はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2006年06月30日

480. 都会に住んで、元気になろう

s-060630h.jpg
都会に住んで、元気になろう。
中谷彰宏著、PHP研究所、
2002年、202ページ、
ISBN 4-569-62016-7
(題名からは文庫版をリンクしてある。)

読もうと思った理由
・以前買った本の再読。
・都会の暮らし方はどんな感じかと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 18分、
合計22分

060630m.gif

内容のメモと感想

・都会は知り合いに会うことが多い、
  というのは、その通りだと思った。
  先日、ベジャールのバレエ公演を
  東京で2回見たが、3人も知人に会った。
  地下鉄の中、公演後に五反田の歩道で、
  そして公演会場の中だった。

・週末は観光客が多い。
  平日の地元の人たちの服装がおしゃれらしい。

・年をとった時こそ都会に住んだ方がいい、
  というのは、なるほどと思った。
posted by ティー at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月29日

479.その声では損をする

s-060629h.jpg
その声では損をする、
荒谷起吉三著、
経済界、1981年、219ページ、

(この本はアマゾンに出てなかったので、
著者名から、同じ著者の他の本をリンクしてある。)

読もうと思った理由
・昔読んだ本が、掃除したら出てきて、
 なつかしくなった。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 22分、
合計25分、

060629m.gif

内容のメモと感想

・ボイストレーナーの著者が、
  声の出し方について書いた本。

・歌手や教師など、声をよく使う人で、
  声帯ポリーブの手術を受ける人が多いらしい。
  声をはりあげると、声をつぶす。

・体力作り、柔軟性をつけることを提唱している。

・私は開脚の柔軟性はあるが、背中を反るのは苦手だ。
  少しずつ練習しようと思った。

・風邪をひきにくくするには、ビタミンCと高タンパクだそうだ。
  
・私は著者の荒谷先生の週1度の
  トレーニングクラスに通ったことがある。
  代々木の体育館を使っていた。

  確か、最初は朝日カルチャーセンターの
  声の1回講座を受け、その後、
  代々木に通うようになった。

  まずは皆でランニング、その後は
  柔軟や、腹筋・背筋運動がある。
  声を実際に出すのは、最後である

・声のトレーニングに興味があった理由は、
  教育実習でお世話になった先生に、
 「授業はおもしろいが、声が小さい。
  もし教師になりたいなら、声を何とかしなさい」
  と言われたからだ。

  教師になる予定はなかったが、
  声が小さいと言われてくやしかった。
  たまたまこの本を見つけ、
  荒谷先生のクラスにしばらく通った。

  おかげさまで、今では、声が大きいとか、
  「元気な声」と言われるようになった。

・のどに負担をかけない、腹で声を出すなど、
  内田先生の発声法と似ている点も多い。

・荒谷先生の体力作りから始まるトレーニングと、
 内田先生の発声法を組み合わせると、
 すごいかもしれない。
 両先生のサイトは、iikoe.com
 yoikoe.comで、
 名前もなぜか似ている。

・荒谷先生の他の本が出ているので、
  読んでみようと思った。
posted by ティー at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

DVD-8: 小林十市のボーイズ・クラス

s-060629jyuuichih.jpg

小林十市のボーイズ・クラス

新書館、2006年、51分+特典15分

(アマゾンでは扱ってないので、
上記題名からは、フェアリーの通販を
リンクしている。)

見ようと思った理由
・ベジャールの公演会場で売っているのを
  見かけた。
・ベジャールバレエ団の指導方法は
  どんな感じかと思って。

内容のメモと感想

・前半はバーレッスン、後半はセンターでのレッスン。

・バーは、最初のいくつかは、右と左の両方の映像がある。
  途中から右だけになる。

・tenduの種類が多い。スピードの速い動きが結構ある。

・tenduで太ももの間にタオルをはさんで練習する方法が
  あった。やってみると、結構難しい。
  足の内側を意識するために、よさそうだ。

・後半はセンターで、ジャンプや回転がある。
  男の子らしい動きで、見ていて楽しい。

・特典映像で、小林十市さんのインタビューがある。
  小林さんは、School of American Ballet (SAB)で
  バランシン風のテンポの速い動きを学んだらしい。
  その後、ヨーロッパのもう少し、地に足をつけた、
  プリエ重視の動きも学んだ。

・下半身の基礎をしっかりさせることにより、上半身が自由になる。

・ベジャールバレエ団では、先輩のジル・ロマンにも
  いろいろ学んだとのことだ。

・男性向けのバレエのレッスンDVDであるが、
  女性でバレエが好きな人にもおもしろい。
posted by ティー at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

2006年06月28日

478.人生を豊かにする声の変え方

s-060628h.jpg人生を豊かにする声の変え方
内田隆幸著、2003年、159ページ、
ISBN 4-901465-80-5

読もうと思った理由

・以前買った本の再読。
・先日受講した、内田先生の声の体験レッスン
 よかったので、復習を兼ねて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 14分、
合計17分、

