はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2006年12月31日

664.成功曲線を描こう

s-061231h.jpg
成功曲線を描こう
石原明著、
一世出版、
1997年、254ページ、
ISBN 4-87078-120-4

読もうと思った理由
・他で勧めていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 28分、
合計31分、

061231m.gif
内容のメモと感想
・高い目標を持つには、
 人生を充実して生きた人の
 人間性や価値観に触れる
 機会を多く持つ。

・成功する人はせっかち。すぐ行動する。

・普通の日と特別の日を分ける。

・興味のないことは、ことわる。
 「現在は興味がありませんが、
  また興味が湧いたら、お話を伺いたい」。

・キャンセルになった時に、やることを
  常に用意する。
  カバンの中から本やパソコンを出す。

・勢いがついた時に、やる気をそのまま
  持続させる。

・思い描くためには、情報を多く集める。
 レベルアップしたら、情報もレベルを上げる。

・やりたいことを、100個でも200個でも
  書いていく。

・あちこち参考になる本。
 しばらくしてから、読み返したい。
タグ:石原明
posted by ティー at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月30日

663.1日30秒のエレガンス

s-061230h.jpg
1日30秒エレガンス
浅野裕子著、幻冬舎、
2001年、200ページ、
ISBN 4-344-00089-7

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 14分、
合計17分

061230m.gif
内容のメモと感想

・エレガントになるヒントが
 書いてある本。

・自分自身を丁寧に
  扱うことから。

・バスオイルは、乾燥した国では必要だが、
  日本ではいらない。

・ストッキングは、自分の肌の色より、
  少し濃いめがいいらしい。

・茶道など、日本のことを知るとよい。

・テレビを見ない、1人の時間を持つ、
 10PMにベッドに入り、6AMに起きるなど、
 なるほどと思った。

・挿絵が時々カラーで、雰囲気のいい本。

・納得できる方法が多い。
 あれこれ参考になる本。
タグ:浅野裕子
posted by ティー at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月29日

662,いらないヤツは、一人もいない

s-061229h.jpg
いらないヤツは、一人もいない
高橋俊介著、祥伝社、
1997年、218ページ、
ISBN 4-396-50052-1

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 28分、
合計31分

内容のメモと感想

・給料が時価を上回る、含み損社員に
  ならないための方法が書いてある。

・2番目に得意なことを
 専門分野にするのがよい。

・給料が上がったからといって、
  生活の固定費を上げない。
  固定費が低ければ、
  給料が下がるが幅が広がる転職もできる。

・ある人はベンチャーに転職したが倒産した。
  300万円の貯金があったので、
  カナダでマネジメントを勉強して、
  日本の外資系企業に就職できた。
  
・シアトルは治安がいいらしい。
  REIというアウトドアの店の話が出てきて、
  なつかしかった。
タグ:高橋俊介
posted by ティー at 20:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月28日

661,「勝ちぐせ」人生を生きろ!

s-061228h.jpg
「勝ちぐせ」人生を生きろ!
渡部昇一著、三笠書房、
2001年、249ページ、
ISBN 4-8379-1912-X

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分
SR&D&MM 51分、
合計54分、

061228m.gif
内容のメモと感想

・生き方について書いている。
 歴史上の人物に関する
 豊富な例がおもしろい。

・「エミール」を書いたルソーは、
 嫉妬心が強かったらしい。
 小泉信三氏によると、共産主義は、
 組織的な嫉妬心らしい。

・嫉妬する暇があったら、向上心を持って、
  自分の道を切り開こう。

・マスコミ関係者は、
 国を動かしている官僚や政治家に対して、
 嫉妬心がある場合もある。
 
・断食サナトリウムがよかったそうだ。

・どんな状況でも、いつも明るく、
  晴朗な気持ちを維持できる 
  人間がリーダー。
  チャーチルやロイド・ジョージ
  の例が出てきた。

・日常を逃れることが必要。
 小泉信三氏は、年末から正月にかけては、
  自宅を離れて帝国ホテルに滞在して
  読書した。

・河合栄治郎氏は、週末になると、
  講義をさっさと終え、
  箱根で読書をしていた。

・平日は仕事に専念する。
 時間が足りないと言っている人は、
 平日をだらだら過ごしていることもある。
 自分の勉強をしたい人は、早朝にする。

・著者は真向法や散歩など、
  健康に気をつけている。

・いろいろ参考になる本。
 しばらくしてから、読み返してみたい。


タグ:渡部昇一
posted by ティー at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月27日

