はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2007年03月31日

754.水はなんにも知らないよ

s-070331h.jpg
水はなんにも知らないよ
左巻健男著、
ディスカヴァー・トゥエンティワン、
2007年、182ページ、
ISBN 978-4-88759-528-6

読もうと思った理由
・あちこちで話題になっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 11分、
合計14分

内容のメモと感想

・水に「ありがとう」と書いた紙を見せると、
 きれいな結晶ができる、という話に
 きちんと反論した本。

・他の怪しい話についても触れている。
 元素108個が煩悩の数に対応している、
 という話には笑える。

・水にありがとうという話は、道徳の教科書にも
 採用されているらしい。
 結論の「いい言葉を使おう」は
 悪くないが、途中の推論がまずい。

・こういう本が出ると助かる。
タグ:左巻健男
posted by ティー at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月30日

753.人生を変える言葉、ありがとう

s-070330h.jpg
人生を変える言葉「ありがとう」
野坂礼子著、
PHP研究所、
2005年、207ページ、
ISBN 4-569-64182-2

読もうと思った理由
・笑顔セラピーの講座に行かれた方に教えていただいて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 25分、
合計28分

070330m.gif
内容のメモと感想

・ありがとう、というと運がついてくる話は
 他で読んだことがあるが、
 この本は具体的な方法が書いてあって、
 わかりやすい。

・「ありがとう」よりは「ありがとうございます」がよい。
 「ありがとうございました」はいい状態を切ってしまうので、
 現在形の方がよい。

・嫌なことがあった時も、「ありがとう」と言う。

・呼吸法についても書いてある。
 吐く息中心に、長い呼吸にする。

・ありがとう日記をつけるとよい。

・アファメーションについても書いてある。

タグ:野坂礼子
posted by ティー at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(601-900)

2007年03月29日

752.頭がよくなる照明術

s-070329h.jpg
頭がよくなる照明術
結城未来著、
PHP研究所、
2006年、256ページ、
ISBN 4-569-65774-5

読もうと思った理由
・題名に引かれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 35分
合計38分

070329m.gif
内容のメモと感想

・照明に関して、いろいろな角度から
 書いている。
 泥棒が入りにくい照明の工夫もある。

・直接照明とは、床に直接、天井から照らす照明、
 間接照明とは、壁や天井にいったん光を
 反射させてから、間接的に床に光を当てる照明。
 間接照明をもっと利用しようと述べている。

・調光器をもっと利用する。

・ろうそくは、和ろうそくと洋ろうそくがあるそうだ。
 知らなかった。

・洗面所では、上からだけでなく、
 下や横から光が当たるといいそうだ。

・光が背後から当たるといいそうだ。

・写真は、白い服だと顔が黒く写りがちだそうだ。

・お店の光、映画の中の光など、
 今後はもっと気を付けて見てみようと思った。

・時差ぼけの話も書いてあった。

・普段、光にそれほど興味がない人にも、
 おもしろく読める。

タグ:結城未来
posted by ティー at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月28日

751.実践!おひとりさま道

s-070328h.jpg
実践!おひとりさま道
葉石かおり著、
ライブドアパブリッシング、
2005年、217ページ、
ISBN 4-7794-0023-6

読もうと思った理由
・1人の時間の過ごし方のヒントに。

予習1分、PR1分、復習1分
SR&D&MM 27分、
合計30分、

070328m.gif
内容のメモと感想

・1人で過ごす時間の工夫について
 書いてある。

・主婦が育児でくたびれた時は、
 昼間の数時間、ホテルのデイサービスで
 リフレッシュするといいそうだ。

・お勧めのシティホテルやレストランの
 リストがついている。

・おひとりさまは、金の無心をされやすいそうだ。
 「話がある」と言われたら、
 「宗教と金の話以外なら聞くけど」と
 言ったそうだ。

タグ:葉石かおり
posted by ティー at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月27日

750.ようこそ、成功指定席へ

s-070327h.jpg
ようこそ、成功指定席へ
望月俊孝著、サンマーク出版、
2007年、254ページ、
ISBN 978-4-7631-9706-1

読もうと思った理由
・他で推薦されていた。
・フォトリーディングの講師の方らしいので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 30分、
合計33分

070327m.gif
内容のメモと感想

・マイナーの業界でトップに立つとよい。

・一流の人の本、CD、講演会から学ぶ。
 実行できることを1つでも見つけて、
 実行する。

・大事な本は何度も読む。

・本1冊を他の人に読んでもらうのは、
 大変な場合もある。
 「○ページだけ立ち読みしてみて」と言うと、
 実行してくれる場合が多い。

・パワーが感じられる本。

タグ:望月俊孝
posted by ティー at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月26日

749.相続の裏側

s-070326h.jpg
相続の裏側
松田茂樹著、
フォレスト出版、
2007年、194ページ、
ISBN 948-4-89451-252-8

読もうと思った理由
・フォレスト出版のメルマガを見て。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 44分、
合計47分