060628m.gif

内容のメモと感想

・いい声、響く声を出すには、
 姿勢をよくして、腹筋を使い、咽喉を開放すると
 よい。生まれたての赤ちゃんが泣くのと、
 同じ発声方法らしい。

・本だけでいい声を出すのは、
  難しいかもしれない。
  やはり実地で、内田先生の声の体験レッスンに
  行く方がいいだろう。
  メルマガに登録すると、体験レッスンの日程が
  送られてくる。
  私はなかなか予定が合わなくて、
  本を買ってから1年以上たってから、
  ようやく受講できた。

・歌を歌いたい人だけでなく、
  大きな声を出す必要がある学校の先生や、
  講演をする機会がある人にも役立つ。
  体験レッスンでも、いろいろな仕事の方が
  来られていた。
posted by ティー at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月27日

477,いつの間にかお金が貯まる簡単な習慣

s-060627h.jpg
いつのまにかお金が貯まる簡単な習慣
山崎えり子著、PHP
2002年、189ページ、
ISBN 4-569-62286-0

読もうと思った理由
・ずっと前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 21分、(MM略)
合計24分

内容のメモと感想

・書く仕事をするまでの過程が興味深い。
  ハローワークであまり親身になってもらえず、
  懸賞の応募から、文章の公募に出すようになり、
  家計簿で大賞をもらう。
  ラジオ出演がきっかけで、本も出すようになる。

・失敗や努力も書いていて、わかりやすい本。

・節約本としては、著者の以前の本の
 「節約生活のススメ」の方がよいだろう。
posted by ティー at 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月26日

476. 工夫生活のススメ

s-060626h.jpg
工夫生活のススメ
山崎えり子著、
飛鳥新社、2000年、217ページ、
ISBN 4-87031-400-2

読もうと思った理由
・以前買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 18分、(MM略)
合計21分、

内容のメモと感想

・おばあちゃんの知恵みたいな、
 生活のヒントが書いてある本。

・夏ばてには、酢を使った料理もいいらしい。

・冬の風邪対策には、しょうが、ねぎの他、
  にらが体を温める効果があるらしい。

・米のとぎ汁にふきんをつけておくと、白くなるらしい。

・水が一番安い洗剤、というのは、なるほどと思った。

・ブラインドを洗う時に、軍手を使うといいようだ。

posted by ティー at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月25日

475. 節約生活のススメ

s-060625h.jpg
節約生活のススメ
山崎えり子著、飛鳥新社、
1998年、216ページ、
ISBN 4-87031-344-8

読もうと思った理由
・だいぶ前に読んだ本の再読。
・少し前に新聞記事で著者の名前を見かけたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 18分、(MM掲載略)
合計21分、

内容のメモと感想

・単に節約するだけでなく、かける所にはかけるのが
 大事そうだ。
 
・しょうゆは無添加、天日塩のものがおいしいそうだ。

・布団を干す時は、古いシーツを下に敷くといいようだ。

・この本の中から、いくつか実行できそうな点を
 試してみるといいのだろう。

・検索すると、著者の留学などが事実と反するという報道が
  あったらしい。そういう問題があるにしても、
  単純に節約ヒント集として読めば、
  役立つ本である。
posted by ティー at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月24日

474. 少ないモノでゆたかに暮らす

s-060624h.jpg
少ないモノでゆたかに暮らす
大原照子著、大和出版、
1999年、219ページ、
ISBN 4-479-78060-2

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 27分、
合計30分、

060624m.gif

内容のメモと感想

・著者は英国留学を経て、
 シンプルライフをするようになる。
 以前は料理研究家として、多数の調理用具を
 持っていたが、ほとんど処分して、
 少ない個数にしている。

・動作がきれいでないと、いい仕事はできないらしい。
 料理の動きに注意してみようと思った。

・留学中は、ご飯ものが人気だったそうだ。
 ちらし寿司を、にんじん、マッシュルーム、
 錦糸卵で作ったらしい。

・あちこち参考になる本。

posted by ティー at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月23日

473. お金持ちになるちょっとした習慣術

s-060623h.jpg
お金持ちになるちょっとした「習慣術」
The21編集部、PHP、
2004年、185ページ、
ISBN 4-569-63924-0

読もうと思った理由
・渋井真帆さんの記事があるので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 27分、
合計30分、

060623m.gif

内容のメモと感想

・柴山恵美子さんが書かれている、斎藤一人さんの言葉が
 なかなかいい。魅力的な言い方、例えば、
 「不況で困る」->
「不況でも繁盛している店があるのだから、
  うちもがんばらなくては」、
 「私は足が短い」-> 「私は胴が長いので、
  座ると立派に見えるんですよ。」
 「私は頭が悪い」->
「物覚えが悪いから、何度も読みます」など。

要はネガティブなことを言い換えて、
  自分の行動を述べる、ということだろう。

・中華街は、近くに店をたくさん作り、
  助け合って競争している。

・アフィリエイトは、バナーよりもテキストの方が
 クリック数が30倍多いらしい。
 穴場キーワードをトップページに入れておくらしい。

・好きなことをするとよいようだ。
  夜景を見るのが好きな人が、夜景評論家、など。

・あれこれヒントになる本。

posted by ティー at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

舞台: L'amour, La danse 愛、それはダンス(ベジャールバレエ団)

