はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2006年01月31日

330. 人は仕事で磨かれる

s-060131h.jpg
人は仕事で磨かれる
丹羽宇一郎著、文芸春秋、
2005年、221ページ、
ISBN 4-16-366760-1

読もうと思った理由
・アマゾンで見かけて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 49分
合計52分

060131m.gif

内容のメモと感想
・伊藤忠の社長をされた方の著書。

・著者は本屋の息子として育ち、
 新聞部、生徒会、学生運動で
 活躍したようだ。

・本、特に古典を読み、よく考えることの
 重要性を述べている。
 若い人がビジネスの大きな仕組みを考えられないのは、
 本を読んでないから、と言っている。

・わかりやすい言葉で言うことが大事、
  というのは、その通りだと思った。
  有利子負債は借金、
  債権放棄は、借金棒引きである。

・健全な精神は健全な肉体に宿るそうだ。
 仕事で体は壊れないが、アフターファイブの
 酒が体に悪いそうだ。

・一度生活水準を上げると戻すのは難しい。
  社長が終わればただのおじさんなので、
  社長の間も電車通勤して、
  一般社員からかけ離れないようにしたそうだ。

・社長を目指す人以外が読んでも、
  いろいろ参考になる本。
posted by ティー at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月30日

329. ロウアーミドルの衝撃

s-060130h.jpg
ロウアーミドルの衝撃
大前研一著、講談社、
2006年、272ページ、
ISBN 4-06-212993-0

読もうと思った理由
・話題になっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 35分
合計38分

060130m.gif

内容のメモと感想

・ロウアーミドルというのは、中流の下側で、
  年収300万円から600万円の層らしい。
  日本では41.5%を占め、メジャーなセグメントである。

・年収ベースだけで消費傾向は決まらず、
  例えばロウアーミドルでも一点豪華主義で、
  アッパーミドル的な消費をすることがある。
  また、収入が少なくても、親と住んで、
  可処分所得が多い人もいる。

・国産の食品で、実は外国から輸入していて、
  日本で洗うだけ、とか少々加工するだけ、
  という例も多いらしい。

・中間流通業者や商社を通さないと安い、という点は、
  なるほどと思った。

・家族で正直にお金の話をするのがいいらしい。

・本で出てきた商品・サービスで、東横インのように、
  自分が利用している物もあった。
  ナチュラルキッチンやZARAは知らなかった。

・車を持たない、賃貸で職場のなるべく近くに住む、
  というのは私も実行していて、その通りだと思った。

・政府の問題点なども書いてある。
 日本の仕組みがわかって、いい本。
posted by ティー at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月29日

328. 「笑顔」の法則

s-060129h.jpg
「笑顔」の法則、門川義彦著、
ダイヤモンド社、2004年、206ページ、
ISBN 4-478-56050-1

読もうと思った理由

・むぎさんの本「インディでいこう!」に、
 笑顔コンサルタントとして
 紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分、
合計24分

060129m.gif

内容のメモと感想

・笑顔の指導をすると、店舗の売り上げが
 上がり、万引きが減るらしい。

・笑顔だけでなくて、店舗をきれいにする、
  掃除用具などがお客さんから見えないようにする、
  なども指導するようだ。

・仕事を見直して、店員の作業量を減らすと、
  笑顔が増えるらしい。
  確かに疲れていては、笑顔も出にくい。
posted by ティー at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月28日

327. フリーター・ニートになる前に読む本

s-060128m.jpg
フリーター・ニートになる前に読む本
鳥居徹也著、三笠書房、
2005年、111ページ、
ISBN 4-8379-2151-5

読もうと思った理由
・他で話題になっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 24分、
合計27分、

060128m.gif

内容のメモと感想

・高校生向けに書かれた本でわかりやすい。
 著者は製薬会社の仕事の後、
 ビジネス専門学校の広報室室長を
 されている。あちこちの高校での
 講演を元にしていて、迫力がある。

・正社員とフリーターで生涯賃金が2億円も違うとは、
  知らなかった。具体的な金額を聞けば、
  正社員の方が得なのがわかりやすい。

・職歴に空白を作ると損、一度フリーターになると
  正社員に戻りにくい、など基礎知識も述べてあって、
  高校生に役立ちそうだ。

・鳥居先生の授業でやる気が出てきた生徒も多いらしい。
  役立つ授業である。
  
・高校生以外が読んでも、役立つ本。
posted by ティー at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月27日

326. 働く気持ちに火をつける

s-060127m.jpg働く気持ちに火をつける
齋藤孝著、文芸春秋、
2005年、220ページ、
ISBN 4-16-366400-9

読もうと思った理由
kitokitoさんのブログに紹介されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 73分、
合計76分

