はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2006年03月31日

389. The Fall of Freddie the Leaf

s-060331h.jpg
L. Buscaglia,
The Fall of Freddie the Leaf,
SLACK Inc. 1992,
ISBN 0-8050-7195-4
(翻訳は、「葉っぱのフレディ」。)

読もうと思った理由
・他で紹介されていた。
・よく題名を聞くが、読んだことがなかったので。

普通読み14分。(MMなし)

内容のメモと感想

・葉っぱのフレディの物語。
 子供向けの本であるが、大人が読んでも、
 なかなかいい。

・いろいろな季節の木の写真があって、
 楽しめる。

・フレディの友達のダニエルが、いろいろ教える。
  葉っぱの存在理由、
  死ぬとは、家を変えること、
  死んでも生命は続く、
 などである。
 死に関する部分は、心が慰められる。

・英語がわかりやすいので、英語を勉強中の人にも
  いいかもしれない。
posted by ティー at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月30日

388.ああ正負の法則

s-060330h.jpgああ正負の法則
美輪明宏著、PARCO出版、
2002年、185ページ、
ISBN 4-89194-645-8

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座の参考書なので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 28分、
合計31分

060330m.gif

内容のメモと感想

・いいことも悪いことも長く続かない。
  特に、うまくいっている時は、
  寄付をするなど、負を背負っておいた方がよい。

・人の2倍、3倍働いて努力する人は頭角を現す。
 苦労の出し惜しみをしない、とあった。
 知識、技術を身につけるとよい。

・親兄弟を始め、人間関係は、腹6分くらい、
  礼儀正しく上品な関係がよいらしい。

・犯罪者は脳にマンガンが不足しているらしい。
 穀物、ひじき、青菜をとるとよいらしい。

・時々読み返そうと思った。
posted by ティー at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月29日

387. 君に成功を贈る

s-060329h.jpg君に成功を贈る
中村天風著、日本経営合理化出版会、
2003年、272ページ、
ISBN 4-89101-020-7

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。
・ブラシュアップ講座で、中村天風氏の別の本が
 参考書になっているので、この機会に
 この本も読んでみようと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 26分、
合計29分、

060329m.gif

内容のメモと感想

・人生の根本は、他の人に好かれないと
 いけないことらしい。
 他人に好かれるためには、まず、自分があまり好き嫌いの
 ないようにする必要がある。
 嫌いな相手でも、つとめて親切にし、やさしくする気持ちに
 自分を仕向ける。相手が自分だったら、と考える。

・どんなにささいなことでも、他人の好意は、
  大きな感謝で受け入れる。

・他人に迷惑をかけない。怒らせたり、迷惑をかけたり、
  迷わせたりしない。

・体力は大事である。

・誰に言われなくても、日々毎日、努力した人が成功する。

・何かショックを受けた時は、腹に力を入れる、
  シリの穴を締める、肩を落とす、
  の3つを同時にやるといいそうだ。

・また読み返したい本。
posted by ティー at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月28日

386. 90分早起きすると必ず成功する

s-060328h.jpg90分早起きすると必ず成功する
丸の内朝飯会編著、中経出版、
1996年、253ページ、
ISBN 4-8061-0964-9

読もうと思った理由
・早起きの参考に。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 39分、
合計42分

060328m.gif

内容のメモと感想

・週1度、丸の内で7:30から90分の会を
 30年続けてきたらしい。
 会を続けるノウハウが書いてあって、
 参考になる。

・人数予約のいらないレストラン、というのが、
  1つのポイントらしい。
  確かに毎回、出欠をとるのは大変そうである。
 レストランのスタッフとの付き合いも大事で、
 お中元やお歳暮を毎年贈っているらしい。

・会の運営に関しては、
  会長を決めない、年会費をとらない、
  講師への謝礼なし、
  印刷物の郵送はなくて、参加者に渡すだけ、
  参加者から2000円集めて、朝食代、会場費にあて、
  余ったら運営費にする、などの工夫をされている。
  またメンバーはクローズドで、
  マスコミからの取材も受けないらしい。

・ウォーキングは大股で歩いて、普段使わない筋肉を
  意識するといいらしい。

・後半のメンバーの事例で、
  末期の腎臓ガンになられた方の手記があった。
  外科手術、抗がん剤、放射線治療の後、
  自宅に戻り、早起きと玄米菜食で、
  ガンが数年で消えたそうだ。
 
