はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2007年02月28日

Syn-4:健康的な食事

s-070228syn.jpg読む目的:健康的な食事について、
 諸説あるようなので、
 まとめてみる。

本の題名

(1) The Fit for Life Solution, Harvey Diamond著
(2) マクロビオティックをやさしくはじめる、久司道夫著、
(3) 粗食のすすめ、幕内秀夫著、
(4) 食事で治す心の病、大沢博著、
(5) うつな気分は食事で治る、高田明和著。

フォトリーディングした時のメモ
  (1), (2), (3), (4),(5)
070305syn.gif

かかった時間:1時間くらい。

本の比較

・(1)はスキナーさんの
9ステップ
の無限健康や
 アンソニー・ロビンスさんの健康法の元になっている、
 ナチュラル・ハイジーンを提唱している。

 (2)はマクロビオテックをアメリカや日本で長年広めている方。

 (3)は管理栄養士で病院などで指導している。
 
 (4)の著者は、(3)の著者と仲間らしい。
  大学の名誉教授で、栄養に関する著書があり、
  相談に乗っている。

 (5)の著者は医師であり、生理学、血液学が専門。


5冊の共通点は、食事が大事だと言っている点。

(1)-(4)は主張が近いが、(5)のみ違うことを言っている。

(1)は果物とジュースのみの日をたまに作ろう、
肉、魚、卵、牛乳を朝とらない、
なるべく減らして、1日おきにする、と提案している。

(2)のマクロビの本は、穀類と野菜、豆中心。
肉、魚、卵、牛乳は減らすことを提唱。

(3)は日本の伝統的な粗食を推薦している。
肉よりも魚をとることを提案している。

(4)は、犯罪者や統合失調症になった人で、
コーラや甘い物の大量摂取をした場合があることを
指摘している。

(5)は、うつにならないように、甘い物や肉を適度に食べることを
提唱していて、(1)-(4)とはかなり違う。


議論

(1)-(3)はがんの予防や再発防止には、動物性タンパク質を
避けた方がいいと述べている。
一方、(5)は、うつにならないように、
肉をとることを勧めている。

両者は肉のとり方について、反対のことを言っている。

では、どちらをとるか?

うつ防止には、運動、明るい所へ行くなど
他の方法もあるので、どちらかというと、
ガン防止を優先した方がいいような気がする。
もちろん、人による。


気付いた点

シントピックリーディングをすると、
本の違いを知ろうとする。

以前フォトリーディングした時は読み飛ばしていたのだが、
今回、シントピックで、(3)の著者主催の講演会で
(4)の著者が話した記述を、(4)の本で見つけ、
仲間だとわかった。

またシントピックしてみたい。
posted by ティー at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | シントピック本

723.人は「感情」から老化する

s-070228h.jpg
人は「感情」から老化する
和田秀樹著、祥伝社、
2006年、209ページ、
ISBN 4-396-11052-9

読もうと思った理由
かぎろひさんのブログで、
 紹介されていたので。


予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 36分
合計39分

070228m.gif
内容のメモと感想

・感情が老化しないようにする
 方法が書いてある。

・CDを聞くだけでなく、コンサートに行ってみる、
 DVDを見るだけでなく、旅行してみる、
 など行動してみるといいようだ。

・職場以外で必要とされる場所を作る。

・役職が上がると、頭を下げる価値がある。
 教えてもらいやすい。

・年をとった時のために、目線を下に向けてみる。
 若い人に目をかけたり、いじめられている人を助ける。
タグ:和田秀樹
posted by ティー at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月27日

722.大切にされる女性のプロトコール・マナー、

s-070227h.jpg
大切にされる女性のプロトコール・マナー
上月マリア著、青春出版社、
2002年、207ページ、
ISBN 4-413-00624-0

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 28分、
合計31分

070227m.gif
内容のメモと感想

・食事や訪問のマナーが書いてある。

・1回1動作の例として、
 お辞儀をする場合、止まってからお辞儀する。
 自己紹介の言葉を言ってから、お辞儀する。

・お土産は、花ならそのまま飾れるアレンジメント、
 日持ちする焼き菓子など。

・タクシーは目上の人を先に乗る。
 カップルなら女性が先に乗る。

・豆を食べる時は、右手のナイフを盾にして、
 左手のフォークの腹に乗せる。

・スープはスプーンの1/3くらい。

・魚用のナイフは、装飾のない方で切る。

・フィンガーボールは、
 片手ずつ指先を洗い、
 ナプキンでふく。
タグ:上月マリア
posted by ティー at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月26日