660.君のしぐさに恋をした

s-061227h.jpg
君のしぐさに恋をした
―上級マナー講座

中谷彰宏著、PHP、
1995年、219ページ、
ISBN 4-569-54615-3

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 31分、
合計34分

061227m.gif
内容のメモと感想

・音に気をつけるとよい。
  コップを置く時、ドアを閉める時など。

・電車を降りる時、リクライニングを戻す。

・レストランでテーブルを立つ時、
  椅子を入れる。

・テーブルから外に出るまでに会った
  店の人に「ごちそうさま」と言う。

・料理をオーダーする時、料理が来た時に、
  ウェーターの目を見る。

・料理が来たら、いきなり食べ始めない。
 まず目で味わう。

・レストランで先に着いて座っている時、
  他の人が来たら、さっと立ち上がる。

・お辞儀は相手の目を見てからする。
  2回めに会った時も名乗る。
  握手はしっかり握る。

・ホテルに着いたら、スーツケースの衣類を、
  たんすに入れる。

・あちこち参考になる本。
タグ:中谷彰宏
posted by ティー at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月26日

659.まわりの目なんかへのかっぱ、人生手創り、

s-061226h.jpg
まわりの目なんかへのかっぱ
人生手創り

越山雅代著、
愛育社、
1998年、169ページ、
ISBN 4-7500-0029-9

読もうと思った理由
・だいぶ前に読んだ本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 47分、
合計50分

061226m.gif
内容のメモと感想

・シカゴで成功した日本人女性による、
 パワフルな本。
 特に最初の頃のビジネスについて詳しい。

・SCOREという、ビジネスから退職した人たちが
  ボランティアでアドバイスしてくれる機関が
  あるらしい。
  カーター元大統領も、ピーナッツ畑の経営で
  相談して成功し、大統領になれたそうだ。

・著者のメンターのデービス氏も、
  75歳でビジネスを引退した後、
  92歳までボランティアで朗読や
  ビジネスのアドバイスをしていた。

・いばっている人は、自分に自信がない。
  一流ではない。

・人間的に優れた人に可愛がってもらう。

・まず決心する。

・充電する。エネルギーのある人に会ったり、
  元気の出る本を読む。

・主導権を握るためには、
  求人に応募するだけでなく、
  求職広告を出すといい場合もある。

・表紙もピンク色で元気のいい本。
 あちこち参考になる。
タグ:越山雅代
posted by ティー at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月25日

658.マインドマップ読書術

s-061225h.jpg
マインドマップ読書術
松山真之助著、
ダイヤモンド社、
2005年、184ページ、
ISBN 4-478-73300-7

読もうと思った理由
・以前ざっと読んだ本の読み直し。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 11分、
合計14分

内容のメモと感想

・著者は片道2時間の通勤らしい。
 始発の電車に乗って読書をし、
 メルマガで発信していた。

・著者や他の人のマインドマップが 
 いろいろ載っている。
 他の人のマインドマップよりは、
 文章の方が、私にはわかりやすい。

・フォトリーディングのクラスでやるように、
  マインドマップを元に、
  説明してもらえるなら、
  もっとわかりやすいだろう。

・自分の記録としては、マインドマップは
 とてもよい。
 見ただけで、その時、何に興味を持っていたかが、
 よく思い出せる。

・私のブログに載せているマインドマップも、
 おそらく最も役立っているのは、
 書いている自分だろう。

タグ:松山真之助
posted by ティー at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月24日

657.Your Best Year Yet

s-061224h.jpgJ. S. Ditzler,
Your Best Year Yet,
Warner Books, Inc.,
2000, 230 pages,
ISBN 0-446-67547-4

翻訳は「こころのリミットをはずせば!」。

読もうと思った理由
・毎年読んでいる本だが、
 一度MMを描いてみようと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 1時間55分、
合計1時間58分

061224.m.gif
内容のメモと感想

・1年間の目標の立て方について、
  書いてある本。

・いきなり目標を立てるのでなくて、
  これまでの1年の達成、残念なこと、
  得られた教訓をまず書き出す。

・この本で一番難しいのは4章である。
  自分を制限しているパラダイムを書き、
  ひっくり返した新しいパラダイムを作る。

  石井裕之さんのダイナマイトモチベーションにある、
  「根拠のない自信を持つ」と関係していると思った。

・自分の価値観、大事だと思うことを列挙する。

・自分の役割を列挙して、
  1年間でフォーカスしたい役割を
  1つだけ選ぶ。

・週に1度は、目標などを振り返る。

・価値や役割から目標を決めるトップダウンの方法は、
  「7つの習慣」の流れをくんでいる。
  
・先に目標にしたいことを列挙してから、
 この本を読みながら目標を作って比較すると、
 この本のよさがわかるだろう。

・この本を年に1度は読んでもう5年だが、
  毎回発見がある。
  易しく書いてあって、読みながら、
  ノートか紙に書いて作業をすると、
  2−3時間で終わるようになっている。