・事例が多くのっていて、参考になる。
posted by ティー at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月27日

385.朝10時までに仕事はかたづける

s-060327h.jpg
朝10時までに仕事は片づける
高井伸夫著、かんき出版、
2002年、219ページ、
ISBN 4-7612-6056-4

読もうと思った理由
・ブラシュアップ同期のmiccanさん
  勧められて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 12分、
合計15分、

060327m.gif

内容のメモと感想

・書類は溜めると見るだけで嫌になるので、
  少しずつでも処理するといいらしい。

・朝起きてすぐジョギングは避けた方がいいようだ。
  軽く体操して、水を飲むとよい
posted by ティー at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月26日

384.「朝」の豊かな使い方

s-060326h.jpg
「朝」の豊かな使い方
川村茂邦著、三五館、
1992年、222ページ、
ISBN 4-88320-003-5

読もうと思った理由
・早起きの参考に。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 21分、
合計24分、

060326m.gif

内容のメモと感想

・夕方から夜がむしゃらに働く人は、
  若い頃はいいが、
  30歳を過ぎると営業成績ががくっと悪くなるそうだ。

・他の本で読んだ、中村天風氏のことや、
  真向法の体操について書かれていた。

・朝に体操や散歩など、身体を動かすメニューを
  少しでも入れると、いいようだ。

・私も早起きを始めているが、朝やることは一定してない。
  一日が調子よくなるような日課を作っていきたい。
posted by ティー at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月25日

383. 朝型人間は必ず成功する

s-060325h.jpg
朝型人間は必ず成功する
源嵩通著、ウィーグル社、
1993年、204ページ、
ISBN 4-7952-0213-3

読もうと思った理由
・早起きの参考に。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 24分、
合計27分

060325m.gif

内容のメモと感想

・早起きは、6時台でなくて、5時に起きることに
  意味があるらしい。朝日のパワーを
  感じることができる。
  5時に目がさめるのでなく、5時までに布団の外に出る。

・だんだん早くするのでなく、一気に5時起きにすると
  いいらしい。

・雨の日は、太陽をイメージする。

・起きたら、目標などを声に出して言う。
  目標をイメージ化する。

・最低30日は続ける、とあった。
  朝起きしてよかったことをノートに記録することを
  勧めている。

・後ろに体験談やQ&Aがあり、わかりやすい。
posted by ティー at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月24日

382.お掃除の法則

s-060324h.jpg

スッキリ・簡単!「新お掃除」の法則
土田俊子著、三笠書房、
2005年、170ページ、
ISBN 4-8379-7460-0

読もうと思った理由
井垣さんの本で推薦されていた。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 8分、
合計11分

060324m.gif

内容のメモと感想
・引越しをイメージするとよいらしい。
  もっと狭い部屋に引っ越すとして、
  それでも絶対持って行きたい物は何か、
  と考えると、かなり捨てられるらしい。

・まず空気を入れ替えて、すっきりしてから
  掃除しよう、とあった。
posted by ティー at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月23日

381.朝に生まれ変わる50の方法

s-060323h.jpg
朝に生まれ変わる50の方法
中谷彰宏著、PHP、1997年、
119ページ、
ISBN 4-569-55757-0
(上記題名からは、文庫版をリンクしている。)

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座で早起きを勧められたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 9分
合計12分

060323m.gif

内容のメモと感想

・朝、ただ寝ているだけの人は、
  一生寝たままで終わる、という言葉に、
  どきっとした。

・夜遊びで不良になった気分になるのは、
  中学生か高校生、
  大人の不良は朝遊ぶそうだ。

・窓を開けて換気をまめにしようと思った。

・またしばらくしてから、読み返そうと思った。
posted by ティー at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月22日

380. 招客招福の法則

s-060322h.jpg
招客招福の法則
小阪裕司著、日本経済新聞社、
2006年、206ページ、
ISBN 4-532-31271-x

読もうと思った理由
・著者の他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 35分、
合計38分

060322m.gif

内容のメモと感想

・小さい商店やレストランなどで、
 顧客との関係を築くことを提唱している。

・新規開店で忙しくても、顧客名簿を作る必要がある。

・ニュースレターやメニューに、自己紹介を入れるとよいようだ。

・POPやニュースレターでその商品の紹介をするといいようだ。

・「名物は何?」と聞かれて、「全部名物」と言われても、おもしろくない。
  「これがお勧め」と1つを勧めるのがよい。

・日常生活でも応用できそうなヒントがいろいろあった。
posted by ティー at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月21日