070326m.gif
内容のメモと感想

・相続について、具体的な例を説明している。

・連帯保証も相続する必要。
 子孫にためにも、連帯保証はしない、
 どうしてもした場合は、一覧表にする。

・税務調査は申告の2−3年後に来る。
 全ての記録を残しておく必要。
タグ:松田茂樹
posted by ティー at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月25日

748,夢をかなえる勉強法

s-070325h.jpg
夢をかなえる勉強法
伊藤真著、
サンマーク出版、
2006年、223ページ、
ISBN 4-7631-9676-6

読もうと思った理由
・知人のお勧めなので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 41分、
合計44分

070325m.gif
内容のメモと感想

・「人生の目標は何か?」「なぜか?」
 「その目標のために、何をしているか?」の
 3つの質問が大事。
 著者の場合は、世界中の子供たちを幸福にするために、
 夢のある法律家を育てている。

・司法試験の塾を経営している著者は、
 毎年、塾生を沖縄に連れて行くそうだ。
 米軍のパラシュート落下練習は、
 トラクターが上から降ってくる。
 風で飛ばされて、近所の女の子が亡くなっている。
 母親の話を実際に聞く。

・授業初日に、合格体験記を書いてもらうのは、
 いい方法だと思った。
 イメージトレーニングになる。

・本の目次をコピーして、しおり代わりにする、
 まえがきと後書きを、先に読むなど、
 全体像をつかむ工夫をする。

・喜怒哀楽がはっきりしている人は、
 記憶力もいい。
 自分には知らないことがたくさんある、
 という謙虚な考え方。

・3年分の手帳を持ち歩いて、
 自分の軌跡を確認して、新しい力を得て、
 明日に向かってチャレンジする。

・著者の情熱が感じられる本。
 お勧め。
タグ:伊藤真
posted by ティー at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(601-900)

2007年03月24日

747.探テク

s-070324h.jpg
探テク
小林シンヤ著、
日本実業出版社、
2007年、219ページ、
ISBN 978-4-534-04204-0

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 11分
合計14分

内容のメモと感想

・なくした物を探す時の方法が書いてある。

・なくさないための工夫も述べている。
 改札を通ったら、切符は財布に入れる、など。

・所々、くすりを笑える本。
 写真、イラスト入りで楽しい。

タグ:小林シンヤ
posted by ティー at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月23日

746.夢をかなえる時間術

s-070323h.jpg
夢をかなえる時間術
伊藤真著、サンマーク出版、
2007年、206ページ、
ISBN 978-4-7631-9726-9

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座のクラスメートの方の
 お勧めなので。

予習1分、PR1分、復習1分
SR&D&MM 47分
合計50分

070323m.gif
内容のメモと感想

・司法試験の塾を経営している著者が
 時間の使い方について述べている。

・いかに幸せな時間を過ごすか。

・プランニングをするのは人間だけ、
 時間割に悩むネコや、
 スケジュールを組むクマは見たこがない、
 という部分は、情景を想像してしまって、
 おもしろい。

・3ヵ月に1度、机の片付けをして、
 資料を捨てたり、ファイルボックスに入れている。

・講義を受けたら、直後の5分は復習する、
 と決めるといいようだ。

・資料は内容で分類するよりも、
 何に使うかで分類するとよい。
 「講義用」「講演会用」「著書用」など。

・能力を伸ばしたい時は、負荷をかける。

・次世代に考え方、思想、思い出を残す。
 
・エピローグに、志半ばでガンで亡くなった受講生の
 話が出ている。
 その話を皆にすることによって、
 多くの受験生に受け継がれている。

・お勧めの本。

タグ:伊藤真
posted by ティー at 20:05 | Comment(1) | TrackBack(1) | 本(601-900)

2007年03月22日

745.島津斉彬

s-070322h.jpg
島津斉彬
網淵謙錠著、PHP研究所、
1990年、234ページ、
ISBN 4-569-52667-5

読もうと思った理由
・鹿児島の仙巌園で、島津斉彬が作った
 集成館を見たので、どんな人かと思って。

普通読みで1時間くらい。

内容のメモと感想

・薩摩の藩主だった島津斉彬のことを、
 勝海舟、西郷隆盛らも絶賛していて、
 名君として知られているらしい。

・祖父の代までに借金がかさんで、
 藩は財政難になり、
 父の代に財政大改革が行われた。

・島津斉彬の母親が島津家に嫁ぐ時に、
 四書・史記・漢書など本を多く持参した。
 自分用の甲冑まであり、周囲をびっくりさせた。

・幕府の船が琉球まで行きそうになり、
 島津斉彬は勝海舟に談判して、引き返してもらった。
 当時、琉球で薩摩藩が密貿易をしていたためである。

タグ:網淵謙錠
posted by ティー at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月21日

744.週3回「遅寝早起き」で人生がうまくいく、

s-070321h.jpg
週3回「遅寝早起き」で
人生がうまくいく

税所弘著、講談社、
2005年、216ページ、
ISBN 4-06-256947-7

読もうと思った理由
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 16分
合計19分

内容のメモと感想

・起床時間を一定の早い時間にすることを
 勧めている。
 著者は5:00起きを推奨。

・内観について紹介してあった。

・うつにもよいなど、効用が書いてある。


タグ:税所弘
posted by ティー at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月20日

743.ツキを呼ぶ「トイレ掃除」

s-070320h.jpg
ツキを呼ぶ「トイレ掃除」
小林正観著、マキノ出版、
2007年、79ページ、
ISBN 978-4-8376-6108-5

読もうと思った理由
・店頭で見かけて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 15分
合計18分

