はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2006年09月30日

572.成功への情熱

s-060930h.jpg
成功への情熱
稲盛和夫著、PHP研究所、
1996年、320ページ、
ISBN 4-569-55015-0
(題名からは、文庫版をリンクしている。)

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 22分
合計25分

060930m.gif
内容のメモと感想

・成功するには、緻密かつ大胆である必要。
  どちらかの性格だったら、もう片方も
  身につけるように努力する。

・本能のままに行動したのでは進歩しない。
  本能を押さえる努力も必要。

・リーダーは自分の健康を維持する努力をする。
  健全な判断をするため、健康が必要。

・成功している時でも、反省ある人生を送らないと、
  没落のきっかけになる。

・リーダーは情熱を込めて、部下に
  プロジェクトの意義や目的を説明する。
  部下の士気を自分と同じレベルまで高める。

・また読み返したい本。

タグ:稲盛和夫
posted by ティー at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月29日

571.続・ことばのご馳走

s-060929h.jpg続・ことばのご馳走
金平敬之助著、東京経済新報社、
1993年、212ページ、
ISBN 4-492-22113-1

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。
・言葉の使い方に気をつけようと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 26分、
合計29分

060929m.gif
内容のメモと感想

・有名人のことを「自分の教え子だ」
 「世話した」と言うのは、耳障りらしい。
  確かに、「お世話になった」という言葉は、
  感謝の念を表していて気持ちよく聞けるが、
  「世話をした」というのは、えらそうに聞こえる。

・講演を途中で立たないといけない時は、
  あらかじめ挨拶しておくとよい。

・教育とは、感動を与えること、とあった。

・苦しい時は、悩まずに、1つでもいいから、
  よいと思うこと、できることをするといいそうだ。

・あれこれ参考になる本。


タグ:金平敬之助
posted by ティー at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月28日

570.捨てるほど幸運がやってくる!

s-060928h.jpg
捨てるほど幸運がやってくる!
ユキ・シマダ著、宝島社、
2006年、173ページ、
ISBN 4-7966-5345-7

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座の同期の方のご推薦。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 24分、
合計27分

060928m.gif
内容のメモと感想

・オレンジ色が随所に使ってあって、
  明るい感じの本。

・「気」が多いのは、滝など動く水の近く、
   森、花の近くだそうだ。

・物を捨てるにはエネルギーが必要。
  試練を乗り越えた後は、
  キラキラ輝く軽やかな暮らしが待っている。

・身の回りを整理整頓する習慣をつけると、
  何が重要で何が不要か、判断する力がつくらしい。

・仕事がうまく進まない時、やる気が起きない時は、
  整理整頓や掃除をするといいそうだ。

・週1度程度、ゴミ以外に物を捨てる習慣をつけると
  いいらしい。

・クローゼットなど、30%の空きスペースがあると、
  ちょうどいいらしい。

・掃除はよく使う小さい場所からスタート。
  ある1つの場所をパーフェクトにしてから、
  次の場所に移る。
  物をそこから全部出して、必要な物だけ戻す。

・あちこち参考になる本。
  掃除の前に読むとよさそう。

posted by ティー at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月27日

569.しぐさのマナーとコツ

s-060927h.jpgしぐさのマナーとコツ
井垣利英著、伊藤美樹絵、
学習研究社、2006年、135ページ、
ISBN 4-05-203203-6

読もうと思った理由
・マナーを身につけたいので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 24分、
合計27分

060927m.gif
内容のメモと感想

・いろいろな場所でのマナーを
  かわいいイラスト入りで解説していて、
  わかりやすい。

・知り合いを見かけた時、
  場合によっては声をかけない方がいい、
  というのは、なるほどと思った。
  
・長距離の電車を降りる時に、
  リクライニングシートを戻す方がいいそうだ。
 
・また読み返そうと思った。


タグ:井垣利英
posted by ティー at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月26日

568.歩く!仕事術

s-060926h.jpg「歩く!」仕事術
二木紘三著、アーク出版、
2005年、220ページ、
ISBN 4-86059-033-3

読もうと思った理由
・『IDEA HACKS!』に紹介されていたので。
・歩くのは好きなので、
  どう仕事に使うのだろう、
  と思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 15分、
合計18分。