379. フィンランド・メソッド入門

s-060321h.jpg
フィンランド・メソッド入門、
北川達夫著、経済界、
2005年、85ページ、
ISBN 4-7667-8347-6

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座の
 同期の方のブログ
 紹介されていたので。
   (miccanさん、ありがとうございます。)

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 16分、
合計19分

060321m.gif

内容のメモと感想

・フィンランドのきれいな写真もあって、
  行きたくなってきた。

・ムーミンやシベリウスはフィンランドだそうだ。
  携帯電話が最初にできたのが、
  フィンランドだとは、知らなかった。
  ノキア社もフィンランドらしい。

・フィンランドでは、小学校3,4年の時から、
  マインドマップ(カルテと言う)を使っているそうだ。

・答が間違っている時も合っている時も、
  先生が「なぜ?」と聞くそうだ。
  理由は3つ用意するといいらしい。

・自由作文よりは、構造のフォーマットに沿った作文
  の訓練をするそうだ。

・班で作文を作っていく様子がおもしろい。
  4人でまず、各自マインドマップを描いてから、
  議論する。
  書き手を決めて、相談しながら書いていく。
  残りの3人が、その文章のいい所、悪い所を10ずつ書く。
  合計30個ずつになるので、それを10個ずつにしぼる。
  修正したら、次の班に回す。
  次の班でも、同様に、10個ずついい所と悪い所をあげる。
  これを繰り返すと、練れた文章になっていく。

・フィンランドのどこの小学校でもやっているのかは
  よくわからないが、なかなかいい方法だと思った。
posted by ティー at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(301-600)

2006年03月20日

378. 心を高める、経営を伸ばす

s-060320h.jpg
心を高める、経営を伸ばす
稲盛和夫著、PHP研究所、
1989年、251ページ、
ISBN 4-569-53442-2

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座の参考書なので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 21分
合計24分

060320m.gif

内容のメモと感想

・前半は若い人に向けて、仕事のやり方や
  人生について、後半は経営について
  述べている。
  今回は前半を中心に読んだ。

・成功するには、日々の地味な努力、
  壁に突き当たってもあきらめない粘りが必要である。
  バリアを超えるには「狂であれ」とのことだ。

・何か悩んだ時は、自分の心の次元を1つ上げるといいらしい。

・他に頼らずに、自分に頼るのがよい。

・読書によって、自分が経験してないことを吸収し、
  経験したことを整理できる。

・またしばらくしてから、読み返したい本。
posted by ティー at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月19日

377.食品80キロカロリーガイドブック

s-060319h.jpg食品80キロカロリーガイドブック
香川芳子編、女子栄養大学出版部、
2002年、224ページ、
ISBN 4-7895-0507-3

読もうと思った理由、
・同じ系列の「おとなのダイエット」を注文した時に、
  ついでに注文した。

予習、PR、復習、合わせて2分、
SR&D 3分 (MMなし)
合計5分

内容のメモと感想

・「おとなのダイエット」よりも分厚くて詳しい。

・カラー写真がたくさんある。
  フォトリーディングでお菓子のページを見ると、
  食べたくなってくるので、
  ダイエットには向いてないかもしれない。

・1冊だけ読むなら、「おとなのダイエット」
  の方が読みやすい。
posted by ティー at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月18日

376. おとなのダイエット

s-060318h.jpg

おとなのダイエット
香川芳子監修、女子栄養大学出版部、
1997年、128ページ、
ISBN 4-7895-0421-2

読もうと思った理由、
・ブラシュアップ講座の影山さんのクラスの
  参考書なので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 11分、
合計14分

PRメモ
・カラー写真がたくさんあってきれい。
・今回はざっと見た。

060318m.gif

内容のメモと感想

・四群点数法という栄養の取り方について解説してある。

・1日に乳製品2点(例えば牛乳1本とチーズ1切れ)、
  卵1個、というのは、ナチュラルハイジーンや
  マクロビオティックの考え方とは逆なのだが、
  現実には、これ以上の量を摂取している人も多いだろうから、
  目安というか、上限と考えればいいのだろう。

・自分の場合、野菜のバラエティを増やした方がいいと思った。
  特に、色の濃い野菜や、きのこ類、海藻類が少なめである。

・果糖のとりすぎはよくないそうだ。
  ナチュラルハイジーンにあるように、
  なるべく午前中に食べるといいのだろう。
posted by ティー at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月17日