内容のメモと感想

・トイレ掃除でいいことがあった例を
 集めたムック本。

・トイレ、洗面所、風呂の掃除方法が
 写真入りで解説してあって、
 わかりやすい。

・巻末に小さい字で、素手で掃除する場合、
 衛生面に気をつけるように書いてあり、
 なるほどと思った。
タグ:小林正観
posted by ティー at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(601-900)

2007年03月19日

742,ポジティブ・スイッチ!

s-070319h.jpg
ポジティブ・スイッチ!
KIMIKO著、講談社、
2006年、150ページ、
ISBN 4-06-213636-8

読もうと思った理由
・KIMIKOさんの他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 26分
合計29分

070319m.gif
内容のメモと感想

・KIMIKOさんのウォーキングの
 背景、半生についても書いてある。

・心をコントロールするには、
 体の動かし方を変えてみる、
 というのは、なるほどと思った。

・自分のきれいな所を100個書いてみる。

・プチ奮発、手の届く範囲で、少しだけ贅沢を
 してみるといいそうだ。

・高校卒業後、3年間自衛隊で訓練を受けたそうだ。

・毅然とした態度が大事。
 ホテルまで送ってきて、部屋に上がりそうだった男性に、
 「今日はありがとうございました。
  ここで失礼いたします」と言った所、
 向こうも紳士的に対応したそうだ。

・久しぶりにKIMIKOさんのウォーキングのクラスに
 出てみたいと思った。
タグ:KIMIKO
posted by ティー at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月18日

741.天璋院篤姫

s-070318h.jpg
天璋院篤姫(上)(下)
宮尾登美子著、講談社、
1984年、307, 281ページ、
ISBN 4-06-200560-3
ISBN 4-06-200651-1
(題名からは文庫本をリンクした。)

読もうと思った理由
・鹿児島の仙巌園に行った時に、
 パンフレットに篤姫のことが書いてあったので。
・来年のNHK大河ドラマの原作らしいので。

普通読み1冊1時間くらい。

内容のメモと感想

・篤姫は、島津家の分家に生まれ、
 小さい頃から歴史書を読み、
 しっかりとした子供だった。

 島津斉彬に見込まれて、
 本家の養女となり、徳川家定に嫁ぐが、
 夫が亡くなり、天璋院となる。

 天皇家から徳川に嫁に来た和宮の姑である。
 明治時代になってからは、徳川家達(いえたつ)を
 育てて結婚させる。

・大奥の采配が大変なことがわかる。

・日経新聞に連載されたためか、
 後半部分がやや急いでいるように感じた。
タグ:宮尾登美子
posted by ティー at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月17日

740.がばいばあちゃんの幸せのトランク

s-070317h.jpg
がばいばあちゃんの
幸せのトランク

島田洋七著、徳間文庫、
2006年、276ページ、
ISBN 978-4-19-892361-7

読もうと思った理由
・家族が貸してくれたので。

普通読み1時間くらい。

内容のメモと感想

・佐賀で祖母と暮らした著者が、
 広島の高校に進学、
 東京に駆け落ちして、
 漫才でビッグになる。

・落ち込んだ時は、佐賀の祖母に電話して、
 勇気付けられる。

・アメリカの農場で暮らし、
 仕事を愛するように、と言われ、
 最初の漫才の仕事を思い出す。
 
・前編も読んでみたいと思った。
タグ:島田洋七
posted by ティー at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月16日

739.粗食のすすめ レシピ集

s-070316h.jpg
粗食のすすめ レシピ集
幕内秀夫著、検見崎聡美・料理、
東洋経済、1999年、
119ページ、
ISBN 4-492-04120-6

読もうと思った理由
・著者の「粗食のすすめ」がよかったので、
 レシピ集も見てみようと思った。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 17分
合計20分

内容のメモと感想

・庶民的な和食のレシピ集。
 手の込んだ和食ではなくて、
 手軽に作れそう。
 和風でない料理も少しある。

・梅干、のりなどの常備食を用意しておくとよい。

・いもがらの煮物を作ってみようと思った。
 うちに、いもがらの乾物があったのを思い出した。

・おやつには、おにぎりと水が一番。
 じゃがいも、さつまいも、とうもろこしもよい。

タグ:幕内秀夫
posted by ティー at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(601-900)

2007年03月15日

738.The Smartest Guys in the Room

s-070315h.jpgBethany McLean and Peter Elkind,
The Smartest Guys In The Room,
Fortune, 2003, 435 pages,
ISBN 1-59184-008-2

読もうと思った理由
・映画「エンロン」がおもしろかったので、
 原作を読んでみようと思った。

普通読み:寝る前に少しずつ。
   全部で4時間くらい。

内容のメモと感想

・エンロン社の創立から崩壊までを
 詳しく書いている。

・創立者がビジネスに興味を失い、
 慈善活動や政治に熱中したのが、
 エンロン崩壊の1つの原因だろう。
 コアビジネスでいい人材が外に出て、
 間違った人間を登用している。