060926m.gif
内容のメモと感想

・仕事の合間に歩いたり、
  歩きながらミーティングをしたり、
  構想を考えることを提唱している。

・2時間デスクワークをしたら、
  20分程度歩くといいらしい。

・室内の空気は酸素が足りない。
 歩くと嫌な気分も取り除ける。

・歩きながら、計画を立てたり、
  文章を考えるとよい。

タグ:二木紘三
posted by ティー at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(2) | 本(301-600)

2006年09月25日

567.「頭がいい」と思わせる文章術

s-060925h.jpg
「頭がいい」と思わせる文章術
竹内謙礼著、PHP研究所、
2006年、242ページ、
ISBN 4-569-64982-3

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。
・文章をうまく書けるようになりたいので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 49分
合計52分

060925m.gif
内容のメモと感想

・著者は雑誌の編集の仕事の後、
  コンサルタントをされている。

・前書きがおもしろい。
  いきなり人をひきつける。

・頭が悪いと思われると、仕事は来ないし、
  お客様は商品を買ってくれない。
  なぜ頭がよさそうな文章を
  書かなければいけないか、
  納得できる。

・アンケートのとり方が参考になる。
 「読む前は、どんな悩みがありましたか?」
 「読んで、どんな効果がありましたか?」

・書く前に、何が一番言いたいか、マップなどで整理、
  書いた後で読み直す、という手順が大事なようだ。

・書き出しは意外性があるといいようだ。

・文章から人物がわかるので、人材教育にも使えるらしい。
  規定字数よりも、1−2行少なく書く人は、
  仕事の最後の詰めが甘かったり、
  コスト意識が薄いらしい。
  ぎくっとした。

・プロの物書きは、主語と述語の距離が短いらしい。

・最後まで気を抜かずに文章を書く。

・あちこち参考になる。お勧めの本。

posted by ティー at 22:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月24日

566.強運なくして成功なし

s-060924h.jpg
強運なくして成功なし
松下幸之助著、PHP文庫、
1996年、299ページ、
ISBN 4-569-56848-3

読もうと思った理由
・他の方に勧められて。

予習1分、PR1分、復習1分
SR&D&MM 30分、
合計33分

060924m.gif
内容のメモと感想

・松下幸之助氏の講演集。

・豊臣秀吉が成功したのは、
  明るい性格と、
  主君の織田信長の性格を
  理解していたかららしい。
  言っても聞かない人は、おだてる。
  得意な場面で活躍してもらう。

・大きな公園を自分のものと考える、
  管理するのが面倒だから、
  預けていると考えるのは、
  面白いと思った。

・起業や転職は、自分の適性を考えて、
  判断した方がよい。


タグ:松下幸之助
posted by ティー at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月23日

565.ことばのご馳走

s-060923h.jpgことばのご馳走
金平敬之助著、東洋経済、
1991年、204ページ、
ISBN 4-492-22093-3

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 29分、
合計32分

内容のメモと感想

・一番の贈り物は、チャンスを贈ることらしい。

・フランス語を習い始めた時を、フランス語0歳、
  と呼ぶらしい。
  おもしろい表現だと思った。

・大変な状況こそチャンスと思う。

・また読み返したい本。

タグ:金平敬之助
posted by ティー at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(301-600)

2006年09月22日

564.Clear Your Clutter with Feng Shui

s-060922h.jpgKaren Kingston,
Clear Your Clutter With Feng Shui,
Broadway Books, 1999, 179 pages,
ISBN 0-7679-0359-5
(訳本は、「ガラクタ捨てれば自分が見える」。)

読もうと思った理由
・既に何回か読んだ本のまとめ。

普通読み。

内容のメモと感想

・ガラクタの意味から説明している。
  風水で鏡を出すのもいいが、
  散らかったガラクタだらけの部屋で
  風水をしても仕方がない、
  まずきれいにしよう、という本。

・そろそろ部屋が散らかってきた、
  と思った時に読むと、
  すぐに片付けようという気になる不思議な本。
  休日の前の晩に読んで寝ると、
  翌日は掃除をしたくなる。

