はじめにリンク集手帳工夫着想理系英語

twitter@tea330


2005年03月31日

24冊め:幸運をよびこむKIMIKOウォーキング

s-050331h.jpg

幸運をよびこむKIMIKOウオーキング
KIMIKO著、中経出版、2005年、158ページ
ISBN 4-8061-2179-7

読もうと思った理由
1) 昨年KIMIKOさんの1回だけの体験講座を受講して、
  とてもよかった。2冊めを出されたそうなので、
  さっそく買ってみた。
2) ふと気付くと姿勢が悪かったりするので、
  この本で姿勢をよくしたい。

予習2分、PR2分、復習2分、
SR&D&MM 18分。
合計26分。

050331.gif
感想

・ぱらぱら読むだけで、姿勢がよくなる気がする。

・からだのスイッチを入れると、心のスイッチも入る、というのは、
  EduKの考え方にも似ていて、なるほどと思った。

・KIMIKOさんの講座を受講してから読むと、
  復習になって、ちょうどよい。

・医師が受講後明るくなった結果、患者さんの病気の回復率が上がった、
  というのは、すごいと思った。
  1人が明るくなるだけで、大きな効果がある。
posted by ティー at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月30日

PR講習会3週間の変化

PR講習会から3週間以上たったので、変化を書いてみた。

・みかん法はやらなくても集中できるようになった。
  (特に自宅の場合。
   電車の中は集中力が落ちる傾向。)

・ブログに書く励みがあるので、読みやすい。

・ブログの操作にだいぶ慣れてきた。
   表紙画像の圧縮もすいすいできるようになった。
   MindManagerの操作も早くなった。
    (以前からこのソフトを使っていたが、ゆっくりだった。)

・MMを書くので、記憶に残りやすい。
   元々本はたくさん読むタイプ。
本は自分で買って、いいことが書いてあるページの上の隅を
   折ってある。
   そのページだけ読めば、本の(自分にとって)大事な部分は
   すぐ復習できる。
   しかし、「折ってある所を開けば思い出せる」よりも、
   MMを書いて、頭に記憶しておいた方が使いやすい。

・以前はあまりおもしろくない本は、途中で読む気をなくした。
  しかし、MMなら、全体としてはおもしろくなくても、
  SR&Dで、使える部分だけ書けばいい。
  必要部分が少ない本は、MMだけ残して、
  本は読み返す必要がなくなり、精神衛生上?よい。

-------------
今後達成したいこと。

・1日1冊だと、つい簡単な本に手が伸びる傾向がある。(^_^)
  時間がある休みの日に、やや難しいけど内容のある本を
  読みたい。

・SR & D & MMの部分を高速化したい。

・中程度の日本語の本の場合、PRの工程全部(予習からMMまで)で40分くらい。
  しかし感想を書いてwebにアップするのにあと30分以上かかる。
  後半部分(感想&アップ)も短縮したい。

---------------
今後の計画

・1日1冊の中身を充実させたい。

・忙しいとわかっている日は前日に2冊読んでおく?

・再受講は予定が合えば、積極的に参加したい。
posted by ティー at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

23冊め:あなたの患者になりたい--患者の視点で語る医療コミュニケーション

s-050330h.jpg
あなたの患者になりたい―患者の視点で語る医療コミュニケーション
佐伯晴子、医学書院、2003年、117ページ
ISBN 4-260-12711-X

読もうと思った理由
・コミュニケーションのヒントになるかも。

予習2分、PR2分、復習2分
SR&D&MM 12分
計20分。

050330m.gif
内容の感想

・患者の立場としては、当たり前のことが書いてある。
  医者が読むべき本のようだ。

・ペンをくるくる回しながら話すなど、気になる癖は直しておいた方がよい、
  という点はなるほどと思った。

・専門用語や業界用語を使って話をしがちなのは、自分も同じなので、
  気をつけようと思った。
posted by ティー at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月29日

22冊め:すべては記憶に残るサービスのために

s-050329h.jpg
すべては記憶に残るサービスのために―最先端ヘアサロン「RITZ」がなにをやっているか
金井豊著、
フォレスト出版、2004年、206ページ、
ISBN 4-89451-162-2

読もうと思った理由
・少し前に読んでおもしろかったので、再読したい。
・元々は、ラーニングソリューションズ社のメルマガバックナンバーで
  紹介されていたのを見て買った。
  http://www.learningsolutions.jp/back.html
   (ここの本はおもしろいのが多いので、お勧めです。)
・何か仕事のヒントが得られるかも。

予習2分、PR2分、復習2分、
SR&D&MM 38分、
合計45分。

050329m.gif
内容の感想

・RITZという美容院は全然知らないが、
  本はなかなかおもしろい。

・情報によって顧客がお金持ちになれば美容院の経営にもよい、
  というのは、なるほどと思った。

・情報を得る有力な手段として、フォトリーディングを利用している。
  社員にもフォトリーディングを身に付けてもらい、
  本から得られた情報を共有したら、
  社内が活性化した、という点はうまいと思った。

・コミュニケーション能力が大事、という点は、
  以前読んだ、患者満足度の本で、医者について述べられていたことと
  似ている。技術だけでは不十分なのは、医者も美容師も他の仕事も同じである。

・しばらくしてからまた読み返してみたい本である。
posted by ティー at 23:31 | Comment(2) | TrackBack(1) | 本(1-300)

目次の置き場所

本の分野別の目次を作ってみた。
目次の置き場所は何通りかある。

a) 記事として入れる。(今回のやり方)
b) サイドバーに入れる。
c) 他のページにhtmlで入れる。

c)は他のページでいったん作ったのだが、
無料ページで広告が目立つので、やめた。

b)は本の数が増えてくると、長くなってしまう。

a)の記事として入れる方法を使ってみた。
記事の更新の時に探しやすいように、日付は
ブログ開始以前の3月1日にしてみた。

新しい本を加えて、再構築してURLが確定してから、
目次にもその本の行を加えることができる。

seesaaの場合、再構築に時間がかかる。
アーカイブ再構築を避けるために、
月が替わったら、その月の1日に、
分野別目次を日付変更しておくといいかもしれない。
そうすれば、トップページの更新だけを
とりあえずやればよい。

読んだ本を分野別にリストにする以外に、
MMに書いてみると、おもしろいかも、
とふと思った。

posted by ティー at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

2005年03月28日

21冊め:豊かに老いを生きる

s-050328h.jpg

豊かに老いを生きる
日野原重明著、
春秋社、2002年、171ページ
ISBN 4-393-36427-9

読もうと思った理由
・以前読んだ本の再読。
・生き方が参考になるかも。

予習2分、PR2分、復習2分
SR&D&MM 12分
合計20分

050328m.gif
内容の感想

・心をもっと大事にしよう、というのは、なるほどと思った。
  「健康は大事」とよく言われ、同感である。
  しかし、病気になったら不幸なのかというと、そんなことはなくて、
  どんな状況でも、幸せな心を持つことができる。

・私にはまだぴんとこない部分もある。
  将来もっと年をとってから、読み返してみたい。
posted by ティー at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月27日

20冊め:お母ちゃんの住まい誕生

s-050327h.jpg
お母ちゃんの住まい誕生
宇津崎光代、宇津崎友見、宇津崎せつ子著、
かもがわ出版、2001年、218ページ。
ISBN 4-87699-603-2

読もうと思った理由

・PR同期の方が著者の1人のため。
・住まいには興味がある。

予習2分、PR2分(5回)、復習2分、
SR&D&MM 27分
合計36分

050327m.gif
内容の感想

・暮らしやすそうな家である。

・自分は一軒家に住む予定はないが、
 マンションの間取りを選ぶ時に参考になりそう。

・家を建てたい人に「夢シート」を記入してもらうのは、
  いい方法だと思った。
  依頼する側も、自分が何をしたいのか、わかってない場合がある。
  夢シートを書いていくうちに希望が明確になりそうだ。