・ファイナンスの部分は、
 将来の儲けを今のうちに計上する方法を
 使っている。
 また、バランスシートにのせない取引を
 増やして、見かけ上、利益が多いように
 している。

・登場人物を詳しく描いていて、おもしろい。

posted by ティー at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月14日

737.修養

s-070314h.jpg
修養
新渡戸稲造著、
たちばな出版、
2002年、522ページ、
ISBN 4-8133-1444-9

読もうと思った理由
・「仕事で本当に大切なこと」で
 紹介されていた。

普通読み1時間くらいの後、
SR&D&MM 1時間くらい。
合計2時間

070314m.gif
内容のメモと感想

・著者が若い人に向けて書いた本。

・著者は札幌農学校に学び、
 官僚になった後、東京帝国大学に
 入学して学ぶ。
 後に東京女子大の初代学長となった。

・日本人は飽きやすい国民だそうだ。
 嫌になっても我慢して完成させること。
 小さなことを毎日続ける。
 例えば、冷水を浴びる、日記をつける、
 散歩する、一定の時間に起床する、など。

・偉人の伝記を読むのも、勇気を修養する1つの方法。

・貯蓄の章は、金銭、体力、知識、徳の貯蓄を説いている。

・1つの標準とする最良の書物を定めて精読する。
 岐路に入っても、大道に戻ってくる。

・日本人は本を読まないそうだ。
 学校でも、講義ノートをとってよく読めば、
 本を読まなくても試験に受かる。

・書物だけでなく、父母の言葉、友人からの絵葉書など、
 何でも勉強の材料にする。

・10人くらいの読書会で、読んだ本の概要を述べると
  いいらしい。

・順境の時は、傲慢になりやすい、職業を怠りやすい、
 恩を忘れやすい。

・職業道徳以上の徳疑心が必要。
 人として恥ずかしくないことをする余裕。
 することが小さなことでも、
 大きな理想の一部を実行していると
 考える。

・日本人は集中力に乏しい。
 知識の吸収で忙しい。
 1日5分か10分でも静かに沈思する。
 姿勢を正しくして、心を空しくして受身にする。
 邪念が起こっても、追い払う。

・年末に1年間の日記を繰り返し見る。
 長く記憶して益になること、
 嬉しかったこと、感謝すべきこと、
 恩人を回顧する。

・新年にやるべきことを書く。
 貯蓄する、知識の蓄えを増やす、など。

・また読み返したい本。お勧め。

タグ:新渡戸稲造
posted by ティー at 19:48 | Comment(6) | TrackBack(1) | 本(601-900)

2007年03月13日

736.東京タワー

s-070313h.jpg
東京タワー
リリー・フランキー著
扶桑社、2005年、
449ページ、
ISBN 4-594-04966-4

読もうと思った理由
・家族が貸してくれた。
・映画の予告編を見て。

普通読み、1時間半くらい。

内容のメモと感想

・著者の半生を書いた本。
 九州に生まれ、高校の時から1人暮らし。
 東京に出て武蔵野美大に入る。
 母親と何年か一緒に住む。

・引っ越すと同級生に言って、
 餞別をもらったり涙の別れをするが、
 親の都合で引越しがなくなる。
 その気まずさがよく伝わってくる。

・子供が育ってしまって、1人で暮らす
 女性たちの寂しさが描かれている。

・著者の友人たちは、著者の母親が作る食事を
 食べにくる。おいしい料理と楽しい会話は、
 どこへ行っても魅力的だ。

・さびれていく炭坑の町が描かれている。

・泣ける本。電車の中では読まない方がいい。

posted by ティー at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月12日

735.その「記者会見」間違ってます!

s-070312h.jpg
その「記者会見」間違ってます!
中島茂著、日本経済新聞出版社、
2007年、227ページ、
ISBN 978-4-532-31251-0

読もうと思った理由
・記者会見の予定は特にないのだが、
 コミュニケーションの参考に
 なるかと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 44分、
合計47分