五反田のゆうぽーとで見た。
ベジャール振付の作品を集めている。

ジル・ロマンが「ブレルとバルバラ」の
「Dis quand reviendras-tu? いつ戻るか教えて」と
「Avec elegance エレガンスをもって」を踊った。

インド風の音楽などうまく組み合わせている。

最後のQueenの「Show must go on」が
とてもいい曲だと思った。
CDを買う予定である。

針金を曲げた、柵のようなものを2つ使っていた。
観客から見て、縦置きにすると、
2つの世界を分ける境界になり、
後ろの横置きで背景になる。

舞台の端にずらっと10人ほど座る動きがあって、
おもしろい。

男性がトゥシューズをはいて踊る場面があって、
珍しいと思った。

オレンジの布をうまく使っている。
白い服にオレンジの対比がきれいである。
人を隠したり、単にウェストのアクセントになったり、
おもしろい。
posted by ティー at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

2006年06月22日

472. モノの捨て方で人生が変わる

s-060622h.jpg
モノの捨て方で人生が変わる
川北義則著、青春出版社、
2000年、240ページ、
ISBN 4-413-03213-6

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 10分(MMなし)
合計13分

内容のメモと感想
・表題にあるモノの捨て方だけでなく、
 時間の使い方や人生観についても述べている。

・ゴルフのスコアをごまかすのは、
 官僚や大企業の役員など、
 社会的地位の高い人に多いらしい。

・会社を安易にやめる人に警告を発している。
  不遇な時、辞表がすぐ受理されそうな時は
  やめてはいけない、1年は考えろ、とあった。

・今は少し景気がよくなったが、
  不況時代に書かれた本にある教訓も
  大事だと思った。
posted by ティー at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月21日

471. I am a man.

s-060621h.jpgI am a man.
高橋滋著、
オータパブリケイションズ、
2003年、174ページ、
ISBN 4-900297-80-1

読もうと思った理由
・レストラン「カシータ」が他で紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 48分、
合計51分、

060621m.gif

内容のメモと感想

・レストラン「カシータ」のオーナーである著者が、
 「カシータ」のコンセプトを語った本。
 著者の本業は、オートバイを世界から仕入れて、
 日本の販売店に卸す仕事らしい。

・1章で、著者がホテルなどいろいろなサービスを
  比較している。
 2章では「カシータ」のコンセプト、
 3章はスタッフに向けて書いた文章で、
  オペレーションについても述べている。

・ANAとJALの比較は興味深い。
 JALのチーフパーサーは40代男性でややえらそう、
 ANAのチーフパーサーは30代女性で、
  元気があっていいそうだ。

・1泊10万円でも、日本の旅館は、
  休暇なのに朝早く起こされて朝食を食べ、
  10時には追い出されてしまう。
  旅館が衰退気味なのも、もっともだと思った。

・いろいろな国のすばらしいホテルについて書いてある。
  リッツ・カールトンは評価が高い。

・リゾートホテルで滞在そのものを楽しむように、
  リゾートレストランは、食べ物だけでなく、
  そこでの時間を楽しんでもらおう、という
  コンセプトらしい。

・他のレストランを見るよりは、
  ホテル、エステ、MKタクシー、アメックスなど、
  他の業界のよいものを、自分のお金で経験すると
  いいらしい。

・他の業界のいい点を、「自分の仕事で使おう」とするのが
  上級者のようだ。

・ビジネススクールのケースになりそうなレストランだ。
 他の分野の人にも、いろいろ参考になる本。
posted by ティー at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月20日

470.スチームフード

s-060620h.jpg
スチームフード
長尾智子、福田里香著、
柴田書店、2003年、131ページ、
ISBN 4-388-05919-6

読もうと思った理由
・蒸篭を買おうと思うので、
 使い方を知りたい。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 12分
合計15分

060620m.gif

内容のメモと感想

・蒸す料理に関して、基礎から解説している。

・よくある質実剛健な料理本と違い、
 写真が芸術的だったり、かわいかったりして、
 楽しい。

・まずは身近な素材を蒸してみよう、というあたりが、
 理科の実験風でおもしろそうだ。

・米を蒸す時、下にふきんを敷くといいそうだ。
  お皿で蒸す時も、皿の下にふきんを敷くと、
  取り出しやすい。

・蒸しすぎに注意した方がいいらしい。
  時間だけ蒸したら、鍋から、はずしておく。

・後半は手の込んだ料理のレシピものっている。

・蒸す料理に興味がある人に、お勧めの本。
posted by ティー at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月19日

469.「気品」の教科書

s-060619h.jpg
「気品」の教科書
畑中由利江著、大和出版、
2006年、190ページ、
ISBN 4-8047-0354-3

読もうと思った理由
・著者のスクールのホームページを見て。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 23分、
合計26分

060619m.gif

内容のメモと感想

・姿勢をよくするには、
  壁にかかと、おしり、頭をつけ、
  さらに両肩もつけるとよい。

・二重敬語を避ける。
  「おっしゃられる」でなくて、「おっしゃる」
  「おいでになられる」でなくて、「おいでになる」。

・あちこち参考になる本。
posted by ティー at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月18日