060127m.gif
内容のメモと感想

・いい仕事をするのに必要な、ミッション、パッション、
 ハイテンションの3つについて説明して、 
 どうすれば手に入るか方法も書いてある。

・単に「やる気を出せ」と言われても困るが、
 この本には、身体を使った具体的な方法が書いてあって、
 わかりやすい。

・「ミッション、パッション、ハイテンション」と声に出して叫ぶと、
  元気が出てくるらしい。齋藤氏は授業で学生にこれをやってもらい、
  教室が急に元気で明るくなるらしい。
  歩きながら、小さい声でやってみたら、
  急に背が高くなったような感覚になった。

・人から与えられた仕事はもちろん、
  自分だけに言われたわけではないような、
  全体への話、あるいは本の記述から、
  自分のミッションを感じられるとよいらしい。
  伝記を読むことを勧めている。

・ゲームの要素を取り入れるといいようだ。
  自分1人の作業でも、90分単位で考え、
  45分2つか30分3つに分けて、
  ゲームだと思って仕事するといいらしい。

・コピーをとる時は、コピー職人、という風に、
  仕事によって、「○○職人」と名付けるといいようだ。

・納期を守り、一定の水準を確保する職人を目指せ、
  完璧な芸術家を目指す必要はないそうだ。

・パッションは受けた受難を発散させるのではなくて、
  イメージとして記憶して、「なにくそ」と毎日思うと
  いいようだ。

・受難を受けたら、「受難」と心の中で唱えて頭を下げ、
  「情熱」と唱えて頭を上げるといいようだ。

・ハイテンションはハイスピードを含む。
  大量の仕事をこなすと、さらに速くなる。

・配属にこだわらず、他の部署とのつながりなどから、
  新しい企画をどんどん立てるといいようだ。

・チームリーダーでなくても、チーム全体の仕事に
  目配りできるといいようだ。

・疲れている時でも、上機嫌な人、笑顔がいい人が
  仕事のできる人らしい。

・この本もスピード感があり、じっくり読んでも
 全然疲れない。提唱していることを実践していて、
 すごいと思った。

・お勧めの本。
posted by ティー at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月26日

325.お金じゃ買えない

s-060126h.jpg
お金じゃ買えない。
藤原和博著、ちくま文庫、
2001年、221ページ、
ISBN 4-480-03682-2

読もうと思った理由
・他で推薦されていた。
・題名にひかれて。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 28分
合計31分

060126m.gif

内容のメモと感想

・リクルートに長く勤務した後、フェローとして
  自由のきく勤務をしている著者が、
  人生の過ごし方について書いた本。

・人生を山がある正規分布みたいな図(横軸は時間)と
  考えずに、ゆるやかに丘に登る右上がりの図と
  考えるといいようだ。
  ゆるやかな丘を登る図を、微分すると、
  真ん中が高い山になるので、
  要は微分を見ずに、積分を見よ、ということだろう。

・今の仕事の10%に、10年後の夢を入れてみる、
  というのはいい考えだと思った。
  未来のことばかり考えても現在がおろそかになる。
  未来を少し取り入れるのがいいのだろう。

・自分のマンションを美術館とか図書館と名づけると
  楽しいようだ。
posted by ティー at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月25日

324.インディでいこう!

s-060125h.jpg
インディでいこう!
ムギ(勝間和代)著、
ディスカヴァー・トゥエンティワン、
2006年、207ページ、
ISBN 4-88759-442-9

読もうと思った理由
・著者のムギさんのブログがおもしろいので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 52分
合計55分

060125m.gif

内容のメモと感想

・最初は題名の意味がわからなかったが、
  independentから来ているようだ。
  音楽の分野にインディというのがあるらしい。
  他に依存しない自立した女性、という意味らしい。

・インディの逆をウェンディと呼んでいて、
  音が似ていて、おもしろいと思った。
  男性に依存しようとするタイプらしい。
  ウェンディーと聞いて、バーガーショップの
  Wendy'sしか思い浮かばなかったが、
  ピーターパンの登場人物から名前をとっている。

・インディの定義が具体的でわかりやすい。
 年収600万円以上、いいパートナー(彼氏または夫)がいる、
 年をとるほどにすてきになる、の3つの条件らしい。

・いい男の定義は3つの条件で、
  年収1千万円以上、女性の夢やキャリアを助けられる、
  一緒に成長できる、らしい。
  一度挫折しているような男性がお勧めらしい。
  なるほどと思った。

  男性の方が基準年収が高いのは、あれっと思ったが、
  年収が高い男性の方が自信があり、
  女性を助ける余裕があるそうだ。
  なるほど、現実的な線であろう。

・いろいろな方法の中で、ブログを作る、というのがあった。
  確かに表現とコミュニケーションの1つの場として、
  役立つ。

・マインドの部分が一番参考になった。
  愚痴を言わない、笑う、姿勢を整える、
  の3つが大事だそうだ。
  この部分を読んだら、急に姿勢がよくなった。

・愚痴を言いたくなったら、何が問題で何が困るのか、
  はっきりさせるといいようだ。
  8割の問題は放置しても大丈夫、
  2割の大事な問題に集中するといいそうだ。