721,センスのいい話し方

s-070226h.jpg
センスのいい話し方
上月マリア著、青春出版社、
2006年、222ページ、
ISBN 4-413-03596-8

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 23分、
合計26分

070226m.gif
内容のメモと感想

・会話を中心にマナーについて書いた本。

・宗教、政治だけでなく、スポーツも
 意見が対立しやすいので、
 避けた方がいい話題らしい。

・「どんなお仕事ですか」まではいいが、
 会社名や役職名は聞かない。
 目上の人にやたら聞かない。

・いない人の話題はタブー。

・1回1動作。お辞儀と挨拶は1つずつやる。

・紹介は目下を目上へ。男性を女性へ。
 ビジネスでは男女の差はないので、
 目下を目上へ。

・レストランの予約の時に、
 お客様の品性をレストランが判断している。
タグ:上月マリア
posted by ティー at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月25日

720.選ばれるひとの麗人作法

s-070225h.jpg
選ばれるひとの麗人作法
上月マリア著、
主婦の友社、
2002年、143ページ、
ISBN 4-07-232035-8

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 15分
合計18分

070225m.gif
内容のメモと感想

・マナーについて書いている。

・レストランでカバンは、椅子の右側足元に置くらしい。
 ウェイターは左からサービスすることが多いためである。

・1回1動作を心がけるといいらしい。
 例えば、立ち上がりながら、グラスをつかむのは
 エレガントでない。

・袖落としというものがあり、
 使った懐紙を入れるのに便利だそうだ。

・あれこれヒントになる本。


タグ:上月マリア
posted by ティー at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月24日

719.幸運体質になる習慣

s-070224h.jpg
幸運体質になる習慣
上月マリア著、PHP研究所、
2007年、118ページ、
ISBN 978-4-569-65919-0

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 15分、
合計18分

内容のメモと感想

・女性向けに書かれた本。
 きれいな写真が入っていて楽しめる。

・普段から特別な日と同様に振舞うといいらしい。

・雰囲気のいい本。
タグ:上月マリア
posted by ティー at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月23日

718.10秒!そうじ力

s-070223h.jpg
しあわせを引き寄せる
10秒 ! そうじ力

舛田光洋著、中経出版、
2006年、221ページ、
ISBN 4-8061-2579-2

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 19分
合計22分

070223m.gif
内容のメモと感想

・そうじについて、女性向けに書かれた本。
 中のページで、ショッキングピンクが
 使われていて、びっくりしたが、
 漫画もあって、わかりやすい本である。

・根生え症候群とは、帰ったら掃除しようと
 思っていても、腰を下ろして動けなくなること。
 まあいいや精神の虜になってしまう。
 対策としては、10秒だけ何かをすること、
 例えば換気する。

・トイレ掃除をした後、ふたを閉めるといいらしい。

・後ろの方に好転反応に関する説明がある。

タグ:舛田光洋
posted by ティー at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月22日

717.幸運を呼びよせる朝の習慣

s-070222h.jpg
幸運を呼びよせる 朝の習慣
佐藤伝著、中経出版、
2006年、125ページ、
ISBN 978-4-8061-2598-3

読もうと思った理由
・著者の別の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 6分
合計9分

内容のメモと感想

・グレープフルーツの香りがするページがある。

・朝起きたら、窓を開けて換気する、
 というのは、冬場はやってなかった。
 復活させようと思った。

・朝、水を飲む。人参ジュースもいいそうだ。
タグ:佐藤伝
posted by ティー at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月21日

716.いい明日が来る夜の習慣

s-070221h.jpg
いい明日がくる 夜の習慣
佐藤伝著、中経出版、
2006年、125ページ、
ISBN 978-4-8061-2599-0

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 11分、
合計14分

070221m.gif
内容のメモと感想

・夜さわやかに寝るための方法が
 書いてある。
 最初の方に、ラベンダーの香りがするページがあり、
 なかなかいいと思った。

・他人時間と自分時間のバランスを保つとよい。
 退職後に全部が自分時間になるのも、
 張り合いがない。

・ありがとうと言いながら、机をふいてから寝ると、
 よく眠れるそうだ。

・ベッドのそばに、メモ用紙を置く。

・あれこれヒントが得られる本。
タグ:佐藤伝
posted by ティー at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月20日

715.3日で運がよくなる「そうじ力」

s-070220h.jpg
3日で運がよくなる「そうじ力」
舛田光洋著、三笠書房、
2006年、220ページ、
ISBN 4-8379-6362-5

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 15分
合計18分

070220m.gif
内容のメモと感想

・そうじの効用とやり方について
 書いた本。

・まずは、ふたや扉をあけて、現状を認識する。

・排水溝の掃除は特に効果があるようだ。

・本は1ヶ月に1度は移動させて、
 シャープで引き締まった本棚を作る。

・掃除の前に読むと気分が出てよさそう。

タグ:舛田光洋
posted by ティー at 21:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月19日