468. 美オーラ

s-060618h.jpg
美オーラ
畑中由利江著、
幻冬舎、2005年、127ページ、
ISBN 4-344-01016-7

読もうと思った理由
・著者のスクールのホームページを見て。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 16分、
合計19分

060618m.gif

内容のメモと感想

・レストランではお皿に触らないのが正しいマナーらしい。
 お皿の裏を見てメーカーを確かめるのも、よくない。

・プチアクセサリーは、ヨーロッパでは、
  使用人と間違えられる。
  大ぶりのアクセサリーを堂々と付けるのがよい。

・あちこち参考になる本。また読み返したい。
posted by ティー at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月17日

467.Romancing the world, a biography of Il Divo

s-060617bh.jpg
Allegra Rossi,
Romancing the World:
A Biography of Il Divo
,
Orion Books, 2005,
ISBN 0-75287-519-1

読もうと思った理由
・イル・ディーヴォのCDがよかったので。

普通読みで1時間半くらい。
その後、MM1時間13分。

060617m.gif

内容のメモと感想

・イル・ディーヴォの伝記。
 写真がたくさんあるので、
 英語が読めない人でも、十分楽しめるだろう。

・イル・ディーヴォができたいきさつ、
 4人のこれまでのソロ活動などについて
 述べている。

・オペラのソロ歌手は、グループを作ろうとは思わないので、
 本人たち以外の人が集める必要がある。

・Simon Cowellというプロデューサーが、
  3大テノールを見ていて、思いついたらしい。
  2年かけて、数百人をオーディションして、
  決めたようだ。

・オーディションを勧められて受けて、
  仕事をオファーされる、という順番のようだ。
  スペインのCarlos Martinは、
  ソロのオーディションだと思っていたら、
  グループだったので、いったんことわったが、
  もう1度、Cowell氏と話をして決めた。

・ソロのキャリアを中断して、グループで歌うのは、
  周囲に反対された人も多い。
  新しい分野へのチャレンジ、
  クラシックをもっと大勢の人に親しみやすく、
  というコンセプトにひかれたようだ。

 David Millerが言うように、
 全員が30代であることも重要である。
 ある程度のキャリアを積んでいて、
 新しいことをやりたくなる年代である。

・ポピュラー出身のSebastien Izambardは、
  オーディションで他の人の声を聞いて、
  帰ろうと思ったそうだ。
  David Millerに「自分なりの声を出せばよい」と
  言われてそうしたら、うまくいったそうだ。

・アルバムを作る時は、複数の言語で歌ってみて、
  よいのを採用しているそうだ。
  最初のアルバムでは45曲録音して、
  11曲を入れている。
  Unbreak My Heartも、英語は女性的な歌になったが、
  スペイン語にすると、よくなったそうだ。

・My Wayはたまたま練習中に4人が歌っていたら、
  うまくいったので、Simon Cowellの部屋に押しかけ、
  アカペラで歌ったそうだ。
  その結果、アルバムに採用された。

・Carlos Martinは、2008年までの
  Il Divo以外の公演の予定をキャンセルしたそうだ。
  本が書かれたのは2005年なので、
  3年先まで公演予定が入っていたことになる。

・このグループが何年続くかわからないが(おそらく10年以内?)、
  解散後もそれぞれソロで活躍しそうで、
  楽しみである。

・イル・ディーヴォの歌が好きな人なら、
  持っておいて損はない本。
posted by ティー at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

舞台:Ballet for Life (ベジャールバレエ団)

五反田のゆうぽーとで見た。
ベジャール氏は健康上の理由で、
来日してないらしい。

フレディ・マーキュリーという、
Queenのメンバーだった人に捧げる作品らしい。
私はQueenもフレディ・マーキュリーも
全然知らなかった。

時々モーツアルトの曲が挟まれていて、
なぜかほっとする。

病院の移動寝台を使った踊りが印象的だった。

球の中に入った人の動きがあった。

小さい部屋に男性が次々と入っていき、
それぞれが違う動きをしている場面があった。
よくあんな狭い所で踊れる。
動きの組み合わせがすごいと思った。

舞台の広さを全部使う踊りと違い、
こういう制限された空間での動きは
難しくておもしろい。
posted by ティー at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

2006年06月16日

466.幸せをつかむ!時間の使い方

s-060616h.jpg幸せをつかむ! 時間の使い方
和田裕美著、ダイヤモンド社、
2005年、219ページ、
ISBN 4-478-73323-6

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 25分、
合計28分、

060616m.gif

内容のメモと感想

・会議で不利なことを決定されると困る場合、
  仕事のできる男性上司をイメージするとよいらしい。
  根拠をしっかり伝え、結論を述べる。
  論理的に話をする。

・雑用を頼まれないようにするには、
  忙しそうな演技をする。

・集中するには、片付いてないことを
  気にしないとよい。
posted by ティー at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月15日

465,金田一先生に教わった手紙のこころ

s-060615h.jpg
金田一先生に教わった
手紙のこころ

井上明美著、学習研究社、
2005年、223ページ、
ISBN 4-05-402751-2

読もうと思った理由
・他で推薦されていた。
・葉書を時々出すので、書き方の参考に。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 10分、
合計13分