・周りと調和するためには、
  こざっぱりとした服装、髪型、笑顔、
  そして、アサーディブなことが大事なようだ。
  アサーティブとは、例えば上司から困った依頼があっても、
   何か建設的な代替案を提案して、長期的関係を築く
   といいようだ。

・がんばりすぎない、とあった。
  そもそも、なぜがんばらないといけないか、
   原因を考えるべきらしい。
  努力よりも客観的な成果が大事である。
  家庭でも家事サービスを頼むなど、
  自分でがんばりすぎない方がよい。

・著者が運営している掲示板の、3000人以上の意見を元に
  書いているので、説得力がある。
  コンサルタントらしい、論理的な書き方で、
  わかりやすい。

・ヒントが一杯つまった本でお勧め。

既にインディの条件を満たしていると思う人も、
 この本を読んで、さらに質の良いインディになれるだろう。
 インディを目指す人のためには、具体的な方法がたくさん
 書いてあり、わかりやすい。

 女性向けの本であるが、男性で女性の部下を育成したい人、
 女性について勉強したい人にも、役立つであろう。
posted by ティー at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

お勧めブログ3:kitokitoさんのブログ

お勧めブログの第3弾である。

ブログにコメントを下さった、kitokitoさんのブログ
見に行ったら、とてもおもしろい。

私と本の興味が似ているような気がする。
共通点としては、例えば、

(1) 理系出身で、文系本?(マネジメントとか)にも興味がある。

(2) 英語の本も含まれている。

私があまり詳しくない、自転車や写真など、幅広い趣味をお持ちだ。

プリントアウトして、ざっと目を通した。
「この本を読もう」と思った所にポストイットをはさんだら、
20箇所以上になった。
本を読んだら、順次、ブログに紹介していきたい。
posted by ティー at 22:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | お勧めブログ

2006年01月24日

323.Speed Cleaning

s-060124h.jpg
J. Campbell and the Clean Team,
Speed Cleaning,
Dell Publishing 1991, 194 pages,
ISBN 0-440-50374-4

読もうと思った理由
・以前読んだ本の再読。
・元々は、「Simplify Your Life」で紹介されていた。
  
予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 31分
合計34分

060124m.gif

内容のメモと確認

・週に1度、掃除をさっとやる方法が書いてある。
 基本原則は、上から下へ、
 一度掃除した所に戻らない、
 汚れている所だけ掃除、
 道具は1つの持ち運びできる容器に入れて、
  人間の移動を最小限にする、
 などである。

・時間を測るといいらしい。
 だんだん早くなってくる。

・エプロンや布は使っているが、
 歯ブラシはまだ使ってなかった。
 次回の掃除から、ポケットに入れておこうと思う。

・1987年に最初に出版されて、3版らしい。
 本の表紙によると、50万部以上出ているそうだ。

・掃除時間を短くしたい人にお勧めの本。

・著者たちのホームページもあるようだ。
posted by ティー at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月23日

322. Never Confuse a Memo with Reality

s-060123h.jpg
R. A. Moran,
Never Confuse a Memo With Reality,
HarperBusiness, 1994
ISBN 0-88730-669-1

読もうと思った理由
・だいぶ前に買った本の再読。
・仕事のやり方をチェックしたい。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 29分、
合計33分

060123m.gif
内容のメモと感想

・仕事のやり方に関するヒントが
 361個書いてある。さらっと読める。

・上司とのコミュニケーションの話が
 結構あった。

・時々読み返したい本。
posted by ティー at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月22日

321.Inner Simplicity

s-060122h.jpg
E. St. James,
Inner Simplicity,
Hyperion 1995, 235 pages,
ISBN 0-7868-8097-X

読もうと思った理由

・以前買ってあまり読んでなかった本。
 Simplify Your Life (No. 317)を
 再読した機会に、この本も
 読んでみようと思った。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 20分、
合計23分

060122m.gif

内容のメモと感想

Simplify Your Life (No. 317)では、
 いらない物を処分したり、付き合いを減らした。
 その結果できた時間の質をよくするために、
 心の持ち方について述べている。

・自然に触れたり、太陽に短時間あたるといいらしい。

・TVや音楽をかけずに、沈黙を楽しむといいらしい。

・家の中をきれいにして、いらない物を処分すると、
  気が散りにくくて集中できる。

・時々読み返すとよさそうな本。
posted by ティー at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月21日

320. Simplify Your Work Life

s-060121h.jpg
E. St. James,
Simplify Your Work Life,
Hyperion 2001, 296 pages,
ISBN 0-7868-6683-7

読もうと思った理由
・以前読んだ本の再読。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 26分

060121m.gif

内容のメモと感想

・忙しい仕事をシンプルにする方法を
 提案している。
 働く時間を短くし、ういた時間で、
  仕事のやり方を考えて、かえって収入が増えた
  例もあるようだ。

・1日の仕事の最後の5分で、机の上を片付け、
  翌日にやる仕事を考えるといいらしい。

・潜在意識を使う、タイマーを使うなど、
  フォトリーディングと似ている点もある。

・コンピュータのソフトやハードは
 最初のバージョンを買わない、というのは、
 その通りだと思う。
 新しいコンピュータを買ったら、古い方は
 バックアップに残しておくとよい。

