はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2007年12月17日

951.土佐堀川

s-071217h.jpg
土佐堀川
古川智映子著、
潮出版社、
1988年、262ページ、
ISBN 4-267-01194-X

読もうと思った理由
TJ事務所のメルマガで紹介されていた。

普通読み68分、

内容のメモと感想

・江戸の終り頃、三井家から両替商の加島家に嫁いだ、
 広岡浅子の物語。
 鉱山や銀行事業で成功した後、
 日本女子大設立に協力する。
 若い頃の市川房江も教えている。

・パワーのある小説。


タグ:古川智映子
posted by ティー at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月16日

950.頭のいい人が儲からない理由

s-071216h.jpg
頭のいい人が儲からない理由
坂本桂一著、
講談社、2007年、173ページ、
ISBN 978-4-06-282045-5

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 38分、
合計41分

071216m.gif
内容のメモと感想
・IT業界で会社を経営して成功してきた著者の本。

・ぎりぎりまで考えてイメージを作ってから、
 行動する。

・家庭教師で教える時も、いきなり勉強でなく、
 まず勉強の仕方を教える。
 学問がいかに役立ち、面白いものか、
 という話をエピソードを交えてする。

・執念深さが必要。

・リーダーはできる人。
 メタリーダーは、有能なリーダーに気持ちよく
 仕事させられる能力が必要。

・あちこち参考になる本。

タグ:坂本桂一
posted by ティー at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月15日

949.儲かる会社の社長の条件

s-071215h.jpg
儲かる会社の社長の条件
小山昇、岡本吏郎著、
アスコム、2007年、
207ページ、
ISBN 978-4-7762-0460-2

読もうと思った理由
・他で紹介されていて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 36分
合計39分

071215m.gif
内容のメモと感想
・株式会社武蔵野の社長である小山氏と
 経営コンサルタントの岡本吏郎氏が
 対談している。

・お客さんと接する部分や人を育てる時は、
 効率を求めない。

・団塊世代は大きな物語が好き。 
 学生運動など。
 団塊ジュニアも起業や成功など、
 大きな物語が好き。
 その間の新人類世代は、大きな物語を
 求めない。

・税金のかからない資産を増やす。
 顧客や人を育てることにお金を使う。

・借金は先に取引先や親戚に返す。 
 銀行は後。

・ファックス、プリンタ、スキャナーなどの
 複合機は使わない方がよい。

・あれこれ参考になる本。
posted by ティー at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月14日

948.銀座一のブスママが明かすビジネスの成功法則

s-071214h.jpg
銀座一のブスママが明かす
ビジネス成功法則

石川香著、三一書房、
2005年、220ページ、
ISBN 4-380-05208-7

読もうと思った理由
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM55分
合計58分

071214m.gif
内容のメモと感想

・著者は芝居をやりながら、アルバイトで
 銀座のホステスを始め、
 笑い系キャラで売上ナンバーワンとなる。
 現在は3つの店を経営、子供3人を育てている。

・芝居でヒロインでなく3枚目キャラを狙うと
 オーディションに受かるようになった。
 銀座でも自分の持ち味を生かして成功した。

・朝から営業する。

・店が一杯なら、別の店を紹介して、
 代金を持つ、というのは、なるほどと思った。

・人の温もりが感じられるお店を目指した。

・人間を観察する。
 目だけでなく、耳を使う。

・気付いたことを、日記やメモに書く。

・過去の苦労や成功を忘れる。
 守りに入らずに、
 「全てを失ってもよい。ゼロからやり直せるのだから」
 と考える。

・子供をあやすのが上手なホステスほど、
 売上げがトップクラスだそうだ。

・あれこれ参考になる本。
タグ:石川香
posted by ティー at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月13日

947.ecute物語

s-071213h.jpgecute物語
鎌田由美子著、
かんき出版、
2007年、207ページ、
ISBN 978-4-7612-6467-3

読もうと思った理由
・品川駅の中がきれいになったのを見て。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 50分、
合計53分

内容のメモ

・品川駅など、駅の中のプロジェクトの話。

・著者は、JR東日本に入社後、
 大手百貨店に2年出向、
 ロンロン吉祥寺など、
 小売、流通部門で経験を積んだ。

・トイレや従業員の労働環境も考えている。

・ecuteの壁に広告を貼らないのは、
 なるほどと思った。

・品川のecuteの天井の色は気付かなかった。
 今度行ったら見てみようと思った。

・プロジェクトの様子がわかり、おもしろい。
 お勧め。


タグ:鎌田由美子
posted by ティー at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月12日

946.世界一の美女の創りかた

s-071212h.jpg
世界一の美女の創りかた
イネス・リグロン著、
マガジンハウス、
2007年、167ページ、
ISBN 978-4-8387-1833-7

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 24分、
合計27分

071212m.gif
内容のメモと感想

・著者はビューティーセンター経営、
 ファッション業界などを経て、
 1998年より、ミスユニバースジャパンの
 ナショナルディレクターに就任した。
 日本のミス・ユニバースの水準を上げることと、
 日本におけるミス・ユニバースの認知度を高める
 ことが任務だった。
 数千人の応募者から10名を選び、
 半年の訓練をして、大会に送り出す。
 世界大会5位、2位に続き、
 2007年に日本人が一位となった。