・住まいが変わると生活が変わる、というのは、なるほどと思った。
  朝帰りだったご主人が19:00に帰ってくるようになった家庭もあるとか、
  いい設計は効果があるようだ。

・これから家を建てたい人、住まいに興味のある人にお勧めの本。
posted by ティー at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月26日

19冊め:獄窓記

s-050326h.jpg

獄窓記、山本譲司著、
ポプラ社、2003年、391ページ
ISBN 4-591-07935-X

読もうと思った理由
・以前読んでいい本だと思ったので、
  久しぶりに再読しようと思った。

予習2分、PR2.5分、復習3分、
SR&D&MM 2時間(内容がおもしろいので、ほとんど普通読み)
合計 2時間10分。

050326m.gif
PRの感想

・小説はPRに向いてないのと同様、
  ノンフィクションではあるが細部がおもしろいこの本は、
  PRよりは普通読み向けかも。

内容の感想

・秘書給与事件で逮捕され、1年余り服役した著者の手記。
  いろいろな状況で著者がどう考えどう行動したか、
  わかりやすく書いてある。

・刑務所で福祉について同囚に教えたり、
  障害者の介護の仕事をして、自分の居場所を見つけている。
  どんな状況でも自分のミッションを見つけると、生きやすい。

・家族の大切さがよくわかる。

・刑務所でのいろいろな矛盾についても指摘していて、
  貴重な情報である。

・刑務所の中で本を読み、考えている様子がわかる。
  以前読んだ、吉田松陰の伝記を思い出した。

・お勧めの本。
posted by ティー at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月25日

18冊め:収納しないキレイな生活

s-050325h.jpg
収納しない、キレイな生活
あらかわ菜美著、宝島社、
2002年、192ページ、
ISBN 4-7966-2975-0

読みたいと思った理由
・以前読んだ本を再読してみようと思った。
・生活の知恵が得られるかも。

予習1.5分、PR2分、復習1分、
SR&D&MM 11分、
計18分

PR感想
・内容が簡単で、興味ある部分が一部なので、さっとPRできた。

050325m.gif
内容の感想

・外出の用意をする前に留守電をonにする、というのは、なるほどと思った。
  外出直前にセールスの電話がかかってきたことがあったが、
  最初から留守電にしておけばよかった。

・PRの講習会と同様、この本もタイマーを勧めている。
  長電話になりそうな時はあらかじめタイマーをセットすると、
   電話を切りやすいそうだ。こういう使い道もあるのかと感心した。
posted by ティー at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月24日

17冊め:Edu-K for Kids

s-050324h.jpg
P.E.Dennison and G. E. Dennison,
Edu-K for Kids,
Edu-Kinesthetics, Inc., 1987, 82ページ
ISBN 0-942143-01-9
(上記題名からは、USのアマゾンをリンクしている。
日本のアマゾンと価格を比較してから
注文するといいかも。)

読もうと思った理由

・Edu-Kの体操が楽しそうなので、
No.6の本に引き続き、読んでみることにした。

050324.gif
予習1分(短いので)、PR2分(ゆっくり1、速く5)、復習2分
SR&D&MM 18分。
合計25分。

感想

・前半は子供向けに易しく脳の働きを説明している。
  後半は大人(親・教師)向けの解説。
  特にDylexiaの仕組みがよくわかった。

・図が入っていてわかりやすい。

・前半は手書き風の文字で読みにくいかと思ったが、
  慣れるとすぐ読めるようになった。

・楽しい本なので、Edu-Kに興味がある方にはいいかも。
posted by ティー at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月23日

16冊め:共働きで「家を選ぶ」ということ

s-050323h.jpg
共働きで「家を選ぶ」ということ―妻が仕事を辞める家、辞めない家
杉山由美子著、
WAVE出版、2000年、206ページ
ISBN 4-87290-080-4

読みたいと思った理由
・以前読んでおもしろかったので、再読してみようと思った。
・住環境には興味がある。

予習2分、PR2分、復習2分、
SR&D&MM 30分、
合計40分。

050323m.gif
内容の感想

・本書が言っていることは、
  「女性が仕事を続けたいなら、職場の近くに住まいを」である。
  実例に触れながら議論を進めていて、わかりやすい。

・本書は主に東京近辺の話。
  地方の場合は、職場から近い住居の値段がそれほど高くないので、 
  職住近接は実現しやすい。
  祖父母が近くにいれば、子供も育てやすい。

・共働き向きの夫の選び方についても触れていて、もっともだと思った。

・本書が書かれた2000年から5年たっている。
  都内にタワー型マンションが増えるなど、職住近接は
  実現しやすくなっているようだ。
posted by ティー at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月22日

15冊め:監督論(広岡達朗著)

s-050322h.jpg
監督論
集英社インターナショナル、2004年、251ページ、
ISBN 4-7976-7116-5

読もうと思った理由

・先週読んだ「意識革命のすすめ」がおもしろかったので、
  同じ著者の本をもう1冊読んでみようと思った。
・野球の話から何か仕事のヒントが得られるかも。

予習2分、PR3分(ゆっくり1回2分、速く5回1分)、復習2分、
SR&D&MM 36分、
合計45分。

-----------------
050322m.gif
PR感想
・新しい本はページがめくりやすい。

・1−3章は日本のプロ野球の体制について。
  ここはよくわからないので、SRは飛ばし読みした。
 4章以降で時々ディッピングした。

----------------
内容の感想

・1-3章はプロ野球を日頃見ている人なら、おもしろいかも。

・文章修行には、気に入った文章を書き写して、何度も読んで
  覚えるとよい、というのは、なるほどと思った。

・文章の「1点絞り」、つまり1つの文に言いたいことは1つだけにする、
  という点を教わった筆者が、後で監督になった時に、
  チームの数多い弱点の中で1つだけにしぼって強化していて、
  さすがだと思った。
  いろいろなことに手を広げるよりも、何かに絞るのは大事そうだ。

・育てることは時間がかかる点を強調している。

・広岡氏の本を1冊だけ読むなら、先週の「意識革命のすすめ」の方が
  お勧めだが、この本もよかった。
posted by ティー at 22:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月21日

14冊め:100億稼ぐ超メール術

s-050321h.jpg
100億稼ぐ超メール術
堀江貴文著、
東洋経済新報社、2004年、197ページ、
ISBN4-492-50131-2

読もうと思った理由

・同期MLで話題になっていた本。
・2日前に読んだ「100億稼ぐ仕事術」がおもしろかったので、
  本書も期待。
・メールの使い方の工夫を知りたい。

予習2分、PR3分(ゆっくり1回+速く5回)、復習2分、
SR&D&MM 40分、
計50分

050321m.gif
PR感想

・PRの時は、メールの画面が結構あるのが見えた。

内容の感想

・メールでけんかが起こった場合は当事者を合わせる、
  というのは、なるほどと思った。
  私もメーリングリストでのけんかを見たことがあるが、
  場所が離れていると会うのが難しくて収拾がつかない。
  電話で話すとまだましなのだが。

・プロジェクトはMLも作るが、最初にキックオフをやって
  できるだけ親密な関係を作る、というのは参考になる。

・決定事項はその日中にMLに流す、というのは私はまだできてない。
  ある会の議事を流す担当なのだが、2日後になったりする。

・日報は私は要求されてないが、自分で書いて自分に送っておくと、
  後で振り返るのによさそうだ。
posted by ティー at 23:02 | Comment(2) | TrackBack(1) | 本(1-300)