・捨てる系?の分野では、
  一番効き目がある本だと思う。
  お勧め。

タグ:Karen Kingston
posted by ティー at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月21日

お勧めブログ4:岩淵さんのブログ

お勧めブログ第4弾は、

9ステップ
で検索していて見つけた
サイトである。

http://www.consuldent.jp/

歯科経営のコンサルティングの話がのっているが、
別に歯科の院長でなくても役立つ情報が
たくさん入っている。
とてもパワフルなブログ。

下記は特にマークした記事のメモ。

-----------
2006年8月29日の記事。

世の中の母親が子供の受験に一生懸命になるが、
立派な職業人を育てることには努力しない。
それは本人が立派な職業人でなかったから。

というのは、なるほどと思った。

----------
2005年10月18日の記事

患者さんの数が増えてきた時こそ要注意、
という言葉にどきっとした。

-----------
2005年9月25日の記事

もらった食べ物を院長が1人占めしない。

-----------
2005年3月5日の記事

何か始める時に、スタッフに確認してから始める。

------------

推薦図書のリストもある。
何冊か注文してみようと思う。
posted by ティー at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めブログ

563.美しくなるための心がけ

s-060921h.jpg
美しくなるための心がけ50
中原淳一著、イースト・プレス、
2006年、115ページ、
ISBN 4-87257-620-9

読もうと思った理由
・他の方に勧められて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 7分
合計10分


内容のメモと感想

・おしゃれや日常のヒントが書いてある。

・「無駄なものは部屋から取り去る」は、
  なるほどと思った。
  いらない物は早めに処分するとよい。

・時々読み返してみるとよさそうだ。
タグ:中原淳一
posted by ティー at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月20日

562.「肉ジャガがいい」は魔法の言葉です

s-060920h.jpg
「肉ジャガがいい」は魔法の言葉です
金平敬之助著、第三文明社、
2005年、245ページ、
ISBN4-476-03277-X

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 24分、
合計27分、

内容のメモと感想

・心使いは筋肉と同じで、
  使わないと衰える。
  意識して練習する。

・就任の挨拶、受賞の挨拶で
  人間性が出るらしい。
  スポーツで勝った時も、
  敗者を思いやる必要がある。

・偉そうに故郷に帰らない、というのは、
  なるほどと思った。

・新潟の曽我さんの状況報告とお礼状が
  立派だとあった。

タグ:金平敬之助
posted by ティー at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月19日

561.続・続ことばのお馳走

s-060919h.jpg
続・続 ことばのご馳走―
人生を生きる・職場を生きる153掌篇

金平敬之助著、東洋経済、
1995年、211ページ、
ISBN 4-492-22135-2

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。
・言葉に気をつけようと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 26分
合計29分

内容のメモと感想

・言葉のちょっとしたエピソードを集めている。

・好かれる人は世界中どこへ行っても好かれ、
  嫌われる人は世界中どこへ行っても嫌われるらしい。

・「○○さんの友達でいたことに自信を持って下さい」
  という表現が、なかなかいいと思った。

・また読み返したい本。

タグ:金平敬之助
posted by ティー at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月18日

560.IDEA HACKS,今日スグ役立つ仕事のコツと習慣

s-060918h.jpg
IDEA HACKS!
今日スグ役立つ仕事のコツと習慣

原尻淳一、小山龍介著、
東洋経済、2006年、230ページ、
ISBN 4-492-04259-8

読もうと思った理由
・書店で見かけて、おもしろそうなので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 37分、
合計40分

060918m.gif内容のメモ

・広告代理店に勤務していた2名の著者が書いている。
  うち1名がMBAを取得中、シリコンバレーで
  働いていた時、働く人たちが楽しそうだったらしい。
  アイディアを楽しむ気風がある。