375. 中村天風一日一話

s-060317h.jpg中村天風一日一話
中村天風財団編、PHP出版、
2005年、217ページ、
ISBN4-569-64497-X

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座の参考書なので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 18分、
合計21分、

PRメモ
・書が所々目に入った。
・今回は見出しを見て行って、
  ぴんときた所を中心に読んだ。

060317m.gif

内容のメモと感想

・中村天風氏の教えを365個集めたもの。

・「不平不満を言わない」が何度か出てきた。
  
・朝起きたら、にっこり笑い、
  今日も生きていることに感謝すると
  いいそうだ。

・自分には厳しくすべきだが、
  他人にその基準を押し付けてはいけない、
  清濁併せ呑む寛容さが必要である。

・この仕事で世の中の人のために、
  本当に役立つ物を提供しよう、
  と思って仕事すべき。

・何事にも真剣に打ち込んで、
  精神的な筋骨を鍛えるといいようだ。

・時々読み返したい本。
posted by ティー at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月16日

374. イソップ物語のおしえ

s-060316h.jpgイソップ物語のおしえ
加藤諦三著、大和書房、
2003年、179ページ、
ISBN 4-479-64029-0

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座の参考書なので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 40分、
合計43分

060316m.gif

内容のメモと感想

・イソップ物語を解説、現代の具体例で
  説明していて、わかりやすい。
  知らない物語も結構あった。

・うまくいかないのは、自分の心が原因、
  弱点を認めれば、補う人が集まってくるそうだ。
  周りの地道に働いている人に感謝する。
  全体の中の自分を意識して、長期的に見るといいようだ。

・活躍している有名人にあこがれて、身近な仲間をおろそかにする人も
  いるようだ。日本一の弁護士よりも、小さな愚痴を聞いてくれる友達
  の方が役立つ。

・物に関するけち、愛情面のけちなど、いろいろなケチがあるようだ。

・時々読み返したい本。
posted by ティー at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月15日

373. 早起きは自分を賢くする

s-060315h.jpg
早起きは自分を賢くする
船井幸雄著、三笠書房、
1996年、247ページ、
ISBN 4-8379-1647-3

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座の参考書なので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 34分、
合計37分

060315m.gif

内容のメモと感想

・早起きを実行している人たちの例が数多く
  のっていて、参考になる。

・前日においしい朝ごはんを用意しておくと、
  起きやすいそうだ。

・トップが早起きしていれば、
  会社はまず倒産しないらしい。
  投げ出さないで、コツコツ努力するのが
  大事である。

・満足しながら眠りにつく、
  腹が減らないうちに寝ると
  いいらしい。

・音楽の選び方についても書いてあった。
  悲しい時に元気な曲を聴いても落ち込むので、
  悲しい音楽を聴いて共鳴しているうちに、
  悲しさがまぎれるそうだ。

・まずは、おいしい朝食から実行してみようと思った。
posted by ティー at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月14日

372. マクロビオティックをやさしくはじめる

s-060314h.jpg

マクロビオティックをやさしくはじめる
久司道夫著、成甲書房、
2004年、253ページ、
ISBN 4-88086-175-8

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 15分くらい
合計18分

読もうと思った理由
・マクロビオティックにひかれて。

060314m.gif

内容のメモと感想

・病気は疲労から始まるらしい。
 疲れすぎに気をつけようと思った。

・肉食で熱くなった身体を冷やすために、
  サラダを添えるらしい。

・高カロリー、高脂肪、高たんぱくの食事を
  日常的にすると、甘い物が食べたくなるらしい。

・ちゃんとしたマクロビオティックは大変そうだが、
  少々取り入れるのなら、できそうである。
posted by ティー at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月13日

371. 夢を絶対に実現させる方法

s-060313h.jpg夢を絶対に実現させる方法!
原田隆史著、日経BP社、
2005年、119ページ、
ISBN 4-8222-102708

読もうと思った理由
・原田さんの他の本がよかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 39分、(MM掲載略)
合計42分