マインドマップのスタイル

MindManagerというソフトを使って、マインドマップを書いている。
使っているうちに、下記のデザインに大体落ち着いた。

方針は、

・なるべくシンプル。
・作成に時間がかからない。
・後で見返ししやすい。

----------------------
ティーのMM

・元になるスタイルは、「Default (Curved)」を使った。
  一番シンプルな形である。
  曲線の上に文字を書くタイプ。

・中心の箱に色をつけない。

・背景はなしにする。

・ファイルメニューの「Page Setup」で、
  Portrait(縦長)指定にする。
  デフォルトでは、「Automatic」で縦長の時も横長の時もある。
  MMをプリントアウトしてファイルに綴じている関係で、
  紙の向きを統一しておいた方が見やすい。

・トピックは、主題の右側にずらっと並べる。
  放射状もいいのだが、どこから読み始めるのか忘れてしまう。
  右側に並べて、上から順に読んだ方がわかりやすい。

・「Floating Topic」を左上に作る。
  番号、日付、題名、著者、出版社、発行年、ページ数、ISBNの
  情報を入れる。

・ファイル名は、日付を先に入れ、内容を次に書く。
  例えば、050309医療マーケティング.mmp。
  日付を先に入れると、ファイル名で整列させた時に
  日付の順に並んでわかりやすい。
  
  blogに入れる時は、gifに変換して、050309m.gif という風に
  内容は省き、日付とm (マップという意味)を付けておく。
  blogは同じファイル名の画像を2つ入れることはできない。
  日付をつけておけば、ファイル名が重なることがない。

・設定を全てした空ファイルを1つ作っておく。
  新しくMMを書く時は、その空ファイルをコピーしてから
  入力を始める。
posted by ティー at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(2) | PR関係

2005年03月20日

13冊め:意欲を引き出すマジック・ワード、NLP活用事例集Vol.2

s-050320h.jpg“意欲”を引き出すマジック・ワード、NLP活用事例集Vol.2
チーム・ドルフィン編著、
公人の友社、2005年、
ISBN 4-87555-453-2

--------------
読もうと思った理由
・他の人に変化を起こす言葉とは何か?
・自分が思っていることをどう表現すれば、相手が動きやすいか?

予習2分、PR3分(ゆっくり1回、速く3回)、復習2分、
SR&D&MM 30分
合計40分。
-----------------
050320m.gif
PR感想

・実例を集めた本なので、短時間で読みやすい。
・買ったばかりの新しい本なので、PRの時にページをめくりやすい。

-----------------
内容の感想

・席が隣になった少年野球の監督さんと話をして、
  NLPの手法で試合に勝った話がおもしろい。
  目の前の相手を通じて、第3者に変化を起こした例である。

・自分はイメージを思い浮かべる時、視覚を使う傾向がある。
  他の感覚も積極的に使ってみようと思った。
posted by ティー at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

本の購入:アマゾン利用法

私のアマゾン利用法をまとめてみました。

アマゾンのいい点

・1500円以上で送料無料。
  田舎に住んでいると、本屋に行くのにバス代がかかる。
  わざわざ行くのは時間もお金もかかる。

・記録が残る。
  自動的に送られてくるメールを残しておけば、注文した本の題名が残る。
  メーラにamazonのフォルダーを作っている。
  フォルダー内を検索すれば、ある本を既に買ったかどうか、
   いつ頃買ったかすぐ検索できる。

-------------
アマゾンの気になる点

・配達方法。
  個人的にはくろね○が時間指定しやすくて好きだ。
  20-21:00の細かい指定ができる

・翻訳書と原著がリンクされてない場合が多い。
  この点は有隣堂の方が優れている。

・アメリカのアマゾンと日本のアマゾンは在庫を融通しないようだ。
  例えば、アメリカのアマゾンで「24時間以内配達」になっている本を
  日本のアマゾンで注文して、「入手困難」というメールが来たことがある。
  いったんアメリカのアマゾンの倉庫に入ると、日本のアマゾンからは
  注文できないようだ。
--------------
自分の場合、

・洋書はamazon.comの画面で評を見てから、amazon.co.jpで
  買うことが多い。

・洋書は定価2000円くらいの本が
  amazon.co.jpで品切れで、同マーケットプレイスで1万円の値段が
  ついていることがあって、びっくりする。
  amazon.comの古本で買えば、安く買えることが多い。

・ショッピングカートが便利。
  「今月は本買いすぎ」という場合、とりあえず、カートに入れておき、
  注文は後ですることがある。
  1500円未満の本を買いたい場合も、ひとまずカートに入れておき、
  後で注文する。
(あまりに放置すると、消えてしまうが。)
posted by ティー at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

講習会後2週間の変化

PR講習会から2週間たったので、変化をまとめてみた。

明確な変化

1) タイマーを使うようになった。

   台所の作業や風呂を沸かす時にタイマーを使っていたが、
   「読書にタイマー」は初めてで新鮮な気分。

   家ではパソコン上のタイマー、
   出張のJRの中では、電池で光を出したり振動するタイマーを使っている。
   作業によって、決めた時間を短く感じる時と長く感じる時が
   ある。

2) Blogを始めた。
   
   ホームページを作ったことはあるが、Blogは初めて。

3) 1日1冊読んでMMを書くようになった。

   講習会中に「1ヶ月に何冊読む予定か?」と聞かれて、
   私は「10冊以下の人」の時に手をあげた。
   土日で1冊ずつとして、1ヶ月で8冊の計算であった。
   しかし同期の方々に刺激を受けて、1日1冊読むようになった。

-----------------
明確でない変化

(そんな気がする、という程度ですが。)

4) 本の内容をMMを書くと記憶に残りやすい。

5) 本を読む前に、MMを書く価値があるか、
  書くとしたらどのくらいの時間がかかるか、
  大体わかるようになった。
  また選ぶ段階で、PRをやると、ぱっと選べる。

6) MMのよい点の1つは、好きな部分だけ取り出せることである。
  本によって文体が嫌いだとか、分析が浅いなど文句がある場合もある。
  MMでその本のよい点を抜き出してしまえば、以後はMMだけ見ればよいので、
   気分もよい。
posted by ティー at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

PR出張セット

PRを1日1冊やる場合、出張に持って行くものを書いてみた。

1) 本、数冊(出張日数分)
   現地で買う手もあるが、選ぶ時間があまりなくて、
   くだらない本を買ってしまうのは、もったいない。
   早めにある程度選んでからPRしたい。

2) 記録用紙(出張日数分+αの枚数)
   途中までPRして投げ出す可能性も考えると、
   日数分よりも多目にプリントアウトした方がよい。
   裏面には、章ごとの時間の記録(長い本の場合)や
   手書きのメモやMMを書いている。

3) タイマー
   振動モードは、モーター音が出るので、
   電車の中や喫茶店では、光が出るモードを使っている。
ひもがついているので、首からぶらさげると、邪魔にならない。
   タイマーを押していると、携帯電話を操作しているように見える?ので、
   自然な感じ。

4) デジカメ(とUSB接続コード、電源コード)
   前もって本の表紙の写真をとっておけば、
   デジカメは持っていかなくていいはずだが、
   ひょっとして現地で本を購入することもあるかもしれないので、
   一応持参。
   (なお私の携帯電話は写真機能はついてない。)

パソコンはPRするしないにかかわらず持参している。
posted by ティー at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

PRの道具:タイマー

PRの際に使っているタイマーを紹介する。

(1) パソコンのタイマー「教える時男君II」

http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se140249.html

例えば「MM作成中に5分おきに鳴らす」というリピート設定も
可能である。音はファイルを入れ替えれば変更できるが、
デフォルトのベル音を使っている。
自分の家ではこのパソコンのタイマーを使っている。

------
(2) マルチタイマーTM-30(遠藤科学)