・仕事上の問題を簡単に解決(hack)する方法が
  集めてある。

・紙は結構あるので、ペンを常に複数本、
  持ち歩くとよい。

・紙は書いた後の整理が大事。
  メモ用紙に書いたことは、
  ノートに転記しておく。

・基本的な数字は、手帳にはっておくとよい。

・2軸マップは、意外な組み合わせの2軸を探す。

・いきなり結論を言っても理解してもらえないことがある。
  前提条件から攻めていく。

・SWOTは、掛け算にするとよい。
  S(強み)とO(機会)の両方を満たす戦略が強い。

・あちこち参考になる。お勧めの本。

posted by ティー at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月17日

559.雅子さまはあなたと一緒に泣いている

s-060917m.jpg
<雅子さま>はあなたと一緒に泣いている
香山リカ著、
筑摩書房、2005年、188ページ、
ISBN 4-480-81644-5

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座のクラスメートの方が
  メーリングリストに書かれていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 37分、
合計40分

060917m.gif
内容のメモと感想

・雅子さまの例を中心に、
  女性の仕事や結婚について議論している。
  精神科医である著者の
  クリニックに来る女性や、
  芸能人の例も書いてある。

・ぐちを言える女性の友達を確保しておく、
  というのは、なるほどと思った。

・女性の場合、こざっぱりとした服装やメイクを
  期待されている。
  
・優先順位を決める。
  重要でないと思う点を、
  他者から少しくらい批判されても、
  気にしない。

タグ:香山リカ
posted by ティー at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(301-600)

2006年09月16日

558.若さの泉、5つのチベット体操

s-060916h.jpg
若さの泉、 チベット体操
ピーター・ケンダル著、
河出書房新社、
2001年、119ページ、
ISBN 4-309-26462-X

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座のクラスメートの方が、
  推薦されていたので。

PRメモ:
一度読みながら体操をした後、別の日にPRした。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 19分
合計22分。

060916m.gif
内容のメモ
・元々は1935年に出版された本らしい。
  ヨガに似た5つの体操について説明している。

・第1の体操は回転運動。

・第2の体操は腹筋、第3の体操は反っている。

・第4の体操は肩こりによさそう。
 第5の体操は反る運動と腹筋の両方入っている。

・最初は3回ずつでよいらしい。
  何週間かかけて、21回まで増やす。

・時期は朝か晩がよい。

・すぐできそうで、役立ちそうな体操。
posted by ティー at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月15日

PR再受講:頻度

久しぶりに、フォトリーディングの
2時間半の再受講に行った。
方法が進化していて、勉強になった。

終わってから8人ほどで、1階の喫茶店でお茶した。
お仕事の話やセミナーの話など伺えた。

さて、再受講はどのくらいの頻度がいいか。

PRの方法のバージョンアップの頻度は
年に2度くらいだろうか。

年に1度か2度くらいは再受講するのが、
よさそうだ。
posted by ティー at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

PR再受講:持ち物

1年ぶりに、フォトリーディングの
2時間半の再受講に行った。

持っていくといいものをあげてみる。

・筆記用具

・ノート(私はルーズリーフを愛用)

・A4の白い紙。
  当日配布される資料の裏を使ってもいいのだが、
  無地のレポート用紙を持っていくと、
  書きやすい。

・フォトリーディングしたい本
  内容を隣の人に話すので、
  話しやすい本がよい。
  あまりマニアックな専門書は避ける。

・名刺
  初対面の方がほとんどなので。

・カラーペン
  黒一色のマインドマップでもいいのだが、
  色を使いたい人は、持って行くとよい。

・10倍本
  「○ページを開けて、
  ○○というキーワードを探して下さい」
  という使い方をした。
posted by ティー at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

557.やりたいことをやれ

s-060915h.jpgやりたいことをやれ
本田宗一郎著、PHP研究所、
2005年、271ページ、
ISBN 4-569-64188-1

読もうと思った理由
・他の方に勧められて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 24分
合計27分

060915m.gif
内容のメモと感想

・死んでも銅像を作らない、
 というのは、なるほどと思った。

・工場のレイアウトを決める時は、
  まずトイレの位置を決めるそうだ。
  重要な点である。

・自分の知識を与える代わりに、
  人にも知識を分けてもらえる努力をする。

・知りたいのは未来。

・1ページに1つ書いてあって、読みやすい。
  あちこち参考になる本。
タグ:本田宗一郎
posted by ティー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月14日