070312m.gif内容のメモと感想

・弁護士である著者が、
 企業の記者会見の方法を解説している。

・記者会見が世間の反感を招いた例が
 1章にのっている。
 「法律を守っている」「自分は寝てない」など。

・世間の反感を買うと、
 政府が行政指導をしたり、
 警察も別件逮捕しようとする。

・人の生命、健康、安全を尊重しないと、
 人は強い反感を持つ。

・どの面から見られても、反感を買わないように、
 会社の体質、文化を築き上げる。
 そしてコンテンツを世間に伝える。

・リコール(製品回収)は黙ってしてはいけない。
 広く知らせる。

・社内広報も大事。

・共同事業で、緊急事態が発生したら、
 どうするか考えておく。

・緊急時の初期対応が大事。
 メディアが次々に集まっている。

・とりあえず開示する。
 「検討を行って、月曜に結論を出す」
 「危機管理本部を設置した」
 という会見も意味がある。

・対策本部は1部屋に集中させる。
 現物が本部の机の上にある。

・大型スクラップブックに、
 情報を貼り付けていくとよい。
 パソコン入力は後から。

・情報開示を一本化する。

・まずは謝罪する。

・トップが出ないと、問題を軽く見ている、
 と思われる。

・リハーサルをする。

・会場は広めの方が、穏やかな雰囲気になる。

・出入り口は別にする。

・両脇をスタッフで固める。
 メモの写真をとられることがあるので、
 メモは最小限にする。
 机にテーブルクロスをかける。

・身だしなみも大事。
 高級腕時計は反感を買うので、はずす。

・予定時刻よりも早く始めないこと。

・「はじめます」。
 紹介をすること。

・お辞儀は5秒間静止する。
 画像を撮りやすいように。

・お辞儀の後など、ほっとして、笑わない。
 写真にとられる。

・顔を見合わせない。

・記者会見の予定がなくても、
 もっと小規模なおわびの場面にも
 役立ちそうな本。
タグ:中島茂
posted by ティー at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月11日

734.スピード・ハックス

s-070311h.jpgスピード・ハックス、
大橋悦夫、佐々木正悟著、
日本実業出版社、2007年、
294ページ、
ISBN 978-4-534-04183-8

読もうと思った理由
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分、
合計23分

070311m.gif
内容のメモと感想

・仕事のスピードをつける方法が書いてある。
 心理面からもアプローチしている。

・さっと帰れる人の特徴は、
 わからないことがあったら、すぐ人に聞く、
 仕事の進め方が確立されている、
 邪魔しづらい雰囲気をかもし出している。

・スピードを上げるには、
 仕組みを作ると同時に、
 やる気を切らさない。

・それなりの時間を要する仕事で、
 なかなか取り掛かれない場合は、
 5分経ったらやめていいルールにする。

・やる気が出ない時は、
 疲れている場合もある。
 それなりに頭を使うおもしろい本を
 読み始めて、熱中できるようなら、
 すぐに読書を切り上げて、仕事に戻る。
 熱中できない場合は、疲れているので、
 仮眠をとるなどする。

・今回は前半を中心に読んだ。
 あれこれヒントになる本。

posted by ティー at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月10日

Syn-7:片付けるには

s-070310syn.jpg

読む目的:自宅の掃除をしてきれいになった。
  この状態を継続させるには、
  どういう方法があるか、知りたい。

本の題名

(1) Clear Your Clutter With Feng Shui, Karen Kingston.(翻訳)
(2) Order from Chaos, Liz Davenport(翻訳
(3) One Thing at a Time, Cindy Glovinsky.
(4) 夢をかなえる「そうじ力」、舛田光洋著
(5) 「捨てる!」快適生活、飯田久恵著。

以前PRしたメモは、(1), (3), (4), (5).

所要時間 50分。

本の比較

・(1)は風水系の片付け本。この分野?で最も強力
  と言われている。
 (2)はオフィスの片付けがテーマ。
 (3)はセラピストの著者。Tipsを100個集めている。
 (4)はビジネス系。捨てる話は少ない。掃除中心。
 (5)は家庭の片付け。

・片付けを継続させる方法は、

 (1)では、置き場所を決める、
 買い物に注意、
 「とりあえず」と言わない。

 (2)では、定期的にファイルなどをチェックして、
 いらない書類を捨てる。

 (3)では、日記をつける。
 毎月、各部屋の写真をとり、
 部屋別に並べて変化を見る。

 (4)では、3日坊主を7回、
 21日間続けて、掃除を定着させる。

 (5)では、5つのステップを1から繰り返す。
 ステップ1でモノを持つ基準を自覚、
 ステップ2で不要品を取り除く、
 ステップ3で置く位置を決める、
 ステップ4で入れ方を決める、
 ステップ5で快適収納の維持管理。

070310syn.gif
議論

・定期的にチェックするのがよさそう。
(1)の買い物をする時に気をつけるのは、
 大事そうだ。

気付いた点

・本は7冊用意した。
 うち2冊は、継続の方法が書いてないことがわかり、
 今回は含めないことにした。
 目的に適さない本をすばやく却下できるのも、
 シントピックリーディングの長所かもしれない。

・片付けの「継続」にフォーカスしたので、
 時間はいつもほどは、かからなかった。
posted by ティー at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | シントピック本

733.勝つ力

s-070310h.jpg
勝つ力
山崎養世著、ダイヤモンド社、
2004年、263ページ、
ISBN 4-478-62058-X

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 33分、
合計36分

070310m.gif
内容のメモと感想

・これからの日本の動きについて詳しい。
 若者を取り込もうと躍起になっている業界は、
 時代に取り残される。
 これからは英語だけでなく中国語も。

・ルールは徹底的に守る。

・旅をするといい。

・何でもメモする。
 自分ノートに好きなこと、嫌いなことを書く。

・睡眠中にイメージトレーニングして、
 起きた瞬間にすぐ始動できるようにする。
 アイディアが湧いてきたり、論文が書ける。

・アイディアは声に出し、書く。
 記録は鉛筆でなくて、ペンで。

・あれこれ参考になる。パワーのある本。
タグ:山崎養世
posted by ティー at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月09日