同期の方が教えて下さったタイマーを私も買って使っている。
http://www.endokagaku.co.jp/shop/others/timer/sk_timer.htm

音、振動、光の3モードある。 

電車の中や喫茶店で音を出すのはまずいので、
振動または光を使うことになる。

振動モードはモーター音が出るので、
光モードを使うことが多い。
電車の中でしばらく寝たいが乗り過ごしが心配な時は、
振動モードがよさそうである。

s-timer.jpg
写真の左側は携帯電話、右がマルチタイマー。
同じような大きさである。
posted by ティー at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月19日

12冊め:100億稼ぐ仕事術(堀江氏の本)

s-050319h.jpg
100億稼ぐ仕事術
堀江貴文著、
ソフトバンク パブリッシング株式会社、
2003年、207ページ、
ISBN 4-7973-2540-2

-----------
読もうと思った理由

・同期MLで話題になっていた、「100億円稼ぐメール術」が
 おもしろそうなので、同じ著者の本を読んでみようと思った。
・仕事に役立つヒントがあるかも。

予習2分、PR2分(3回)、復習2分、
SR&D&MM 70分 (朝40分、残りを晩に30分ほど)
合計80分。

-----------
050319m.gif
PR感想
・もっと簡単に読めると思ったが、
  SR&D&MMに時間がかかった。

-----------
内容の感想

・細部がいろいろおもしろい。

・学校の歴史では政治史ばかり教え、経済史を教えない、
  という点は、言われてみればそうだと思った。
  確かに、王様や将軍の名前や政策は教科書に書いてあるが、
  経済についてはさらっと書いてあるだけだ。
  明治時代以降は時間がなくて、大急ぎになることも多い。
  明治以降の経済史は、勉強するとおもしろいかもしれない。

・睡眠時間を8時間とり、休日もちゃんと休むなど、
  忙しくてもバランスのとれた生活が大事なようだ。

・会社の不用品はネットオークションで売るなど、
  いろいろな方法でコスト削減をしていて参考になる。

・面倒なことに巻き込まれるとストレスとなって健康に悪いので、
  慎重に行動する、というのは、もっともだと思った。

・キーボードのショートカットで知らないものがいくつかあったので、
  使ってみようと思った。
posted by ティー at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月18日

11冊め:ビジネスブログブック

s-050318h.jpg
ビジネスブログブック
小川浩、四家正紀、上田一吉、
毎日コミュニケーションズ
2005年、173ページ、
ISBN 4-8399-1710-8

----------------
読もうと思った理由

・昨日の本と同時に買った本。
・blogの最先端を知りたい。

予習2分、PR2分(4回)、復習3分、
SR&D&MM 20分、
計30分
---------------
050318m.gif
PR感想

・PRしていると、章によって、上の方の色が違うことが目に入った。

・自分には内容が難しかったので、SR&D&MMは、全部ではなくて、
  読める所だけにした。

内容の感想

・オープン型ブログとイントラネットブログに分けて解説している本。
  昨日読んだ本よりも、やや難しい。

・私はブログのサイドバーはフレームだと思っていたのだが、
  違うようだ。1つのHTMLファイルになっている所が長所らしい。

・1冊だけ読むなら、昨日の本の方が初心者向け。
posted by ティー at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月17日

10冊め:ブログ・ビジネス

s-050317h.jpg
ブログ・ビジネス―ビジネスで活かせるブログの始めかた
元木一朗著、
ラトルズ社、2005年、206ページ
ISBN 4-89977-096-0

----------
読もうと思った理由
・先週blogの本を読んで、設定の仕方は大体わかったので、
  今度はどんな使い方があるか知りたい。

-------------
予習2分、PR2分(3回), 復習2分、
SR & D & MM 50分くらい。
合計60分。

------------
050317m.gif
PR感想

・SR&D&MMは途中までやって、残りは別の日にやった。(30分+20分)
・内容があまり難しくないので、読みやすかった。

-------------
内容の感想

・blogはコメントやトラックバックをはずす、という使い方も役立つようだ。
  特に企業の発信や有名人の個人blogの場合、コメントやトラックバックが
  たくさん来て対応に追われるのは大変なので、
  コメントやトラックバックははずしておいた方がいいらしい。
  普通の人のblogには、それほどコメントは来ないので、特に問題ない。

・blogはプライベート設定をすると、
グループでも使えるようだ。
 グループのメーリングリストに近い使い方ができるようだ。

・ファイルを共有するだけなら、egroupsのメーリングリストでもよさそう。

・私は出張中に電話回線でインターネットにアクセスすることがある。
  この場合、blogや掲示板は重く感じる。
  グループの打ち合わせなら、メールの方が軽くてよい。

・著作権の問題はあまり考えてなかった。
  blogの内容をまとめて本にしたい場合は、
  各プロバイダの規定を調べておいた方がよい。

・blogはまだこれから変化が大きいと考えられ、楽しみである。

・とりあえず個人でblogを作ってみてから、本書を読んだ方がわかりやすい。
posted by ティー at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月16日

9冊め:子どもの意欲を引き出す、NLP活用事例集Vol. 1

s-050316h.jpg
子どもの意欲を引き出す―NLP活用事例集〈Vol.1〉
チーム・ドルフィン編著
公人の友社、2004年、
ISBN 4-87555-437-0

-----------
読みたいと思った理由:

・先週NLPの本を読んでおもしろかったので、
  どういう実例があるか知りたい。

---------------
予習2分、PR2分(3回), 復習2分、
SR & D & MM 30分くらい。
合計40分。

--------------
050316m.gif
PR感想

・PRの時は、各章の最後に木のマークがあるのが見えた。
・SR & Dがやや普通読みぽかった。


内容の感想

・生徒が目の前のテストなどに悩んでいる時に、
 将来の夢を聞いて、視点を未来に向けさせるのは、
 いいやり方だと思った。

・生徒の席に座ってみる、というのは、
  学ぶ側の視点を持てて、よさそうだ。
  (この間読んだ、広岡氏の本でも、学ぶ側の視点について
   述べていた。教える側にはなかなか見えない。)

・NLPの考え方を身につけると、
  子供をどなりつけることがなくなり、よさそう。

・小さい子供を相手にした時だけでなくて、
  大人相手の実例をもっと知りたい。

・NLPについて知りたい場合は、この本をいきなり読むよりは、
 先週の本を先に読んだ方がよい。
 (「子供、親子、夫婦の問題を解決する--家族のためのNLP」)
posted by ティー at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月15日

8冊め:なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか

s-050315h.jpg
なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか
辰巳渚 著、
光文社、2004年、295ページ
ISBN 4-334-9333-5

-----
読みたいと思った理由

・ポルシェには興味ないが、住環境と消費の関係には興味がある。
・自分の消費行動をチェックしてみたい。

予習2分、PR2分(JRの中なので、ゆっくりめくって、5回くらい)、
復習3分、SR & D & MN 30分
計45分くらい。

-------
050315m.gif
PRメモ

・章ごとに独立しているので、興味のある章を中心に
  SR & D & MMした。

・新幹線の中は、照明が普段よりも暗かった。

----------
内容の感想

・丸ビルや六本木ヒルズに行ってみるのは
  昔のお伊勢参りと同じ、というのは
  なるほどと思った。
  はとバスツアーも同種の楽しみである。
  新しい場所に行き、五感を使って体験することは、
  いつの時代も人気がある。

・アマゾンなどの通販は自分もよく利用するので、その章は読んだ。
  特に田舎に住んでいると通販はありがたい。

・ポイントカードは確かに最近増えている。
  買う度に「ポイントカードを作りますか?」と
  聞かれる。しかし有効期間が短かったり、
  一定以上買わないと意味がなかったりする。
  ポイントがあと何点なので何かを買う、というのでは、
   消費行動を誘発しているので、消費者にとっては損である。