556.本当の「自分」はどこにいる

s-060914h.jpg
「本当の自分」はどこにいる
加藤諦三著、PHP研究所、
2005年、252ページ、
ISBN 4-569-64338-9

読もうと思った理由
・あるメーリングリストで教えていただいて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 32分、
合計35分

060914m.gif
内容のメモと感想

・昔を懐かしく思い出したり、
 卒業後に訪れるのは、自分があったから。
 空白の期間だった場合は、懐かしくない。

・さびしい人ほど、パーティーをする。
  パーティーの後は、すぐに居場所がなくなる。

・自分が何が得意で何が不得意か、
  知る必要がある。
  不得意なことは人に任せて、
  自分の長所に集中する。
  評価を与えられなくても、気にしない。

・嫌いな仕事を引き受けすぎた人は、燃え尽きる。

・自分探し症候群の人は、
  1つの仕事が終わらないうちに、
  次の仕事を始めようとする。
  準備なしに仕事を始める。
 
・自分がわかっている人は、
  今持っているものを大事にする。

・あれこれ参考になる本。

タグ:加藤諦三
posted by ティー at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月13日

555.大事なことは「30秒」で話せる

s-060913h.jpg
大事なことは「30秒」で話せる
矢矧晴一郎著、
成美堂出版、
2005年、253ページ、
ISBN 4-415-07375-1

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 39分、
合計42分、

PRメモ:各章にかかった時間。
 1章:10分、2章:6分、3章:5分、
 4章:6分、5章:5分、6章7分
 最初に時間をかけると、わかりやすい。

060913m.gif
内容のメモと感想

・人に言葉の贈り物をする、という考え方は、
  なかなかいいと思った。

・寝る前に、「今日も楽しかった」
  「自分はすばらしい」の2つを
  言って寝るといいそうだ。
  年をとればとるほど、自分をほめる。

・ほめられたら、ほめ返すとよい。
  質問者が「いい答えだった」と言ったら、
  「質問がよかったからですよ」と言う。

・相手を否定しない。
  「さらにいい方法がある」という表現をする。

・「最」の質問をする。
  「今後20年で、最も重要な情報技術は何ですか?」

・精神論を言っても伝わらない。
  不正な営業を禁止しても、やまなかった。
  「不正な営業は、個人弁償」と全部の支店に
  通達を出したら、ぴたりとなくなった。

・欠陥商品が多い会社で、各部門が他の部門が悪いと
  言っていた。
  チェックリストを作らせたら、
  欠陥商品がすぐ減った。

・不眠症の人に、「明日の行動計画を書くように」
と言ったら、眠れるようになったそうだ。

・見えないものを見る力が大事だそうだ。
  現在の展示品を見て、
  3年後にどんな製品が展示されているか、
  考える。

・偉人との仮想会話がいいらしい。
  「○○さんなら、どうされますか?」。
  ジーニアスコードでの方法に似ている。

・お勧めの本。

タグ:矢矧晴一郎
posted by ティー at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月12日

554.日経新聞読みこなし隊

s-060912h.jpg
渋井真帆の日経新聞読みこなし隊
渋井真帆著、
日本経済新聞社、
2005年、183ページ、
ISBN 4-532-35169-3

読もうと思った理由
・10月から著者の経済塾を受講するため。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 62分、
合計65分

PRメモ
 各章の時間を測ってみた。
  まえがき&1章:7分
  2章:6分、3章:11分、4章:12分、
  5章:17分、6&7章:8分

060912m.gif
内容のメモと感想

・日経新聞は政治面、経済面をばらばらに
  読む「タテ読み」ではなくて、
  相互の関係を考えながら読む、
 「ヨコ読み」を提唱している。
  1ヶ月前の別の面の記事が
  関係していることもある。

