はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2006年10月31日

603.ココロ・デトックス

s-061031h.jpg
ココロ・デトックス
奥田弘美著、フォレスト出版、
2006年、216ページ、
ISBN 4-89451-800-7

読もうと思った理由
・フォレスト出版のメルマガで紹介されていた。
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 22分、
合計25分

061031m.gif
内容のメモと感想

・内科医から精神科医に転向、
  コーチングも使っている。

・ホスピスで、「いい人生だった」と
   満足して死ねる人は、
  「やりたいことをやった」と思っている人のようだ。

・コンプレックスがあったこそ、人に教えられる、
  という点はなるほどと思った。
  最初から話が上手な人よりも、
  口下手な人がコンプレックスを克服して
  すばらしくなった場合の方が、
  説得力がある。

・著者は出産で、病院からリストラされたらしい。
  医師もリストラされることがあるのか、
  とびっくりした。

  確かに小さい病院だと、産休の医師を
  雇っておく余裕がないのかもしれないが、
  子育てしにくい状況だと思った。

・しかしその体験により、リストラのデトックス法を
  本に書くことができた。
  自分をアップグレードするいい機会らしい。
  
・リストラでがっかりしている人、
  元気を出したい人にも、
  この本は役立つだろう。

・著者は他にもコミュニケーションの本を
 出しているらしい。
 読んでみようと思った。

タグ:奥田弘美
posted by ティー at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(601-900)

2006年10月30日

602.落ちたリンゴを売れ!

s-061030h.jpg
落ちたリンゴを売れ!
箱田忠昭著、フォレスト出版、
2006年、197ページ、
ISBN 4-89451-238-6

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。
・著者の「できる人の時間の使い方」(No.265)が
  よかったので。
   
予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 23分、
合計26分

061030m.gif
内容のメモと感想

・自分は明るくて前向けだ、と思う人は、
  セミナーでも一番前に座って、
  メモをとっている。

・自分が出世、成功しなくても、
  他の仲間がうまくいけばいい、
  というつもりで努める。

・あれこれ参考になる本。


タグ:箱田忠昭
posted by ティー at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年10月29日

601.王様のブレイン・マッピング

s-061029h.jpg
王様の「ブレイン・マッピング」
斉藤英治著、三笠書房、
2006年、125ページ、
ISBN 4-8379-2196-5

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。
・著者の「王様の速読術」がおもしろかったので。
 ・題名の「王様」にひかれた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 15分、
合計18分

061029m.gif
内容のメモと感想

・製薬会社でビタミンと脳の研究を行った著者が、
  ブレイン・マッピングを解説。

・マインドマップとの違いは、
  中央に絵を描かなくてよい、
  単語でなくて文章を書いてもよい、
  グラフなどを入れてもいい、
 などのようだ。

・著者はノートにブレインマップを描き、
  40冊近くあるそうだ。

・ブレインマップの例が楽しい。

・イラストがかわいい。

・マインドマップを既に使っている人も、
  楽しめる本。


タグ:斉藤英治
posted by ティー at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(601-900)

2006年10月28日

600.伝わる・揺さぶる!文章を書く

s-061028h.jpg
伝わる・揺さぶる!文章を書く
山田ズーニー著、PHP新書、
2006年、236ページ、
ISBN 4-569-61736-0

読もうと思った理由
・他で推薦されていた。

普通読み20分くらい。

061028m.gif
内容のメモと感想

・小論文指導や編集の仕事をされた著者の本。

・冒頭の高校生の文章が2時間の指導で
  ぐっとよくなっている。

  最初の文章は「なんとなく」の連発で、
  考えてなさそうな文章だった。
  入試で何が求められているか、
  自分の頭で考えるヒントを著者が2時間で教えて、
  別人のような文章になっている。

・志望動機を述べる時に、
  他と比較するのは、よくない。

・しばらくしてから、読み返したい本。
posted by ティー at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月27日