060615m.gif

内容のメモと感想

・葉書や手紙の書き方を、
  状況別に説明していて、
  わかりやすい。

・著者は金田一春彦さんの秘書を10年以上された。
  金田一さんは元部下に尊敬されていて、
  人柄がうかがえる。

・最初の方を中心に読んだ。

・寒中見舞い、暑中見舞い、残暑見舞いの期間は、
  いつも迷うので、こういうはっきり書いてある本があると、
  わかりやすい。

・書いてはいけない表現も役立つ。
  出産祝いで「待望の」と書かない、
  結婚祝いで「別便で」と書かない、
  など知らない例もあった。

・喪中に年賀状をもらった場合、
  喪中の人に年賀状を出してしまった場合についても
  例が載っている。

・本箱に入れておいて、必要になったら、
  該当ページを見たい。
posted by ティー at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月14日

464. 「蒸す」って、おいしい。

s-060614h.jpg
「蒸す」って、おいしい。
吉田勝彦著、文化出版局、
2005年、95ページ、
ISBN 4-579-20738-6

読もうと思った理由
・蒸篭を買おうかと思っているので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 13分、
合計16分。

060614m.gif

内容のメモと感想

・中華料理の店を持っている著者が、
  「蒸す」方法やレシピについて書いた本。

・蒸篭を使う時、下に敷くものとしては、
  キッチンペーパーの他、
  レタスや青しその葉があるようだ。

・蒸し魚の場合、皿を置いて蒸す。
  熱くなった皿を持ち上げる金属の道具が
  写真に写っていて、気になった。

・れんげに載せて蒸す方法もある。

・ちょうどいい蒸し時間をタイマーで測るといいようだ。

・楽しい本。
posted by ティー at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月13日

463, シンデレラの行動。。

s-060613h.jpgもしも、シンデレラの行動が
すべて計算ずくだったら?

樋口卓治著、PHP研究所、
2006年、153ページ、
ISBN 4-569-64912-2

読もうと思った理由
・NLPのクラスメートのIslaさんが
 紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分、
合計23分

060613m.gif

内容のメモと感想

・放送作家の著者が企画について書いた本。

・会議でいいアイディアが出ても、
  気付かない人もいる。

・0から1を生み出すだけでなく、
  1から1'を生み出す。

・才能を磨くとは、レシピを増やすことである。

・自分を笑える人。

・薄くてさっと読めるが、あちこちおもしろい。
posted by ティー at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月12日

462.人に好かれる話し方

s-060612h.jpg
人に好かれる話し方
和田裕美著、2005年、
230ページ、
ISBN 4-479-79122-1

読もうと思った理由
・他で推薦されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 31分、
合計34分

060612m.gif

内容のメモと感想

・話し方の前に、話しやすい雰囲気作り、
  聞き方について述べていて、
  なるほどと思った。

・笑顔の持続力のない人がいる。
  1分は続けられるようにする。

・相手の話を共感して聞く。
  謙譲ワードには、ちゃんと反論する。
  質問されたら、相手にも聞く。
  
・五感を使って聞くといいようだ。

・相手が何を言って欲しいかに気付くことが必要。

・相手が幸せになることを考えるには、
  自分がハッピーである必要。

・小説を読んで、言葉の背景を知ったり、
  イメージをふくらますとよい。
  女性は男性作家、男性は女性作家の
  エッセイや小説を読むといいらしい。

・語尾の「です」をやわらかく言う方法が書いてあった。
  「す」で笑顔でマシュマロをイメージすると
   いいようだ。
   私はブラシュアップ講座の話し方のクラスで、
  「語尾がきつい」と言われたので、
  やってみようと思った。

・「できません」といきなり言うのでなく、
  「○○のようにしたい気持ちで一杯ですが」
  と気持ちをまず言ってから、事実を言う。

・「本の感想は?」という聞き方ではなくて、
  「気に入ったフレーズは?」
  「今後どのように自分に役立てていきたいですか?」と
  聞く。

・時々読み返したい本。
posted by ティー at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月11日

461.運命の仕事に出会う本

s-060611h.jpg
運命の仕事に出会う本
和田裕美著、大和書房、
2006年、238ページ、
ISBN 4-479-79160-4

読もうと思った理由
・他で勧めていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 37分、
合計40分

060611m.gif

内容のメモと感想

・仕事の心構えについて書かれた本。

・今のステージで真ん中に
  立てるように頑張っていると、
  次のステージが用意される。

・好かれる努力、相手を立てる努力を職場で学ぶことができる。

・トイレ掃除をするとお金が貯まる。

・仕事ができて、人気もある人は、
  セミナーの受講態度もよい、とあった。
  受講態度が悪い例としては、
  ずっと下を向いていて、話を聞かない、
  資料を先の方までぱらぱら見て、
  ふん、という感じ、とあった。