・経済を知るために、大学の経済学部に
  入りなおすのは、時間の無駄らしい。

・日経新聞を音読すると、
  企画や提案が通りやすくなるらしい。
  言語を身につけることができる。

・人間は知的好奇心が満たされると、
  モチベーションが上がる。
  日経新聞を読み始めて3−6ヶ月たつと、
  毎日が充実してくるそうだ。

・アメリカの国債を日本や中国が買っている。
  そのお金で、アメリカは日本や
  中国のモノを買っている。

・3つの国力、経済力、軍事力、政治力を見る。

・国の3つの統計、GDP、失業率、
  経常(貿易)収支を見る。

・企業の欲望は、儲け続けること。

・重要な4つの業種は、
  自動車、電機、通信、金融。

・相場3兄弟は、為替、金利、株式。

・とてもおもしろい本。お勧め。
posted by ティー at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月11日

553.ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人

s-060911h.jpgソフトウェア開発 で伸びる人、伸びない人
荒井玲子著、技評SE選書、
2006年、208ページ、
ISBN 4-7741-2653-5

読もうと思った理由
・「デジタル世代のカイゼン術」の広告を見て、
  おもしろそうなので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 10分、
合計13分

060911m.gif
内容のメモと感想

・ソフトウェア開発の仕事で伸びる人、伸びない人を
  主にメンタル面から分析している。

・伸びる人は、目の前の仕事をやるだけでなくて、
  業界レベルの視野を持っていて、
  業界内での自分のポジショニングも上手。

・今日はこれとこれをやろうという、
  長期目標に合致した、今日の目標を持っている。

・コミュニケーション力や文章力も必要。

・SEだけでなく、他の専門職の人にも、
  役立ちそうな内容である。
タグ:荒井玲子
posted by ティー at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月10日

552.SEの読書術

s-060910h.jpg
SEの読書術
技術評論社編集部編、
2006年、190ページ、
ISBN 4-7741-2662-4

読もうと思った理由
・他で推薦されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 17分
合計20分

060910m.gif
内容のメモと感想

・ベテランのSEの方10名が、
  どんな本を、どういう方法で読んでいるか、
  述べている。

・よい原典をじっくり読んで基礎を固める、
  ふらふらするよりも蓄積することを勧めている。

・専門分野外のいい本を読むとよい。

・情報を得るには、本が一番効率がよい。
  ネットは間違いも多い。

・白州正子さんの「日本のたくみ」がおもしろそうなので、
 読んでみようと思った。

・SEでなくても、役立つ本。
posted by ティー at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月09日

551.あなたを変える稼ぎ力養成講座

s-060909h.jpg
新版 あなたを変える「稼ぎ力」養成講座
決算書読みこなし編

渋井真帆著、
ダイヤモンド社、
2006年、287ページ、
ISBN 4-478-47084-7

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 数日に渡って、合計数時間。

060909m.gif
内容のメモと感想

・貸借対照表、損益計算書、バランスシートの
  読み方。

・戦略を説明する時の根拠としても使える。

・資産=負債+資本。
  資本には、資本金と剰余金が含まれる。

・保証金は費用でなくて、資産らしい。

・流動と固定の区別は1年。
  流動性の高いものを上に書く。

・売上高から、売上原価を引いて、売上総利益(粗利)、
  販売費と一般管理費を引いて、営業利益。
  営業外収益と費用を引いて、経常利益、
  特別利益と損益を引いて、税引前当期純利益、
  税金を引いて、税引後当期純利益。

・キャッシュフローには、営業、投資、財務の
  諸活動による3種類がある。

・営業キャッシュフローは、大きなプラスがよい。
 投資キャッシュフローは、
  営業キャッシュフローの範囲で、マイナスがよい。
 財務キャシュフローはマイナスがよい。

・決算書は、同業他社、過去と現在、計画と実績の
  3つの比較をする。

・指標がいろいろ。

・まとまっていて、わかりやすい本。
タグ:渋井真帆
posted by ティー at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月08日

550.超高速時間術

s-060908n.jpg超「高速」時間術
矢矧晴一郎著、
成美堂出版、
2003年、253ページ、
ISBN 4-415-07054-X

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 14分、
合計17分

060908m.gif
内容のメモと感想

・準備8割主義。
 早くから少しずつ準備するといい。

・本を読む前に、どの章を重点的に読むか、
  パーセントを決めてから読むとよい。

・本を書く場合も同様に、
  読者にとっての重要度でページ数を決めるとよい。

・毎日、仕事の日記をつけ、
  反省し、今後どうするかのプランを書く。

・あちこちヒントになる本。
  また読み返したい。
タグ:矢矧晴一郎
posted by ティー at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月07日