・本の中の例がわかりやすい。

・お勧めの本。

タグ:J. S. Ditzler
posted by ティー at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月23日

656.ドラゴン桜13

s-061223h.jpg
ドラゴン桜 (13)
三田紀房著、講談社、
2006年、215ページ、
ISBN 4-06-372515-4

読もうと思った理由
・勉強方法が書いてあるので。

普通読み10分くらい。

内容のメモと感想

・歴史は後ろほど大事。
 後から振り返って考えてみる。

・歴史は、でき事だけでなくて、
 人間の感情を考えてみる。

 経済塾初級で、
 歴史は人間の「欲」を考えてみる、
 と言われていたのと、似ている。

・センターの国語は、問題文よりも
 設問の選択肢をよく読むと、
 答がすぐ選べる。

タグ:三田紀房
posted by ティー at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月22日

655.「仕事ごころ」にスイッチを!

s-061222h.jpg
「仕事ごころ」にスイッチを!
小阪裕司著、フォレスト出版、
2002年、262ページ、
ISBN 4-89451-133-9

読もうと思った理由
・だいぶ前に読んだ本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 39分、
合計42分、

061222m.gif
内容のメモと感想

・すばらしいチームを創る方法を
 述べている。

・「魂のごちそう」が必要。
 お客様の声や、同僚が認めてくれること。

・「ねぎらい」が大事。
  ほめることと、少し違う。
  犯罪者に対してでも、ねぎらうことができる。

  会社だと、いいことをした人にカードを渡すなど。

・個々の存在に意味を持たせる。
 なぜそれをやるか、意味を説明する。

・抵抗は必ず出る。
 楽しそうにやっていると、向こうもそうする。

・頭の堅い人にならないようにするには、
 遊んだり、人と会ったり、本を読む。

・プロジェクトの最初に、
 旅立ちの儀式、決断式をやる。

・答を言ってしまうのでなくて、ヒントを出す。
  考える力を育てる。

・打ち上げが大事。ねぎらいの場。

・リーダーは自分打ち上げもやって、
 自分をねぎらう。

・職場には、家から好きな物を3つ以上
  持っていくとよい。

・イベントのジャンパーやTシャツを着ると、
 まとまりがいい。

・お客様の声を書いた紙を、壁にはる。

・映画Star Warsは一度見たことがあったので、
 実感がわいた。他の映画はよく知らない。

・あちこち参考になる本。

タグ:小阪裕司
posted by ティー at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月21日

654.40歳から伸びる人、40歳で止まる人、

s-061221h.jpg
40歳から伸びる人、
40歳で止まる人

川北義則著、PHP研究所、
2003年、198ページ、
ISBN 4-569-62727-7

読もうと思った理由
・以前買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 32分、
合計35分

061221m.gif
内容のメモと感想

・自分の年齢から10引いた年齢だと思って、
  活動するといいらしい。

・いろいろな分野に首をつっこんで、
 幅を広げておくといい。
 仕事以外の友人を作る。

・東南アジアを旅行すると、元気になれる。

・アレキサンダーは、アリストテレスを
 家庭教師にしていたらしい。

・フランスでは高校で、哲学を1年間、
 勉強するそうだ。

・ディケンスの小説や、映画など、
 具体例が楽しい本。

・仕事第一の男性向きの本だが、
 女性が読んでも参考になるだろう。

タグ:川北義則
posted by ティー at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月20日

653.食べるな、危険!

s-061220h.jpg
食べるな、危険!
日本子孫基金、
講談社、2002年、
243ページ、
ISBN 4-06-211378-3

読もうと思った理由
・だいぶ前に読んだ本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 18分、
合計21分