599.五感で磨くコミュニケーション

s-061027h.jpg五感で磨くコミュニケーション
平本相武著、日経文庫
2006年、185ページ、
ISBN 4-532-11120-X

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

普通読み20分くらい。

内容のメモと感想

・NLPを使ったコミュニケーションを
  易しく解説している。

・相手が言っている意味を聞くとよいようだ。
  「リーダーシップ」「やる気」など、
  人によって、意味する具体的行動が違う。

・視覚、聴覚、体感覚のVAKの話は、
  芝先生のセミナーの復習になった。

タグ:平本相武
posted by ティー at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月26日

598.考えるよりまず動け!

s-061026h.jpg
考えるよりまず動け!
風間善樹著、東洋経済、
2006年、205ページ、
ISBN 4-492-50160-6

読もうと思った理由
・他で紹介させていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 37分、
合計40分

内容のメモと感想

・セイコーエプソンを1970年に飛び出して、
  4人で装置メーカーを設立、
  東京エレクトロンと合併して成功した著者の本。

・日本の優秀な製造業が、装置に支えられていることは
  よく知らなかった。

・ネットワーク生産、つまり、あちこちの企業の工場で
  生産する体制をとっている。
  速くでき、増産と減産のリスクに対応しやすい。
  自ら現場に行って見て交渉する気迫がある。

・元気の出る本。


タグ:風間善樹
posted by ティー at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月25日

597.今日、ホームレスになった

s-061025h.jpg
今日、ホームレスになった
増田明利著、明風舎、
2006年、172ページ、
ISBN 4-289-00514-4

読もうと思った理由
・店頭で見かけて。

普通読み30分ほど。

内容のメモと感想

・ホームレスになる経緯と現在の生活を
 13人にインタビューして書いている。

・以前の仕事は会社の部長など、立派な仕事も多い。

・リストラがきっかけになることが多い。
  退職金で住宅ローンを返した後、
  仕事が見つからない。
  病気になるとさらに経済状況が悪くなる。

・技術、特許、法務など専門職は
  次の仕事が見つかりやすい。
  管理職は次を見つけにくい。

・給料やボーナスが上がったからといって、
  住宅環境をよくすると、危ない。
  なるべく小さい住居に住んでおく方がよさそうだ。

・年齢が上がると仕事を見つけにくい。
  若い間に蓄えることが必要なのだろう。

・あれこれ参考になる本。


タグ:増田明利
posted by ティー at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月24日

596.食事で治す心の病

s-061024h.jpg食事で治す心の病、
大沢博著、第三文明社、
2004年、215ページ、
ISBN 4-476-03245-1

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 13分
合計16分

内容のメモと感想

・低血糖になった時は、
  バナナがいいらしい。
  血糖値の上がり方が、お菓子ほど急激でなく、
  ご飯ほどゆるやかでない。

・千葉のマリヤ・クリニックが
  低血糖症の検査をやっているとのことだ。

・精神病も従来のような薬でなくて、
  栄養で治ることもあるようだ。

・食事の大事さがわかる本。
タグ:大沢博
posted by ティー at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月23日

595.7つの習慣、小学校実践記1

s-061023h.jpg7つの習慣 小学校実践記
―ミッションが書けた!自分が変わった!!

渡邉尚久著、キングベアー出版、
2005年、355ページ、
ISBN 4-906638-29-5

読もうと思った理由
・以前読んだ本の再読。
・同じ著者の2巻(続編)を読んで、
 よかったので。
  
予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 23分
合計26分

061023m.gif
内容のメモと感想
・「7つの習慣 小学校実践記2」の
  前の本。
  小学校5年のクラスの様子が
  詳しく書かれている。

・生徒との1対1の面談の前に、
  紙に書いてもらっている。

・7つの習慣を授業に使うには、
  許可がいるようだ。

・学習塾でも「7つの習慣J」が広まっているらしい。

・2冊の実践記のうち、後に書かれた2巻の方が
  読みやすい。
  著者も書いているように、元気な学年らしく、
  勢いがあるようだ。
  1冊だけ読むなら、この本よりも
  2巻の方がいいだろう。
タグ:渡邉尚久
posted by ティー at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月22日

594.格差病社会

s-061022h.jpg
格差病社会
加藤諦三著、大和書房、
2006年、204ページ、
ISBN 4-479-64034-7

読もうと思った理由
・他で勧められていたから。
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 30分
合計33分