549. 知恵を出す技術

s-060907h.jpg
知恵を出す技術
矢矧晴一郎著、成美文庫、
2004年、249ページ、
ISBN 4-415-07075-2

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 29分、
合計32分

060907m.gif
内容のメモと感想

・速読の本はあるが、速「考」
  の本はないので、
  この本を書かれたらしい。

・打たれ強くなるといいようだ。
  仕返しはせず、自分が信じる道を進むといい。

・社長になってもプログラミングをする姿勢は、
  立派だと思った。

・3年をめどに成果を出していく。

・先生がいる分野は最先端ではない、
  というのは、なるほどと思った。
  時代の新しい波に乗るには、
  先生なしの自己流の方がいいらしい。

・あちこちヒントが得られる本。
タグ:矢矧晴一郎
posted by ティー at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月06日

548.デジタル世代の「カイゼン」術

s-060906h.jpg
デジタル世代の「カイゼン」術
Life Hacks Press,
技術評論社、2006年、168ページ、
ISBN 4-7741-2728-0

読もうと思った理由
・他で話題になっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 15分
合計18分

060906m.gif
内容のメモと感想

・GTD (Getting Things Done)の他、
 Google, マインドマップ、プレゼンの方法、
 文房具、勉強会など、
 いろいろな手法について述べている。

・Hackというのは、プログラマーが自分用に作った、
  小さいプログラムのことらしい。
 Life Hacksというのは、
  仕事や生活に役立つ、小さな工夫のことである。

・「5分でできることリスト」は作ってみようと思った。

・2分以内にできることは、すぐやる、
  というのは、なるほどと思った。

・仕事の取り掛かりは、物理的に定義した方がいいようだ。
  「企画書を書き始める」だと重い感じがするが、
  「Wordを立ち上げる」なら、やりやすい。

・知識社会では、仕事の終りがはっきりしない、
  というのは、なるほどと思った。
  定義しにくい仕事の方が、おもしろいことが多い。
posted by ティー at 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月05日

547.ココロでわかると必ず人は伸びる

s-060905h.jpg
ココロでわかると必ず人は伸びる
木下晴弘著、総合法令出版、
2004年、239ページ、
ISBN 4-89346-853-7

読もうと思った理由
・他で推薦されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 49分、
合計52分
060905m.gif

内容のメモと感想

・著者は学習塾の講師、管理職を経て、
  現在は会社を設立して、
  教職向けのセミナーを行っている。

・「感動」が大事。
  マンネリになっている講師には、
  最初の頃の感動を思い出させた。

・入試の日に、子供たちに
  「お父さん、お母さんに御礼を言うように」と
  言ったら、全員受かったようだ。
  感謝のパワーだろうか。

・授業で最初から説明してしまったのでは、感動がない。
  種明かしは最後にする。
  質問形式にするとよい。

・授業本来のおもしろさは、余談やジョークでなく、
  知識を得ることに喜びを感じるような内容。

・塾では保護者とのやりとりもある。
  親の話をじっくり聞く。
  虐待をしている親には、子供の小さい頃の写真を
  持ってきてもらう。

・難しい交渉の方法が書いてある。
  問題行動をする子供の親が、
  子供を退塾させてくれない場合である。
  まず「録音していいですか?」と聞いて録音する。
  問題行動について論理的に説明する。
  次に相手の説明をよく聞く。
  「ご指導をお任せします」と言ってきたら、
  「では退塾していただくのが、指導です」と言うらしい。

・情熱的な本である。あちこち泣ける部分がある。

・コミュニケーションについて学べる本。
タグ:木下晴弘
posted by ティー at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月04日

546.ことばのご馳走4

s-060904h.jpg
ことばのご馳走〈4〉
こころを癒す137の話

金平敬之助著、1997年、
212ページ、
ISBN 4-492-22155-7

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 25分、
合計28分

060904m.gif
内容のメモと感想

・4つの言葉、「ありがとう」「すみませんね」
  「おかげさまで」「よくいらっしゃいました」を
   使うとよいらしい。

・新任リーダーの最初の挨拶は、
  前任者の肯定から始めるといいらしい。

・あちこちヒントになる本。


タグ:金平敬之助
posted by ティー at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月03日