732.セレブに出会える黄金法則

s-070309h.jpg
セレブに出会える黄金法則
佐藤富雄著、ゴマブックス、
2007年、149ページ、
ISBN 978-4-7771-0577-9

読もうと思った理由
・知人の紹介で。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 15分
合計18分

070309m.gif
内容のメモと感想

・著者は60代で大学院に入って研究し、
 3つめの博士号を取得したらしい。

・まずは自分は「ただ者では終わらない」
 という強い決意を持ち、
 夢に向かって、毎日努力する。

・自分のことを心から愛し、認める。
 日頃から口ずさむ。

・ウォーキングは、朝の6-8時の間に、
 1−2時間歩くとよい。

・インパクトのある趣味を持つとよい。

・環境の変化に敏感になる。

・女性向けに書かれた本だが、
 男性にも参考になるだろう。

タグ:佐藤富雄
posted by ティー at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

Syn-6:日記の書き方

s-070309syn.jpg読む目的:日記をどう書くか、
   いろいろな本の主張を
   まとめておこうと思った。

本の題名

(1) 日記の魔力、表三郎著、サンマーク出版
(2) 3分間日記、今村暁著、かんき出版、
(3) 「朝」日記の奇跡、佐藤伝著、日本能率協会マネジメントセンター
(4) 仕事ができる人のノート術、樋口健夫著、東洋経済新報社

以前PRした時のメモは、(1)(2)(3)(4)。

070309syn.gif
本の比較。

・(1)-(3)は予備校や塾で教えている方、
 (4)は商社で勤務された方。

・4冊とも、書くことを奨励している。
 (1)-(3)は日記、(4)はノート全般。

・(1)(3)はパソコンの日記、(2)(4)は手書き。

・どの本も、日記を読み返すことを奨励している。

・日記を書く時間は、(2)は朝に目標、夜に記録、
 (3)は朝。
 (4)はその日か次の日。(1)はパソコンにその都度。

・(2)と(3)は書く項目をあらかじめ用意する。
 (2)は5項目。(3)は3x3=9個のマトリクスになっている。

議論

・本で提案している中から、
 自分に合った方法を選ぶといいのだろう。

・手書きとパソコンは半分ずつに分かれている。
 自分の場合は、手書きの方が書きやすい。

・自分の日記は16年ほど続いている。
 行動だけ数行の日もある。
 (2)のように目標を書くとよさそうだ。

気付いた点

・シントピックリーディングは結構疲れるので、
 一番しっかり読みたい本を
 最初にもってくるとよさそうだ。


posted by ティー at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | シントピック本

2007年03月08日

731.使える!ギリシャ神話

s-070308h.jpg
使える!ギリシャ神話
斎藤孝著、PHP研究所、
2007年、251ページ、
ISBN 978-4-569-65613-7

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 47分、
合計50分

070308m.gif
内容のメモと感想

・ギリシャ神話の登場人物14名についての
 著者の雑誌記事をまとめたもの。

・プロローグでギリシャ神話の特徴を
 まとめていて、わかりやすい。
 失敗が多く、人間のクセを集めている。
 パワー出しすぎの場合が多く、
 右脳的。

・一番欲しい物を聞かれて、
 「触れる物が金になる」と答えたミダス。
 想像力が欠如していた。
 微妙な違いのない世界にしてしまった。

・ゴルディウスは偶然王になった後、
 結び目を残した。

・アポロンの息子のパエトンの失敗は、
 スケールの学習ができてない。

・アラクネは権力者に逆らった。
 じっと時機を待つのも大事。

・ゼウスの数々の浮気の相手と子供たちの
 系図が書かれていて、わかりやすい。

・禁欲よりも、
 欲望をかき立てて、同時にコントロールする。

・創業社長とご飯を食べた時に、
 お醤油を回してくれる人は、
 成功しているそうだ。
 回してくれない人は、いつか消えている。

・ギリシャ神話の復習にいいかも。
タグ:斎藤孝
posted by ティー at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

Syn-5:早起きするには。

s-070308syn.jpg
読む目的:最近ぎりぎりに
 起きているので、早起きしたい。

本の題名

(1)起床術、梶村尚史著、河出書房新社。
(2) 朝型人間は必ず成功する、源高通著、星雲社、
(3) 朝4時起きの仕事術、中島孝志著、プレジデント社、
(4) 「朝」の豊かな使い方、川村茂邦著、三五館

以前にPRした時のメモは、(1),(2),(3),(4)