061022m.gif
内容のメモと感想

・創造的であるためには、
  人に認められても認められなくても、
  自分の頭で考え、自分の方法で
  仕事をしていくとよい。
  逆境を「ありがたい」と思う。

・競争が激化すると、対象に対する興味を失う人が
  増える。
  新聞記者がデスクに出世した頃には、
  記事が書けなくなるとか、
  教授になる頃には勉強が嫌いになっている。
  競争意識の強すぎる人は、最後までいい仕事を
  することができない。

・他人と比較したがる人は、抑うつ感情が強く、
  劣等感を持っている。
  エネルギーがあれば自分の道を歩ける。
  エネルギーがなくなると、世間との比較をする。

・人生の目的に向かっているなら、
  心の安定が得られる。
  執着性格の人は真面目に働いた見返りを求め、
  見返りが得られない時に、燃え尽き症候群になる。
  
・まず自分のことをきちんとする。

・また読み返したい本
タグ:加藤諦三
posted by ティー at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月21日

593.7つの習慣、小学校実践記2

s-061021h.jpg
7つの習慣 小学校実践記2
渡邉尚久著、キングベアー出版、
2006年、351ページ、
ISBN 4-906638-50-3

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。
・「7つの習慣」を小学生にどう教えるか、
  興味があるので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 32分
合計35分

061021m.gif

内容のメモと感想

・小学校5年生のクラスでの
  「7つの習慣」の実践記録。
  本の最後の方に、3年生や1年生の
  クラスの場合も書いてある。

・クラスの最初の1週間が勝負らしい。

・前の担任に、子供たちの様子を聞かない方が
 いいらしい。

・子供と1対1の面接をする。

・習慣にするには、21日必要

・好きな物のマップを描く。

・3年生のクラスでは、パワーポイントではなくて、
  紙芝居にして、終わったページを黒板に
  貼っていくらしい。
  この方法なら、終わったページも見れて、
  全体がわかりやすい。

・小学校を卒業した子供たちが中学生になってから
  書いた作文もある。
  「7つの習慣」を知らない他の小学校出身の子供との
  違いがわかるそうだ。

・小学校の保健の先生から見た、
  子供たちの変化の様子も書いてあり、
  興味深い。

・著者は、いろいろ勉強したことを、
  仕事にちゃんと活かしていて、
  すばらしいと思った。

・子供の時から「7つの習慣」を実践すると、
  しっかりした大人に成長できそうだ。
タグ:渡邉尚久
posted by ティー at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月20日

592.遺品整理屋は見た!

s-061020h.jpg遺品整理屋は見た!
吉田太一著、扶桑社、
2006年、221ページ、
ISBN 4-594-05232-0

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

普通読み、40分くらい。

内容のメモと感想

・遺品整理のプロがいろいろな事例について
  書いた本。遺品整理だけでなく、清掃・消毒、
  遺品の送付なども引き受けている。
 
・皆が困っていることを解決するビジネスである。
  真似しにくいビジネスで、
  参入障壁が高そうだと思った。

・死後何日もたって発見された場合の
  掃除の話はなかなか大変そうだ。

・大家さんも大変なことがわかる。

・飛び降り自殺などの後は、警察では掃除してくれない。
  家族がやるか、プロに依頼することになる。
  公衆電話のタウンページで見つけた人もいる。

・自殺現場の様子を知れば、自殺する人が減るかもしれない。

・心臓の弱い人は読まない方がいいかも。

・人生の終りについて考えさせられる本。
タグ:吉田太一
posted by ティー at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月19日

591.モチベーション入門

s-061019h.jpg
モチベーション入門
田尾雅夫著、日経文庫
1998年、182ページ、
ISBN 4-532-10481-5

読もうと思った理由
・ある講座で紹介されていた。
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 4分
合計7分

PRメモ
・読み始めて、モチベーションの上げ方の本でない
  ことに気付いた。

内容のメモと感想

・モチベーションに関する学者の諸説を解説している。
  組織全体の話が多い。

・モチベーションを自分で上げる方法については、
  最後の何ページかにある。
 ほどほどにさぼる、
 見方を変更、工夫する。
 ネットワークを広くする、
 の3点である。