・日本国内で受けるかわいらしさと、
 世界水準の美しさは違う。

・オリエンタルな美しさを狙う。
 
・健康、食生活が大事。

・日本人女性はファンデーションが厚過ぎ。

・パーティーでは、ヘアスタイルはシンプルでよい。

・パーティーで仲間たちに気を配りながらも、
 時々は視線を会場に向ける。

・部屋をきれいに。

・フランス人から見た、日本人の描写が 
 興味深い。
posted by ティー at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月11日

945.走ることについて語るときに僕の語ること

s-071211h.jpg
走ることについて語るときに僕の語ること
村上春樹著、
文芸春秋、
2007年、241ページ、
ISBN 978-4-16-3695980-8

読もうと思った理由
・知人に教えてもらった。
・ホノルルマラソンを完走したので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 35分
合計38分

内容のメモと感想

・作家でランナーである著者が書いた本。
 フルマラソンを3時間台で走るらしい。
 トライアスロンにも出ている。

・休みは2日続けない。

・ラヴィン・スプーンフルの音楽を
 聞きながら走るそうだ。
 一度聞いてみようと思った。
タグ:村上春樹
posted by ティー at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月10日

944.レバレッジ人脈術

s-071210h.jpg
レバレッジ人脈術
本田直之著、
ダイヤモンド社、
2007年、186ページ、
ISBN978-4-478-00275-9

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分、
合計23分

071210m.gif
内容のメモと感想

・頼むよりも頼まれる人になる。
 相手に何を貢献できるかを考える。

・アーリーステージから一緒に成長、
 長く付き合える人を選ぶ。

・レストランはすいている時間に
 予約の電話を入れる。
 午後4-5時がベスト。

・異業種交流会は行かない。

・2次会はしない。1次会で3−4時間とる。

・あれこれ参考になる本。
タグ:本田直之
posted by ティー at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月05日

943.老いる準備

s-071205h.jpg
老いる準備
上野千鶴子著、
学陽書房、2005年、278ページ、
ISBN 978-4-313-86095-7

読もうと思った理由
・「暴走老人」を買う時に、
 アマゾンのページにあったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 25分、
合計28分

内容のメモと感想

・ジェンダー研究で知られる社会学者の著者が、
 老後問題について書いた本。

・介護保険について詳しく書いてある。
 介護保険は4兆円市場だそうだ。

・武蔵野市のリバースモーゲッジは、
 マンションはだめで、
 土地付きの家である必要。

・生活を楽しむスキル、暮らしの技がある人は元気。

・遊ぼう、と主張している。
 なるほどと思った。

タグ:上野千鶴子
posted by ティー at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月04日

942.老後がこわい

s-071204h.jpg
老後がこわい
香山リカ著、
講談社現代新書、
2006年、188ページ、
ISBN 4-06-149852-5

読もうと思った理由
・著者の他の本がおもしろかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 25分
合計28分

内容のメモと感想

・1人暮らしの女性の老後を考えた本。

・グループホームは家族のような束縛がある。
 別々に住んで、たまに会うのがいい。
 松原惇子さんが、「SSSネットワーク」を
 立ち上げられたらしい。

・1人暮らしの女性が亡くなった後、
 片付けを数人でやったら、半日程度で
 終わったという。
 
・40歳以上の独身者は、部屋を借りにくいそうだ。
タグ:香山リカ
posted by ティー at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月03日

941.「朝30分」を続けなさい!

s-071203h.jpg
「朝30分」を続けなさい!
古市幸雄著、
アスコム社、
2007年、221ページ、
ISBN 978-4-7762-0490-9

読もうと思った理由

・著者の「1日30分を続けなさい」が
 よかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 15分
合計18分

内容のメモと感想

・毎朝30分の努力を毎日するように
 提唱している。

・良い本を何度も読む。

・現実を直視する。

タグ:古市幸雄
posted by ティー at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月02日

940.暴走老人

s-071202h.jpg
暴走老人!
藤原智美著、
文芸春秋社、
2007年、214ページ、
ISBN 978-4-16-369370-5

読もうと思った理由
・知人が読んでいて、題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D28分、
合計31分

内容のメモと感想

・時間、空間、感情に分けて、
 昔と今を比較している。

・解決策を提示する本ではないが、
 現状の解釈としては役立つかもしれない。

・感情労働に関しては、
 「ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか」が、
 おもしろいだろう。

タグ:藤原智美
posted by ティー at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)

2007年12月01日

939.稼ぐ超思考法

s-071201h.jpg
稼ぐ超思考法
岡本吏郎著、
フォレスト出版、
2007年、204ページ、
ISBN 978-4-89451-284-9

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 38分
合計41分

071201m.gif
内容のメモと感想

・物の見方を学ぶ本。

・自社の歴史、業態の歴史を調べておくとよい。
 今後の行き先も見える。

・スペースシャトルの事故後、関係4社の
 株が暴落した。
 3社は持ち直し、1社は取引停止になった。
 数ヶ月後に原因がOリングとわかった。
 取引停止になった1社だったそうだ。
 Oリングはスペースシャトル打ち上げ時から
 問題になっていたので、情報が漏れたのだろうか。

・歴史や企業物語から、構造を学ぶ。

・初めから撤退時期を決めておく。

・1,3、5の法則があるようだ。
 対数プロットを思い出した。

・少しの差が未来を決める。カオスが例。

・逆選択に気をつける。
 安易なマーケティングは、良質の顧客を遠ざける。

・行動経済学がおもしろそうだ。

・わからない部分もあった。
 また読み返したい本。
タグ:岡本吏郎
posted by ティー at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(901-)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。