・時々読み返して、実行できることをやってみると
  よさそうだ。
posted by ティー at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月20日

319. Living the Simple Life

s-060120h.jpg
E. St. James,
Living the Simple Life,
Hyperion, 1996, 350 pages,
ISBN 0-7868-8242-5

読もうと思った理由
・以前買った本の再読。
・著者の「Simplify Your Life」
 と違う情報があるかと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 20分、
合計23分

内容のメモと感想

・著者の「Simplify Your Life」よりも
 詳しく書いてある。
 背景や、読者からの手紙の掲載されている。

・捨てるのは、簡単な所から始めるといいらしい。
 台所の棚や流しの下がやりやすいそうだ。

・本を書く、詩を書くなど、クリエイティブな作業を
  している時は、付き合いはどんどんことわった方が
  いいらしい。著者はランチの約束を入れずに、
  朝から続けて仕事をするようにしたようだ。

・この著者の本を1冊だけ読むなら、
  前著の「Simplify Your Life」の方が
  薄くてわかりやすい。
posted by ティー at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月19日

318. 結晶物語

s-060119h.jpg結晶物語
江本勝著、サンマーク文庫、
2005年、189ページ、
ISBN 4-7631-8178-5

読もうと思った理由
・ブラシュアップ講座の参考書なので。

予習1分、PR1分、復習1分
SR&D&MM 14分、
合計17分

060119m.gif

内容のメモと感想

・水の結晶の写真がたくさんのっていてきれい。

・音楽によって結晶のでき方が違うそうだ。
 こういう実験はたくさんのサンプルで
 定量的に行う必要があるだろうけど、
 写真集なので、そこまでは追求してないようだ。

・よい言葉を発し、よい思いを持つといいようだ。

・純粋に写真を楽しむといいかも。
posted by ティー at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月18日

317. Simplify Your Life

s-060118h.jpg
E. St. James,
Simplify Your Life,
Hyperion, 1994, 238 pages,
ISBN 0-7868-8000-7

読もうと思った理由
・だいぶ前に買って読んだ本の再読。
・生活でシンプルにできることがあれば
  しようと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 24分、
合計27分

060118m.gif

内容のメモと感想

・生活をシンプルにするための、
 具体的な方法が100個書いてある。

・100個の中には、自分とは関係ないもの、
 既に実行している物もあった。
 ぴんときたものを実行するとよい。

・休みの日にどこかに出かけるだけでなく、
  自分の家にいる休暇もあるとよいようだ。
  いらないものを捨てたり、本を読んだりできる。

・食べ方については、Natural Hygiene 
  (詳細は、「Fit for Life Solution」など)
  のやり方を実行しているようだ。
  ジュースだけの日を作るなど。
 また飲み物は水を推奨していて、
  コーヒーはやめた方がいいそうだ。

・瞑想、日記をつける、
 1ヶ月に1日1人で過ごす、
 年に数日、自然にこもって考える、
  などを提唱している。

・ボートを売ろう、などは、日本で該当する人は
  少ないと思った。
  車を持たない、小さめの場所に住むなどは、
  この本を読む前から実行していた。
  以前、この本を読んだ後、
  クレジットカードを減らすのは実行していた。

・生活をシンプルにしたい人は
 具体的なヒントを得られる本である。お勧め。
posted by ティー at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月17日

316. Enough, Dammit

s-06017h.jpg
K. Salmansohn,
Enough, Dammit:
Cynic's Guide to Finally Getting
What You Want Out of Life
,
Celestial Arts,
2004, 236 pages
ISBN 1-58761-220-8

読もうと思った理由
・著者のDoing Absolutely Nothing
 (No. 103)がわかりやすかったので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 39分
合計42分

PR感想
・写真の色がきれいで、
 ぱらぱらめくっていて楽しい。

060117m.gif

内容のメモと感想

・人間は同じパターンになりがち。
 いかにそこを脱出するかを書いた本。

・今までの嫌な出来事を思い出し、
  それぞれ5つのポジティブな意味、
  教訓を書いてみるといいらしい。

・自然は真空を嫌う。
  悪い癖や考え方をやめたとしても、
  代わりがないと、前の状態に戻りがち。
  新しいいい考え方で置き換える必要がある。

・人間は何かに熱中していたい。
  熱中する対象にもいろいろあるが、
  低レベルの対象から高レベルの対象に
  変更していくとよい。

・お金や名誉など外部的なことを究極の目標に
  しない方がいいらしい。
  もしお金や時間が無限にあったら何をしたいか、
  あるいは逆に、あと1年しかないとしたら、
  何をしたいか考えてみるといいらしい。

・自分へのおめでとうカードを書くといいらしい。
  もっと来ることを想像してみる。

・悪い癖を1つやめる所から始めてみるといいらしい。

・写真がきれいで効果的だと思った。
  英語の分量が少なくて、口語表現が多い。
  英語の本を読んでみたい人にも
  向いているかも。
posted by ティー at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月16日