・モチベーションの理論について知りたい人に
  向いている本。

タグ:田尾雅夫
posted by ティー at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月18日

590.スロー・リーディングの実践

s-061018h.jpg
本の読み方 スロー・リーディングの実践
平野啓一郎著、PHP選書、
2006年、225ページ、
ISBN 4-569-65430-4

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。
・じっくり読む場合の読み方も知ろうと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 46分
合計49分

061018m.gif
内容のメモと感想

・小説家である著者が、ゆっくり読むこと、
  何度も読むことを提唱している。

・速読は明日のための読書、
  スロー・リーディングは、
  5年後、10年後のための読書、
  とのことだ。

・数年たってもう1度読むと、感想も違い、
  自分の成長がわかる。

・会議やシンポジウムで、
  相手の発言をスローリーディングして、
  相手の発言を要約し、足りない部分を補う。
  「重要な発言ですね」などと言う。
  その上で自分の意見を言えば、相手も受け入れやすい。

・本でも、相手の意見、理解を述べ、
 「しかし」で否定して
  自分の説を展開するパターンが、
  読者に受け入れられやすい。

・ゆっくり読んで、読み手の仕掛けや工夫を
  見落とさないようにする。

・なぜこんなことが書いてあるのだろう、と考える。

・接続詞、助詞や助動詞に注意しながら読む。

・「自分だったらどうするか」考えながら読む。
  解釈は正解があるわけでなく、誤読でもよい。

・著者は小説を書く時、
  30分呼吸を忘れるくらい集中して、
  3-5分休む、というのを繰り返して、
  10時間でも机の前に座ってられるらしい。

  マラソンのように見えて、実は、
  短距離ダッシュの連続だそうだ。

  読む場合も、時々休憩するとよい。

・しばらくして読み返してみたい本。
タグ:平野啓一郎
posted by ティー at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月17日

589.四字熟語力

s-061017h.jpg
頭がよくなる四字熟語力
斎藤孝著、角川書店、
2006年、253ページ、
ISBN 4-04-883953-5

読もうと思った理由
・斎藤孝さんの本だから。
・おもしろそうなので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 31分、
合計34分

061017m.gif
内容のメモと感想

・四字熟語の元の意味以外に、
  新しい意味付けをして、
  生きる力にしようという本。

・知らない四字熟語が結構あった。

・卒業式の練習をするのは、
  卒業の心構えを養い、
  気持ちに区切りをつけるためらしい。

・一網打尽にするためには、
  基礎となる部分を見つける必要がある。

・また読み返したい本。

タグ:斎藤孝
posted by ティー at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月16日

588.人を動かす!話す技術

s-061016h.jpg
人を動かす! 話す技術
杉田敏著、PHP新書、
2002年、204ページ、
ISBN 4-569-62287-9

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 26分、合計29分

内容のメモと感想

・スポーツ選手のインタビューの内容がいいと、
  CMの契約金の額が違ってくるらしい。

・練習してから話すことが大事なようだ。

タグ:杉田敏
posted by ティー at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月15日

587.鏡の法則

s-061015h.jpg
鏡の法則
野口嘉則著、総合法令、
2006年、92ページ、
ISBN 4-89346-962-2

読もうと思った理由
・他で推薦されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 7分
合計10分

内容のメモと感想
・子供がいじめられていることを悩んだ主婦が、
  ある人のアドバイスでうまくいく話。

・トラブルが起こった場合、
  誰か感謝すべき人に感謝せずに、
  その人を責めて生きていることが多いそうだ。
  特に親を責めている人が多い。

・その人への思いをまず書き、
  次に感謝できる点を列挙する。

・内観に似ていると思った。


posted by ティー at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月14日

586.決断できる自分に変わる方法

s-061014h.jpg
決断できる自分に変わる本
中谷彰宏著、全日出版、
2004年、137ページ、
ISBN 4-86136-016-1

読もうと思った理由
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 7分
合計10分

内容のメモと感想

・決断できない人は、家の中が散らかっているそうだ。

・決断だけでなく、情報の持続力が大事。

・興味がないことには、興味がないと言い、
  飽きたら、飽きたと言う。

タグ:中谷彰宏
posted by ティー at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(301-600)