かかった時間:1時間半。

070308syn.gif

本の比較

・(1)は精神科医が書いている。
 (2)は元ビジネスマンらしいが、スピリチュアル系。
 (3)は、営業、ジャーナリストを経て独立した人、
 (4)は社長さん。

・早起きがいい、という主張は4冊に共通。

・早起きの定義は、(3)(4)は朝4時起床らしい。
(2)は5時起床である。
 (1)は特に指定してない。

・(2)と(4)は朝起きたら、まず体を動かすことを
 提唱している。
 (4)の著者は真向法の体操もやっている。

・(2)は太陽礼拝を提唱している。
 曇りや雨の日は、太陽をイメージすればよい。
 アファメーションや瞑想も書いてあった。

議論

・今回の4冊は特に相反する主張をしているわけではない。
 実際に早起きしたい人が、やりやすい方法を
 選べばいいだろう。

気付いた点

・個別にフォトリーディングした時よりも、
 違いを気にしながら読めた。
 特に著者の経歴は、早めに比較しておくと、
 読みやすい。


posted by ティー at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | シントピック本

2007年03月07日

730.仕事で本当に大切にしたいこと

s-070307h.jpg
仕事で本当に大切にしたいこと
大竹美喜著、かんき出版、
2004年、219ページ、
ISBN 4-7612-6177-3

読もうと思った理由
・他で紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 36分、
合計39分

070307m.gif
内容のメモと感想

・日本で初めてガン保険を導入した、
 アメリカンファミリー生命保険会社の
 創業者。

・宣教師を志すが、議員秘書になる。
 仕事が合わずにノイローゼになるが、
 聖路加の日野原氏と出会い、
 思い切って仕事をやめる。

・32歳まで仕事を転々としたことが、
 後で役立っている。

・人のやりたくないことをやった。
 小さい頃も、トイレ掃除をし、
 サッカーではゴールキーパーをした。

・毎朝10-20分くらいの瞑想をして、
 ノートに書くとよい。

・何にでも手を出すのは、自信がない証拠。
 自信があれば、勝てない勝負には、手を出さない。

・リストラや失業は、脱皮のチャンス。

・著者は「本を読む本」で速読を身につけたようだ。
 柳田邦男氏の本、新渡戸稲造氏の本、
 ギリシャ哲学なども触れている。

・あれこれ参考になる本。
タグ:大竹美喜
posted by ティー at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月06日

729.ランチの行列に並んではいけない

s-070306h.jpg
ランチの行列に並んではいけない
中島孝志著、青春出版社、
2006年、200ページ、
ISBN 4-413-04159-3

読もうと思った理由
・他で推薦されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 22分、
合計25分

070306m.gif
内容のメモと感想

・時間の使い方についての本。

・早起き、早い出勤を勧めている。

・朝7:00からの勉強会を銀座で開催し、
 論語を読んだそうだ。

・営業の成績が上がらなくなった人が、
 成績のいい後輩に弟子入りして学んだそうだ。

・1時間単位でスケジュリングするといいようだ。
 1時間を5分でも超えそうなら、2時間とる。
 30分でも1時間とる。

・あちこち参考になる本。

タグ:中島孝志
posted by ティー at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月05日

728.TIME HACKS!

s-070305h.jpg
TIME HACKS!
小山龍介著、
2006年、215ページ、
ISBN 978-4-492-04265-6

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 39分、
合計42分

070305m.gif
内容のメモと感想

・時間の使い方についての本。

・やらないことをリストを作る。
 例えば、悪口を言わない、など。

・進行状況をマンスリーに書き込む。

・1週間のリズムを作る。
 月曜は内部の打ち合わせを優先させる。
 水曜は外部との打ち合わせを集中させる。
 何かあっても、木金で対応できる。
 金曜は、翌週のスケジュールを記入する。
 机の上も整理しておく。

・集中できる時間は1日2時間程度。
 午前、就業前がいい。

・利益を度外視しても、
 コアコンピタンスに集中した方がいい。
 例えば、タイガーウッズの収益の大部分は、
 スポンサー契約やロイヤルティであり、
 ゴルフの賞金は大したことがない。
 しかしゴルフが下手ではスポンサーはつかない。
 ゴルフの練習に集中すべき。

・シンプルに考える。
 1つのタスクに目的を複数設定しない。
 メインの目的を考える。

・あれこれ参考になる本。

タグ:小山龍介
posted by ティー at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月04日

727.教育力

s-070304h.jpg
教育力
斎藤孝著、岩波書店、
2007年、214ページ、
ISBN 978-4-00-431058-7

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 71分、
合計74分

070304m.gif
内容のメモと感想

・教える側が学ぶことが好きで、
 向上心があることが必要。

・教育は、はかない仕事で感謝されるとは
 限らない。
 太陽のように、見返りを求めずに、
 エネルギーを放射し、地上の生命を生かす。

・サッカーのモウリーニョ氏は、
 メモをひたすらとる、とあった。
 モウリーニョ氏の本を思い出した。

・上手な人を見て、重要なポイントを30個
 言える力。

・研究がおもしろくて仕方のない人が向いている。
 街を歩く時、新聞を読む時も、題材を探す。

・何のためにやっているか、
 いろいろなタイムスケールでの目標が必要。

・教育は祭り。ほとんどの人は、先生の恩を忘れる。
 時間を共に過ごしたことが楽しい。

・勉強すること自体が楽しい。

・演劇のような一過性。
 芝居で観客を集めるのは大変だが、
 授業なら、はじめから客がいて、
 毎日ライブをできる。

・文化遺産の継承、伝道。

・課題ノートに、毎日、その日やったこと、
 次やる課題を書く。

・資質や才能を見るよりも、習慣を見る。

・ゲームのようにルールを作り、
 うまくいったら、ほめる。
 ある学校で、読書カードがたまると、
 シールや賞状でほめ、
 本をたくさん読む生徒が増えた。
 不登校もなくなった。

