はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年07月01日

116冊め:子供も大人もなぜキレる

s-050701h.jpg

子供も大人もなぜキレる
大沢博著、ブレーン出版、
1998年、151ページ、
ISBN 4-89242-162-6

読もうと思った理由
・以前読んだ本の再読
・栄養と脳の関係を復習しておきたい。

予習1分、PR1分、復習2分

050701m.gif
内容のメモと感想

・「脳はぬれたコンピュータである」というのは、
 おもしろい表現である。
 脳の機能は、脳の液の中に溶けている物質に影響される。

・塾のできる子のクラスは、親の手作りの弁当を食べている子が多く、
 できない子のクラスでは、コンビニ弁当、ハンバーガー、ポテトチップスを
 食べている子が多い、というのは、説得力がある。
 栄養のバランスが悪い食事では、脳がうまく働かず、
 成績も悪いのは、もっともである。

・痴呆は、甘い物を食べ過ぎる人がなりやすいらしい。
 うつは、ビタミンB1,マグネシウムの不足が関係しているらしい。

・缶コーヒー、清涼飲料水も要注意らしい。
posted by ティー at 20:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本(1-300)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。