714.Princess Masako

s-070219h.jpgBen Hills,
Princess Masako,
Penguin Group
2006, 304 pages.
ISBN 1-58542-568-0

読もうと思った理由
・翻訳が発行中止になったそうなので、
 どんな本かと思って。

普通読みで3時間くらい。

内容のメモと感想

・皇太子妃雅子様に関する本。
 多くの人にインタビューをしている。

・雅子様のハーバード大経済学部での卒業論文や、
 皇太子様のオックスフォードでの
 学位論文の原文に当たっている。
 皇太子様の学位論文は、結論がはっきりしないらしい。
 雅子様の卒論は、日米の貿易不均衡は、
 日本の関税のせいではなくて、
 オイルショックのため、という結論らしい。
 
 また、雅子様が外部省に入ってから留学した
 イギリスでは学位をとらなかった。
 既に皇室に入る可能性があったので、
 議論が起こるような内容はまずいと
 判断したのかも、ということだ。

・ハーバードでの知人が、
 雅子様のことを、
 「将来、大学の先生になるようなタイプ」と
 評したようだ。
 確かに、皇室よりも向いてそうだと思った。

・皇太子妃候補として名前が上がると、
 他の女性は次々と結婚したりして、
 皇室に入るのを逃れようとした。
 皇室では自由が失われるので、当然の行動である。

 雅子様は元々結婚に興味がなかったので、
 何もせず、対策が遅れたようだ。

 父親は最初は結婚に反対していたが、
 外務省の先輩から説得されて、
 「反対しない。娘に任せる」意見に変更した。

・外務省は女性が働きやすい場所では
 なかったようだ。夜中まで働くのが標準らしい。
 雅子様が就職前に話を聞きに行った先輩の女性も、
 今では外務省をやめて、アメリカで仕事をしている。

・結婚の決め手の1つは、皇太子様が
 「皇室の一員として外交をすればよい」
 と言われた点のようだ。
 しかし皇太子妃にそんな役割は期待されてない。

 普通の就職で言えば、募集要項と現実が違っていた、
 あるいは、事前の調査が不十分、
 ということになる。
 普通なら、転職する、という手があるが、
 皇室は転職不可能らしい。
 一度入ったら出れないのは、不自由だと思った。

・宮内庁の様子はよく知らなかったが、
 大変そうな場所である。

・外国人でないと書けない本だと思った。
 いろいろな視点がわかって、おもしろい。
タグ:Ben Hills
posted by ティー at 21:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月18日

713.なりたい自分になる自分磨き

s-070218h.jpg
“なりたい女”になる自分磨き
上月マリア著、三笠書房、
2006年、189ページ、
ISBN 4-8379-7536-4

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 16分
合計19分

070218m.gif
内容のメモと感想

・女性向けにブラシュアップの方法を書いた本。

・人から「ありがとう」と言われたこと、
 無理なくできたことを、書き出してみると
 いいらしい。

・毎朝、周囲に「ありがとう」の気持ちを持つ。

・ビジョンのある人は、グチや悪口を言わない。

・年上の理想の女性と仲良くなる。

・「道」のつくお稽古をする。
 茶道、合気道など。

・あちこちヒントになる本。
 しばらくしてから、読み返してみたい。
タグ:上月マリア
posted by ティー at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月17日

712.カリスマ、人を動かす12の方法

s-070217h.jpg
カリスマ 人を動かす12の方法
石井裕之著、三笠書房、
2006年、204ページ、
ISBN 4-8379-2206-6

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 24分、
合計27分

070217m.gif
内容のメモと感想

・相手に不安を感じさせない、
 揺らがない人になる。
 不安だとしても、言葉で「緊張してます」
 と言わないこと。

・満員電車で出口に行きたい場合は、
 ゆっくりとした動作の方が、
 道を開けてくれる。

・相手の話をよく聞き、大事な所だけ
 相槌をゆっくり打つ。
 相槌は少なめに。

・ほめる時は、広げてほめる。
 叱る時はその行動だけを、狭めて叱る。

・あちこち参考になる本。

タグ:石井裕之
posted by ティー at 07:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月16日