061220m.gif
内容のメモと感想

・魚の中では、いわし、秋刀魚が
 比較的安全なようだ。

・アメリカンチェリーは皮ごと食べるので、
  残留農薬を摂取しやすい。
  食べるなら1粒にした方がよい。

・基本的には産地を見て、
  なるべく国産を買うのがよい。

・有機野菜をなるべく買うといいようだ。


posted by ティー at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月19日

652.Anyway, The Paradoxical Commandments

s-061219h.jpgKent M. Keith,
Anyway:
The Paradoxical Commandments :
Finding Personal Meaning
in a Crazy World
,
Putnam's Sons, 2002, 120 pages,
ISBN 0-399-14945-7

翻訳は、
それでもなお、人を愛しなさい
―人生の意味を見つけるための
逆説の10カ条
」。

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 47分、
合計50分

061219m.gif
内容のメモと感想

・著者がハーバードの学生の時に書いた
「10の戒律」が、世界中に広まった。
 マザーテレサの「子どもの家」の
 壁にもはってあったらしい。

・著者は学生の頃から生徒会などで
 皆のために努力した。

 その後、弁護士、大学学長などとして活躍した。
 早稲田大学で勉強したこともある。

 日本とルーマニアから3人の子どもを
 引き取って、養子として育てている。

・「よいことをしても、明日には
 忘れられてしまうかもしれない。
 でも、よいことをしよう」という風に、
 世間の無視や邪魔があっても努力、
 を基本的には説いている。

 単に「よいことをしよう」と言うよりも、
 説得力がある文章だ。

・成功よりも「意味」を考える。

・築いた物がすぐ壊れるかもしれないが、
  築いたプロセスが楽しく、意味がある、
  というのは、なるほどと思った。

・社会は年齢層ごとに分断されている。
  違う世代の人とも話をするのは、
  大事だと思った。

・座右に置いて、時々読み返したい本。
タグ:Kent M. Keith
posted by ティー at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月18日

651.イギリス流一週間でレディになる上品生活術

s-061218hb.jpg
イギリス流一週間で
レディになる上品生活術

佐藤よし子著、リヨン社、
2003年、191ページ、
ISBN 4-576-03053-1

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 12分、
合計15分

内容のメモと感想

・フィニシングスクール校長の著者が、
 生活やマナーのヒントを書いている。

・時計もファッションの一部。
  カジュアルな服装に宝石のついた時計は
  合ってない。

・10人くらいまでの円卓なら、
  同じテーブルの人の料理が運ばれてから、
  食べ始める。
 もっと大人数のテーブルなら、
  半分くらいまで運ばれたら食べ始める。
 長いテーブルなら、向い側の人に運ばれたら、
  食べ始める。

・寿司屋で、おあいそ、あがり、と言わない。

・座布団は、4辺のうち、輪になった1辺が正面、
  というのは、知らなかった。

・お抹茶とお菓子を同時に食べない。
  先にお菓子をいただく。

タグ:佐藤よし子
posted by ティー at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月17日

650.健康大革命

s-061217h.jpg健康大革命
越山雅代著、
KKロングセラーズ、
2003年、236ページ、
ISBN 4-8454-0726-4

読もうと思った理由
・だいぶ前に、越山さんの講演会を聞いて
  買った本の読み直し。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分、
合計23分

061217m.gif
内容のメモの感想

・栄養補給の大切さを書いた本。

・身体と心の両方大事。
  ヒトラーは菜食主義者で
  健康に気を使っていた、
  というのは、知らなかった。

・抗生物質を小さい頃によく飲まされた人は、
  体内に蓄積しているらしい。

・あれこれ参考になる本。



タグ:越山雅代
posted by ティー at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

映画:敬愛なるベートーベン

敬愛なるベートーベン
Copying Beethoven

見ようと思った理由
・ベートーベンの音楽が聴けそうなので。

内容のメモと感想

・ベートーベンの晩年を描いた映画。
 第9交響曲の初演の数日前から始まる。
 大フーガという曲の作曲と初演、
 そして亡くなる時が出てくる。

・当時は楽譜を写す仕事があったようだ。
  映画の原題もCopying Beethovenである。
  ペンをインクに浸して、
  音符を1つずつ書いていく。

・ベートーベンがベッドに寝たまま、口述筆記で
 楽譜を書かせる場面がある。
 オーケストラのスコアを口述筆記するのは、
 大変そうだ。

・ベートーベンの晩年の音楽が好きな人には、
  興味深い内容だろう。
posted by ティー at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

2006年12月16日

649.A Little Book of Doctors' Rules

s-061216h.jpgClifton K. Meador,
Little Book of Doctors' Rules,
Mosby-Year Book, 1992,
ISBN 1-56053-061-8