2006年10月13日

585.ダンドリの達人に変わる本

s-061013h.jpg
ダンドリの達人に変わる本
中谷彰宏著、全日出版、
2004年、145ページ、
ISBN 4-86136-041-2

読もうと思った理由
・題名に引かれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 14分、
合計17分

061013m.gif
内容のメモと感想

・ダンドリのいい人は、明日の仕事を今日やっている。
  ダンドリの悪い人は、昨日の仕事に追われているそうだ。

・ホテルは到着時間を伝え、予定通りでも、
  近くから電話するといいそうだ。

・説明の時間は節約しない方がよい。

・忘れ物は送るより先に、見つかったことを
  まず伝える。

・あれこれ参考になる本。

タグ:中谷彰宏
posted by ティー at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月12日

584.まずは小さい世界で一番になる

s-061012h.jpg
まずは小さな世界で1番になる
江村林香著、かんき出版、
2006年、206ページ、
ISBN 4-7612-6319-9

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 41分
合計44分

061012m.gif
内容のメモと感想

・北海道の航空会社の社長になった女性の本。

・中学2年で家が倒産したため、
  高校は1ランク落として公立を受けたら、
  いきなり一番になり自信がついたそうだ。

・高校生の時は、マクドナルドなどの大手は
  時給が上がりにくいので、
  ラーメン屋でアルバイト、
  時給は400円から最後は1700円になったそうだ。
  アルバイトの監督もやるようになった。

・短大に入ったら家庭教師先が見つかりにくいので、
  「偏差値40以下の生徒さんのみ教えます」と
  宣伝したら、どっと依頼が来たそうだ。
  通常の倍の時給、合格時の報奨金付きでも
  親が喜んで払ってくれたらしい。
  生徒には、九九とローマ字をしっかり教えたそうだ。
  月60万円の収入があったそうで、すごい。

・合コンで一番暗い男の子、おとなしい男の子と話す、
  という方法は、なるほどと思った。

・方法を10か条にするのは、うまいと思った。
  本には、営業10か条が書いてあった。

・仕事のストレスは仕事で解決する、というのは、
  確かにそうだと思う。

・パワフルな本。お勧め。

タグ:江村林香
posted by ティー at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月11日

583.プレゼンの王道

s-061011h.jpg
プレゼンの王道
藤原慎也著、
秀和システム、
2005年、287ページ、
ISBN 4-7980-1018-9

読もうと思った理由
・話し方講座の参考書なので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 42分、
合計45分

061011m.gif
内容のメモと感想

・物語形式になっていて、楽しい。
  商社マンがファミリーレストランに、
  お米のキャンペーンを提案する。
  初回はプレゼン中に課長さんが席を立ってしまう。
  ファミレスに家族で食事に行ったりして、
  相手の立場に立って、ソリューションを提案する。

・コミュニケーションには、
  フィーリング・コミュニケーションと
  ビジネス・コミュニケーションがある。
  日常会話では、論拠だけ言って、結論を推察してもらう
   ことも多い。
  ビジネス・コミュニケーションでは結論をはっきり言う。

・食事を注文する時に、ウェイターの目を見ない人がいる。
  ちゃんと目を見て、コミュニケーションすること。

タグ:藤原慎也
posted by ティー at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月10日

582.人を動かすプレゼンテーション

s-061010h.jpg
人を動かす!プレゼンテーション
杉田敏著、PHP研究所、
2005年、189ページ、
ISBN 4-569-64690-5

読もうと思った理由
・話し方講座の参考書なので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 38分
合計41分