PRメモ
・DVD付きだが、今回は本をまず読んだ。

内容のメモと感想

・家庭と職場で奉仕活動を続けるといいそうだ。
  自分の場合、どういう活動がいいのか、
  すぐ思い浮かばないが、考えてみようと思った。

・大人にも生活指導が必要、というのは、
  なるほどと思った。

・全国大会の後、現地に2日とどまり、
  次期のための目標設定用紙を書いたのは、
  すごいと思った。
  私は学会などの後、さっと帰ってしまうタイプだが、
  現地に残ったり、場所を少しだけ変えて、
  時間を作るのは、いい方法かもしれない。

・日誌は、できたこととできなかったことを仕分けする。

・量よりも時間を決めると、密度が濃くなっていくようだ。

・しばらくやってから、また読み直そうと思った。

・お勧めの本。
posted by ティー at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月12日

370. オーケストラ指揮法

s-060312h.jpg
オーケストラ指揮法,
高木善之著、総合法令、
1996年、340ページ、
ISBN 4-89346-536-8

読もうと思った理由
・フォトリーディング同期の方が、
 推薦されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 45分、
合計48分

060312m.gif

内容のメモと感想

・メーカーで研究開発に従事し、
 合唱団の指揮者もしていた著者が、
 交通事故にあい、生き方を考え直す。
 指揮者に復帰、やり方が変わる。
 そして家庭内や仕事にも変化が起こる。
 その様子がすごい。

・指揮者の仕事をよく知らなかったが、
 メンバーとのコミュニケーションなど
 いろいろ大変なようだ。
 特に、オーディションの様子は、びっくりした。

・質問した人に対して、「あなたは、どう思いますか」と
 聞くといい場合もあるようだ。
 確かに自分の意見をたくさん述べるよりも、
  他の人の話をよく聞く方が、いい結果が生まれるようだ。

・事実を伝えて、自分で考えさせるのが、いいようだ。

・子供との接し方の部分、特に一番下のお子さんの行動が
  すばらしいと思った。

・地球村の部分は、話が大きすぎて、
  私にはぴんとこなかった。
  自分と周囲が満たされると、
  視線はもっと遠くに向かうのだろう。

・本の構成が音楽のようで、リズム感がある。
  以前の考えと変化した後の考え方が、チャート式風に
  囲ってあり、わかりやすい。

・コミュニケーションについて学べる、
いい本。お勧め。
posted by ティー at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月11日

369. 脱コンビニ食

s-060311h.jpg
脱コンビニ食!
山田博士著、
平凡社、2003年、
ISBN 4-582-85197-5

読もうと思った理由
・著者の他の本を読んで、
  最新刊も見ておこうと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 18分、
合計21分、

060311m.gif

内容のメモと感想
・青菜は健康にいいが、
 コンビニで売られている青菜は、
 農薬が一杯の輸入物である場合が
 多いらしい。

・ファーストフードの業務用植物油は、
 BHAという酸化防止剤が使われていて、
 有・らしい。

・青年海外協力隊に応募する人の4割近くが
 健康診断でひっかかるとは、びっくりした。
 
・時々読み返して、食べ物に気をつけようと思った。
posted by ティー at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月10日

368.生きるのが楽しくなる15の習慣

s-060310h.jpg
生きるのが楽しくなる15の習慣
日野原重明著、講談社、
2005年、253ページ、
ISBN 4-06-256945-0

読もうと思った理由
・日野原さんの本なので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 31分、
合計34分

060310m.gif

内容のメモと感想
・よい習慣を身につける必要性や方法について
  述べている。

・どんなことにでも興味を持ち、学ぼうとすると
  若い心を持てる。

・勉強も趣味も制限時間を決めてやると、
  めりはりがついてよいらしい。

・20年後の自分をイメージしてみるといいらしい。

・日野原さんはアメリカの医者のオスラー氏の本を読み、
 さらにオスラー氏が勉強したプラトンやアリストテレスを
 読まれたらしい。

・自分たちのグループだけでない場合、
  他人に配慮して、話す声を小さくする、
  というのは、なるほどと思った。

・自分の長所と短所を並べてみる、という作業は、
  役立ちそうだ。

・お勧めの本。
posted by ティー at 07:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月09日

DVD-6. ベジャール、バレエ、リュミエール

s-060309Bejart.jpg
ベジャール、バレエ、リュミエール
B comme Bejart、
2002年、スイス映画。

内容のメモと感想

・2年ほど前、恵比寿の映画館で、
 それほど期待せずに見た所、
 すばらしいので、もう1度、別の日に見た。
 映画館で2度見た映画は、この映画と、
 「シネマパラダイス」の2つだけだ。
 DVDも2回見ている。

