重視した
 インプットの方法を述べている。

・自分がしたい勉強と、他人から評価される勉強は、
 違う。

・学歴が高い人は、商売人としての感覚を持つことを、
 心のどこかで拒否している。

・忙しいは禁句。
 たくさん仕事があって嬉しい、と言うべき。

・売るあてのない商品を仕入れるな。

・頭も本箱も容量に限りがある。

・成長したければ、少し緊張する仲間と付き合え。


タグ:松尾昭仁
posted by ティー at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(901-)

2008年01月01日

952.インテリジェンス、武器なき戦争

s-080101h.jpg
インテリジェンス 武器なき戦争
手嶋龍一、佐藤優著、
幻冬舎、
2006年、230ページ、
ISBN 4-344-98011-5

読もうと思った理由
・他で見かけて。

普通読み1時間くらい。

内容のメモと感想

・外務省に勤務した佐藤氏と
 ジャーナリストの手嶋氏が
 日本のインテリジェンス(諜報活動)に関して
 対談している。

・ヴァチカンのインテリジェンスは強力らしい。

・公開されている情報だけで、
 9割以上の情報が集まる。

・日本の大学にインテリジェンスの
 教育部門を作るべき、と提唱している。
 理系の学部もあり、宗教色のない大学
 である必要。

・モニカ・ルインスキーさんのお祖父さんが、
 杉原ビザで逃げることができた1人だったとは
 知らなかった。

・おもしろい本。
posted by ティー at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。