  自分はずっと下を見るようなことはないが、
  資料を先までぱらぱらフォトリーディング、はよくやる。
  感じが悪くならないように気を付けようと思った。

・仕事で大ヒットを出した後、孤立していく人は、
  「自分1人でやった」という驕りが出る人である。

・楽をすればするほど、後でしんどくなる。
  本当の楽は、いつも動いていて、いつも活性化していること。

・山の中腹で降りない。頂上の達成感をイメージして、
  具体化する。

・パワーが伝わってくる本。お勧め。

posted by ティー at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月10日

460. 仕事は、かけ算。

s-060610h.jpg
仕事は、かけ算。
鮒谷周史著、かんき出版、
2006年、235ページ、
ISBN 4-7612-6346-6

読もうと思った理由
・他で推薦されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 33分
合計36分

060610m.gif

内容のメモと感想

・会社が倒産して失職した後、
 自分で仕事を始めて成功した著者が書いた本。
 普通の人の目線から書いていて、わかりやすい。

・ノウハウや技術だけを学ぶのでなくて、
  背後の思考体系、言語体系を学ぶといいようだ。

・結果に関する質問を大量に自分に投げかけるといい。

・定石をセミナー、本、人から学んで、自分の言葉に置き換え、
  定石として蓄積するといいようだ。

・どうしたら他者に貢献できるかを考える。
 松下幸之助さんによると、世の中に提供した価値の10分の1が
 自分のものとして返ってくる。

・お客様から時間を割いてもらうには、
  どんな情報・人脈・ノウハウを提供できるのか、
  考える。

・気分が乗らない時にどうするかも書いてある。
  人に会うアポイントを入れる、
  大きな声を出す、など。

・時間の家計簿をつけてみるとよいそうだ。

・お金を払って、プロのノウハウを身につける。

・個人ブランドを確立している実力経営者をイメージする、
  すぐやる共和国の大統領と思う、など
  イメージの力の利用はよさそうだ。

・ビジネスモデル1000本ノックがよいそうだ。
  アイデアマラソンと似ていると思った。

・つらい時に泣く人ではなくて、
  つらくても笑顔で努力する人を、
  人は助けようとする。

・苦しい時は、ゴールをイメージし、
  「ありがとう」と言ってみるとよい。

・辛い経験も生涯に渡ってのネタとなる。

・セミナーで学んだことを、その日のうちに
  1つでも実行する、
  セミナーで周りの人と話をして友人を作る、など
  セミナーの受け方も参考になる。

・お勧めの本。
posted by ティー at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月09日

459. 夢をかなえる女になれる本

s-060609h.jpg
夢をかなえる女になれる本
渋井真帆著、三笠書房、
2005年、206ページ、
ISBN 4-8379-2143-4

読もうと思った理由
・ブラシュアップ受講生のメーリングリストで
  話題になっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 50分
合計53分

060609m.gif

内容のメモと感想

・男もお金も追いかけると逃げる。
  まずは自分の魅力を高め、
  付加価値のある仕事ができるようになること、
  とあった。

・自分の格を高く保つ行動をとるといいようだ。
  大変な目にあった時も、
  相手や周囲を考えられる余裕が
  ある人がよい。
  自信がない時も、不安のために心を乱さない。

・「私に仕事を頼まないと損しますよ」
  と自信を見せるとよい。
  「どんな小さな仕事でも引き受けますよ」 
  と言わないこと。

・「利他の心」があるかどうかで相手を見ている。
  自分のことや上司だけでなく、
  顧客、会社(上司)、自分の三方得がよい。

・付加価値ある仕事ができるには、
  社会の仕組みやニーズを知る必要がある。

・いい意見を持っていても、論理的にうまく提案できない
  と効果がない。

・視点を変えるとよい。
  どうしたらできるか、成功の方法は1つでない、
  今あるものを活かす、何があっても勝負を降りない、
  の4点が大事である。

・服の色や雰囲気を相手によって、使い分けるといいようだ。
  議論が紛糾しそうな時はブルー系、
  周りを元気にしたい時は赤がよい。

・お金は使って回していく、
  お世話になった方にお礼したり、
  投資をする時も、役立っている会社に投資するとよい。

・マインドセットをいろいろ学べる本。お勧め。
posted by ティー at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月08日

458.女のお金の超常識

s-060608h.jpg
女のお金の超常識
渋井真帆著、WAVE出版、
2005年、158ページ、
ISBN 4-87290-236-X

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座のメーリングリストで
 話題になっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 27分、
合計30分

060608m.gif

内容のメモと感想

・お金の基礎知識を漫画で説明していて、
  わかりやすい。

・家計簿で、カード払いは、
  買った月に記入するといいようだ。
  自分の場合、アマゾンなどのカード支払いを、
  引き落とし日につけていたのだが、
  買った日に付けた方がよさそうだ。

・源氏物語やお菓子の本など、
  参考文献もおもしろそうだ。

・株式会社の起こりは、
  香辛料を求めてインドに航海する時、
  貴族がお金を出資した所に始まるらしい。
  株は余剰資金でやる方がいい。

・人の2倍考えた人は、10倍儲けられるそうだ。
posted by ティー at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

原田隆史さんの番組

「企業を変える、会社員への生活指導」
ゲスト:原田隆史、
カンブリア宮殿、2006年6月5日(月)22:00-、TV東京、
(再放送:BSジャパン、6月8日(木)21:00-を見た。)