上記題名からは、USのアマゾンを
リンクしてある。日本のアマゾン
にも出ることがある。

(翻訳は、「ドクターズルール425
―医師の心得集
」)


読もうと思った理由
・他で紹介されていて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D41分、
合計44分

内容のメモと感想

・医者の心構えについて書かれた、
 読みやすい本。

・コミュニケーションに関する記述を
  中心に読んだ。

・患者の話を聞く時は、他のことをしない、
  カルテを書きながら患者に話をしない、
  患者が入室、退室する時は、
  椅子から立ち上がる、
  など、なるほどと思った。

・男性の病人の家族が大勢いる時に、
  どの人が奥さんでどの人が母親か、
  決め付けないように、とあった。

・薬をなるべく減らすのがよいらしい。

・医者以外にも、
  顧客と一対一で話すような仕事の人に
  コミュニケーションの方法が
  参考になるだろう。


posted by ティー at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月15日

648.コスト削減で元気が出るか

s-061215h.jpg
コスト削減で元気が出るか
青木淳著、ダイヤモンド社、
2003年、175ページ、
ISBN 4-478-37455-4

読もうと思った理由

・著者の『もう「できる人」はやめよう』
 がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 42分、
合計45分、

061215m.gif
内容のメモと感想

・筑波博の例が興味深い。
 アメリカ館を敷地の奥に配置しようとしたら、
 アメリカ側から文句が出た。
 日本では「奥」が重要なことを説明して、
 納得してもらった。

・容積率をどれだけ使うかは、
  どんな商売かによる。
  横浜の中華街は、容積率を少なめにしている。
  地上げもほとんどなかった。

・楽しんで好きなことをやっている人ほど、
  風貌が若く、悩みも少ない。

・少々苦しくても、自分が絶対一度はやってみたいこと、
  それだけを追いかける。

・いろいろ共感できる本。お勧め。

posted by ティー at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月14日

647.お金持ちになる女、なれない女の常識、

s-061214h.jpg
お金持ちになる女、
なれない女の常識

佐川奈未著、
PHP研究所、2006年、
ISBN 4-569-65515-7

読もうと思った理由
・他で紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 15分、
合計18分

内容のメモと感想

・著者は銀行に勤務した後、エッセイを
  多く書いている。

・「お金がないから」と言わないようにする。

・金持ちけんかせず、はなるほどと思った。

・資金が足りなくても、まずは、
 お金のことを考えずに動いてみるとよい。

・本田健一さんの本と似ていると思った。

・ピンク色の表紙、金色の文字。
  本の装丁もリッチな気分になれる。


タグ:佐川奈未
posted by ティー at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月13日

646.未来のきみが待つ場所へ

s-061213h.jpg
未来のきみが待つ場所へ
宮本延春著、講談社、
2006年、197ページ、
ISBN 4-06-213672-4

読もうと思った理由
・「オール1から教員へ」にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 25分、
合計28分

内容のメモと感想

・著者は小学校の頃からいじめを受け、
 オール1の成績。
 両親も亡くなる。

 少林寺拳法で出会った女性に
 勧められて見たアインシュタインの
 ビデオから、物理に興味を持つ。

 九九から始めて勉強し直し、
 働きながら定時制の高校に通い、
 猛勉強をして、名古屋大学の物理の
 推薦入試に合格する。

 学部と大学院で9年間在学した後、
 母校の高校の教員になる。

・母校の先生方が遅くまで
  勉強を教えて下さった話など、
  立派な教員の方々がいらっしゃると思った。

・大学生の時の話があまり書いてないので、
 もっと知りたいと思った。

・表紙の写真のネクタイをよく見ると、
  E=mc^2のアインシュタインの式が
  書いてある。
  こんなネクタイもあるのか。

・ふりがなも付いていて、
 小学生にも読みやすそうな本。
 この本が広まれば、
 いじめや自殺が減るかもしれない。

posted by ティー at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月12日

645.麻薬の運び屋にされて

s-061212h.jpg
麻薬の運び屋にされて
長野智子著、
扶桑社、2003年、238ページ、
ISBN 4-594-04152-3

読もうと思った理由

・以前新聞で読んだ記憶があるが、
 偶然その話をあるページで見かけて。

普通読みで1時間くらい。

内容のメモと感想

・オーストラリア旅行中に
 スーツケースを盗まれ、
 新しく戻ったスーツケースに
 麻薬が入っていて、逮捕され、
 10年刑務所に入っていた女性の話。
 キャスターの著者が取材して、
 まとめている。