・80歳近いベジャール氏が、新しいバレエを
  どんどん創造していて、励まされる。

・バレエの練習風景が興味深い。
  ダンサーたちは、舞台では化粧をしているが、
  練習では素顔である。
  近くで撮影する場合、素顔の方が魅力的に見える。

・登場するダンサーの中では、ジル・ロマン(Gil Roman)が一番好きだ。
  「Dis, quand reviendras-tu?」というバルバラの歌に
  振付けた踊りがなかなかよい。
  繊細な男性の感情がよく出ている。

・「リュミエール」というバレエの練習風景と本番までの
  プロセスが描かれている。
  バレエの舞台を作り上げるまでの大変さがよくわかる。
  ダンサーだけでなく、衣装、会場、機材などいろいろな
  担当者が働いている。

・ベジャール氏のバレエ団の様子も興味深い。
  バレエ団の建物の中に、レッスン場、事務室、
  控え室の他、食堂まである。
  食事を大事にしていることがわかる。

・「リュミエール」は、バルバラとジャック・ブレルの歌、
  バッハの曲に振付けている。
  バルバラやジャック・ブレルはあまり知らなかったのだが、
  いい曲だ。

・若いダンサーが、ベジャールの振り付けを真剣に踊っている。
  ベジャールの踊りが好きな人が入団しているのだろう。
  女性は可憐な印象のダンサーが多い。
  男性は、ボレロに向いているような力強いタイプが多い。

・最後の方で、バッハの曲でソロを踊っている黒人の女性が
  テンポが速くて、情熱的な踊りだった。
  DVDのおまけ映像の「レッスン風景」に、この人の
  踊りが入っている。

・おまけ映像の、予告編をフランス語版と日本版を比較すると、
  おもしろい。
  日本版は若いダンサーを中心に写している。

・バレエやダンスが好きな人、
  何歳になっても仕事に打ち込みたい人、
  元気を出したい人にも、お勧めのDVD。
posted by ティー at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

367. 買ってもらう技法

s-060309h.jpg
30分で5億売った男の
買ってもらう技法

星野卓也著、
インデックスコミュニケーションズ
2004年、183ページ、
ISBN 4-7573-0244-4

読もうと思った理由
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 27分 (MM掲載略)
合計30分、

内容のメモと感想

・著者は、映画評論を勉強し、脚本家に弟子入りした後、
 ゲームやドラマのシナリオを書くようになる。
 テレビショッピングのシナリオで大成功する。

・テレビショッピングも綿密なシナリオを作るとは、
 知らなかった。

・本書の手法は、番組だけでなく、
  文章を書いたり、何かを説得する時に
  役立ちそうだ。

・本の構成も、番組のように、うまくできている。
  自分の商品で考える練習問題も付いている。

・お勧めの本。
posted by ティー at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月08日

366.食原性症候群

s-060308h.jpg
食原性症候群
大沢博著、ブレーン出版、
1986年、238ページ、
ISBN 4-89242-525-7

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 12分、
合計15分

060308m.gif
内容のメモと感想

・心理学者がいろいろな出来事と栄養の関係を述べた本。

・校内暴力、家庭内暴力などを起こす子供の食事は、
  栄養のバランスがよくないらしい。

・インスタントめんを食べ続けて死んだ人が何人もいるそうだ。

・連合赤軍が狂暴だったのも、缶詰などの食事をして、
  野菜をほとんど食べてなかったことと
  関係があるそうだ。

・内観で菜食の食事をする所では、それまで狂暴だった人も
  落ち着くそうだ。
posted by ティー at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月07日

365. 続・あぶないコンビニ食

s-060307h.jpg
続 あぶないコンビニ食
山田博士著、三一新書、
1999年、286ページ、
ISBN 4-380-99000-1

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。
・食べ物について、久しぶりに読んでみようと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 33分
合計36分