  私が好きなのは、Itoyaのように、5%の金券をくれるタイプである。
  次回からすぐ使えて便利である。
  あまり複雑なポイント制よりも、こういう昔風の金券が嬉しい。

・私は自分とは関係ない章は飛ばした。
マーケティングの専門家なら、全部の章を読んでも
  おもしろいのかもしれない。
posted by ティー at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月14日

7冊め:意識革命のすすめ(野球の広岡氏の本)

s-030514h.jpg
意識革命のすすめ
広岡達朗著、
講談社、1983年
ISBN4-200480-1(0)

-------------
読もうと思った理由

・以前読んで、おもしろかったのだが詳細を忘れているので、
 読み返してMMを書きたい。
・野球は詳しくないのだが、仕事や人生に役立つことが載ってそう。

--------------
予習2分、PR2分(10回くらい)、復習3分
S-R & D & MM 70分 (おもしろい本なので、つい熱中)
合計80分くらい。

-------------
050314m.gif
PR感想

・普通読みしてしばらくたつと、細部を忘れているが、
  PRしてMMを書くと、また思い出せて、なかなかよい。

・私は野球には詳しくないので、選手名とか記録のデータは
  SR&Dでは読み飛ばした。野球の細部に興味がある人なら、
  こういう部分もおもしろいかもしれない。

-----------
内容の感想

・元々、PRの講師の方がwebで紹介されているのを見て、
  注文した本である。http://www.learningevolution.jp/news0302.html
  野球の本というよりは、人生や経営にも使える本である。

・選手と監督は、マインドセットが全然違うことがよくわかる。
  広岡氏は浪人時代にアメリカに行ったり、
  野球以外のことにも関心を持つようになり、
  監督としての勉強ができたようだ。

・どんな監督になりたいか、監督として何をしたいかビジョンを持ち、
  ビジョンをうまく共有している。
  コーチ、選手、フロント、サポート(調理など)皆が
  協力して仕事をしていて、すがすがしい。

・4章で、広岡氏がアメリカの合気道の道場で会った
  1人のアメリカ人の言葉を書いている。
  「1つの技をマスターしてから、次の技を学びたい」。
  教える側はつい教えすぎるのだが、教わる側が
  消化しきれないと不満が残る。
  また自分で学ぶ場合も、つい目移りしがちだが、
  1つをマスターしてから次へ進むのが大事だと再認識した。

・5章で、監督がよく勉強して理論武装することが大事とあった。
  相手のことを知ることも同様に大事だが、
  まずは自分の用意が必要、ということなのだろう。

・ばんばん勝って実績を上げた人の本なので、
  説得力がある。

・時々読み返したい。お勧めの本。
posted by ティー at 23:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月13日

6冊め:Brain Gym, Teacher's Edition

s-050313h.jpg

P.E. Dennison and G. E. Dennison,
Brain Gym (Teachers ed),
Edu-Kinesthetics, Inc.,
1994, 45 pages.
ISBN 0-942143-02-7

読みたいと思った理由

PR講習会でやった体操がおもしろかったので、
他にどんな体操があるのか知りたい。

-----------
予習2分、PR1分(10回くらい)、復習1分
S-R & D & MM 20分 (一部の体操をやりながら)
合計 30分くらい。

------------
050313m.gif
PR感想

個々の体操はMMにしなかった。
おもしろそうな体操をいくつかやりながら、
SR & Dした。

------------
内容の感想

・体操は3種類に分類されていて、
  1) Midline Movements
2) Lengthening Activities
3) Energy Exercise and Deepening Attitudes

 2) はストレッチ系で、フィットネスクラブの壁にはってある体操が
 いくつかあった。
 3)は自分のつぼを押す動きがいくつかある。東洋的な動き。
 1)は例えば、右手で左足の膝を触るとか、左右に関係した動き。

・自分はストレッチは普段何気なくやっているので、
  1)の左右の運動と、3)の自分のつぼ押しがよさそう。

・体操に1つずつ名前がついていて、子供にも覚えやすそう。
  例えば、首の後ろを指で押す動作は、「Balance Buttons」と
  呼んでいる。なるほど、つぼと呼ぶよりも、
  ボタンと言う方がわかりやすい。

・それぞれの動きについて、どんな行動に対応しているか
  複数書いてある。(集中する、ストレス解消、など)。
  
  例えば、落ち着きのない子供に
  「じっと座ってなさい」と言う代わりに、
  「○○の動きをしてみなさい」と言う方が効果がありそうだ。

・この本を読みながら体操をするのは、図の下の説明の字が小さくてやりにくい。
  オレンジ本(No.30)を見ながらやるとよい。   
posted by ティー at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月12日

5冊め:Accidental Genius

s-050312h.jpg
Mark Levy,
Accidental Genius: Revolutionize Your Thinking Through Private Writing,
Berrett-Koehler Publishers, Inc., 2000,
$16.95, 141 pages.
ISBN 1-57675-083-3
(訳本は、書きながら考えるとうまくいく!。)

読みたいと思った理由

・週末なので英語の本をPRしてみようと思った。
・1年くらい前に買って、読まずに置いてあった。
・講習で「読む」技術を学んだので、「書く」技術についても
  知りたい。

予習2分、PR3分(10回くらい)、復習3分(ここまではすぐ)、
S-R & D & MM:各章ごとに、普通読み&MMになってしまった。
   章末の練習問題を解きながら進めた。

正味のReadingは3時間くらい。
練習問題も3時間くらいかかっている。

------------
050312m.gif
PRの感想

・英語の本のPRは初めて。
 予習の時にキーワードが飛び込んでこなくて、あせった。
 代わりに目次で予習をした。

・PRの時は、パソコン左下の「Intel Inside」のシールを見ながらやった。
  色がきれいでちょうどよい。
  本に余白が多いことがわかった。
   (章が短くて全部で20章ある。章は右ページから始めているので、
    左ページは余白の所が結構ある。)

・復習の時は本文でやったが、やはりキーワードが見つからない。
  後で考えたら、各章の終わりにまとめがあるので、
  それを使って復習をすればよかった。

・SR, D, MMの部分は、章ごとにやった。
  章末に練習問題がついていて、「X分、書け」という課題が多い。
  Xは、最初は3だが、5、10、20と長くなり、
  最後は50分まである。
  練習問題は3つほど、飛ばした。

・薄い本なので2時間で読めると思っていたら、
  結構時間がかかってしまった。
-------------
本の感想。

・「Private Writing」は、考えをそのまま止まらずに書いていく方法らしい。
 問題について詳しく書くと、自然に行動プランが出てくる。

・単に自分の考えを書くだけでなく、
  自分と誰かの会話を想定して書いていく、
  というのは、おもしろいと思った。
  仮想の会話の相手はカウンセラーでもいいし、
   上司・同僚など実在の人物や
   リンカーン・エジソンなど歴史上の人物でもよい。
   同じ問題を複数の人に相談することを想定して書く、という作業もある。

・Private Writingは、カウンセリングやセラピーでやることを
  自分で書いてみることに近い。
  実際「カウンセラーとの対話を想定して書く」という
  設定もできる。
  対人でやるカウンセリングやセラピーと違い、
  毎日手軽にできるし、記録が残るので振り返りやすい。

・考えたことを紙(またはコンピュータ)に残す、という点では、
  マインドマップと少し似ている。

  マインドマップは、アイテムを関係付けるかfloatingなのかを
  判断しないといけないが、Private Writingは
  関係性はとりあえず考えなくても、
  思いつきをどんどん書ける。
  ネガティブな考えも書く。(そこに宝が潜んでいるかもしれない。)
  止まらずに書く。(マインドマップはつい考え込んで手が止まる。)