315. ビジネスに成功する時間活用術

s-060116h.jpgビジネスに成功する時間活用術
箱田忠昭著、実業之日本社、
1987年、221ページ、
ISBN 4-408-10055-2

読もうと思った理由
・箱田さんの別の本、
 「できる人の時間の使い方」(No.265)
 と一緒に買った本。
   箱田さんの昔の本も読んでみようと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 18分、
合計21分

060116m.gif
内容のメモと感想
・目標の細分化の例として、本を書くなら
 毎日原稿用紙を持って出る、とあった。
 1日1ページでも書くのが大事なのだろう。

・書類、本、仕事は途中でやめない、
  区切りのいい所までやる、というのは、
  実行したい。

・講演の前に、「今までで一番いい講演をしよう」
  と思うといいらしい。
  何度もやるようなタスクも、
  ベストを目指すといいようだ。
posted by ティー at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月15日

314. できる人の朝の時間の使い方

s-060115h.jpg
できる人の「朝の時間」の使い方
黒川康正著、大和書房、
2003年、187ページ、
ISBN 4-479-79079-9

読もうと思った理由
・最近、早起きが続いたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 15分、
合計18分

060115m.gif
内容のメモと感想

・気が進まないこと、苦手なことを
 朝やるといいようだ。
 午後や晩は好きなことをやるといい。

・いろいろな場合について持ち物リストを作っておくと
 いいようだ。
posted by ティー at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(301-600)

2006年01月14日

313.さあ、学校をはじめよう

s-060114h.jpg
さあ、学校をはじめよう
渡邉美樹著、ビジネス社、
2004年、245ページ、
ISBN 4-8284-1158-5

読もうと思った理由
・著者の別の本がよかったので。
・どうやって学校を建て直したか知りたい。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 66分、
合計69分

060114m.gif

内容のメモと感想

・挨拶、身だしなみ、遅刻をしないことから
  始めたら、学力が上がったらしい。

・店は店長で決まり、教室は教師で決まる。
  教師の研修に力を入れている。
  内容は、ビジネスマナー、コミュニケーション、
  マネジメントもあり、充実している。
  最初は手帳を持っている教師が2割しかいなかった、
  というのは、びっくりした。

・いろいろ学ぶ点がある本。
posted by ティー at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月13日

312.人の心を動かす文章術

s-060113h.jpg
人の心を動かす文章術
樋口裕一著、草思社、
2004年、230ページ、
ISBN 4-7942-1295-X

読もうと思った理由
・わかりやすい文章を書けるようになりたい。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 21分
合計24分

060113m.gif
内容のメモと感想

・文章の通信講座で数多くの作文を
  添削した著者が、わかりやすい文章の
  書き方について述べている。

・何でも書くのでなく、テーマを1つに絞って書くといいようだ。
  何を選ぶかも書き手の力である。

・書き出しを工夫した方がいいらしい。

・予告、エピソード、展開、まとめの構成を使うといいらしい。
 道徳的な結論はつまらないので、やめた方がいいらしい。

・今回は、本の前半を中心に読んだ。

・著者の「できる人の書き方」(No.100)
と合わせて読むといいだろう。
posted by ティー at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月12日

311. Audrey Style

s-060112h.jpg
P. C. Keogh, Audrey Style,
Aurum Press, 2003
(first published in 1999),
237 pages
ISBN 1-85410-645-7

読もうと思った理由
・オードリー・ヘップバーンが話題になっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 194分 (ほとんど普通読み)
合計197分

060112m.gif

内容のメモと感想

・オードリー・ヘップバーンの
  映画と人生についての本。
  写真がたくさん入っている。

・「ローマの休日」は見たことがあるが、
  「サブリナ」は知らなかった。見てみたいと思う。

・スターになっても全くきどらず、
  早寝早起きできちんとした生活をしていたようだ。

・6歳の時に父親がいきなり出て行ってしまい、
  大変だったようだ。

・晩年のユニセフの仕事は、
  小さい頃、オランダにいて、戦争中の苦しい生活の後、
  国連の食料で助かったことにルーツがあるようだ。
  知らなかった。

・2回の結婚の後、最後にいい人と出会っている。
  ジャックリーン・ケネディさんと共通する点も多いようだ。

・ファッションやおしゃれについても書いてあって、
  おもしろい。
posted by ティー at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月11日

310. 一歩先のシゴト力

s-060111h.jpg
一歩先のシゴト力
小阪裕司著、PHP
2006年、157ページ、
ISBN 4-569-64665-4

読もうと思った理由
・他で推薦されていたので。

予習1分、PR1分、復習1分
SR&D&MM 40分
合計43分

060111m.gif
内容のメモと感想

・仕事に必要な力を順に解説している。
  スキルよりは、目の前の仕事を一生懸命やる、
  日々向上するなど、マインドセットの話が中心である。

・描く力、で紅茶カップを売るために、
  「人生最後の紅茶をどんなカップで
  飲みたいですか?」と
  ストーリーを作った話があって、
  すごいと思った。

・時々読み返したい本。
posted by ティー at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月10日