・呼吸が長いと集中力がつく。

・セミナーの講師、学校教員、スポーツのコーチなど、
 教える仕事についている人だけでなく、
 部下に教える必要のある人にも、おもしろいだろう。
 お勧めの本。
タグ:斎藤孝
posted by ティー at 22:14 | Comment(6) | TrackBack(1) | 本(601-900)

2007年03月03日

726.カッコイイ女は「おひとりさま」上手

s-070303h.jpg
カッコイイ女は
「おひとりさま」上手

葉石かおり著、PHP研究所、
2004年、228ページ、
ISBN 4-569-63869-4

読もうと思った理由
・他で紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分、
合計23分、

070303m.gif
内容のメモと感想

・題名の「おひとりさま」とは、
 1人でも食事や旅を楽しめて、
 他人とも共存できる人のことらしい。
 未婚・既婚とは関係ない。

・ジャーナリストの故・岩下久美子さんが
 創始した考え方らしい。

・「メンタル支出」として、自分へのご褒美に
 物を買うのでなくて、心地よい体験に出費する。

・何歳になっても目標を持つ。

・私は温泉とお酒はそれほど興味ないので、
 その部分は飛ばした。

・1人で行動することが少ない初心者は、
 まずカフェから始めるといいらしい。
 スターバックスなどに1人で行って、
 時間を過ごす。

・ホテルで朝食、というのは、私もたまにやる。
 例えば恵比寿で午前10:00からセミナー、
 という時は、早めに恵比寿に行き、
 近くのホテルの喫茶店でゆっくりする。

・女性向けのビジネスを考えてみたい人にも
 役立つかもしれない。
タグ:葉石かおり
posted by ティー at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年03月02日

725.高齢化大好機

s-070302h.jpg
高齢化大好機
堺屋太一著、NTT出版、
2003年、244ページ、
ISBN 4-7571-2111-3

読もうと思った理由
かぎろひさんのページ
 紹介されていたので。
 予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 26分、
合計29分

070302m.gif
内容のメモと感想

・高齢の人が増えることによって、
 どのようなビジネスが盛んになるか、
 予想している。
 統計数字やグラフもあって、わかりやすい本。

・近代工業化社会では、若者の馬力と熱情が尊ばれ、
 老いは嫌なこと、苦しいこと、と考えられていた。
 しかし知価社会になり、高齢者の知恵や判断も
 尊敬される風潮となってきた。

・お金を貯めるだけでなく、知恵を貯め、
 人脈を広げ、魅力的な老人を目指すのがよい。

・高齢者の友達を持ち、高齢期を楽しむ人脈を持つ。

・現役世代の人も、この本を読んで、
 高齢ではできないことを、今のうちに
 やっておくといいのだろう。

・あれこれ参考になる本。

タグ:堺屋太一
posted by ティー at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

映画:不都合な真実

不都合な真実
An inconvenient Truth,
2006年、アメリカ。

見ようと思った理由
・あちこちで評判になっていたので。

内容のメモと感想

・ゴア氏は、クリントン大統領の時に、
 副大統領だった人。

・温暖化を知らせるプロジェクトを始めるきっかけ
 がよくわかる。

・大学生の時に、授業で二酸化炭素が増えている話を
 聞いて以来、温暖化に興味を持つ。
 議員になり、大学の恩師を招いて委員会を開催した。

・父親も上院議員だった。1年のうち
 8ヶ月をワシントンで過ごし、
 4ヶ月を農場で過ごした。
 煙草を栽培していた。
 ゴア氏のお姉さんは、10代から煙草を吸い、
 肺がんで亡くなり、タバコ農園もやめになった。

・息子さんが入院した時に、物事の優先順位を
 考え直したそうだ。

・温暖化に関するゴア氏の講演が、
 ビジュアルな説明で、わかりやすい。
 数々の選挙で鍛えたスピーチ力がすごい。
 英語のスピーチを勉強したい人にも、
 役立ちそうな映画。

・パンフレットによると、
 ゴア氏の講演を聴いた映画関係者が、
 「ぜひ映画にしたい」と望んで映画を作ったそうだ。
 適度な長さになっていて、見やすい。

・お勧めの映画。
posted by ティー at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

2007年03月01日

724.受験エリートがビジネスエリートになる

s-070301h.jpg
受験エリートがビジネスエリートになる
和田秀樹著、2006年、219ページ、
ISBN 4-492-55568-4

読もうと思った理由
かぎひろさんのブログで紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 20分、
合計23分

内容のメモと感想

・受験勉強で養った力が、実社会でも役立つ、
 と主張する本。
 将棋など一芸に秀でるよりも、
 東大に受かる方が、人数的に考えて全然楽。

・資格は入口にすぎない。

・受験勉強をこれからする子供や親が
 読むと、いいかもしれない。

タグ:和田秀樹
posted by ティー at 20:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(601-900)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。