711.一瞬で信じこませる話術

s-070216h.jpg
一瞬で信じこませる話術
コールドリーディング

石井裕之著、フォレスト出版、
2005年、208ページ、
ISBN 4-89451-196-7

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 28分、
合計31分

070216m.gif
内容のメモと感想

・コミュニケーションについての本。

・相手をリーディングに参加させるとよい。

・ストックスピールは、誰にでも当てはまりそうなせりふ。
 「部屋に整理してないアルバムがありませんか。」

・友達を描写する時は、相談者の反対のタイプにすると、
 当たりやすい。

・「普通の人よりも」は基準が不明確なので、
 何とでも言える。

・当たらなかった時は、広げてみる。

・サトルネガティブとは、「○○ではないですよね」
 という言い方。

・サトルプリディクションは、誰にでも
 当たりそうなせりふ。
 「近いうちに、久しぶりの人から連絡があるでしょう」

・グループに対するプレゼンやスピーチでは、
 両面から表現する。
 ある事を言ったら、対極も言うこと。

・あれこれ参考になる本。
タグ:石井裕之
posted by ティー at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月15日

710.女性の品格

s-070215m.jpg
女性の品格
坂東眞理子著、
PHP選書、2006年、225ページ、
ISBN 4-569-65705-2

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 28分、
合計31分

内容のメモと感想

・女性の職場やプライベートでの行動に関して、
 アドバイスが書いてある本。

・できないことを約束しない、
 型どおりのスピーチができる、
 ご自宅に訪問する時には手土産を持参、
 悪口を言わない、
 など、ごく当たり前のことが書いてあるが、
 きちんと実行することが大事なのだろう。

・受けた親切や助けを書いておいて、忘れない、
 というのは、なるほどと思った。

・時々は読み返そうと思う。


タグ:坂東眞理子
posted by ティー at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月14日

709.「幸せのちから」原作:The Pursuit of Happyness

s-070214h.jpgChris Gardner,
The Pursuit of Happyness,
HarperCollins Publishers,
2006, 302 pages,
ISBN 0-06-074486-3

翻訳は「幸せのちから」。

読もうと思った理由
・映画「幸せのちから」がよかったので、
 原作を読んでみようと思った。

普通読み3時間くらい。

内容のメモと感想

・ホームレスで子連れの男性が、
 お金持ちになるまでの実話。

・映画では描かれてなかった、
 著者の幼少の頃も書いてある。
 母親の結婚相手の義父が、
 暴力をふるう家庭だった。
 ビル・クリントン氏の自伝に似ていると思った。

・父親には恵まれなかったが、
 母親は学校の先生になりたかった人で、
 著者の将来を信じていた。
 本を読む楽しさを教えてくれた。
 また母方のおじたちが、いろいろ教えてくれたようだ。

・海軍では、病院で医者の代わりに簡単な治療をした。
 非常に腕がよかった。
 除隊後、サンフランシスコで
 基礎医学の研究室で実験助手をやった。
 動物の手術をインターンに教えた。

・子供ができてお金が必要となり、
 営業などいろいろな仕事をした。

・ある時、赤い高価な車に乗った男の人に、
 「仕事は何か? どうやってなれたか」と
 聞き、証券会社に興味を持つ。

・証券会社の見習いの時に収入が少なく、
 ホームレスのシェルター、地下鉄のトイレ、
 職場などで寝た。

・電話での営業がうまくいっても、
 顧客に会うと、黒人なので取引してもらえない
 ことがあった。
 そこでなるべく、電話と郵送の書類で
 仕事を終わらせるようにした。

 ある時、電話で黒人に関するジョークを
 連発する顧客がいた。
 オフィスに来ることになり、
 著者は作戦を考え、
 見事、取引を倍にできた。

・2つめの証券会社に転職する時に、
 収入が5倍になった。

・サンフランシスコの夜の女性たちが、
 乳母車に乗った子供に5ドルくれるなど、
 人情もある街のようだ。

・住居と交通機関の変遷も興味深い。
 ホームレス状態から、お金を貯めて、
 Oaklandで家を借りた。
 「もう服を持って歩かなくていい」という安心感がある。
 車はまだ買えず、スーパーのショッピングカートに
 子供を乗せて押す。
 通勤は地下鉄BARTなのだろう。

 その後、サンフランシスコのマンションを
 借り、通勤はタクシーになる。

・著者の学ぶプロセスがおもしろい。
 仕事から料理まで、貪欲に学んでいく。

・お勧めの本。
posted by ティー at 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月13日

708.粗食のすすめ、実践マニュアル

s-070213h.jpg
粗食のすすめ実践マニュアル
幕内秀夫著、講談社、
2000年、261ページ
ISBN 4-06-256484-X

読もうと思った理由
・粗食の献立を見たいので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 25分、
合計28分