・荷物を預けるのは、こわいと思った。
 同じツアーで、荷物が小さくて、
 荷物を目の届く所に置いていた2名の女性は、
 麻薬事件に巻き込まれてない。

・取調べや裁判の時に、通訳がちゃんと
  訳さなかったようだ。
 言葉のわからない国を旅行するのは、大変である。

・海外旅行に行く人は知っておいた
  方がいい話である。
posted by ティー at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月11日

644.手紙

s-061211h.jpg
手紙
東野圭吾著、
毎日新聞社、
2003年、357ページ、
ISBN 4-620-10667-4
(題名からは文庫版をリンクしている。)

読もうと思った理由
・知人に勧められて。

普通読みで1時間くらい。

内容のメモと感想

・殺人で刑務所に入っている兄を持つ主人公は、
  兄のせいで、いろいろなチャンスを失う。

・確かに殺人者の家族には責任はないが、
 勤務先の対応も、もっともである。

 引っ越すなどして、服役中の兄のことは
 内緒にした方が、生活しやすい。

・主人公は自分の子どもの結婚を心配しているが、
 例えば英語を勉強させてアメリカに留学、
 仕事もアメリカでやれば、世間もそれほど
 うるさくないだろう。

・泣ける本。電車の中では読まない方がいいだろう。
 

タグ:東野圭吾
posted by ティー at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月10日

643.Skill with People

s-061210h.jpgLes Giblin,
Skill With People,
1968, 32 pages

(USのアマゾンのマーケットプレイスで
入手可能。題名からリンクしてある。
日本のアマゾン
入荷することもある。)

読もうと思った理由
・経済塾初級クラスで、話が出たので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 29分、
合計32分

061210m.gif
内容のメモと感想

・32ページの小冊子に
 他の人とのコミュニケーションの方法が
 書いてある。

・人間は自分に一番興味があるので、
  相手の意見を聞いたり、
  相手を話題にする。

・他の人に自己重要感を持ってもらう。
  話している人だけでなく、待っている人、
  リーダーだけでなく、他の人にも配慮する。

・賛成ならそう言って、うなずく。
  不賛成の場合、必要でなければ言わない。
  議論やけんかを避ける。

・よく聞くには、相手を見る、
  少し前のめりになる、
  話題をこちらから変えない、など。

・まず相手が何を欲しているか述べる。

・自分の意見を前面に押し出すよりは、
  事実や統計、顧客の意見として言うと
  説得力がある。

・決断してもらうには、
  相手が得になる理由を述べる、
  YES質問を言う、
  2つの選択肢から選んでもらう、など。

・目が合ったら、にっこりする。

・ほめる時は、人ではなくて、行動をほめる。
  何をほめているか、はっきりさせる。

・叱る時は、2人だけの時に、
 人ではなくて行動に注意、
 要求でなくて協力を依頼、
 1度だけ注意、
 最初と最後は友好的な雰囲気で。

・お礼を言う時は、相手を見て、
  相手の名前を言う。
  お礼を言う機会を探す。

・英語がそれほど難しくなくて薄い本なので、
 英語を勉強中の人にもいいかも。

・あれこれ参考になる本。
  座右の書として置いておきたい。

posted by ティー at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月09日

642.言葉と声の磨き方

s-061209h.jpg
言葉と声の磨き方
白石謙ニ著、
フォレスト出版、2006年、
158ページ、
ISBN 4-89451-240-8

読もうと思った理由
・声に興味があるので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 11分、
合計14分

061209m.gif
内容のメモと感想

・著者は話す声のトレーニングを
 されている。

・こもる声も改善できる。
  うるさい声の改善は、
  相手の立場になることから。

・声は使わないと衰えるらしい。

・先に息を吐く。
  吐き切ったら、自然に吸う。

・実地の訓練の方が本よりも
  身につくと思うが、
  この本もあちこち参考になる。

タグ:白石謙ニ
posted by ティー at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月08日

641.会社の数字がカラダでわかる!