見ようと思った理由
・あるメーリングリストで放送予定を教えていただいた。
・原田さんの「大人が変わる生活指導」
 よかったので。
  
番組のメモと感想

・カンブリア宮殿という番組は、初めて見た。
  インタビュー形式で、途中に読者や
  会場の人の質問が入る。

・スタジオは、カンブリア期の洞窟風に
  作ってあって、不気味だ。
  中に入るとまた違うのかもしれない。

内容のメモと感想

・ユニクロの社員1000人が原田さんに教育を受けたそうだ。
  これまでセミナーを受講した会社員は、
  180社で4万人とのことだ。

・3x3のます目にポストイットでいろいろ貼っていた。

・教育者やリーダーに必要な3点は、
  必要な時は厳しく、あるいは優しく、そして楽しいことだそうだ。

・時間が限られていて、原田さん自身の話はあまり聞けない。
  もっと聞きたい人は、DVDが付属した、
 「夢を絶対に実現させる方法!」の方がいいだろう。
posted by ティー at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

2006年06月07日

457. 仕事心の育て方

s-060607h.jpg仕事心の育て方
渋井真帆著、小学館、
2006年、127ページ、
ISBN 4-09-387610-X

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座受講生の
  メーリングリストで、 
  著者の本が話題になっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 18分、
合計21分

060607m.gif

内容のメモと感想

・仕事をする上でのマインドセットについて
 述べている。

・愛のある仕事を提唱している。
  上司、会社、顧客、社会を愛して、
  よく見ることが大事である。

・目の前の仕事に自分の意志を吹き込む、
  当たり前のことをしっかりやり、
  当たり前の幅と深さを広げる、
  実現可能かどうかわからなくても、
  勇気を出して、自分の夢に向かって努力することが
  大事である。

・上司は教えてくれる人、サポートしてくれる人、
  と思わずに、顧客と考える。
  クライアントを満足させる必要がある。

・チャンスを得るには、できそうと思わせることが大事、
  心と体を鍛えておく。

・相手の時間を大事にするのも礼儀である。

・働き始めの人を対象に書かれた本のようだが、
  社会人になってからだいぶ経つ人にも、
  役立つ本。お勧め。
posted by ティー at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月06日

456. 王様の速読術

s-060606h.jpg
王様の速読術
斎藤英治著、ダイヤモンド社、
2006年、220ページ、
ISBN 4-478-73329-5

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座のクラスメートの方が
 勧めてられたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 27分、
合計30分

060606m.gif

内容のメモと感想
・速読およびアウトプットの方法を述べた本。

・自分は王様、本は家来、
  王様は忙しいので30分だけ時間を使う、
  という考え方は、おもしろいと思った。

・暗い国から、クラゾーという若者が、
  明るい国の王様に秘訣を聞きにきて、
  王様が教える、という設定が楽しい。
  クラゾー君の成長がわかる。

・この本の途中に「30分」と書いてあったので、
  キッチンタイマーを持ってきて、
  残り時間をセットした。
  すると、ちょうど30分で読めた。

  普段の読書は、開始時刻と終了時刻を記録していたが、
  タイマーは最近使ってなかったので、
  また使おうと思った。

・アウトプットとしては、1つのアイディアについて、
  1200字書くのが目安らしい。
  Wordだと40字x 30行、本だと2ページの分量である。
  
・知識が増えてくると、自分が偉くなったような錯覚を感じるが、
  知識をどう使うか日々考えると、
  自分の未熟さがわかり、謙虚になれるそうだ。

・余暇は未来を見据えるタイプの活動を選ぶといいらしい。
  日常に戻った時に、さらに未来に向かった発想や工夫を
  生み出しながら前進できる。

・フォトリーディングの講座を受けて、ある程度
  フォトリーディングが身についた人が、
  この本を読むと、いろいろヒントが得られるだろう。
posted by ティー at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月05日

455. 原稿用紙10枚を書く力

s-060605h.jpg
原稿用紙10枚を書く力
斎藤孝著、大和書房、
2004年、195ページ、
ISBN 4-479-79100-0

読もうと思った理由
・斎藤孝さんの他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 29分、
合計32分、

060605m.gif

内容のメモと感想

・原稿用紙10枚をランニング10kmに
  例えていて、わかりやすい。
  本1冊が300枚なので、
  まずは10枚分書ける練習をするとよい。

・起承転結の「転」の部分をまず考える。

・10枚書くには、構想が必要。
  3つのポイントを作る。

・何か書くと決めたら、一定の形まで詰める。
  章の名前だけでなく、細かい見出しまでメモする。

・カセットテープに向かってゆっくり話し、
  それをパソコンに打ち込むと書きやすい。

・アニメや映画のノベライスをやると、
  自信がつくらしい。

・読書をする時も、書く材料を探すつもりで読むと
  いいそうだ。

・話すと発散してしまう。
  書きたい内容について、あまり話さない方がよい。

posted by ティー at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月04日

454.あなた自身の社会

s-060604h.jpg
あなた自身の社会
―スウェーデンの中学教科書

アーネ・リンドクウィスト、
ヤン・ウェステル著、
川上邦夫訳、新評論、
1997年、212ページ、
ISBN 4-7948-0291-9

読もうと思った理由
フィンランドの教科書がおもしろかったので、
 スウェーデンの教科書も見てみようと思った。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 26分、
合計29分、