070213m.gif
内容のメモと感想

・著者の「粗食のすすめ」を具体的に
 メニュー付で書いている。

・春は、にがい物を食べるといいらしい。

・菜食主義はほどほどに。
 厳密に実行すると、顔色が黒くなる。

・おやつに、おにぎりがいいらしい。

・ご飯とみそ汁を基本にする。
 おかずは1品でもよい。

・外食は焼き魚定食や煮魚定食が、
 肉よりもよい。

・巻末のレシピを時々眺めるとよさそう。
タグ:幕内秀夫
posted by ティー at 06:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月12日

707.粗食のすすめ

s-070212h.jpg
粗食のすすめ
幕内秀夫著、東洋経済、
1995年、246ページ、
ISBN 4-492-04082-X

読もうと思った理由
・他の本で紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 27分、
合計30分

内容のメモと感想

・病院などで食事の相談を受けることの多い
 著者が食べ方について書いている。

・動物性タンパク質を一切とらないのは、
 よくないそうだ。魚など適度にとるが、
 野菜の方が多いようにする。

・サラダに頼らず、特に冬は
 煮た野菜を増やす。

・乳製品は避けた方がいいようだ。

・再発の可能性が高いと言われた、
 乳がん患者の例では、
 乳製品、肉類、甘いお菓子をやめて、
 魚介類、卵は少量とる、
 朝食はパンでなく、ご飯、
 という指導をした所、
 5年後も異常なし、とのことだ。

・どんぶりめしを食べよう、と言っている。
 ご飯の量が少ないと、よくないそうだ。

・この方面の基本書らしい。
posted by ティー at 06:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月11日

Syn-3:本の読み方

s-070211syn.jpg

読む目的:本の読み方のバリエーションを知る。

本の題名
(1) 本の読み方 スロー・リーディングの実践
 平野啓一郎著。
(2) レバレッジ・リーディング
 本田直之著。
(3) 齋藤孝の速読塾
 斎藤孝著。

以前PRしたメモは、(1)(2)(3)

070211syn3.gif

本の比較

・3冊とも、「本を読もう」という主張は同じ。
 ただ読むだけでなく、読んでから役立てよう、
 という点も同様。

・1冊を詳しく読むことを主張している。

・著者3名の仕事は、小説家、ビジネス、大学の研究者であり、
 本で得た知識をどう生かすかは、
 著者によって違う。

 レバレッジリーディングの本は、読書は
 仕事で結果を得るための投資と考えている。
 斎藤孝さんの本は、読書で他の観点を得られることを
 強調している。

・本田氏と斎藤氏は、大事な所のみ読む、
 飛ばし読みを勧めている。
 平野氏は、飛ばし読みについては特に書いてない。

・本を読むスピードに関しては、
  平野氏は題名の「スローリーディング」からわかるように、
  ゆっくり読む立場、
  本田氏と斎藤氏は、大事でない所を飛ばすことにより、
  速読を実現し、大事な部分は線を引いてしっかり読むことを
  提唱している。

・アウトプットに関しては、
  平野氏はブログなどに感想を書くこと、
  本田氏はレバレッジメモを持ち歩く、
  斎藤氏は著者と対談するか、
  著者の代わりに講演をするつもりになる、
  という方法を勧めている。

気付き、感想

・一度フォトリーディングしてある本で
 シントピックすると、やりやすい。

・シントピックリーディングをやる前は、
 全然違う立場の本だと思っていたが、
 比較してみると、共通部分も結構あることがわかった。

・フォトリーディングの本はたまたま手元になかったので、
 今回は読まなかったが、合わせて比較すると、
 おもしろいだろう。

 目的と関係ない部分は読み飛ばす点で、
 本田氏と斎藤氏の本は、フォトリーディングと
 似ている。
 斎藤氏の本は、呼吸法についても書いてあり、
 体の状態を作っていくフォトリーディングと
 少し似ていると思った。

・自分の場合、小説はあまり読まないので、
 スローリーディングよりは、
 斎藤氏や本田氏の本の方が向いていると思った。

・本田氏の本にあった、
 レバレッジメモの方法はよさそうだ。
 自分の場合、ブログにメモを書いた後、
 しばらくしてから、ノートに
 後で役立ちそうな言葉を書き出している。
 ノートは時々見返している。

posted by ティー at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | シントピック本

706.東大脳の作り方

s-070211h.jpg
東大脳の作り方
安川佳美著、
平凡社、2006年、
221ページ、
ISBN 4-582-85338-2

読もうと思った理由
・他で紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 49群
合計52分

070211m.gif
内容のメモと感想

・東大理3類に現役合格した著者の本。
 桜蔭の中学高校出身である。

・父親が自衛官で、小さい頃から
 子供に訓練した。
 はじめと終りをはっきりさせる、
 決められたことを淡々とこなす、
 一番への執着心、などが身についた。
 早くから本を黙々と読める子供だった。