060307m.gif

内容のメモと感想

・養殖の魚は、遺伝子組み換えや
 抗生物質を与えている場合もあるそうだ。
 なるべく養殖でない、天然の魚を食べようと思った。

・青菜をもっと食べるといいようだ。

・缶やプラスチックから出る物質について説明してある。

posted by ティー at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月06日

364.あぶないコンビニ食

s-060306h.jpg
あぶないコンビニ食
山田博士著、三一新書、
1996年、244ページ、
ISBN 4-380-96007-2

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分、合計23分

060306m.gif

内容のメモと感想

・コンビニの食品の成分表示に書いてある
 添加物について解説している。

・コンビニの食品が健康によくないのは
 前から知っていた。私は自宅では自分で料理
 しているが、問題は出かけた時である。
 例えばJRに乗っている間に食事する場合、
 駅弁になりがちである。駅弁は添加物がたくさん
 入っているので避けたい所だが、
 他の選択肢がない場合もある。
posted by ティー at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月05日

363. 豊かに生きるための「食べる健康」

s-060305h.jpg

豊かに生きるための「食べる健康」
船井幸雄、久司道夫著、
ビジネス社、2002年、284ページ、
ISBN 4-8284-1017-1

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分、
合計23分

PRメモ
・2部の対談と3部の久司氏の文章を中心に読んだ。

060305m.gif

内容のメモと感想
・第1部が船井氏の健康法とビジネス、
 第2部が久司氏と船井氏の対談、
 第3部が久司氏のマクロビオティックの説明である。

・1977年のマクガバン報告がよく知られているが、
 いきさつが書いてあって興味深い。
 業界の圧力で内容を緩やかなものに変更したらしい。

・リッツカールトンの元社長が末期がんであったが、
 マクロビオティックの食事で元気になったらしい。

・マクロビオティックは、
 なるべく玄米を食べる、なるべく肉を食べない、
 なるべくよくかんで食べる、が原則らしい。
 何かを禁止するような厳格な方法ではない点が
 よさそうだ。
posted by ティー at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月04日

362.マクロビオティック入門

s-060304h.jpg
マクロビオティック入門
久司道夫著、かんき出版、
1997年、220ページ、
ISBN 4-7612-5661-3

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 14分
合計17分

PRメモ
・今回は、効果の部分を中心に読んだ。
 後半の宇宙の話は飛ばした。

060304m.gif

内容のメモと感想

・低血糖で元気が出ない人は、
 かぼちゃ、にんじん、ねぎなど
 多糖類の甘みのある野菜を毎日とると
 いいらしい。

・肩がこるのは腸の機能が弱っている。
  断食すると肩の調子がよくなるらしい。

・電子レンジはよくないらしい。
 温める時は蒸し器を使うのだろうか。
posted by ティー at 19:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月03日

361. メディカル・ウォーキング

s-060303h.jpg
メディカルウォーキング
黒田恵美子著、健康ジャーナル社、
2003年、174ページ、
ISBN 4-907838-16-6

読もうと思った理由
・黒田さんのクラスの復習のため。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 6分(MMなし)

内容のメモと感想

・黒田さんの他の本と内容が重なる部分もある。

・ウォーキングに関係した筋肉の名前が書いてある。

・この本だけで、立ち姿勢や自分に適したウォーキングを
  身につけるのは難しいかもしれない。
  クラスの復習用に向いていると思った。
posted by ティー at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月02日

360.100歳まで歩こう

s-060302h.jpg
100歳まで歩こう
黒田恵美子著、リヨン社、
2005年、158ページ、
ISBN 4-576-05158-X

読もうと思った理由
・ウォーキングのクラスの講師の
 黒田さんの本なので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 11分
合計14分

060302m.gif

内容のメモと感想

・ストレッチやウォーキングの方法について、
 いろいろな症状別に説明してある。

・肩こりの運動として、ちょうちょのように
 肩を回す運動があった。
 ウォーキングの時は、腕を自分より後ろに振るように
 するといいらしい。

・O脚の人は、足指、特に親指で地面をつかみ、
  足指のつけ根で押し出すといいらしい。

・イラストがわかりやすい。
posted by ティー at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年03月01日

359.成功する大人の頭の使い方

s-060301h.jpg
成功する大人の頭の使い方
中谷彰宏著、ダイヤモンド社、
1997年、100ページ、
ISBN 4-478-70126-1

読もうと思った理由
・ずっと前に買った本の再読。
・アイデアマラソンのヒントになるかも、
  と思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 11分
合計14分

060301m.gif
内容のメモと感想

・ささいなことでもメモする、
  小さなアイデアでも書いていく、など、
  アイデアマラソンの考え方と似ている。

・考えが行き詰ったら、窓を開けて、
 酸素を吸う、というのは、もっともだと思った。

・この本は、ぱらぱら見るといいかもしれない。
posted by ティー at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。