・おそらく、Private Writingでたくさん書いたことの中から、
  よさそうな考えをMind Mapで更に整理するといいのかもしれない。

・本では、「わかっているけど行動できない」場合に、
  Private Writingで、行動を起こす様子が載っている。
なかなか説得力がある。

・NLPの本に出てきた言葉で対応させてみると、

  見方を変える <- リフレーミング
  未来の自分や過去の自分との対話  <- タイムライン。
  過去の似た体験を思い出す。 <- タイムライン。
  できる人との対話 <- モデリング。
  相手を変えて対話を書いてみる <- ポジションチェンジ
  対話の前に相手を具体的に記述する。<- ラポール

-------
・章ごとに練習問題がついていて、わかりやすい。
  最初は3分から、だんだん長い時間になる。
  いくつかを抜かして、ほとんど書いてみた。

・書くのは手書きでもコンピュータでもよいらしい。
  練習問題は手書きでやってみた。
  たくさん書いて、手が疲れた。

・タイマーを使うのは、PR講習会と一緒で便利。
  時間を区切って書くとやりやすい。

・書くセッションの最後で、次の行動プランを作ることが重要、
  とあった。簡単なことでも何か行動し、
  翌日のセッションでさらに発展させるとよい、とあった。

・毎日10分ずつでも書くことが大事らしい。
  10分ならできそうなので、やってみようと思う。

・おもしろい本なのでお勧め。
posted by ティー at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月11日

4冊め:blogデザインカスタマイズ事典

s-050311bh.jpg
blogデザインカスタマイズ事典
外間かおり著、
毎日コミュニケーションズ、2980円、1031ページ。
ISBN 4-8399-1571-7

読もうと思った理由

・昨日の本はMMをたくさん書いて大変だったので、
  今日はMM量の少なそうな本を選んだ。
・今週からblogを始めたので、blog画面のカスタマイズ法に
  ついて知りたい。

予習2分、PR3分(10回くらい)、復習3分、S-R & D & MM 10分
計:25分くらい。
 (MMは後から少し加えた。)

----------
050311m.gif
PRの感想:

・PRの合計時間を決めているのは、
  「SR & D & MM」の部分。
  特にMMをどのくらい書きたいかで決まる。
  MM量は本の厚さとは関係ない。
  その本でどのくらいの情報を得たいかで決まる。
   (全部必要な場合は、本の厚さも関係する。)

 今回は厚い本だが、必要な情報はそれほど多くないので、
  MMもすぐ書ける。

・マニュアル本はPRに向いているのかもしれない。
(普通読みしようとは思わないので。)

 いろいろな製品の取扱説明書にも、いいかもしれない。

 そういえば、家のビデオの操作方法がいまいちわかってないので、
  PRしてみようと思った。
-------
内容の感想:

・ホームページを作成したことはあるが、
  ページのデザインを変えようとすると、
  たくさんのページを変更しないといけなくて
  面倒だった。

 blogは、CSC(スタイルシート)を変更すると、
  全体のデザインを一発で変えることができるので、便利である。

・プロバイダ別に詳しく書いてある。
  これを見ると、プロバイダによる違いはそれほど大きくないことが
  わかる。
  私が使っているseesaaはこの本には載ってないが、似た傾向の
   説明を探して読むと、わかった。
posted by ティー at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本(1-300)

ロジックツリーとマインドマップ

マインドマップを書いていて、ロジックツリーと
ちょっと似ていると思った。

ロジックツリーは、名前の通り、ロジカルに書く必要がある。
一番上に1つ箱があって、そこに主張したいことを書く。
その下には根拠がいくつか並ぶ。
MECE (mutually exclusive, collectively exhaustive)と言われる
ように、例えば主張の根拠として3つ書いたとしたら、
 ・その3つ以外にないか?
 ・3つは重なってないか? 互いに独立か?
を調べる必要がある。

ロジックツリーがとても上手な人を見たことがある。
同じ課題で書いていると、こちらは、すきだらけのロジックで
3段くらいのツリーに四苦八苦しているのに、
その人は5段活用、というか5段くらいMECEに、
びしっとすきなく書ける。

私の場合、仕事柄、少しロジカルな振りはできるが、
実際には「全然ロジカルではない」と親しい友達に
よく言われる。その代わり?、
(正しいかどうか別として)判断は早い方だ。

マインドマップは思いついたことを線で結んだり移動すればいい。
もちろん、ロジカルに書くこともできるが、
自分のメモみたいな物なので、ロジカルであることは
要求されない。

というわけで、私にとって、マインドマップの方が書きやすい。
どうしてもロジカルな必要がある場合だけ
ロジックツリーを書くことにしよう。

posted by ティー at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | PR関係

PRの手順

PR1日1冊計画のため、PRの手順をまとめてみた。

------------------------------
前日晩にやること。

・本を選んでおく。(必須)

・できれば本の表紙の写真をデジカメでとっておく。
  パソコン上で見て確認しておく。
  圧縮ソフトで小さくしておく。
   この段階で本の写真を撮る気にならない本は、
    あまり好きではないので、(よほど必要に迫られてない限り)
    しばらく読まないことにする。

・同期MLの書ける部分を書いておく。
  本の題名、読みたいと思った理由、など。

・本をカバンに入れる。(必須)

------------------------------------
当日昼休み(できない時は晩)。

・準備、予習、PR、復習(ここまではすばやくできる。)
・SR&D, MM化 (時間が足りない時は晩に回すことも)

-------------------------------------------
当日晩
・感想を加えて、同期ML投稿バージョンを作る。
  blog原稿はこれのコピー。(若干変更)

・投稿はblogを先にする。

  まずファイルのアップロード(表紙画像とMM)
  記事アップ。
   本の紹介以外の投稿がある時は、
   本をその日の最後にアップする。(画面トップに出すため)
  時間が遅くなると回線が混むので、早めに更新しておく。

・同期MLに報告する。

--------
翌日へ向けた用意へ。

以上
posted by ティー at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

読む本の選び方

PR講習会の後、1日1冊のペースで読んで、
blogにアップしている。
本を選ぶ基準をまとめてみた。

・マインドマップを書きたいという気持ちにさせる、
  おもしろそうな本。

・表紙の写真を撮るので、表紙からいいオーラ?が出ている本。

日によって読む本を変えている。

・時間の余裕があって体調もいい日は、
  MMをたくさん書くような本。

・忙しい日はMMが少なめになりそうな、
  (自分にとって)軽い本。

以上。

posted by ティー at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

チャングムの誓い21話

唯一見ているTV番組が「チャングムの誓い」である。
友人が13-15話の録画ビデオを貸して下さって、
それを見ておもしろかったので、18話以降、TVで見ている。

今回は料理の競い合いがテーマだった。
料理のおいしさだけでなく、料理にまつわる
ストーリー性が勝負を決めていることがわかった。

王宮の料理をする人の組織もテーマになっている。
60代の責任者が引退して、40代の2名がその後継者候補、
それぞれ20代の自分の部下を育てている。
そして10代の見習いたちが大勢いる。

30代以上の人はあまりいない。
将来に見切りをつけて、王宮から出るのだろうか。

この回は組織論として見てもおもしろいと思った。
posted by ティー at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

マインドマップ

先輩リーダーの木元さんがトラックバックして下さったので、
読みに行ってみた。

トラックバックはまだやったことがないのだが、
この記事を書いてから、試しにやってみようと思う。

---------
で、本題のマインドマップの件。

以前、木元さんがマインドマップを書かれてるのを見て、
ソフトのMind Managerを注文して使っていた。

講座で講師の方が「MindManagerを使っている人は?」と聞かれて、
確か他にいなかった。
(前の方に座っていたので、後ろはよく見てないのだが。)
このソフトはまだそれほど普及してないようだ。