・小学校5年の春に、桜蔭受験を父親が決めて、
 四谷大塚に通い始める。

・中学高校では、塾に通わず、
 学校の勉強を中心に、自学自習した。
 桜蔭は、4人に1人が東大に現役合格するそうだ。

・家のお手伝いも、全工程できる作業だけ任され、
 高いレベルの仕上がりを期待されたそうだ。

・母親の根拠のない自信が救いになったそうだ。
 石井裕之さんのダイナマイトモチベーションの
 「根拠のない自信」を思い出した。

・模擬試験はその日のうちに復習する、
 というのは大事そうだ。

・家庭が大事だとよくわかる本。
 あれこれ参考になる。
タグ:安川佳美
posted by ティー at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月10日

705.ビジネス・コールドリーディング

s-070210h.jpg
ビジネス・コールドリーディング
石井裕之著、日本実業出版社、
2006年、205ページ、
ISBN 4-534-04039-3

読もうと思った理由
・著者のダイナマイト・モチベーションが
 よかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 39分
合計42分

070210m.gif
内容のメモと感想

・コミュニケーションの方法が
 書いてある本。

・題名のコールド・リーディングは、
 相手のことを知らなくても、
 知っていると思わせる方法らしい。

・weタイプとmeタイプの分類が興味深い。
 自分の場合、meタイプの特徴の中で
 該当するのは、ペットを飼わない、
 インドアおよび個人のスポーツが好き、
 右手にカバンを持つ、部屋の右に座りがちな点だ。
weタイプの中では、視線が右に多く動く、
 他人からのアドバイスは欲しい、などである。
 どちらかというと、meタイプなのだろう。

・部屋の中で座る位置は、出入口や窓の位置にも
 関係していると思う。
 私が座る傾向があるのは、
 前に入口がある場合は、入口から遠い側の
 前よりの席である。
 
・会う直前に好きな人のことを考えるといいそうだ。

・本題の前の雑談は大事。
 伝えたいメッセージを織り込む。
 相手がよく使う言葉を知って、
 自分も使ってみる。

・イエスと答えられる質問を続ける。
 ノーと言われたら、「えっ、そうなんですか」で
 イエスと言ってもらう。
 ノーばかり言う人には、ノーを思いっきり
 言ってもらう。

・最後はほめて、しめくくる。
 ダブルバインドは、2つから選んでもらう。

・分離法は、「1番ご不満な点を教えて下さい」
 「言いづらいことは、おっしゃらなくて、
 結構です」など。

・1人ずつが明確なビジョンや信念を持つ時代。
 コアな部分を変えるには、1ヶ月必要。

・ゆっくり食べる。食べ物に集中する。
 走らない。
 無駄な議論をしない。
 自分の気持ちを明確に相手に伝える。

・あれこれ役立つ本。お勧め。
タグ:石井裕之
posted by ティー at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月09日

704.花屋のMBA

s-070209h.jpg
花屋のMBA
津崎盛久著、
グラフ社、2006年、
209ページ、
ISBN 4-7662-1017-4

読もうと思った理由
・著者のメルマガがおもしろいので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 23分
合計26分

070209m.gif
内容のメモと感想

・三菱商事、ビジネスブレイクスルーを経て、
 独自のスクールを作った著者の本。

・自分ができるものを選んで、
 その世界でリーダーになり、
 他の人に教え導き、
 皆がリーダーになる世界、
 というのは、なかなかよさそうだ。

・ビジョンは社会性を意識する必要がある。

・会社もビジョン達成のためのツールと考える。

・パワーのある本。お勧め。

タグ:津崎盛久
posted by ティー at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月08日

703.病気にならない生き方2、実践編

s-070208h.jpg
病気にならない生き方 2 実践編
新谷弘実著、サンマーク出版、
2007年、269ページ、
ISBN 978-4-7631-9709-2