309. コミュニケーション集中治療室

s-060110h.jpg
コミュニケーション集中治療室
須子はるか、松村香織著、
東洋経済新聞社、2005年、197ページ、
ISBN 4-492-04246-6

読もうと思った理由
・NLP同期の方がセミナーに参加されたそうなので、
  どんな内容かと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 16分、
合計19分

060110m.gif

内容のメモと感想

・コミュニケーションの問題点と
  対処方法について述べた本。

・コーチングやNLPの考え方を随所に使っている。

・病院風でおもしろい。
  コミュニケーションの問題点を病気だと考え、
  症状別に診療室という名前の章があり、処方箋が書いてある。
  冒頭には、健康診断があり、自分の症状がわかる。
  「ドクターの叫び」「ナースのはげまし」という
  チャート式風の欄もある。

・会話の焦点を事柄から相手の人へ、というのは、
  なるほどと思った。
  「映画どうでしたか?」よりは、
  「どの部分がよかったですか?」の方が
  話がはずみそうだ。

・相手の話をよく聞く方法についても述べている。
  ペーシングやオウム返しが役立つようだ。

・相手の楽しい、嬉しいを引き出す質問がいいらしい。
  「最近楽しかったことは?」
  「仕事で一番やりがいを感じることは?」
  などである。

・考えにつまった時は、姿勢を変えてみるとよい。
  下ばかり向いていても、いい考えは浮かびにくい。

・おもしろいので、お勧めの本。
posted by ティー at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月09日

308. 最強最後の学習法

s-060109h.jpg
最強最後の学習法
後藤武士著、宝島社、
2005年、190ページ、
ISBN 4-7966-4437-7

読もうと思った理由
・他で推薦されていたので。
・大人の勉強方法にも参考になるかと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 28分、
合計31分

060109m.gif

内容のメモと感想

・塾を経営する著者が、主に国語の
  勉強方法について述べた本。

・国語の成績を上げるには、本をたくさん読め、
  とよく言われているが、
  そもそも国語ができない人は文章が読めず、
  読書は嫌い、というのは、もっともだと思った。
  読書せずに、問題集を使って、読解力を上げる方法が
  書いてある。

・教えるのが上手な人とは、いろいろな比喩を使ったり、
  違うアプローチで同じことを説明できる人らしい。
  わからない部分を、同じ言葉で声の大きさだけ変えて
  説明しても意味がない。

・公文式は、学習困難児や低学年用、
  受験するなら、早めに考えるタイプの塾へ、
  というのは、もっともだと思った。
  学生の頃、公文出身の子を2人教えたことがあったが、
  思考停止の癖があった。
posted by ティー at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月08日

307. リーダーのためのとっておきのスキル

s-060108h.jpg
リーダーのためのとっておきのスキル
石田淳著、フォレスト出版、
2005年、190ページ、
ISBN 4-89451-213-0

読もうと思った理由
・フォレスト出版のメールで見かけて。

予習1分、PR1分、復習1分
SR&D&MM 36分、
合計39分

060108m.gif
内容のメモと感想

・伝統的なマネジメント、例えば飲み会で
 コミュニケーションをはかったり、
 「やる気がない」「常識がない」と叱るやり方、
 あるいは心理学重視のマネジメントではなくて、
 具体的な行動のレパートリーを示す
 マネジメントを提唱している。

・学習塾で子供に「挨拶をしなさい」と言っただけでは、
  伝わらない。6項目に分けて、
  「教室のドアをしっかり閉める」「あいさつ線で立ち止まる」
  「背筋を伸ばす」「先生の方を向いて目を合わせる」
  「大きな声で元気よく、お願いします、と言う」
  「お辞儀をする」の6つをマスターさせるそうだ。
  確かにこれは、わかりやすい。

  「近頃は家庭でしつけをやってない」と文句を言っても
  問題は解決しない。こういう風にわかりやすく分解すると、
  誰でもできるようになる。

・重要な業務、問題となっている業務について、
  まずは行動に分解してみるとよいようだ。
  その中で核となる行動、つまり自然にできない難しい部分を
  重点的に練習するとよい。

・成果をほめるのは当然だが、成果が上がるまで時間がかかる。
  成果に向けた行動をねぎらうとよい。

・自分が言ったことが相手に伝わってない場合、
  行動に分解してから伝えた方がよさそうだ。

・お勧めの本。
posted by ティー at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月07日