060604m.gif

内容のメモと感想

・スウェーデンの中学校の社会の教科書を
  翻訳したもの。

・1章で法律の話の後、いきなり
  犯罪の話になる。
  逮捕されるとどうなるか、
  警察官の仕事がのっている。
  身近でわかりやすい。

・経済も具体的な話が中心になる。
 家族の収入と支出、子供にかかるお金、
 商品の保証、消費者情報、
 クレジットの仕組み、広告など、
 すぐ役立ちそうな内容である。

・離婚した場合の取り決めにも触れていて、
  実際的である。

・大人が読んでも、おもしろい。
posted by ティー at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月03日

DVD-7. ベジャール!

s-060603bejart.jpg
ベジャール!
(原題:Bejart! Vous avez dit Bejart?)
2005年、フランス、91min.

見ようと思った理由
・ベジャールの映画、
 「ベジャール、バレエ、リュミエール
 (B comme Bejart)」
 がよかったので。

内容のメモと感想

・バレエの振付のベジャール氏の80歳を記念して
 作られたドキュメンタリー

・ジョルジュ・ドンの「ボレロ」は他のDVDにもあるが、
  ナポリの踊りは珍しい。
  明るい踊りも似合う人だと思った。

・ジル・ロマンの「アダージェット」が少し入っている。
  ジョルジュ・ドンが教えた、とのことだ。

・「カブキ」というバレエは、忠臣蔵を題材にしている。
  切腹の場面をどう表現するか、じっくり観れた。
  泉岳寺が忠臣蔵ゆかりの場所だとは知らなかった。

・イタリアの地下の死体保存所の映像には、びっくりした。

・インドなど、どこへ行ってもバレエの題材にしてしまって、
 たくましい。自宅は本で一杯であり、
 インプットの量もすごいと思った。

・自分のバレエ団に、無料のバレエ教室を併設しているらしい。
  バレエ団の主な収入源は、海外公演である。

・ベジャールさんはマルセイユ生まれらしい。
  以前行ったことがある場所なので、
  映像がなつかしかった。

・ベジャールが初めての人は、このDVDでなくて、
 「ベジャール、バレエ、リュミエール」
 の方がいいかもしれない。
posted by ティー at 07:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

453.野菜料理

s-060603h.jpg野菜料理
ベターホーム出版局、
2004年、191ページ、
ISBN 4-938508-10-9

読もうと思った理由
・以前買った旧版がぼろくなってきたので、
  新しい版を買った。
・野菜は健康にいいので、
 もっとレパートリーを増やしたい。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 11分、
合計14分

内容のメモと感想

・うど、おくら、なめこなど、
 普段あまり使ってない材料が結構あった。
 いろいろな野菜を使ってみたい。

・旧版と比較してみると、
 新版は後ろの方に、とうがん、おかひじき、
 モロヘイヤ、など新しい野菜が加わっている。

・料理本をフォトリーディングしておくと、
  料理を作る時に思い出しやすい
  ことを期待したい。
posted by ティー at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月02日

452.健康の結論

s-060602h.jpg

健康の結論
―「胃腸は語る」ゴールド篇

新谷弘実著、弘文堂、
2005年、318ページ、
ISBN 4-335-65118-X

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 36分、
合計39分

060602m.gif

内容のメモと感想

・体内酵素をあまり使わない工夫をするといいそうだ。

・食事の仕方は、著者の「胃腸は語る」
 内容が似ていた。

・私は納豆はあまり食べてないので、
  もっと食事に取り入れようと思った。

posted by ティー at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年06月01日

451. 東京早起き案内

s-060601h.jpg
東京早起き案内
散歩の達人ブックス、
交通新聞社、
2002年、143ページ、
ISBN 4-330-69602-9

読もうと思った理由
・最近、早起きしているので、
  早起き文化?に触れようと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 14分
合計17分、

060601m.gif

内容のメモと感想

・冒頭がラジオ体操でびっくりした。
  昭和の香りがする、レトロな絵がのっている。

・早朝に座禅をできる場所があるらしい。

・早朝に入れる銭湯が紹介してある。

・朝食メニューの写真がたくさんのっている。
  一番おいしそうだと思ったのは、
  p.60のおにぎりセットだ。
  おにぎりの上にそら豆(枝豆かも)がのっている。

・築地に素人が行く場合、午前9:00過ぎがいいらしい。
  早朝の5:00-6:00はプロで殺気立っているらしい。

・皇居外苑のジョギングは、私も一度やってみたいと思った。

・行商のおばちゃんたちの取材ものっている。
 自分の所で作って余った農作物を物々交換して、
 品数を増やしてから商売に出かけるらしい。
 なるほどと思った。

・東京に住んでいる人だけでなく、
  時々行く人にも、おもしろい本。
posted by ティー at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。