061208h.JPG
会社の数字がカラダでわかる!
岡本吏郎著、幻冬舎、
2006年、206ページ、
ISBN 4-344-01175-9

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 46分、
合計49分

061208m.gif
内容のメモと感想

・翌月の5日までには、経理を締める。

・預金残高の管理をしっかりする。
  預金残高がM1とすると、
  M2はそこから支払い予定の金額を引く。

・毎月棚卸をすると、倉庫が整理整頓されて、
  在庫が減る。

・貸借対照表は小さい方がよい。
  無駄な設備があれば、売却を考える。

・税率50%なら、50万円の支出には、
  100万円の収入が必要。

・堅実な考え方で共感できる。
 企業会計だけでなく、個人の家計にも
  使える考え方である。

タグ:岡本吏郎
posted by ティー at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月07日

640.女はみんなジャンヌ・ダルク

061207h.JPG
女はみんなジャンヌ・ダルク
飛岡健、浜田マキ子
コスモの本、1991年、
197ページ、
ISBN 4-906380-07-7

読もうと思った理由
・浜田マキ子さんの
 他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 32分、
合計35分

061207m.gif
内容のメモと感想

・日本、世界、教育に関する対談集。

・スケールの大きい仕事について
 書いてある。

・ベートーベンはスポンサーを
 複数確保して、
 前金をもらってから、
 好きな曲を作ったそうだ。

・対談集よりは、それぞれの著者が
 書いた方がわかりやすいと思った。
posted by ティー at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月06日

639.普通の女

061206h.JPG
普通の女
浜田マキ子著、
世界文化社、1991年、
189ページ、
ISBN 4-418-91509-5

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 34分、
合計37分

061206m.gif
内容のメモと感想

・1990年の総選挙で落選した後、
 ハーバード大学にフェローとして
 1年間滞在する間に書いた本。

・フェローというのは、
 世界中の外交官らが20人ほど集まり、
 議論したり論文を書いたりするらしい。
  
・日本が非難されても、著者は、
  はっきり自分の意見を述べている。

・女性が政治家になるには、
  年齢が高い方がいいらしい。
  サッチャーさんも
  かなりの年齢になってから、
  首相になった。

・政治の世界はよく知らなかったが、
  大変な場所のようだ。


タグ:浜田マキ子
posted by ティー at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月05日

映画:エンロン

先日見た映画のメモをアップします。

エンロン、
Enron, the Smartest Guys in the Room,
2005, 110 minutes
(原作は、「The Smartest Guys In The Room:
The Amazing Rise and
Scandalous Fall of Enron
」)

見ようと思った理由

・経済塾に行っているので、
 経済の勉強の参考になるかと思って。

内容のメモと感想

・エンロン社の仕組みと崩壊を
 ニュース映像などを材料に再構成している。
 元社員のインタビューもある。

・時価会計(mark to market accounting)で、
将来の利益も現在の会計に
 入れる手法を使っていたらしい。
 キャシュフローが非公開だった、
 というのはびっくりした。

・カルフォルニアのPGE(電気とガスの会社)
  を買収して、電力供給をストップして
  電力の価格を上げる方法を使っていたようだ。

・電力の規制緩和の問題点がよくわかる。
  アメリカの場合は、電力価格に上限を設定することを
  議会で決めて、ようやく騒ぎが収まった。

・特にPGEの社員は、PGEの株を持っていたつもりが、
  いきなりエンロンの株になってしまい、
  エンロン倒産で財産を失った人もいる。

 もし可能なら、自社株はなるべく持たない方が
 リスク分散になるだろう。
 自社株を多く持っていると、
 勤務先が倒産した時は、雇用と財産の両方を
 失うことになる。

・エンロンの仕組みには、銀行や政府も協力していた。
  エンロンの会計をおかしいと気付いた外部の人は
  少なかったようだ。

・原作も読みたくなった。
posted by ティー at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

638.南の島のたったひとりの会計士

061205h.JPG
南の島のたったひとりの会計士
屋宮久光著、扶桑社、
2006年、219ページ、
ISBN 4-594-05253-3

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 43分、
合計46分

061205m.gif内容のメモと感想

・故郷の奄美で会計事務所を
  開いている著者が書いている。

・会計士になるまでの部分も興味深い。
  中学まで奄美にいて、
  高校で鹿児島に住み、
  上京して2年間の浪人生活を送る。

  慶応の経済に入学後に、
  電車の事故に遭い、
  大学生活を6年間送る。
  その後で会計士の試験を目指す。

・奄美に移住してからしばらくは、
  うまくいかず、アルコール依存症となる。
  回復して酒を飲まなくなり、
  ジョギングを始める。

・1日1冊本を読むようになり、
  ジョギングしながら本の内容を反芻する、
  というのは、いい方法だと思った。

・会計士・税理士の仕事だけでなく、
  経営コンサルティングの仕事もしている。

・後ろの解説で、お金の移動よりも
  人の移動が地方活性に効果的、
  とあった。

・アップルシード社がエージェントをしている。
  読みやすい本になっている。

・自分もジョギングが好きで地方在住なので、
 親近感を持てた。

・おもしろい本。
タグ:屋宮久光
posted by ティー at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月04日