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 29分、
合計32分

070208m.gif
内容のメモと感想

・健康について書かれた本。

・日本人の平均寿命が50歳に満たない
 時期もあった。
 現在の平均寿命は乳児の死亡が
 減ったため。
 80歳の平均寿命は数年しか伸びてない。

・一卵性双生児よりも夫婦の方が、
 同じ病気になる確率が高い。
 食べ物の影響が大きい。

・玄米はもち米を加えて炊くと、
 おいしいらしい。

・減塩の味噌や醤油は、防腐剤を
 入れているので、買わない方がいいらしい。

・スライスされた肉は、パック詰めにする時に、
 添加物をふりかけている。
 肉が重なった部分だけ変色するのは、
 添加物がかかってないため。

・笑いや幸福感も大事。

・冷たい食品を食べ過ぎない。

・入浴剤は体によくないそうだ。

・鼻を使った腹式呼吸がいいらしい。
 口を閉じるといい。

・時々読み返して、
 健康的な生活を送りたいと思った。
タグ:新谷弘実
posted by ティー at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月07日

702.はめられた公務員

s-070207h.jpg
はめられた公務員
中野雅至著、
光文社、2005年、
309ページ、
ISBN 4-334-93359-9

読もうと思った理由
・著者の他の本がおもしろかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 32分、
合計35分

070207m.gif内容のメモと感想
・中央官庁に14年勤務、
 地方の県庁にも出向したことのある著者が、
 特に地方公務員について書いている。

・人口当たりの公務員数は、日本は低め、
 というのは、知らなかった。
 赤字の原因は、政・官・民の癒着だそうだ。

・地方公務員も今後はリストラがあるだろう、
 と述べている。

・知らないことが結構あって、参考になった。

タグ:中野雅至
posted by ティー at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月06日

701.高学歴ノーリターン

s-070206h.jpg
高学歴ノーリターン
中野雅至著、
光文社、2005年、
310ページ、
ISBN 4-334-93370-X

読もうと思った理由
・著者の他の本がおもしろかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 59分、
合計62分

070206m.gif
内容のメモと感想

・厚生労働省に14年勤務し、
 途中でミシガン大学に留学、
 新潟県庁勤務時に大学院に通って、
 現在は大学に勤務する著者が書いている。

・地方の県庁勤務の時は17:00に帰れるので、
 大学院に通うのは、いい方法だと思った。

・官僚は高学歴なのに低収入でも文句を言わないのは、
 家が金持ちの場合が多いから、というのは、
 知らなかった。

・役所で不祥事に巻き込まれないように、
 怪しい案件については文書化し、
 課内を回覧して決済のハンコをもらっておくと
 いいらしい。

・学歴よりは、お金やコネが役立つ。

・あちこち参考になる本。

posted by ティー at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月05日

Syn-2:戦略の立て方を知る

読む目的:仕事の戦略の立て方を知る。

本の題名
(1) Now, Discover Your Strengths
(2) Be Your Own Brand
(3) Get Slightly Famous
(4) Change Your Thinking, Change Your Life

気づきや意見
・本からは、大きな夢を持つ、市場セグメントを決める、
 自分のブランドを作る、長所を生かす、
 が大事だということがわかった。

・読む目的があいまいだった。シントピックはもっと
  しぼって読むべきだと思った。

・まずは強みを生かすのを、やってみようと思った。
posted by ティー at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | シントピック本

700.大使夫人

s-070205h.jpg
大使夫人
横井弘海著、
朝日新聞社、2003年、
231ページ、
ISBN 4-02-259838-7

読もうと思った理由
・アマゾンで見かけて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 45分
合計48分

070205m.gif
内容のメモと感想

・ジャーナリストの著者が、
 大使の配偶者の生活を、インタビューや
 アンケートで調べた本。
 詳しくてわかりやすい。

・大使夫人が大使の活動を手伝うことは、
 強制ではないようだ。
 私人として生活する人も、
 本国の仕事を続ける人もいる。
 日本で企業の顧問など仕事を見つける人もいる。

・2003年当時で、駐日大使で女性の人が
 数名とのことだ。
 男性で独身の大使、単身赴任の大使もいるが、
 職務に特に支障はないようだ。

・北欧では、配偶者の仕事の関係で、
 外務省をやめてしまう人もいるので、
 配偶者のための仕事のデータベースを
 作ったそうだ。
 配偶者が職歴や希望を出し、
 北欧の企業がデータベースにアクセスできる。

・いろいろな国の大使との交流、
 料理やもてなし方も書いてあって、
 おもしろい本。

タグ:横井弘海
posted by ティー at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月04日

Syn-1:頭をよくするには

読む目的:頭がよくなる方法を知りたい。

本の題名
(1) Phantoms in the Brain
(2) Thought Viruses
(3) Power Up Your Mind
(4) Sleep Thinking