061011m.gif
内容のメモと感想

・プレゼンのプロが書かれた本。

・「申し上げたいことが3つあります」と
  最初に言うと、全部聞いてもらえる。

・話す時間が直前に変更になることがある。
  すぐ対応できる必要がある。

・他の人の講演を聞く態度も見られている。

・何度も練習することが大事。

・しばらくしてから読み返してみたい。

タグ:杉田敏
posted by ティー at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月09日

581.ツキを呼ぶ「魔法の言葉」

s-061009h.jpg
ツキを呼ぶ「魔法の言葉」
五日市剛ほか、マキノ出版、
2006年、56ページ、
ISBN 4-8376-6104-1

読もうと思った理由
・他で推薦されたいた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 7分
合計10分

061009m.gif
内容のメモと感想

・著者は大学院生の頃、
  人間関係がうまくいかずに
  イスラエルに旅行。
  そこで出会ったおばあさんに教わった3つの言葉で
  人生が好転している。

・ピンチの時、嫌なことがあったときに、
  「ありがとう」と言うと、不幸の連鎖を断ち切れるらしい。

・いいことがあれば「感謝します」と言う。
  目標が達成できた状態を言うのもいいらしい。
  例えば「合格しました。感謝します」。

・「ツイてる」「ラッキー」と言う。

・マイナスの考えが浮かんだら、
  「キャンセル、キャンセル」と言う。

・この方法を実行して、いいことがあった人たちの
  例がのっていて、励みになる。


タグ:五日市剛
posted by ティー at 20:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月08日

580.末期ガンになったIT社長からの手紙

s-061008h.jpg末期ガンになったIT社長からの手紙
藤田憲一著、幻冬舎、
2006年、213ページ、
ISBN 4-344-01173-2

読もうと思った理由
・他で推薦されていたので。

ほぼ普通読み(時々MM)、
44分。

内容のメモと感想

061008m.gif

・33歳でガンになり、1年半で再発した
  著者の手記。

・若い人のガンは進行が速く、予後も悪いらしい。
  細胞分裂が速いためである。

・多くの人が、ガンの最初の告知よりも、
  再発の告知でショックを受けるらしい。

・ガンになった後も積極的な生き方をしていて、
  すごいと思った。

・数寄屋橋のGAPがあるビルはよく行く所なので、
  表紙の写真や本の中の説明が嬉しい。

・著者はご両親との関係がとてもよいようで、
  いいご家庭に育っていると思った。


タグ:藤田憲一
posted by ティー at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月07日

579.早朝起業

s-061007h.jpg
早朝起業
松山真之助著、祥伝社、
2004年、204ページ、
ISBN 4-396-61215-X

読もうと思った理由
・早起きしている人たちの
 朝の時間の使い方を知りたいと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分、
合計23分

061007m.gif
内容のメモと感想

・早起きして、すいた電車で通勤することを
  提唱している。
  著者は年賀状の一言コメントを通勤電車の中で
  書かれるそうだ。

・ブログやメルマガで一番恩恵を受けるのは、
  書いている本人、というのは、
  その通りだと思った。

・小石雄一さんのお話で、
  仕事で取得不可能なスキル3つを
  あげてられる。
  文章を書く力、人前で話す仕方、
  普通の会話を普通にすること、だそうだ。
  確かに文章力や話す力は、
  職場で教えてくれる所は少ないだろう。

・あれこれ参考になる本。



タグ:松山真之助
posted by ティー at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月06日

578.ヨーロピアンバグア風水

s-061006h.jpg
ヨーロピアン・バグア風水
ユキ・シマダ著、
主婦の友社、
2004年、191ページ、
ISBN 4-07-244222-4

読もうと思った理由

・著者の別の本がわかりやすかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 28分、
合計31分

061006m.gif
内容のメモと感想

・こまめに掃除、不用品を捨てることが大事なようだ。

・映画「風と共に去りぬ」でスカーレットとレットが
 住んでいる家は、玄関のドアを開けると、
 らせん階段がある。
 入口から入った「気」が2階に抜けてしまい、
 風水的によくないらしい。
 映画を題材にしていて、わかりやすい。