教えて下さった木元さん、ありがとうございます。

講座で講師の方がMindManagerの操作をデモされ、
配布資料にもMindManagerを使われていた。

学んだことは、

・MMの出力形式は、シンプルな方がたくさん書ける。
  私は自分で使っていた時は、アイテムを箱で囲むタイプにしていたが、
  これではあまり書けない。
  曲線で結んで、曲線の上にキーワードを書くタイプがよい。

・以前読んだMMの本では、「文章にしないで単語を書くこと」と書いてあった。
  私は文章をつい書いてしまう。
  講座で質問してみたら、「別に文章でもよい」とのことで、
  ほっとした。

同期でさっそくMindManagerのお試し版を使っている人がいらして、
広まりそうだ。

posted by ティー at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月10日

3冊め:子供、親子、夫婦の問題を解決する--家族のためのNLP

s-050310h.jpg
子供、親子、夫婦の問題を解決する―家族のためのNLP
堀井恵著、
東洋出版、1999年、1500円、261ページ
ISBN 4-8096-7288-3

読もうと思った理由
・園先生のホームページでお勧め本リストに入っていた。
・NLPの名前はよく聞くが、中身をよく知らないので、
  入門書を読んでみようと思った。
・仕事で各種相談を受けることもあるので、
  何か役立つかも。

予習3分、
PR3分(10回くらい)
復習4分
S-R & D、MM化 80分 (長くなってしまった。)
計:90分くらい。

050310m.gif
PRの感想:

・内容がおもしろいと、つい熱中してしまう。
  これまでの3冊で、一番時間がかかった。
  速読になってない?
  しかし普通読みすると、もっと時間がかかりそう。

内容の感想:

・NLPはカウンセリングの手法だと思っていたが、
  自分の目標設定や達成にも使えそう。

・仕事関係で相談を受けた後、気分が重いことがよくあった。
  しかし、相手の問題は相手が解決すべき。
  相手の問題を自分の問題として受け止めずに、
   ニュートラルな立場を保つことが必要、
   という点を再確認できた。

・付録に教育現場での例が載っていて、使えそう。
  将来を考えさせる。何をしたいのか問いかける。
  幼稚園から大学まで使える。
   (載っている例の中では、幼稚園の例が最もおもしろい。)

・「ネガティブなことを言う医者をやめて別の医者にしたら、よくなった」
  という例が載っていて、なるほどと思った。
  自分の中の声を聞いてみて、誰がネガティブなことを言っているか
  考え、その状況を変えるのは、よい方法だ。

・上を見ると未来、というのはわかるが、
  左右の志向性は知らなかった。本によると、
   左上=過去の体験
   右上=体験したことのない映像
   水平の左=過去に体験した音
   水平の右=体験したことのない音
   左下=心の中の会話
   右下=体感覚を探っている
  とある。
  自分の場合、首を右に傾けることが多いような気がする。

・PRのクラスでも、NLPの手法をいくつか使っていたようだ。
  (詳細略)

以上
posted by ティー at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本(1-300)

seesaaのblog使い心地

seesaaのblogを使っていて気付いた点を書いてみる。

----------------
よい点

・画像枚数に制限がない。(楽○は100枚まで。)
  容量も100MBまででたくさん入る。

・URLがhttp://www.ユーザ名.seesaa.net/の形で使える。
  後ろにユーザ名が入るタイプよりもシンプル。

・まだそれほどユーザ数が多くないのか、
  希望のニックネームがとりやすい。

・「自由形式」が使いやすい。
   (HTMLの知識はあった方が書きやすい。)
 トップに写真を入れたりできる。

・フレームのいらない項目は自由に消せる。
  アバタが出てくる某プロバイダや、
  Profileが消せない別のプロバイダよりも、ずっとよい。

----------------
気になった点
  
・「再構築」には時間がかかる。
  特に晩の時間は混んでいる。ある程度計画を練っておいて、
  テキストは他の場所で編集してからアップした方がよい。

・画面の設定は楽○の方がやりやすい。
  色や境界線を変えるのが簡単でよくできていた。
しかしseesaaもスタイルシートをいじったら、
   同じようなことができる。

以上
posted by ティー at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

PR講習会前の用意

友人がPRの講習を受けるらしいので、受ける前の注意をまとめておきます。
これはあくまで私の場合、という意味で、
人によって違うと思います。
また随時バージョンアップがあるらしいので、
今後どうなるかはわかりません。
講習の中身は書いてはいけないらしいので、省略します。

-------------------
PR講習会前の用意

1.体調

・2日間の長時間の講習なので、体調を整えておいた方がよい。
  風邪をひくとつらい。
  私は講習会の5日前に風邪になったが、
  有休を1日とって、医者にもらった薬を飲んで寝たら、
  だいぶ回復してよかった。

・簡単な体操があるので、怪我はしてない方がよい。
  (でも怪我していても、その体操だけ省けばよい。)

  私は講習会の1週間前に肉離れになり、
   一時はどうなるかと思った。
  講習会までには、軽いジャンプができる程度には回復して、
  ほっとした。

-----------------
2.やっておくとよいこと。(でもできてなくても支障はない。)

・2日間の講習で他のことができない。
  洗濯などの週末にやる家事は、前倒しでやっておくとよい。
  (でもできてなくても、気にしなくてよい。)

・10倍本は読んで概念に慣れておくとよい。
  (でも読んでなくても大丈夫。)
  私は英語の本をざっと読んでいた。
  終わってしばらくしてから、また読んでみる予定。

・講習会で10倍本がもらえる。(PRに使う。)
  既に持っている人は、友達に1冊あげるといいかも。
  英語で読んでおくと、日本語と重ならなくていいかも。

・MMの本を前もって読んだら、「色を使うように」と書いてあったので、
 サインペンを買っていたが、講習会でも1セットもらえた。
 パソコンのソフトでMMを書くなら、講習会後はサインペンはあまりいらない。
 何か他のお絵かきに使ってもいいかもしれない。

------------------
3.名刺など

・名刺はたくさん持って行った方がよい。
  休み時間、昼休み、懇親会で名刺を交換した。
  自作名刺も楽しい。
  私は人数がわからなかったので、1箱持って行った。
  私が参加した大阪の講習会は36名だった。

・懇親会は楽しいので出た方がよい。
---------------
4.宿

・近畿地方内でも宿をとっている人が結構いた。
  ハードスケジュールなので、往復に時間がかかるよりは、
  宿をとった方がよさそう。

  私は遠方なので、梅田近くの東横インに前日から泊まった。
  パソコンを持って行くと、インターネットが無料で使えてお勧め。
  梅田駅から京橋駅までJRで6分で行ける。
   (京橋駅から結構歩くが)

--------------------
などといろいろ書きましたが、よれよれで大阪にたどり着いても
何とかなりました。
posted by ティー at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月09日

2冊め:患者満足度

s-050309h.jpg
患者満足度―コミュニケーションと受療行動のダイナミズム
前田泉、 徳田茂二著、
日本評論社、2003年

読みたいと思った理由
・医療関係は興味がある。(数年前に家族が入院したこともあるので。)
・以前読んで内容を忘れている本でPRしたらどうなるか、やってみたい。

予習2分、PR2分(10回くらい)、復習3分、S-R & D、MM化 30分
計:45分くらい。

------------------
050309m.gif
PR感想

・1年前に1度読んだ本のPRをしてみた。
 予習、PR, 復習の間は「早くMM書きたい」と思った。
 MMを始めると、熱中した。

・以前読んだ時は、自分がおもしろいと思う箇所だけ読んでいたが、
  今回はMMを書いて、全体像がわかったような気がする。

------------------
内容の感想

・コミュニケーション能力は医師に限らず、他の仕事でも
  重要そう。医学部のカリキュラムに入れるようになったのは、いいことだ。

・医師が働きすぎで燃え尽き症候群になる話をよく聞く。
  患者満足度を調査することによって、
  効果的なシステムにして、勤務時間を短くできるといいと思った。

・医療や病院に興味がある人だけでなくて、
  教育など他の仕事についている人にも、おもしろい本。
以上
posted by ティー at 20:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本(1-300)

2005年03月08日

1冊め:カラダに効く!「食材」

050308h.jpg

カラダに効く!「食材」
清水きよみ著
三笠書房、王様文庫 505円、184ページ。

読みたいと思った理由
・最近風邪をひいたので、風邪にいい食材は?
・普段の食事で気をつけるべき点は?