306. テンションを上げる45の方法

s-060107h.jpg
テンションを上げる45の方法
中谷彰宏著、ダイヤモンド社、
2005年、161ページ、
ISBN 4-478-70329-9

読もうと思った理由
・以前買った本の再読。
・ふと題名が気になって。

予習1分、PR1分、復習1分。
SR&D&MM 23分
合計26分

060107m.gif
内容のメモと感想

・自分のテンションを上げる方法、
 他の人のテンションを上げる方法が
 書いてある。

・笑ってくれる人がいるとテンションが
  上がるようだ。
  孫は何でも笑ってくれるので、孫が来ると
  祖父母はテンションが上がる。

・なかなか手に入らない方がテンションが上がるようだ。
  ディズニーランドを1人で貸しきっても、
  おもしろくないだろう、というのは、
  なるほどと思った。

・出会いやチャンスに対する感謝の気持ちがあると、
  テンションが上がるそうだ。

・出費をコストでなく、投資と考えるとよいようだ。

・空気を読むトレーニングをして、周りのテンションを
  下げる発言をしないようにしたい。

・するべき仕事を一覧表にして、80%になったら、
  「まだたくさんある」ではなくて、
  「20%できた」と考えるといいそうだ。

・着たことのないタイプの服を着てみるといいそうだ。
  ベルトのバックル、シャツやズボンの中央をそろえると、
  重心が意識できていいそうだ。

・「テンション」を題材に、仕事のやり方、
  人生の楽しみ方について書いていて、おもしろい。
posted by ティー at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(301-600)

2006年01月06日

305.うつな気分は食事で治る

s-060106h.jpg
うつな気分は食事で治る
高田明和著、KKベストセラーズ
2006年、223ページ、
ISBN 4-584-18903-X

読もうと思った理由
・アマゾンで見かけて。
・食事について知りたいので。

予習1分、PR1分、復習1分
SR&D&MM 24分
合計27分

060106m.gif

内容のメモと感想

・脳はブドウ糖をエネルギー源としているが、
  脳に蓄えることができない。
  やせた人の場合、ブドウ糖が不足がちになる。
  
・菜食の場合、うつになりやすいらしい。
  高齢まで脳がぼけないためには、肉や乳製品も
  必要らしい。

・要はバランスのよい食事がいいようだ。
posted by ティー at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月05日

304. 夢に日付を!

s-060105h.jpg
夢に日付を!
渡邉美樹著、NTT出版、
2005年、230ページ、
ISBN 4-86053-124-2

読もうと思った理由
・雑誌記事で、真っ赤にぬりつぶされた手帳が
  のっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 22分
合計25分

060105m.gif
内容のメモと感想

・著者のことはよく知らなかったが、
  居酒屋の和民(わたみ)などを経営する他、
  学校の経営もされているらしい。学校の本を
  読んでみようと思った。

・自己実現だけでなく、他の人への愛、皆の笑顔を見たい、
  という夢が大事なようだ。

・著者の人柄が感じられる本。
タグ:渡邉美樹
posted by ティー at 20:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月04日

303. パラサイト・ミドルの衝撃

s-060104h.jpg
パラサイト・ミドルの衝撃
三神万里子著、NTT出版、
2005年、284ページ、
ISBN 4-7571-4126-2

読もうと思った理由
・世代論の本として話題になっていたので。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 12分、
合計15分

内容のメモと感想

・1993年、1994年のリストラで、
  早期希望退職制度を利用して優秀な人は去り、
  残った現在の45歳以上の問題を書いている。
  この時期に採用をしぼったため、45歳以下が
  数が少なく、上司からの教育もきちんと受けてない場合がある。

・当事者意識がなくて傍観者的な点が、45歳以上の欠点なようだ。

・本には極端な例も出てくる。
  メールを使えない人がいる会社は、一体どこの話なのだろう。
  いわゆる理系の職場では、考えにくい。

・世代論としては、なるほどと思う部分もあり、おもしろい。
  しかし周りを見ると、人によって全然違う。
  個人がこの本を読んで、仕事や生き方の参考にはなりにくい。
  身近で、見本になる人を探して、
  その人を目指すのがいいのだろう。
posted by ティー at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

お勧めブログ2: ブラシュアップセミナーのブログ

お勧めブログの第2弾は、栄養士さんたちの、
ブラシュアップセミナーのブログ
である。

前回の影山さんのブログからリンクされていて、見つけた。
栄養士の方々が、ブラシュアップしようと、
いろいろなセミナーを開いている。

ブログを複数の人で担当していて、おもしろい。
例えばあるセミナーの解説を3人の人が書いていると、
それぞれ着眼点が違い、いろいろな方向からの
記録が残る。

栄養士という仕事はよく知らなかったのだが、
メニューを考えたり、食事の相談を受けたりするらしい。
病院、福祉施設、企業に勤務している栄養士を、
管理栄養士と呼ぶらしいが、
個人で起業してやっている人もいる。

食にまつわる資格としては、調理師があるが、
和食など専門があるようだ。
栄養士の場合、いろいろな料理を幅広く
勉強している。料理教室もありおもしろそうだ。

趣味も多彩である。料理への興味から、旅行や写真が趣味、
というのは、わかりやすい。
バレエなどの運動系の趣味も、体を作るという点で、
栄養士の仕事と関係あるのだろう。