・住まない方がいい家のリストが最後にあった。
  ガレージの上、L字、三角などの変形の建物、
  コンクリート打ちっぱなしの建物などである。

posted by ティー at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月05日

577.できる人ほど、よく眠る

s-061005h.jpg
できる人ほど、よく眠る。
中谷彰宏著、ダイヤモンド社、
2004年、181ページ、
ISBN 4-478-70312-4

読もうと思った理由
・少し前に買った本の再読。
・題名がふと気になって。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 14分、
合計17分

061005m.gif
内容のメモと感想

・ぐっすり寝るための工夫が書いてある。
  飛行機で機内食を全部食べると、
  眠れなくなる。
  炭水化物を食べるといいようだ。
  肉を食べると、目が覚める。

・風邪気味だと思ったら、たくさん寝ること。

・朝ぱっと起きられる人は、寝つきもよい。
 ベッドに入ってすぐ眠れないのは、
  昼間からだを使ってないから。

・移動中は寝るのがベスト。
  駅弁を食べると、すぐ眠れてよい。

・浮き輪型の枕、アイマスク、耳栓があると、
  よく眠れるそうだ。

・眠る前に「極楽、極楽」と言う、
  大の字になって寝るといいらしい。
  ベッドの周りをきれいにしておく。
  カーテンを厚くする。

・膝の後ろに光を当てると、目が覚めるそうだ。

・あれこれ参考になる。
  またしばらくして読み返したい。

タグ:中谷彰宏
posted by ティー at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月04日

576,知らず知らずのうちに「朝型人間」になれる方法

s-061004h.jpg
知らず知らずのうちに
「朝型人間」になれる方法

税所弘著、講談社、
1997年、217ページ、
ISBN 4-06-208798-7

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。
・最近起きる時間がやや遅めなので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 16分、
合計19分


内容のメモと感想

・健康な人は朝型人間が多く、
 風邪をひいたり休みがちな人は
  夜型人間が多いらしい。

・うつ病も早起きで回復するらしい。

・新入社員で、早起きできない人が、
  会社の近くで晩御飯を食べた後、
  3時間歩いて家に帰って、シャワーを浴びて
  すぐ寝る方法を試したら、
  早起きになれたそうだ。

タグ:税所弘
posted by ティー at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月03日

575,食べたい、安全!

s-061003h.jpg
食べたい、安全!
日本子孫基金、講談社、
2003年、235ページ、
ISBN 4-06-211773-8

読もうと思った理由
・以前買った本の再読。
・食べ物で気をつけるべき点を知ろうと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 11分、
合計14分

061003m.gif
内容のメモと感想

・より安全な食品を紹介した本。

・野菜や養殖魚は、冬は病虫害が少ないので、
 農薬や薬剤が少ないらしい。
 5月頃から注意する。

・安全性の高い自然な食品と、おいしい食品は
  相関があるらしい。

・養殖のぶりよりは、天然のぶりを選んだ方がよい。


posted by ティー at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月02日

574.鏡は先に笑わない

s-061002h.jpg鏡は先に笑わない
金平敬之助著、
東洋経済新報社、
2003年、210ページ、
ISBN 4-492-22236-7

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 22分、
合計25分

内容のメモと感想

・自分の荷物を人に持たせない方がいいようだ。

・野球は時間が長い、ゴルフはお金がかかる、
  というのは、なるほどと思った。

・違う場所に赴任したら、その場所を一番と思うと
  いいらしい。

・地味だけど、ほっとできる本。
  またしばらくして読み返したい。

タグ:金平敬之助
posted by ティー at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年10月01日

573.その食事では悪くなる

s-061001h.jpg
その食事では悪くなる
―食事崩壊と脳への影響

大沢博著、三五館、
1999年、221ページ、
ISBN 4-88320-184-8

読もうと思った理由
・だいぶ前に読んだ本の再読。
  MM化しておこうと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 36分、
合計39分

061001m.gif
内容のメモと感想

・うつ、不登校などの原因に、
  栄養のアンバランスがあるのでは、
  と提言している。

・6時間の糖負荷試験で、
  低血糖かどうか、
  わかるらしい。

・内観で落ち着く理由の1つは、
  野菜中心のバランスのとれた食事、
  とのことだ。

・著者の最近の本も読んでみようと思った。


タグ:大沢博
posted by ティー at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。