637.The Devil Wears Prada

s-061204h.jpgLauren Weisberger,
The Devil Wears Prada,
Doubleday, 2003, 360 pages,
ISBN 0-385-50926-X
(翻訳も出ている。
「プラダを着た悪魔」。)

読もうと思った理由
・映画「プラダを着た悪魔」
  がよかったので。

寝る前に少しずつ普通読み。

内容のメモと感想

・映画「プラダを着た悪魔」の原作本。
 とても楽しい本で、冒頭の謝辞から
 笑わせてくれる。

・彼氏の職業、主人公がパリからアメリカに戻る理由など、
  原作と映画で少し変えてある部分がある。

・主人公の上司のミランダの生い立ち
  についても書いてある。
  貧しい大家族で育っている。
  途中で名前を変え、言葉も変えて
  努力している。

・本もおもしろいが、ファッションに詳しくない人は、
  本だけ読んでもブランド名もわからないので、
  まずは映画を見た方がいいだろう。

タグ:Weisberger
posted by ティー at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月03日

636.「心のブレーキ」の外し方

s-061203h.jpg
「心のブレーキ」の外し方
石井裕之著、フォレスト出版、
2006年、149ページ、
ISBN 4-89451-244-0

読もうと思った理由
・ダイナマイト・モチベーションを
  聞いているので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 26分、
合計29分

061203m.gif
内容のメモと感想

・現状維持メカニズムを脱するには、
  最初の一歩が一番大変。

・英語を1日10ページ10日間、ではなくて、
  最初の日は2−3ページをゆっくり、
  単語を調べて繰り返し読む方がよい。

・朝一番の仕事は、簡単な雑用でも
  丁寧にやる。

・プレゼンの最初の部分は丁寧に。
  企画書の導入部分を何度も書き直す。
  大事な書類は最初だけでも丁寧に読む。

・気分が盛り上がったら、すぐ何か行動する。

・人生全般を成長させる必要。

・迷ったらYESと言う。

・今できることを少しでいいからやる。

・根拠のない自信を持つために、Fake It!
  ふりをしてみる。

・また読み返したい本。
タグ:石井裕之
posted by ティー at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月02日

635.ママのやさしさが学力を伸ばす

s-061202h.jpg
ママのやさしさが、学力を伸ばす
石田淳著、PHP出版、
2006年、237ページ、
ISBN 4-569-65719-2

読もうと思った理由
「リーダーのためのとっておきのスキル」
  (No.307)がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 17分、
合計20分

061202m.gif
内容のメモと感想

・行動科学ティーチングの方法で、
  挨拶できなかった子どもができるようになり、
  勉強できなかった子どもが
  志望校に入っている。

・シールやスタンプが励みになる。

・結果よりもプロセスをほめる。

・問題文を書き写して要約するとよい。

・子どもの教育に悩む人だけでなく、
  仕事で部下や自分のパーフォーマンスを
  上げたい人にも向いている本。
タグ:石田淳
posted by ティー at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年12月01日

634.殿下と妃殿下のレストラン

s-061201h.jpg
殿下と妃殿下のレストラン
―「シェ松尾」自伝

松尾幸造著、
新潮社、2001年、205ページ、
ISBN 4-10-450301-0

読もうと思った理由
・「シェ松尾」を勧められて。

予習1分、PR1分、復習1分
SR&D&MM 54分、
合計57分

061201m.gif
内容のメモと感想

・渋谷から徒歩10分の松涛で
  一軒家レストランを始めた松尾氏が書いている。
  現在は青山、広尾などに支店がある。

・シェフとしての勉強だけでなく、
 ホテル学校で学び、
 ギャルソンの仕事もしている。

・初めてのデートは向かい合わせでなく、
  斜めの席がいいらしい。

・デートをすっぽかされたお客様を
  励ますこともあるそうだ。

・シェ松尾は、庭に野薔薇が咲いていて、
  きれいらしい。

・魚料理と肉料理の間に、
  スプーン一杯のシャーベットを
  出すことを考案したそうだ。

・スモークサーモンは、ノルウェーから
  独自輸入しているらしい。

・住宅街に開業するために、
  メンバー制レストランにしたようだ。

・おもしろい本なので、じっくり読んだ。
 レストランに一度行ってみたいと思った。

タグ:松尾幸造
posted by ティー at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。