さて、いいと思った記事からメモを書いておく。

2005年6月25日の記事から。
・もっと舞台や絵を観て、感性を磨く。

2005年12月19日。
・自分の記録をつけると、
  執筆依頼が来た時にも役立つ。

2005年12月18日
・良い文章を写してみる。

2005年10月17日
・「大変勉強になりました」は講演会のアンケートに
  書いてはいけない文。

2005年9月24日
・スピーチは1つのテーマを掘り下げる。

2005年10月18日
・頭痛がしたり夜眠れない時は、
  下半身を動かすとよい。足踏みなど。

2005年11月27日
・席を立たずにコースを楽しめるような料理。
posted by ティー at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めブログ

2006年01月03日

302. コーディネート・究極の法則

s-060103h.jpg
コーディネート・究極の法則
押田比呂美著、KKベストセラーズ、
2003年、206ページ、
ISBN 4-584-18748-7

読もうと思った理由
・押田さんの別の本と一緒に買った。
・おしゃれな人の方法を知りたいと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 22分、
合計25分

内容のメモと感想

・夏服は家で洗える物を中心に考えるといいようだ。

・カットソーも試着した方がいいそうだ。

・心身ともに最高の状態で買い物するのがよいらしい。
  確かに買い物はくたびれるので、
  気力が充実している時がよさそうだ。
posted by ティー at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

TV-1:ダヴィンチの予言

050103-TV.gif
天才ダヴィンチの予言、
 もうひとつの「最後の審判」
2006年1月3日、BS-i, 19:00-21:00

見ようと思った理由
・昨年秋に「ダヴィンチ展」を見て、おもしろかったので。

見た方法
・番組を見ながら、手書きメモ。
・終わってから、MM化した。

番組鑑賞メモ

・普段あまりテレビを見ないのだが、
  ダヴィンチに関する番組なので、
  しっかり見た。

・CMの前に、質問を投げかけて、
  CMの後に答える、という形になっている。
  どこにCMが入るか予測できるので、
  行動しやすい。

・ダヴィンチ展のDVDの内容と重複している部分もあったが、
  ウィンザー手稿の話など新しい部分もあった。

内容のメモ

・中世からルネサンスになる頃の時代背景が
  説明してあって、わかりやすい。
  当時の教会は、免罪符という、
  天国に行けると称するチケットを販売して、
  お金を儲けていたらしい。
  教会は、マーケティングと集金に優れていたのだろう。

・「もしミケランジェロではなくて、ダヴィンチが、
   最後の審判を描いていたら?」というのは、
   おもしろい問題設定だと思った。

・ダヴィンチは絵画から出発して、科学を研究し、
  科学の成果を絵画にも生かしている。
  彫刻家から出発して絵画を描いたミケランジェロと
   対照的である。

・裾分氏が述べていた、モナリザの髪の毛の渦が、
  水の渦に似ている、という点もおもしろい。

・セピア色、というのは、イカ墨の色、
  という意味らしい。

・イタリアに行ってみたくなった。
posted by ティー at 21:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台,映像,音声

2006年01月02日

301. おしゃれになるにはコツがある

s-060102h.jpg
「おしゃれ」になるにはコツがある
横森美奈子著、文春文庫Plus、
2003年(単行本は1998年)、201ページ、
ISBN 4-16-766051-2

読もうと思った理由
・おしゃれの方法を知ろうと思って。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D 14分 (MMなし)
計17分

内容のメモと感想

・まずどういう風に見られたいか、
  イメージを考えるらしい。

・服を試着する時は、鏡から少し離れてみて、
  動いてみるといいらしい。

・シーズン始めは、インナーで色を試してみると
  いいらしい。
posted by ティー at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(301-600)

2006年01月01日

300. 加速成功

s-060101h.jpg
加速成功
道幸武久著、サンマーク出版、
2004年、222ページ、
ISBN 4-7631-9595-6

読もうと思った理由
・メルマガで見かけて。
・そういえば、PR同期メーリングリストで
  何人かの方が書かれていたと思い出して。

予習1分、PR1分、復習1分、
SR&D&MM 50分、
合計54分

060101m..gif
内容のメモと感想

・成果を上げるには、プランニングや振り返りをする
  時間のゆとりが重要。
  90日に1度、まる1日プランニングに
  あてるらしい。
  証券の営業だった時は、顧客に話ができる
  夜に訪問、昼間は体を休めていたらしい。

・師匠にする人は、自分の成長に合わせて変えていき、
  相手に弟子だと思わせない、というのは、なるほどと思った。

・1日1時間、自分の有能の輪を掘り下げる勉強をするべきとあった。
  毎日15分のプランニング、30分の振り返りが必要ならしい。

・言葉で言うのは簡単なので、まず唱えてみるとよいらしい。

・逆境の時期が長いほど、成功した時に輝く。
 また成功が大きいほど、暗転した時にまっさかさまに落ちるらしい。
  落ちないためには、日頃から寄付などするとよいようだ。

・お勧めの本。
posted by ティー at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。