545.セミナー講師になって稼ぐ方法

s-060903h.jpg
「セミナー講師」になって稼ぐ法
松尾昭仁著、同文館出版、
2006年、196ページ、
ISBN 4-495-57141-9

読もうと思った理由
・東京駅構内の書店で見かけて。
・いい講演ができる方法を知りたいので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 27分、
合計30分

060903m.gif
内容のメモと感想

・ビジネスブログのセミナー講師
  になった著者が詳細を述べている。

・最初は子供の学校で講演する、
  出身校で講演させてもらう、
  セミナーの手伝いをボランティアでやる、
  などの方法があるようだ。

・無料の講演でも引き受けた方がよい。
  主催者の許可を得て、
  マニュアルなどを販売できる。

・主催者になるのも勉強になる。
  数分でいいから、最初に壇上に立ち、
  写真を残しておくと、
  ホームページで使える。

・参加費が事前振込みでも、振り込まない人がいる。
  代金引換の宅配便で、チケットと交換にすると
  いいらしい。

・スタッフはボランティアで、
  無料で講演が聴けるらしい。

・最初に名刺交換タイムを作ると、
  明るい雰囲気になるらしい。

・継続的に稼げる講師は、
  本やセミナーなど自分に投資している。

・他のセミナーに参加する時も、
  講師・主催者の目で観察するとよい。

・あれこれ参考になる本。
タグ:松尾昭仁
posted by ティー at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(301-600)

2006年09月02日

544.書類&情報整理術

s-060902h.jpg
書類&情報 整理術
日経ビジネスアソシエ別冊、
2006年、106ページ、
ISBN 4-8222-2286-1

読もうと思った理由
・コンビニで見かけて、おもしろそうなので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 10分、
合計13分

060902m.gif
内容のメモと感想

・いろいろな人の机の上やカバンの中、
  パソコンなどの整理法が書いてある。

・携帯電話にかかってくる電話によって、
  着信音だけでなく、光の音で分類できるらしい。

・PEP (Personal Efficiency Program)
  というサービスがあり、
  クライアントの机の前に実際に来て、
  整理を指導するらしい。
  なるほど、そういうサービスもいいかもしれない、
  と思った。

・山根一眞さんのカバンの中がおもしろい。
  携帯電話はmovaとFOMAのデュアルネットワーク
  サービスらしい。

・カラー写真が多くて、見ているだけで楽しい本。
  あちこちヒントが得られる。
posted by ティー at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年09月01日

543.スピード思考の技術

s-060901h.jpg
スピード思考の技術
矢矧晴一郎著、成美文庫、
2003年、281ページ、
ISBN 4-415-07035-3

読もうと思った理由
・著者の人生戦略の本がよかったので、
 他の本も読んでみようと思った。
   
予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 39分、
合計42分

060901m.gif
内容のメモと感想

・スピードを上げるには、まず心を整える。
 他の人に貢献したい、という貢献心を持つ。
 心の大きさ、広さ、深さ、高さが必要。

・戦略は切り捨てと集中。
 まずは切り捨てる必要がある。
 凡人は関心が広く浅く、力を集中できない。

・本を書くスピードを上げるには、
 自分の考え、事例だけ書き、
  他人の情報を調べる時間をゼロにする。

 ペン・ストップ・ゼロのルールを作り、
  どんどん書ける所を書いていく。

 絶版になった本を別の出版社に持ち込み、
  古い部分を少し新しく書く。

・一流の人は、仕事の前に充分な準備をする。
  五感を使ってイメージしてみる。
  仕事の後に改良の工夫をする。
  「なぜ」と何度も繰り返して考える。

・速読の準備として、アウトプット目標を明確に決める。
  自分独自の視点、切り口を事前に決めておく。

・人を知るのに時間をかける。

・お勧めの本。また読み返したい。



タグ:矢矧晴一郎
posted by ティー at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。