気づきや意見

・頭をよくする方法としては、
 - 笑いを利用して、ストレスレベルを下げるとよく学べる。

 - 声を利用。
   とりかかりにくいプロジェクトは、
   優しい柔らかいセクシーな?声で
   誘われている、と想像すると、いいらしい。

 - 睡眠の利用
   あらかじめ、よく考えて問題を選ぶ。
   起きたら10分程度、夢を復習する。
   夢はそのままでは使えないことも多い。
   よく考えて計画、実行する。

・本(2)-(4)はNLP系の本で知っていることが多かった。

・本(1)は直接的な答はのってなかった。
 Phantomというのは、例えば、
 交通事故で左足を切断した人が、
 ないはずの左足に痛みを感じる状況。
 事故後48時間以内に、
 脳と体の対応が再構成される。

 こういう脳の再構成の機能をうまく使うと、
  頭がよくなるかも。。
  (いつもと違う所を刺激するとか。。)

・4冊の中では、本(1)を改めてフォトリーディング
  したいと思った。

・シントピックリーディングは、
  数冊の本を競わせて、どの本が一番
  読む価値があるかを決めるのにも、
  役立つのかもしれない。
posted by ティー at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | シントピック本

699.淑女塾

s-070204h.jpg
淑女塾
上月マリア著、
三笠書房、2005年、
253ページ、
ISBN 4-8379-2130-2

読もうと思った理由
・著者のスクールのことを、
 ある方に教えていただいて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 31分
合計34分

070204m.gif
内容のメモと感想

・自分をブラシュアップするための方法が
 書いてある。

・目標や将来の希望に不安があるうちは、
 人に語らない。
 信念になったら、積極的に語る。

・水を蛇口から出す時に、ほどよい量にする。
 温泉の入り方も注意。

・宿泊セミナーの場合、
 部屋の自分の荷物を整理整頓しているか、
 脱いだスリッパを揃えているかを見ている。
 きちんとできる人は、セミナーの成果が出る。

・目標をあまり強く願うと、ストレスを生み、
 願望達成を遠ざけてしまう。
 力を抜き、軽やかに願うとよい。

・あちこち参考になる本。
タグ:上月マリア
posted by ティー at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月03日

698.礼儀と作法

s-070203h.jpg
礼儀と作法
上月マリア著、
株式会社栄光、
2003年、91ページ、
ISBN 4-87293-250-1

読もうと思った理由
・知人が著者のスクールを
 教えて下さったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 19分
合計22分

070203m.gif

内容のメモと感想

・マナー教室を主宰する著者が、
 書いた本。
 海外でのマナーについても書いてある。

・ホテルで「ありがとう」と言わない
 日本人が多いそうだ。

・海外で仕事の話の途中で、アイコンタクトを
 とらずに他の所を見るとよくないそうだ。

・立って礼をする場合、日本では両手を前で
 合わせる。しかし、
 キリスト教やイスラム教の国では、
 腰より下で、手を重ねないこと。

・コートは、レストランでは入口で脱ぐ。
 欧米の家庭を訪問する時は、
 勧められてから脱ぐ。

・ナイフは先端のカーブを使って切る。

・あちこち参考になる本。

タグ:上月マリア
posted by ティー at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2007年02月02日

697.宇宙で唯一の自分を大切にする方法、

s-070202h.jpg
宇宙で唯一の自分を
大切にする方法

山川亜希子著、大和書房、
2005年、165ページ、
ISBN 4-479-76141-1

読もうと思った理由
・他で推薦されていた。
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 17分
合計20分

070202m,.gif
内容のメモと感想

・小学校4年生で先生にほめられて以来
 優等生となり、東大進学、
 マッキンゼーなどで働き、
 外交官の妻としても努力し、成功した著者が、
 40歳で自分を好きでないことに気付く。
 その過程が正直に書かれている。

・何かうまくいかない時は、
 大きく深呼吸するとよい。

・どんな自分でも許し、受け入れる。

・読みやすい本。元気が出ない時に
 読むとよさそう。
タグ:山川亜希子
posted by ティー at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

シントピックの目次

シントピック関係の記事の目次を作りました。
ご興味のある方はどうぞ。
posted by ティー at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2007年02月01日

696.どーもアリガトだよ

s-070201h.jpg
どーもアリガトだよ―
在日外国人32人の
“渡る日本はいい人ばかりだった”

稲川素子事務所編、
2000年、132ページ、
ISBN 4-89595-266-5

読もうと思った理由
・著者のことが他で
 紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 27分、
合計31分

内容のメモと感想

・日本在住の外国人が、日本について語っている。

・エジプトの人は、行列で待つのが苦手、
 とのことだ。

・困った時に助けてくれた人の話が多い。
 日常の何気ない親切が大事だと思った。

タグ:稲川素子
posted by ティー at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。