予習2分
PR2分(10回くらい) 商標名を入れてはいけないそうなので、
           略語にしました。
復習2分
Super R & D 3回
 MM化(ここは長めになってしまった。)
読破時間合計:50分くらい。

----------------------
感想

<内容面>

・中国3千年の食材の知識がいろいろ。
  知らない漢方薬の名前が一杯出てきた。

・私はテレビドラマ「チャングムの誓い」(韓国料理がテーマ)が好きなので、
  韓国系の食材の本も読んでみたい。

・わかりやすい本でお勧め。
  症状別になっているので、自分が気になる点、例えば「風邪」の
  部分だけ読む、という使い方もできる。

-------------
<Pリーディングの感想>

・料理のレセピをたくさんPリーディングしておけば、
  作る料理に迷うことがなくなるのでは?

・つい、いつもの材料を使って作りがちだが、
  料理本のPリーディングをしておけば、
  バラエティある料理を作れそう。

・おもしろい本なので、MMを書いていて楽しかった。
  (くだらない本なら、MMを書く前に、投げ出すだろう。)

・本の結論は「いろいろな食材を食べよう」である。
  主張がわかりやすくて、MMしやすい。
posted by ティー at 21:49 | Comment(3) | TrackBack(2) | 本(1-300)

移転してきました。

別の所のblogが画像が100枚しか入らないことがわかり、
移転してきました。
posted by ティー at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2005年03月07日

blog比較

blogを作ろうと思って、いくつかのプロバイダに
トップページを作ってみた。

・楽○:デザインの設定がやりやすい。 
   とりあえずここに作ったのだが、
   画像は100枚までなので、没。

・go○:あまり自由度がない。

・livedoo○:アバタのはずし方がわからなかった。

・seesaa: 画像の枚数制限はない。
    画面の設定の自由度が高そう。
    URLがユーザディレクトリでなくて、○○.seesaa.netでとれる。

というわけで、seesaaを選ぶことにする。
他の試験的に作ったページは全部消す。
posted by ティー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成

2005年03月06日

PR2日め

ホテルをチェックアウトして、
大阪駅のロッカーに荷物を入れた。

この日も早めに着いて、ミスドに行った。
隣のテーブルで若い女性が、履歴書をたくさん
書いていた。就職活動中らしい。

講習会2日めの内容も略。

帰りは大急ぎで帰った。

posted by ティー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月05日

PR1日め

PR講習会1日めだ。

環状線に乗った。
地下鉄ではなくて、地上の電車なので、街が見えて
おもしろい。時間がある時に1周してみたいと思った。

京橋駅で降りた。会場のあるビルまで、
全部通路になっている。下には道路や川が見える。
普通に橋を渡って歩くと、どんな感じだろう、と思った。

会場のあるビルの1階には、ミスドとスタバが入っている。
スタバは照明が暗いようなので、ミスドに入った。

講習会の中身については略。
(書いてはいけないらしいので。)

懇親会は同じビルの上の方だった。
なかなかおもしろかった。
posted by ティー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月04日

PR講習会前日

講習会から1週間たって書いている。
seesaaは、いったん保存してから日付を変更できるので、
以前の日記も書けて便利だ。
楽○の場合は、その月と前月しか新規記事を書けないらしい。

-----
仕事を切り上げて、JRで大阪へ行った。

宿は大阪駅から近いのだが、荷物もあるし
道もわからないので、タクシーに乗った。
宿は駅の反対側にあることがわかった。
あのまま歩かなくてよかった。

宿にチェックインして、駅の方向に歩く。
ヨドバシカメラの大きなビルがあった。
上の方にレストラン階があるらしいので、
行ってみた。

イタリアンなどデート向けの店は全て、
若者が行列している。

行列してない店がやっと見つかった。
寿司屋に入って、お造り定食1200円を頼んだ。
おいしくてこの値段。さすが食道楽の店である。

フロアを1つ降りると、喫茶店とお菓子の店がずらっと
並んでいる。おしゃれな紅茶の店はデートの客で混んでいる。
すいている店に入った。アジアのデザートとお茶の店である。
杏仁豆腐とジャスミンティーを頼んだ。

お茶は陶器のふたのある容器に入ってくる。
お茶の葉が入った部分を引き上げることができるので、
好きな濃度に調整できる。
お湯だけおかわりできて、なかなかよい。

照明も明るくて、勉強向けの店である。
女性の1人客が2名いた。

posted by ティー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PR関係

2005年03月03日

ブログの詳細説明

(1) 日付

ブログの日付と読んだ日は必ずしも一致してません。
整理の都合上、1日1冊(または0冊)割り当ててます。
まとめて数冊読む日もありますが、違う日付に
分散してます。

(2) 表紙

本の写真はアマゾン提供の物でなく、自分が
読んだ本の現物写真です。理由は、
出た時期によって、本の帯などが違う場合もあり、
自分が読んだ本の写真の方がわかりやすいからです。

(3) 題名からのリンク

本の題名からアマゾンに行けるようになってます。
他の読者の方々の感想などは、アマゾンのページで
ご覧下さい。

本の題名のリンクは、なるべく入手しやすい物を
リンクしてます。例えばハードカバーを読んだけれど、
もしソフトカバーが出ているなら、
なるべくソフトカバーをリンクしてます。

(4) マインドマップ

本の写真の下の方にマインドマップが入っている本も、
結構あります。他の人のマインドマップを見ても、
あまり参考にならないかもしれませんが、
マインドマップがたくさん書いてある本は、
私がおもしろいと思った場合が多いです。

(5) 本の評価

本のランキングはしてませんが、
私にとって、一定水準以上の本、何か参考になる本を
ご紹介してます。
コメントの分量が多い本は、私がおもしろいと思った本
の場合が多いです。

(6) 略語

フォトリーディング関係の略語は、

PR=フォトリーディング
MM=マインドマップ
SR=スーパーリーディング
D=ディッピング
GC=ジーニアス・コード
HT=ハイシンクタンク

言葉の意味は、フォトリーディングの本などを、
ご覧下さい。
フォトリーディングにご興味のない方は、
かかった分数の部分は飛ばして下さい。
posted by ティー at 20:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

はじめに

読んだ本の記録を入れておくページです。
PR講習会の後で、同期の皆さんに刺激されて、
私もブログを作りました。

読者の皆様が、本を選ばれる時に、
このブログが役立てば幸いです。

私は元々、本をかなり読んでましたが、
フォトリーディングのおかげで、
より効果的に読めるようになり、
仕事や人生に役立ってます。

フォトリーディングのクラスで教えて下さった
園先生に感謝します。同期の皆様のおかげで
読書とブログも続いてます。ありがとうございます。

そして、すばらしい本を出して下さった、
著者の皆様、出版関係者の皆様にも
感謝してます。

本の感想などコメント、トラックバック歓迎です。

個人メールを下さる方は、
tea330(アットマーク)mail.goo.ne.jp

までお願いします。

ブログの詳細説明は、別の記事にしました。
posted by ティー at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog作成
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。